プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

70s北欧ハード・ロック特集

67年から68年にかけて米英で起こったサイケデリック・ムーヴメントを背景に、ドラッグの使用による意識の拡張がもたらした演奏の長尺化。さらに、機材が進化することで音がラウド化し、69年にレッド・ツェッペリンがデビューしたことを発火点に、一気にハード・ロック・ムーヴメントが勃発しました。

そのエネルギーは北欧にも到達し、クリームやジミ・ヘンドリックスを下地にサイケデリック・ロックを演奏していたティーンのバンド達は、レッド・ツェッペリンやユーライア・ヒープの登場に影響を受けて、一気に音をソリッド&ハードにしていきます。

こうして、北欧の各地から同時多発的に登場したハード・ロック・バンド達を国別にピックアップいたしましょう。どうぞ試聴しながら北欧のハード・ロック・バンドをお楽しみください!

スウェーデン

NOVEMBER/EN NY TID AR HAR and 2:A NOVEMBER

69年に結成され、72年の解散までに3作のハード・ロック・クラシックをリリースしたスウェーデンのハード・ロック・シーンのオリジネーターであり、北欧屈指の名バンド。1stと2ndをカップリングしたお得な2in1CDをピックアップ。

時に引きずるように重くタイトで、時に細かい手数で疾走する表情豊かでテクニック抜群のドラマー、ビョルン・インゲ。ぶっといトーンでボトムを支えるとともに作曲にヴォーカルにバンドの要を担う、スウェーデンのジャック・ブルースと言えるベーシスト、クリステル・スタルブラント。そして、なんと言っても素晴らしいのが、クリーム時代のエリック・クラプトン直系のタメの効いたブルージーでキレのあるフレーズが魅力の若干18歳の若きギタリスト、リヒャルト・ロルフ。

不動のトリオが築くソリッド&ブルージーなハード・ロックに痺れます。

クリーム、レッド・ツェッペリン、ブラック・サバス、ディープ・パープルなどブリティッシュ・ハードからの影響を土台にしつつ、スウェーデン語のヴォーカル&メロディやフルートをフィーチャーしたアレンジからにじみ出てくる北欧ファンタジーの柔らかでおぼろげな色彩。

ハードさの中に自然と滲み出てくる北欧ならではの幻想美こそNOVEMBERの魅力であり、北欧ハードの魅力と言えるでしょう。

試聴 Click!

NOVEMBER/6:E

彼らのラスト・アルバムである、代表作と言える3rdアルバムが72年リリースの『6:E』。

重量級リズムを土台に、鋭角かつヘヴィなギター・リフが炸裂するギュッとソリッド&ヘヴィでいて、北欧らしい幻想美もたっぷりで、さすがの完成度。

「間」が絶妙で、フッと音が止まり、音の塊となって襲いかかる部分のテンションは並みのバンドでは出せないでしょう。

試聴 Click!


NOVEMBER『En Ny Tid Ar Har...』 - ユーロ・ロック周遊日記

【関連記事】

NOVEMBER『En Ny Tid Ar Har…』 – ユーロ・ロック周遊日記

北欧スウェーデンを代表するハード・ロック・バンドNOVEMBERが70年にリリースしたデビュー作『En Ny Tid Ar Har…』をピックアップ!

LIFE/LIFE

スウェーデンEMIより71年にリリースされたデビュー作で、プロデューサーは、アビー・ロードで働き、なんとあの英ハードの名バンドQUATERMASSのプロデュースを手がけたAnders Henriksson。

ビートルズに北欧ファンタジーを盛り込んだようなポップ・センス溢れるパートから、一転して、引きずるようなファズ・ギターが炸裂する英ハード直系のヘヴィ・ロックへと雪崩れ込むスケールの大きなアンサンブルが絶品。

これは「ハード・ロック」や「プログレ」の枠に収まらない北欧ロック屈指の名作でしょう!

試聴 Click!

TRETTIOARIGA KRIGET / TRETTIOARIGA KRIGET (THIRTY YEARS WAR) 三十年戦争

00年代に入り再結成した来日もしたスウェーデン屈指のヘヴィ・プログレ・バンド、74年作の1st。

『太陽と戦慄』を2倍速で畳みかけちゃうようなパートと北欧の幻想美に溢れたアコースティックなパートの落差ときたら・・・。

メロトロンも溢れちゃうし、終始、唖然・・・。

試聴 Click!

