プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SUBMARINE SILENCE

SUBMARINE SILENCE

MMP419(MELLOW

評価:40 3件のレビュー

ジェネシスとキャメルの叙情性を混ぜ合わせたような、どこを切っても美メロが溢れ出る名作!『フォックストロット』っぽいジャケはPaul Whiteheadご本人!

イタリア、MOONGARDENからの派生バンド、トニー・バンクス譲りのキーボード&メロトロンをフィーチャーしたシンフォニック・ロック、02年作

MOONGARDENのKey奏者&ギタリストによる別プロジェクト。02年作。トニー・バンクス譲りのファンタスティックなキーボード&メロトロン、70年代的な暖かみある音色とメロディアスなフレーズが絶妙なギター。ロック的ダイナミズムはあまりなく、全編通して、穏やかで広がりのあるメロディアスなサウンドが印象的。GENESISとCAMELの叙情性を混ぜ合わせたような、どこを切っても美メロが溢れ出る好作品。全曲インストです。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

MOONGARDEN / BRAINSTORM OF EMPTYNESS の商品詳細へ

MOONGARDEN/BRAINSTORM OF EMPTYNESS

95年作、ジェネシスを受け継ぐ90sイタリアン・シンフォの名作!

990円(+税)

ELOY FRITSCH / EXOGENESIS の商品詳細へ

ELOY FRITSCH/EXOGENESIS

ブラジルのシンフォ・バンドAPOCALYPSのkey奏者による12年ソロ、一本の映画のような壮大なストーリーを感じさせる傑作シンフォ作品!

2090円(+税)

SUBMARINE SILENCE / THERE'S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM の商品詳細へ

SUBMARINE SILENCE/THERE'S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

伊シンフォの名バンドMOONGARDENの別動バンド13年作、GENESIS式ファンタジーを理想的に受け継いだ壮大なシンフォ絵巻!

2390円(+税)

HOSTSONATEN / AUTUMNSYMPHONY の商品詳細へ

HOSTSONATEN/AUTUMNSYMPHONY

90年代以降屈指のミュージシャンとなった奇才Fabio Zuffantiによるプロジェクト、09年の傑作

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ジェネシスのDNAを受け継ぐイタリア新鋭プログレ特集!

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 怪奇骨董バンドロゴ(2 拍手)

プログレ者さん レビューをすべて見る

中央に「頭部潜水艦男」という奇妙なジャケット、そして怪奇骨董なバンドのロゴが ポール・ホワイトヘッド!というジェネシスへの憧憬がたっぷり詰まったヴィンテージなシンフォ傑作。オール・インストながらジェネシス・ファンであれば、ニヤリとする展開がこれでもか!と待ち受けている。実は伊の新鋭「ムーンガーデン」の派生バンドであるがジェネシスのDNAは本家より濃いのでは?同郷の伊には「ザ・ウォッチ」という、これまたジェネシス濃度の高いバンドが存在するが、個人的にはこちらに軍配をあげたい。

ナイスレビューですね!

評価:5 ロゴ・マーク通り、怪奇骨董音楽箱みたいなメロトロン(1 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

ジャケットはポール・ホワイトヘッド!もうこれで十分内容は予想できるでしょが!しかも全編インストのくせに肩が凝らないという必殺、これでもか!バンクス!といった泪なくしては聴けない代物です。Mellow records渾身の一枚、と当時は思いました。もうあれから10年近くたったのか...。
GLASSよりも柔らかい、古き良き時代を思い出させてくれる傑作。

ナイスレビューですね!

評価:3 確信的Genesisフォロワー(1 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

02年作
MOONGARDENのメンバーによるサイドプロジェクトとして発足したイ
タリアのグループの作品。全曲インスト。
一言でまとめてしまうならば、ボーカルを抜いた完全なGenesisフォ
ロワーの音と言うことになります。そういえばジャケットはホワイ
トヘッド画伯でしたね。
メロトロンを模したシンセ音や各種キーボードサウンドは間違いな
くトニー・バンクスであり、泣きまくりのメロディアスなギターワ
ークはスティーヴ・ハケット。
あまり新しさを感じることは無いながらも、安心して聴くことが出
来る、70年代プログレへのメンバーの憧れが詰まった作品でした。

ナイスレビューですね!