プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ティルト

アルティ・エ・メスティエリ

POCE1142

紙ジャケット仕様、07年オリジナル・リマスター音源使用、定価2940。

評価:45 2件のレビュー

あまりに超絶的な演奏テクニックに愕然となりますが、この地中海の潮風が薫るような芳醇なメロディも大きな魅力ですよね。とめどなく溢れ出る情感豊かさでも、間違いなくジャズロック最高峰。

イタリアを代表するジャズ・ロック・グループによる74年デビュー作、超絶テクニックとイタリアらしい豊かな叙情性がバランスした大傑作!

プログレッシブ・ロック界を代表する技巧派ドラマーFurio Chiricoといぶし銀のプレイを聴かせるキーボーディストBeppe Crovellaを擁する、イタリアを代表するジャズ・ロックグループの74年デビュー作。その内容は非常にテクニカル且つシンフォニックなジャズ・ロックであり、次作と並んで彼らの代表作となっている名盤。非常に歌心豊かなメロディーを奏でるヴァイオリン、サックスなどを取り入れたそのサウンドはシンフォニックで優美な音像を構築し、Furio Chiricoのパワフルで手数の多いドラムが乱舞。そこに時に激しくソロを弾き、時にメロトロンで雄大な叙情を語るBeppe Crovellaのキーボードが響きます。技巧で迫りつつも、メロディーの良さで聴かせる名盤です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ARTI E MESTIERI / GIRO DI VALZER PER DOMANI の商品詳細へ

ARTI E MESTIERI/GIRO DI VALZER PER DOMANI

イタリアが誇る超絶技巧ジャズ・ロック・バンド、フュージョンタッチの軽やかさが加わった75年2nd

790円(+税)

MUSEO ROSENBACH / ZARATHUSTRA の商品詳細へ

MUSEO ROSENBACH/ZARATHUSTRA

イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

2790円(+税)

IL BALLETTO DI BRONZO / YS の商品詳細へ

IL BALLETTO DI BRONZO/YS

アーティスティックかつ緊張感みなぎる72年作2nd、伊へヴィ・シンフォ屈指の名盤!

990円(+税)

CERVELLO / MELOS の商品詳細へ

CERVELLO/MELOS

イタリアン・プログレッシヴ・ロックを代表すると言っても過言ではない一枚、妖艶さと退廃感が同居する傑作ヘヴィ・シンフォ

1990円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

イタリアン・ジャズ・ロック・シーンを一手に担うCRAMPSレーベル!

まとめて試聴する

  • AREA 『ARBEIT MACHT FREI』

    イタリア、地中海/中近東的エキゾチズムと超絶ヴォーカルを擁する熱量ほとばしる演奏が融合した、まさしく唯一無二のジャズ・ロック、衝撃の73年作1st!

  • BELLA BAND 『BELLA BAND』

    ARTI E MESTIERIに通じるテクニカルかつしなやかな絶品イタリアン・ジャズ・ロック、78年作

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【イタリア編】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ドラム(3 拍手)

さん レビューをすべて見る

手数、手数、手数て感じのアルバムです(笑)
ドラムがすごい 右手レギュラーでオープンハンドってかわってますよねー手数を追求したらこうなるのかしら?

常にスネアがボショボショなっているイメージ(笑)

ナイスレビューですね!

評価:5 フォルツァ!ノルド・イターリァ(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

北イタリアが新型コロナウイルスで大変なことになっております。なんとか頑張ってもらいたい。医療従事者も住民も政府も自治体も。北イタリア応援の意味をこめて、アルティ・エ・メスティエリを書きます。イタリアと言えば食器や革製品のデザインと品質の良さ。北部の職人気質をこれだけ表現できるバンドは、ほかにないでしょう。ロックというより一流の工芸品を見ているような見事さです。北部職人の後継者不足を補ったのが中国系出稼ぎ労働者のようで、どうもコロナ感染症はそこから始まったようです。

フリオと言えばキリコのドラミングなわけです。わたしは、このファースト作の素晴らしさを哀愁をたたえたメロディにもあると考えていまして、だれが曲を書いているかと言うと、ジジ・ベネゴーニです。ベネゴーニと書くと、なにか新しいパスタのメニューみたいですね。わたしはカルボナーラとジェノベーゼとペペロンチーノとポモドーロを同時に作ったことがあり、頭がパンクしそうになりました。横にそれてすみません。

演奏でベネゴーニが前に出てくる場面は少なく、本当に影の仕掛人だったのだろうと思います。不思議なことに彼のリーダー・バンド、ベネゴーニ・アンド・カンパニーでも、アルティほどのメロディを書けていないのです。バイオリンとボーカルのジオバンニ・ビグリヤの活躍とも相まって、音楽の神が舞い降りていた録音だった気がします。また、このクールさが他のイタリアのバンドにはない味です。ペリジェオ、アゴーラにしても「熱い」ですから。

ナイスレビューですね!