プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ハル・ブレインがドラムを叩いている楽曲をピックアップ。

こんにちは。スタッフみなとです。

3月11日、ポップス界の名セッション・ドラマー、ハル・ブレインが90歳で亡くなりました。

リンゴ・スター、ブライアン・ウィルソンなど、著名なミュージシャンも悲しみの声をあげています。

RINGO STARR

BRIAN WILSON

今日はハル・ブレインの膨大な参加曲の中から、いくつかピックアップしてまいりたいと思います。

1929年、米マサチューセッツ州で生まれたハル・ブレイン。8歳の時(諸説あり)にドラムを初めたそうです。

家族とともにカリフォルニアに引越し、1948年にプロのドラマーとなりました。

ナイト・クラブやビッグ・バンドでの演奏のあと、セッション・ミュージシャンの仕事をするようになり、サム・クック、ジャン&ディーンのバックで演奏します。

フィル・スペクター関連

やがてフィル・スペクターと出会ったハル・ブレイン。

フィル・スペクターが62年にニューヨークからロサンゼルスへと拠点を移して以降、ハル・ブレインはほとんどのセッションに参加しました。

中でも有名なのはこちらでしょうか。

RONETTES「Be My Baby」(1963)

試聴 Click!

CRYSTALS / 「Da Doo Ron Ron」(1963)

試聴 Click!

ダイナミックでドライヴ感にあふれるドラミングです。

フィル・スペクターの「ウォール・オブ・サウンド」の重要な担い手だったことが分かります。


「ウォール・オブ・サウンド」大集合!フィル・スペクターのコンピをピックアップ。

【関連記事】

「ウォール・オブ・サウンド」大集合!フィル・スペクターのコンピをピックアップ。

12/26はアメリカの音楽プロデューサー、フィル・スペクターの誕生日です。カケレコ棚を覗いたら、面白そうなコンピレーションが入荷していました。

また、フィル・スペクターに大きく影響を受けたブライアン・ウィルソン在籍のビーチ・ボーイズでも、ハル・ブレインのドラムを聴くことができます。

BEACH BOYS「Why Do Fools Fall in Love」(1964)

試聴 Click!

BEACH BOYS「Wouldn’t It Be Nice」(1966)

試聴 Click!

正確かつ華やかなドラミング。心がウキウキしてきます。

さて、それではハル・ブレインのドラムが聴ける曲を、どんどんピックアップしてまいります。

ELVIS PRESLEY「Can’t Help Falling In Love」(1961)

試聴 Click!

CASCADES「Rhythm of the Rain(悲しき雨音)」(1962)

試聴 Click!

BYRDS「Mr. Tambourine Man」(1965)

試聴 Click!

ロジャー・マッギンの12弦ギター以外は、レッキング・クルーのメンバーの演奏で録音されたそうです。


バーズ『ロデオの恋人』から辿る、カントリー・ロック名盤特集。

【関連記事】

バーズ『ロデオの恋人』から辿る、カントリー・ロック名盤特集。

バーズ『ロデオの恋人』を起点に、カケレコ棚からカントリー・ロックの名盤を探ってまいります。

MAMAS & PAPAS / 「Hey Girl」(1966)

試聴 Click!

ASSOCIATION「Never My Love」(1967)

試聴 Click!

MONKEES / A Little Bit Me, A Little Bit You(1967)

試聴 Click!

SIMON & GARFUNKEL「The Boxer」(1969)

試聴 Click!

スネアの音が空間を引き裂くように響きますね。

5TH DIMENSION「Aquarius / Let the Sunshine In」(1969)

試聴 Click!

CARPENTERS「Top of the World」(1972)

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。調べていると、「この曲もハル・ブレインが叩いていたのか…」という驚きがいくつもありました。

これだけ引っ張りだこだったという事は、技量もさることながら、人柄も良かったに違いありませんね。

どうか、安らかにお眠りください。


【追悼】ジョー・オズボーン特集

【関連記事】

【追悼】ジョー・オズボーン特集

アメリカのポップスを支え続けた職人ベーシスト、ジョー・オズボーンの特集です。

HAL BLAINEの在庫

「HAL BLAINEの在庫」をもっと見る

BEACH BOYSの在庫

「BEACH BOYSの在庫」をもっと見る

ELVIS PRESLEYの在庫

「ELVIS PRESLEYの在庫」をもっと見る

BYRDSの在庫

  • BYRDS / MR.TAMBOURINE MAN

    全米No.1に輝いたディランカバー「ミスター・タンブリン・マン」を引っ提げての65年デビュー作!

    65年の記念すべきデビュー作。ビートを効かし、マジカルな12弦ギターのアルペジオと豊かなコーラス・ワークで彩ったディランのカバー「ミスター・タンブリン・マン」は全米1位の大ヒット。独自のフォーク・ロック・スタイルは、ビートルズにも影響を与えるなど、その後のミュージック・シーンに大きな影響を及ぼします。Gene Clarkによるビートリッシュな楽曲も魅力的。90年代ギター・ポップにも通ずる歴史的傑作。

  • BYRDS / TURN ! TURN ! TURN !

