プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

夏のオリエンタルなサイケデリック・プログレ特集!

スタッフ増田です。いやあ、暑い!今までは夏は嫌いではありませんでしたが、年々暑さに弱くなっているのを感じています。(それとも年々暑くなっているのか・・・)

さてそんな夏に聴きたくなるのが、インドや中近東、東南アジアを彷彿とさせるエキゾチックな音楽ですね。

今回はそんな東洋の民族音楽を取り入れた、サイケデリックなプログレ作品をピックアップいたしました!

GONG/SHAMAL

まずはご存知フランスのGONG。本75年作は『YOU』発表後にデヴィッド・アレンやジリ・スマイスらが脱退し、ピエール・ムーランを中心によりジャズ・ロック/フュージョン色の強いサウンドへと変化していく過渡期にリリースされた作品。

とはいえエキゾチックな要素をふんだんに盛り込んだ柔らかく美麗なジャズ・ロックは見事な出来。ピエール・ムーランの涼しげなヴィブラフォンも夏に合いますね。

試聴 Click!

STEVE HILLAGE/L

GONGを紹介したなら彼も挙げない訳にはいきませんね!GONG全盛期を支えたギタリストによる75年2ndソロ。

タイトルからしてオリエンタリズム全開なこの曲。しかしながらトッド・ラングレンがプロデュースしているだけあって瑞々しいポップさもたっぷりで、言うなれば「インド音楽 meets 英国パワー・ポップ」!?

試聴 Click!

AKTUALA/AKTUALA

次はイタリアから。中近東や北アフリカ、アジアなどの民族音楽にフリージャズやサイケのエッセンスを加えたプログレ・グループの73年1st。

アラビック・オーボエ、竹笛、モロッカン・ボンゴ、タブラ・・・民族楽器をふんだんに取り入れたサウンドはかなりの本格派。かつサイケな浮遊感もあって大変心地良いです。

試聴 Click!

AMON DUUL II/WOLF CITY

オリエンタルでサイケなプログレと言えばジャーマンの本領!

まずはその筆頭格と言えるAMON DUUL IIの5th『WOLF CITY』をピックアップ。

それまでの大作主義からコンパクトな楽曲作りへとシフトした作品ですが、重厚なハードさ、混沌とした怪しさ、そして幻想的な民族音楽要素がバランス良く混ざり合った中期の名盤です。

試聴 Click!

POPOL VUH/HOSIANNA MANTRA

オリエンタルなジャーマン・プログレといえばPOPOL VUHも避けては通れませんね。

ピアノ、オーボエ、ギター、静謐な女性ヴォーカルがひっそりと幻想的に音を紡ぎ出していく、比類ないほどの神聖な美しさに満ちた彼らの最高傑作。

夏の暑さも届かない桃源郷へと誘ってくれそうな作品です。

試聴 Click!

ALEX/ALEX and THAT’S THE DEAL

こちらはケルン出身のトルコ民俗楽器奏者ALEXによる作品で、なんとCANのホルガー・シューカイ&ヤキ・リーベツァイトも参加。

アーシーなバンドサウンドにトルコの弦楽器バーラマの音色が響き渡る、叙情豊かなオリエンタル・ソングが実に素晴らしい!

試聴 Click!

BRAINTICKET/PSYCHONAUT

ドイツ/イタリア/スイス人で構成されるジャーマン・サイケ/プログレ・グループ。

狂気としか言いようがないファンキー・クラウトロックの迷盤1stで有名な彼らですが、こちらの72年2ndでは若干混沌としつつも民族色&アコースティック色を強めたオリエンタルなサイケ・プログレに変化しています。

幻惑的にゆらめくオルガンやフルート、鳴り響くパーカッション・・・異世界への没入感いっぱいの好盤です。

試聴 Click!

イースト・オブ・エデン/世界の投影

奇才ヴァイオリニストのデイヴ・アーバス率いる英国ロック・グループ、69年デビュー作。

この時代の英国アンダーグラウンドらしい怪しさや翳りに包まれつつ、そこはかとなくオリエンタルな香りが漂うサウンドは個性満点です。

試聴 Click!