RAG I RYGGEN/RAG I RYGGEN

スウェーデン産プログレ・ハード・バンドによる75年唯一作。こ、これは、まるでスウェーデンのユーライア・ヒープ・・・。

切れ味抜群のファズ・ギターが引っ張るハードなパートと、哀愁溢れるオルガン&クラシカルなキーボードをフィーチャーしたメロディアスなパートとによる緩急自在のダイナミックでスケールの大きなアンサンブルのドラマティックなこと!

泣きのツイン・リード、荘厳なオルガンに感動必至。

試聴 Click!

MECKI MARK MEN/RUNNING IN THE SUMMER NIGHT

ジミ・ヘンやザッパのスウェーデン公演のサポート・アクトもつとめたスウェーデン・ロック黎明期の名サイケ・バンド。

後にKEBNEKAISEを結成し活躍するギタリストも加入して、屈強なサイケ・ハードは英米の名作と比べても遜色なし。

試聴 Click!

BLUESET/ROCK MACHINE

たぶんストーンズやドアーズが元々好きで、ツェッペリンやサバスの影響でハード・ロック化したんだろうなぁ。

原盤は激レアでマニア垂涎の74年の唯一作。これはカッコいい!

試聴 Click!

CEMENT/UTMANINGEN

これまた激レア。80年にカセットテープのみで発売されたという幻の音源の発掘盤!

サバスばりのディストーション・ギターから放たれる強烈な哀愁がもうたまらない。

切れ味鋭いリフや目まぐるしい展開の切り替えも見事で、聴けば聴くほど味が染み出る良質ハード・ロックです。

試聴 Click!

ノルウェー

AUNT MARY/AUNT MARY and JANUS

70年から73年までの間に3枚のアルバムを残した、スウェーデンのNOVEMBERと並ぶ北欧ハードの名グループ。

オルガン、シンセの淡い音色が印象的なVertigoレーベルを想わせるハード・ロック・サウンドと、後期ビートルズを想わせるポップ・ロック・サウンドが同居したメロディアスなハード・サウンドが持ち味。

フルートによる幻想性はNOVEMBERとも共通してますね。

試聴 Click!

BAZAR/DRABANTBYROCK

71年にノルウェーはオスロで結成されたプログレ・ハード・グループ、73年のデビュー作に続く74年作の2nd。

ツンツンとエッジが立ってるんだけど、その回りには透明感やほの暗さのある淡い幻想性が立ち込めてる・・・エレキ・ギターのこの感じ、北欧度120%!

たゆたうフルートもまた北欧度120%。

VertigoやHarvest産の英ロックのファンは、間違いなく熱いものがこみ上げてくるはずです。

試聴 Click!

フィンランド

CHARLIES/BUTTOCKS

まさかムーミンの国に、こんなサイケでジャジーなハード・ロック・バンドが居たとは!!

70年作の2ndアルバムで、クリームやジミ・ヘンあたりからの影響が感じられるパワフルなブルース・ロックを土台に、フルートやサックスがジャジーな味付けを加えるサウンドは圧倒的な完成度。

初期ジェスロ・タルも彷彿させて、英国ヘヴィ・ブルース・ロック好きは必聴です。

試聴 Click!

ELONKORJUU/HARVEST TIME

原盤はフィンランド産プログレ/ハードの中でも特にレアで高額で知られる逸品。

エッジの立ったトーンのキレのあるギターを中心に、前のめりに疾走するスリリングなハード・ロックが持ち味で、変拍子によるスピーディーな切り返しが痛快!

フルートによる幻想性もあって、うーむ、これは痺れます。

試聴 Click!

YELLOW/KELTAKUUME

フィンランド産ハード・ロック・バンド、75年の唯一作。

ずばり、ジミ・ヘンが天国でディープ・パープルを2倍速でカバーした感じ!?

こ、これは、ものすごいテンション。

試聴 Click!

デンマーク

PAN/PAN

プログレ&ハード・ロック黎明の70年に、デンマークの地でこれほどのサウンドを聴かせるグループが居たとは・・・。

まるでフリー+VDGGじゃないか!

70年の唯一作で、わずか1000枚しかプレスされなかった激レア盤。

試聴 Click!