    全米No.1シングル「ターン・ターン・ターン」収録、独自のフォーク・ロック・スタイルを打ち出した65年作2nd

    65年の2nd。「ターン・ターン・ターン」がシングル・チャートで全米NO.1を獲得。大ヒットの連発により一層の人気を得、彼等のフォーク・ロック・スタイルは大きなセールス・ポイントになりました。本作からバーズはディランやビートルズの影響から脱しし始め独自のバーズ・サウンドを形成していきます。

  • BYRDS / DR. BYRDS AND MR. HYDE

    69年作

  • BYRDS / PREFLYTE

    初期の未発表音源集、全11曲

  • BYRDS / FARTHER ALONG

    ロンドンでレコーディングが行われた71年作、事実上のラスト・アルバム

    ロジャー・マッギン、ストリング・ベンダーを操る天才ギタリストのクラレンス・ホワイト、バーズ史上最高とも言えるリズム隊、スキップ・バッティンとジーン・パーソンズという鉄壁の4人編成で71年に録音された11枚目で、再結成作を除けばラスト・アルバム。哀愁溢れるカントリー・ロックの佳曲ぞろいで、ビートルズ『アビーロード』にも通ずるバンド有終の美を飾った名作。

  • BYRDS / FLYTE ’65-’90

    4枚組ベスト、全90曲

    • SRCS6987/90

      4枚組、ボックス仕様、帯元からあったか不明、ブックレット・ファミリーツリー付仕様、定価10194

      盤質:傷あり

      状態:不良

      帯-

      ケース不良、ケースに黄ばみあり、カビ多めにあり、ボックスにいたみあり

「BYRDSの在庫」をもっと見る

MAMAS & PAPASの在庫

  • MAMAS & PAPAS / DELIVER

    67年作3rd

    名ソングライターのジョン・フィリップス、女性ヴォーカルのキャス・エリオットなどによる男女4人組。DUNHILLから67年にリリースされた3rd。「Look Through My Window」「Dedicated to the One I Love」「Creeque Alley」収録。

「MAMAS & PAPASの在庫」をもっと見る

MONKEESの在庫

  • MONKEES / HEADQUARTERS

    67年作

  • MONKEES / BIRDS BEES AND THE MONKEES

    永遠の名曲「Daydream Believer」収録の「モンキーズ版ホワイトアルバム」、68年5th

    68年作の5thアルバム。キラキラとしたハープシコード、瑞々しい管弦楽器、躍動感のあるリズム、憂いのあるキャッチーなメロディ、サイケデリックなまどろみに包まれたドリーミーなヴォーカル&ハーモニー。代表曲の一つ「Daydream Believer」の他、マイケル・ネスミスらメンバーによる楽曲も佳曲ぞろい。洗練された米フォーク・ロックの傑作!

  • MONKEES / INSTANT REPLAY

    ピーター・トークが脱退、トリオとなって制作された69年作

「MONKEESの在庫」をもっと見る

SIMON & GARFUNKELの在庫

  • SIMON & GARFUNKEL / GRADUATE

    ダスティン・ホフマン主演映画の音楽を担当した68年作

  • SIMON & GARFUNKEL / BRIDGE OVER TROUBLED WATER

    70年作、表題曲を始め代表的名曲の数々を収録したS&G最後のオリジナル・アルバム…!

    老若男女が愛する大名曲、「明日に架ける橋」を冒頭に収録した、彼らコンビ名義での最後の作品にして、最大のヒットとなったアルバムです。ちなみに僕はこの「明日に架ける橋」を中学校の音楽の授業で歌わされ知ったのですが、小さなさざ波のようなピアノに導かれ、「出帆するのだ、銀色の乙女よ、帆を上げて海を渡って行こう!」と次第にクライマックスに向かう様はまるで大海の大きなうねりのように感動的です。他、南米先住民の伝承歌「コンドルは飛んで行く」、アメリカが生んだ稀代の名建築家、Frank Lloyd Wrightに捧げられた、その名も「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」や「ボクサー」「ニューヨークの少年」等々、思わず胸が詰まるような名曲が目白押しです。あまりにも有名過ぎて今更という方もあるかもしれませんが、いろんな音楽を聴いて再びここに戻ってくる。と妙に心安らむそんな素敵なアルバムだと思います…。

  • SIMON & GARFUNKEL / GREATEST HITS

    72年編集ベスト盤、全14曲

  • SIMON & GARFUNKEL / BEST OF

    99年編集、20曲収録ベスト盤

  • SIMON & GARFUNKEL / TOM AND JERRY

    サイモンとガーファンクル以前にTOM & JERRYとしてデビューした時期の19曲を収録

「SIMON & GARFUNKELの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。