AHORA MAZDA/AHORA MAZDA

ドアーズやグレイトフル・デッドが好き?そんでもってゴングも好きって?ならこのオランダのバンドは必聴。

アムステルダムのヒッピー文化の震源地と言えるライヴハウスFANTASIOを拠点に活動したグループ、酩酊感たっぷりのサイケ・ジャズ・ロックを聴かせる70年唯一作!

試聴 Click!

ANOR/TASTE OF POMEGRANATE

80年代末のウズベキスタンにこんな凄いジャズ・ロック盤があったとは!?

RTFにエキゾチズムとファンキーなノリの良さを加えたような、躍動感あふれるフュージョン/ジャズ・ロックが痛快!

試聴 Click!

最後はオリエンタルな要素を取り入れた期待の新鋭プログレ・グループをご紹介!

MY BROTHER THE WIND/I WASH MY SOUL IN THE STREAM OF INFINITY

アネクドテンのギタリスト&メロトロン奏者などが在籍するサイケデリック・ジャム・バンド、2011年作。

ホークウィンドやサバスのDNAに中近東フレイヴァーや北欧トラッドのリリシズムなどをまぶしたサウンドは圧倒的なスケール!

試聴 Click!

RUNAWAY TOTEM/LA TRACCIA

90年代初頭より活動するイタリアン・プログレ・バンドの17年作。

MAGMA影響下の呪術的かつ妖艶なサウンドに、サイケデリックな音響感を持つスペース・ロック、そしてイタリアン・プログレらしい地中海音楽由来の芳醇さをミックスした音楽性はずばり孤高。

カオティックなのにどういうわけか美しい、極北的イタリアン・プログレ衝撃作!

試聴 Click!

QUANTUM FANTAY/TESSELLATION OF EUCLIDEAN SPACE

シンフォニックなOZRIC TENTACLES!?コズミックな音響とうねるギターはスペースロックそのものだけど、フルートとシンセにはオリエンタルで柔らかなシンフォ・テイストがあって、なのに違和感はゼロ。

02年に結成されたベルギーの新鋭による17年作、ずばり快作です!

試聴 Click!

VESPERO/LIQUE MEKWAS

まさか全盛期のゴングとアル・ディ・メオラが一緒にプレイしているかのような凄まじいサウンドを鳴らすバンドが、現代のロシアにいるとはっ!

緻密なドラミングにサイケデリックにのたうつギター、クールに鳴らされるヴァイオリン、鈍く光沢を放つサックス。スペース・プログレ・ファンは必聴と言える17年作!

試聴 Click!

DWIKI DHARMAWAN/PASAR KLEWER

ラストは民族音楽×ジャズ・ロックの最重要シーンと言えるインドネシア・シーンから、技巧派ピアニストによる16年作をご紹介。

超絶テクニックでせめぎ合うジャズ・ロックに、ガムラン・パーカッションやアラビア発祥の弦楽器ラバーブがオリエンタルに絡むこのサウンド、ただ一言「鮮烈」…!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらもどうぞ!

【関連ジュークボックス】

ドイツPilzレーベル

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • EAST OF EDEN / MERCATOR PROJECTED

    ヴァイオリニストのデイヴ・アーバス率いる英国ロックの好グループ、オリエンタルで怪しげなエッセンスが匂い立つ69年デビュー作!

    ヴァイオリニストのデイヴ・アーバス率いるグループ。69年作の1st。2ndでのジャズ・ロック的な要素はあまり無く、ヴァイオリンやフルートによるオリエンタルな響きをフューチャーしたフォーキーなサイケデリック・サウンドは、神秘〜ウマグマあたりのフロイドを想わせます。浮遊感ある流麗なメロディーが印象的。

  • ANOR / TASTE OF POMEGRANATE

    ウズベキスタンのジャズ・ロック・グループが88年に残した唯一の作品、RETURN TO FOREVERにファンキーなノリの良さを加えたような、躍動感あふれるフュージョン/ジャズ・ロックの逸品