T.P.SMOKE/T.P.SMOKE

デンマークのビート・シーンで活躍し、北欧のLennon/McCartneyと呼ばれた(ライナーより)オルガン奏者を中心とするキーボード・トリオ。

ぶっとい音色のオルガンも強烈だけど、ジム・モリスンを暑苦しくしたような男らしいヴォーカルもカッコイイじゃないですか!

グルーヴィーな熱気に満ちたR&B風味なサイケ・プログレ好盤!

試聴 Click!

最後に、彼らのDNAを継いだ00年代の新鋭ハード・ロック・バンド達をピックアップいたしましょう。

MAGNOLIA/SVARTA SAGOR

スウェーデン出身、70sスタイルの新鋭ハード・ロック・トリオ。2015年作5thアルバム。

鋭角かつサイケデリックな混沌もまといウネりをあげるギター、ゴリゴリと凶暴に疾駆するベース。

サバスやスウェーデンの名ハード・ロック・バンドNOVEMBERのDNAを継いだサウンドは、70年代ハード・ロックのファンは拳を握りしめること間違いなし。

「男はだまって一発録り!」といった感じの粗野なグルーヴもたまらん!

試聴 Click!

—–

いかがでしたか?
みなさまにとってぴったりの一枚が見つかれば幸いです。

またお会いいたしましょう。

—–

ハード・ロックは中古CDも豊富。

「ユーロ・ハード・ロック」というジャンルで、ユーロのハード・ロックに絞って中古CDリストを見られますので、是非、チェックください。

ユーロ・ハード中古CDリスト【人気順】

聴かなくなったハード・ロックのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。

関連カテゴリー

70s北欧ハード・ロック特集

  • LIFE / LIFE

    北欧らしい透明感あるファンタスティックさと英ハード直系のメランコリーとが同居した北欧屈指のプログレ名作、71年作

    スウェーデンのプログレ・トリオ、スウェーデンEMIより71年にリリースされたアルバム。プロデューサーは、アビー・ロードで働き、QUATERMASSのプロデュースを手がけたり、同国のTAGESも手がけたAnders Henriksson。ギターにピアノにシンセにヴォーカルにベースに作曲にとマルチな才能で引っ張るAnders Nordinを中心に、リズム隊を加えたトリオ編成。コロコロとリリカルなピアノにキラキラと映える北欧語の柔和なタッチのヴォーカルと美しいメロディ。泣きに流されず、全体を引き締めるクリムゾンのマイケル・ジャイルスを彷彿させるドラムと中域寄りのマイルドな歪みのギター。オープニングから、これぞ北欧プログレ!といえる透明感ある幻想美が広がります。続いては、ゴリゴリとアグレッシヴなベースが引っ張るトレッティオアリガ・クリゲットばりのハード・ロック。これもカッコ良し。アルバム最後まで、ビートルズに北欧ファンタジーを盛り込んだようなポップ・センス、英ハード直系のメランコリックなヘヴィネスとの間を自在に往き来するスケールの大きなアンサンブルが詰まっています。北欧プログレ屈指と言える完成度を誇る名作!

    • RETROD929RPM

      当時、輸出用に英語盤がわずか800枚制作されましたが、本ESOTERIC盤は、その英語盤をDISC2に収めた2枚組仕様。ボーナス・トラックとしてアルバム未収のシングル曲3曲を収録

      レーベル管理上、ジャケに若干折れがある場合がございます。ご了承ください。

    • MELLOCD007MELLOTRONEN

      デジタル・リマスター、CD化に際しての追加音源3曲

      盤質:傷あり

      状態:並

      ジャケに若干ケースツメ跡あり、背ジャケにウォーターダメージあり

  • NOVEMBER / EN NY TID AR HAR and 2:A NOVEMBER

    スウェーデン出身のハード・ロック・トリオ、70年作の1stと71年作の2ndをカップリング、どちらも北欧ハード屈指の名作

    スウェーデン初のハード・ロック・バンドで、スウェーデンのハード・ロック〜ヘヴィ・メタルのシーンの礎を築いたと高く評価され、英国でも人気があった名グループ。70年作の1st「EN NY TID AR HAR」と71年作の2nd「2:A」をカップリングした2in1CD。トリオ編成で、クリームからの影響を土台に、同時代のツェッペリンやサバスやパープルともリンクしたスピード感溢れるハード・ロックを指向したサウンドが持ち味。それとともに、スウェーデン語による独特の語感とハイトーン寄りのふくよかなヴォーカル、神秘的に響くフルートなど、ハードさの中に北欧らしい幻想性が滲み出てくるのが魅力です。1st/2ndともに北欧ハードのクラシックであるだけでなく、英ハードの名作にも劣らないワールドワイドなハード・ロック名作!特にクリーム時代のエリック・クラプトンにも負けない饒舌なフレーズが素晴らしい若きギタリスト、リヒャルト・ロルフのプレイはハード・ロック・ファン悶絶必至!

