プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【追悼】ジョー・オズボーン特集

こんにちは。スタッフみなとです。

カーペンターズやサイモン&ガーファンクル、ママス&パパスなど、数々のアメリカン・ポップスを支えたベーシスト、ジョー・オズボーンが12月14日に亡くなりました。

今日はジョー・オズボーン追悼という事で、彼が参加したヒット曲を取り上げてみたいと思います。

最初はギタリストだったジョー・オズボーン

1937年、米ルイジアナ州で生まれたジョー・オズボーン。

12歳でギターを始め、50年代にはギタリストとして活躍。

「Susie Q」の作者としても知られる、デイル・ホーキンスの録音に参加したりしていました。

試聴 Click!

20歳の時にラスベガスに引っ越し、やがてギターからベースに転向。

1960年にはリック・ネルソンのバックバンドに採用され、4年間弾いていました。

試聴 Click!

「レッキング・クルー」の一員として

1964年にリック・ネルソンのバンドが解散し、ジョー・オズボーンはスタジオ・ミュージシャン集団「レッキング・クルー」の一人としてロサンゼルスで活動。

「レッキング・クルー」とは、ドラマーのハル・ブレインを中心とした敏腕セッション・ミュージシャンのゆるやかな集まりで、ハル・ブレイン、ジョー・オズボーン、ラリー・ネクテル、キャロル・ケイ、トミー・テデスコなどが在籍していました。

特にハル・ブレイン、ジョー・オズボーン、ラリー・ネクテルの3人は、ルー・アドラーによって設立されたダンヒル・レコードのアーティストのバックで良く演奏していたことから、「ダンヒル・リズム・セクション」とも呼ばれ、数々のヒット曲を支えていきました。

それでは、ジョー・オズボーンがベースを弾いている様々な楽曲を聴いていきましょう。

MAMAS & PAPAS

♪California Dreamin’『If You Can Believe Your Eyes And Ears』(1966)

試聴 Click!

ASSOCIATION

♪Windy 『Insight Out』(1967)

試聴 Click!

5TH DIMENSION

♪Aquarius/Let the Sunshine In 『AGE OF AQUARIUS』(1968)

試聴 Click!

SIMON & GARFUNKEL

♪The Only Living Boy In New York 『BRIDGE OVER TROUBLED WATER』(1970)

試聴 Click!

AMERICA

♪Ventura Highway 『HOMECOMING』(1972)

試聴 Click!

CARPENTERS

♪I Won’t Last A Day Without You 『A SONG FOR YOU』(1972)

試聴 Click!

ボーカルをしっかりと支えつつ、「歌心」あるベース・ライン。職人技です。

ナッシュビル、その後

1974年、ジョー・オズボーンはロサンゼルスを離れ、ナッシュビルへと向かいます。

ケニー・ロジャースやハンク・ウィリアムズ・Jrなどのカントリー・ミュージシャンのバックで演奏します。

♪Laura (What’s He Got That I Ain’t Got) 『KENNY ROGERS』(1976)

試聴 Click!

1988年からは故郷ルイジアナに戻って生活をしていました。

アメリカの音楽で多大な業績を残したジョー・オズボーン。彼の演奏を、いつまでも心に留めておきたいですね。

※ジョー・オズボーンモデルのベースもあるようです↓

MAMAS & PAPASの在庫

「MAMAS & PAPASの在庫」をもっと見る

ASSOCIATIONの在庫

「ASSOCIATIONの在庫」をもっと見る

5TH DIMENSIONの在庫

「5TH DIMENSIONの在庫」をもっと見る

SIMON & GARFUNKELの在庫

  • SIMON & GARFUNKEL / WEDNESDAY MORNING, 3 AM

    記念すべき64年デビュー作

  • SIMON & GARFUNKEL / PARSLEY SAGE ROSEMARY AND THYME

    66年リリース、流れるようなメロディと奇跡のハーモニーに溢れた名作

  • SIMON & GARFUNKEL / LIVE FROM NEW YORK CITY 1967

    67年録音、全盛期のライヴ作、全19曲

  • SIMON & GARFUNKEL / BOOKENDS

    68年リリースの4thオリジナル・アルバム

  • SIMON & GARFUNKEL / BRIDGE OVER TROUBLED WATER

    70年作、表題曲を始め代表的名曲の数々を収録したS&G最後のオリジナル・アルバム…!

    老若男女が愛する大名曲、「明日に架ける橋」を冒頭に収録した、彼らコンビ名義での最後の作品にして、最大のヒットとなったアルバムです。ちなみに僕はこの「明日に架ける橋」を中学校の音楽の授業で歌わされ知ったのですが、小さなさざ波のようなピアノに導かれ、「出帆するのだ、銀色の乙女よ、帆を上げて海を渡って行こう!」と次第にクライマックスに向かう様はまるで大海の大きなうねりのように感動的です。他、南米先住民の伝承歌「コンドルは飛んで行く」、アメリカが生んだ稀代の名建築家、Frank Lloyd Wrightに捧げられた、その名も「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」や「ボクサー」「ニューヨークの少年」等々、思わず胸が詰まるような名曲が目白押しです。あまりにも有名過ぎて今更という方もあるかもしれませんが、いろんな音楽を聴いて再びここに戻ってくる。と妙に心安らむそんな素敵なアルバムだと思います…。

  • SIMON & GARFUNKEL / BEST OF

    99年編集、20曲収録ベスト盤

  • SIMON & GARFUNKEL / CONCERT IN CENTRAL PARK (DVD)

    50万人以上を動員したという81年N.Y.セントラルパークでのコンサート映像を収録

「SIMON & GARFUNKELの在庫」をもっと見る

CARPENTERSの在庫

「CARPENTERSの在庫」をもっと見る

AMERICAの在庫

「AMERICAの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。