    ベーシストGreg Pushenを中心とするウズベキスタンのジャズ・ロック・グループが88年に残した唯一の作品。中央アジアの国らしいオリエンタル・テイストを纏ったフュージョン・タッチのジャズ・ロックを持ち味とします。冒頭、いきなりシタールとタブラが妖艶に絡み合う本格的なインド音楽に驚いていると、存在感あるベースの独奏を合図にドラム、サックス、オルガン、ギターらが一斉に飛び込んできて躍動し始めるアンサンブルの痛快さと来たらありません。ファンキーな跳ねの感覚を備えたしなやかなドラム、浮遊感あるファンタジックな音を配するシンセ&オルガン、饒舌にメロディを歌うサックス、そして心地よく歪んだトーンで駆け上がるギターといずれも達者な演奏陣ですが、特筆はやはりべース。リズムキープに留まらずこれでもかと動きまくるプレイが特徴的で、歌心あるメロディアスな音運びがアンサンブルに豊かな表情を生み出していて素晴らしいです。随所でベースとギターが紡ぎ出す中近東風のエキゾチックなメロディもとても効果的。RETURN TO FOREVERに通じる異国情緒香るスケール大きなフュージョン・サウンドに、ファンキーなノリの良さを加えたスタイルで終始ダイナミックに駆け抜けます。ダークな雰囲気のジャケットからは想像できない、開放感あふれるフュージョン/ジャズ・ロックの名品。

  • ALEX / ALEX and THAT’S THE DEAL

    CANファン必聴!Holger Czukay&Jaki Liebezeit参加、トルコ弦楽器奏者の幻の作品

    ケルン出身のトルコ民俗楽器奏者、ALEXが残した2枚のアルバム(74年1st、76年2nd)を収めた2in1。1stはトルコの弦楽器baglama(バーラマ)の弾き語りを軸にした、叙情豊かなオリエンタル・ソングがメイン。打って変わって2ndは、エレキギター、ベース、ドラムが加わったレイドバック&アーシーな米ルーツ・ロック調のバンドサウンドを軸に、Holger CzukayとJaki Liebezeitによる音響ギミックが見え隠れするクラウト・ロックの秘宝盤。初期CANファンは勿論、Holger Czukay『MOVIES』のテイストや、オリエンタルなサイケが好きな方にも大推薦!

  • GONG / SHAMAL

    アレン&ジリ脱退後の第1弾となった75年作、オリエンタル要素をふんだんに取り入れたジャズ・ロックの秀作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの75年作。名盤「You」を発表後にDavid AllenやGilli Smythらが脱退、バンドの中核を失ったGONGですがDidier MalherbeやMike Howlett、Pierre Moerlenを中心にバンドを継続。その流れの中でリリースされた本作は、Didier Malherbeによるエキゾチックなサックス、後のGONGの路線を決定することとなるPierre Moerlenのヴィブラフォンなどをフューチャーし、ワールド・ミュージックテイストを巧みに盛り込んだタイトなジャズ・ロックを展開しています。過渡期を感じさせない素晴らしい名盤です。

  • BRAINTICKET / PSYCHONAUT

    ドイツ/イタリア/スイス人で構成されるジャーマン・サイケ・グループ、深遠なフルートが浮遊する民俗的サイケデリア、72年作2nd

    ドイツ/イタリア/スイス人で構成、ドイツを拠点に活動したサイケデリック・ロック・グループが72年に発表した2nd。ジャズ畑出身のメンバーを中心に紡ぎ出されたサイケなサウンドに若干エスノな雰囲気を加味した音像。風に乗って浮遊するフルート、温かいエコーが心地良いピアノ、大陸的な反復リズムを奏でるパーカッション、雷鳴のSEなどトリップ感溢れるM1〜M2の流れにまずヤラれます!女性ヴォーカル&ハモンドをフィーチャーした張りつめた空気感のプログレッシヴ・ナンバーM4〜5、カリンバを導入したトライバル・ダーク・サイケデリアM6など、非常に個性豊かな楽曲が並びますが、全編通じてどこか土臭い、民俗的なサイケデリアを醸し出しています。

  • STEVE HILLAGE / L

    トッド・ラングレンのプロデュースによる76年2nd、本領発揮のコスミック・ロック名盤!ハマりすぎな「Its All Too Much」のカバー収録

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立したプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドGONG。その全盛期を支え続けた名ギタリストによる76年2nd。Todd Rundgrenのプロデュースで製作されバックにはDon CherryやUtopiaメンバーが参加した本作は、Donovanの名曲「The Hurdy Gurdy Man」で幕を開けGeorge Harrisonの「It’s All Too Much」で幕を閉じる非常にポップな印象のアルバムとなっています。しかしながら音楽的には独特のサイケデリックな音像を持ちオリエンタル・エスノ・フレーバーも感じさせながら彼らしいサウンドを提示。

  • MY BROTHER THE WIND / I WASH MY SOUL IN THE STREAM OF INFINITY

    アネクドテンのギタリスト&メロトロン奏者在籍のサイケデリック・ジャム・バンド、2011年作、圧倒的なスケールで迫る名作!

    ANEKDOTENのギタリスト&メロトロン奏者、Nicklas Berg、MAGNOLIAのベーシスト、Ronnie Eriksson、MAKAJODAMAのギタリスト、Mathias Danielssonの三人が集まったサイケデリック・ジャム・バンド。2011年作の2nd。オープニング・ナンバーから、HAWKWINDやスウェーデンのTRAD GRAS OCH STENARらの遺伝子を継ぐ長尺のヘヴィ・サイケ・ナンバーが炸裂。かと思うと、中近東フレイヴァーのアコースティックなナンバーがあったり、サバスなど70年代ハード・ロック直系のナンバーがあったり、さすがこの3人、スケールが大きい!轟音ヘヴィネスと繊細なリリシズムとが絶妙にブレンドしたサウンドは圧巻。名作です。

  • AKTUALA / AKTUALA

    イタリア出身、エンブリヨやポポル・ヴーに通じるサイケデリック且つオリエンタルなサウンド、73年作1st

    イタリアはローマで結成。中近東や北アフリカやアジアの民族音楽にフリージャズやサイケのエッセンスも加えたオリエンタルなプログレ・グループで、フランコ・バッティアートに見いだされて、BLA BLAレコードと契約、73年にリリースされたデビュー作。楽器クレジットにはアラビック・オーボエ、竹笛、フルート、ピッコロ、サックス、クラリネット、モロッカン・ボンゴ、アフリカン・ドラム、タブラなどが書かれています。 悠久の大地を感じさせるゆったりとたおやかで映像喚起的なアンサンブルを軸に、時にフリー・ジャズのテンションあるアンサンブルをはさむサウンドは難しさはまったくなく、たいへん聴きやすく心地よく、マウロ・パガーニあたりのファンは楽しめるでしょう。これは好作品です。

  • RUNAWAY TOTEM / LA TRACCIA

    90年代初頭より活動するイタリアン・プログレ・バンドの17年作、MAGMA+スペース・ロック+地中海音楽エッセンス!?カオティックかつ美しい濃密な怪作!

    90年代初頭より活動するイタリアン・プログレ・バンドの17年作。彼らの特徴が、MAGMA影響下の呪術的かつ妖艶なサウンドと、サイケデリックな音響感を持つスペース・ロック、そして地中海エッセンスをたっぷりと吸い込んだイタリアン・プログレらしい芳醇さがミックスされた個性的すぎる音世界。通算12作目となる本作でもその摩訶不思議かつ孤高の音楽性は健在です。浮遊するスペイシーなシンセをバックに囁くような女性ヴォーカルとデメトリオ・ストラトスを強く意識した男性ヴォーカルが木霊し、煌くアコースティックギターやストリングス・シンセが紡ぐ地中海/中近東音楽風のエキゾチズムが揺らめき、そうかと思うと艶やかな管弦楽器群が織りなすUnivers Zeroばりのチェンバー・ロックが展開、一転して今度はヘヴィに唸りを上げるギターと硬質なリズムが強靭に刻むヘヴィ・プログレへなだれ込んだりと、とにかく何でもありのカオティックな音像はどこか底知れない深みを感じさせます。しかしそんな中にも一貫して詩的とも言える美しさを内包しているのがまた凄いところです。どういう発想からこんな音楽が生まれてくるのか、圧倒的に濃密なサウンドに飲み込まれる衝撃作!

  • DWIKI DHARMAWAN / PASAR KLEWER

    インドネシア産ガムラン・ジャズ・グループKRAKATAUのキーボーディストによる16年ソロ作

    85年より活動するインドネシア産ガムラン・ジャズ・グループKRAKATAUのキーボーディストによる16年ソロ作。YARON STAVI(b)、ASAF SIRKIS(dr)、MARK WINGFIELD(g)という腕利きミュージシャンらとの4人編成を基本に制作。ガムラン・ミュージックをふんだんに取り入れたエキゾ・ジャズ・ロックと、洗練されたテクニカルなフュージョン・ナンバーからなりますが、特に素晴らしいのが前者。アヴァンギャルドに乱れ飛ぶピアノと猛烈な手数のドラムがぶつかり合う驚愕のジャズ・ロックを、ガムラン・パーカッションやアラビア発祥の擦弦楽器ラバーブによるオリエンタルな音色が彩るサウンドは、鮮烈の一言。技巧を全面に押し出したテクニカル・ジャズ・ロックと、宗教的な崇高さや神秘性が一体となったサウンドに息をのみます。前衛色も強いサウンドの中で、オーソドックスかつ理知的な音運びで秩序をもたらすギターもさすが。MAHAVISHNU ORCHESTRAファンにも響きそうな一枚です。

  • AMON DUUL II / WOLF CITY

    クラウト・ロック代表格、72年リリースの5th

    72年作。アルバムとしてのトータル性を重視する時代から、個々の楽曲を重視する方向性に移行した時期の作品。名曲「ドイツ・ネパール」収録。

  • VESPERO / LIQUE MEKWAS

    ロシア出身のインスト・サイケ/プログレ・バンドによる17年作、まるでゴングとアル・ディ・メオラが共演したかのような凄まじい熱量を放つ傑作!

    05年デビュー、ロシア出身のインスト・サイケ/プログレ・バンドによる17年作。ラテン・パーカッションを多用したダイナミックにして緻密な技巧派ドラミングに運動性の高いベースプレイが追従する超絶リズム・セクションにまず耳を奪われます。そこに鈍く光沢を放つようなサックス、サイケデリックにのたうつギター、クールに鳴らされるヴァイオリンらが次々と飛び込んでくるサウンドは、まるで黄金期のGONGとAl Di Meolaが一緒にプレイしているかのような凄まじさ。音数多く畳み掛けるトライバルなリズム隊が常に緊張感を煽っているのが特徴で、ヴァイオリンやギターのプレイをスリリングに加熱させています。現代ロシアにこんな強烈なバンドがいたとは!傑作です。

  • QUANTUM FANTAY / TESSELLATION OF EUCLIDEAN SPACE

    02年結成のベルギー産プログレ・グループ、17年作、シンフォニックなOZRIC TENTACLESと言える個性派サウンドが強力な快作!

    02年に結成されたベルギーのプログレ・グループによる通算10作目となる17年作。これは痛快です。まるでOZRIC TENTACLESをシンフォニック・ロック風に仕立てたようなサウンド!コズミックな音響で満たされた音空間の中をサイケかつメロディアスなギターがうねる疾走感たっぷりのネオ・サイケ/スペース・ロックと、フルートとシンセサイザーが担う包み込むように柔らかなシンフォ・テイストが違和感なく一体となって迫ってくるサウンドの素晴らしさと来たら。中近東風の旋律も散りばめつつ独自の浮遊感ある世界観を構築しています。一方ここぞという場面でロックなノリでパワフルに押しまくるアンサンブルも強力で、OZRICを飛び越え「YOU」GONGに接近。ジャズ・ロック的強度をベースに持つ演奏力の高さも特筆です。ずばり快作!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。