  • CHARLIES / BUTTOCKS

    フィンランド出身、ヘヴィ・ブルース・ロックの名作、70年リリース

    フィンランド出身のサイケ・ハード・グループ。70年作の2ndアルバム。クリームやジミ・ヘンあたりからの影響が感じられるパワフルなブルース・ロックを土台に、フルートやサックスがジャジーな味付けを加えるサウンドは圧倒的な完成度。演奏力もかなりのもので、各楽器が一つの塊となったような力強いアンサンブルが鼓膜をズシズシと揺らします。1st、2ndあたりのジェスロ・タルに近い雰囲気もあります。英国ヘヴィ・ブルース・ロック好きは必聴。おすすめ!

  • NOVEMBER / 6:E

    スウェーデンのグループ、72年作3rd、鋭角かつヘヴィなギター・リフと重量級リズムを中心としたヘヴィ・ブルース・ロックと叙情的なバラードが持ち味、72年リリース

    スウェーデンのグループ、72年作3rd。重量級リズムを土台に、鋭角かつヘヴィなギター・リフが炸裂するギュッとソリッドなヘヴィ・ロック。「間」が絶妙で、フッと音が止まり、音の塊となって襲いかかる部分に痺れます!美しいアコースティック・ギターや流麗なピアノによる叙情的なバラードもまた魅力的。ヘヴィなシャウト、バラードでのエモーショナルな歌いまわしともに表情豊かなヴォーカルが印象的。名盤。

  • PAN / PAN

    プログレ黎明の70年に、デンマークの地でこれほどのサウンドを聴かせるグループが居たとは・・・70年の名作!

    デンマークのグループによる70年作で、わずか1000枚しかプレスされなかった激レア盤。ピーター・ハミルをアーシーにしたような、アーティスティック&ソウルフルなヴォーカルがとにかく印象的。アンサンブルも一筋縄ではいかない感じで、ブルージー&スモーキーかと思うと、変拍子にハモンドがからんでプログレッシヴになったり、ベースがゴリゴリと畳みかけたかと思うと、エコーに包まれたアコギが広がったり、まるでフリーとVDGGを足して二で割ったようなサウンドを聴かせます。まとまりのなさはなく、英Vertigoの名作に通ずる風格があるのが凄いところ。プログレ黎明の70年に、デンマークの地でこれほどのサウンドを聴かせるグループが居たとは。Vertigo、Harvestなどの英ロック/プログレのファンは是非、聴いてみてください。歌詞は英語。

  • AUNT MARY / AUNT MARY and JANUS

    ノルウェー産ハード・ロック・グループ、70/73年作

    ノルウェーのハード・ロック・グループ。70年作の1stアルバムと73年作の傑作3rdアルバムとの2in1CD。オルガン、シンセの淡い音色が印象的なVertigoレーベルを想わせるハード・ロック・サウンドと、後期ビートルズを想わせるポップ・ロック・サウンドが同居したメロディアス・ロック作品。メロディー、アレンジ、演奏ともかなりのレベル。

  • RAG I RYGGEN / RAG I RYGGEN

    75年作、哀愁とヘヴィネスが同居したスウェーデン産プログレ・ハード

    スウェーデンのプログレ・ハード・グループ。75年の唯一作。切れ味抜群のファズ・ギターが引っ張るハードなパートと、哀愁溢れるオルガン&クラシカルなキーボードをフィーチャーしたメロディアスなパートとによる緩急自在のダイナミックでスケールの大きなアンサンブルが聴き所。どの曲も泣きの歌メロにグッときます。ツイン・ギターのメロディアスなハモりもたまりません。哀愁とヘヴィネスが同居したサウンドは、ハード・ロック・ファン必聴でしょう。スウェーデンのユーライア・ヒープ!

  • MECKI MARK MEN / RUNNING IN THE SUMMER NIGHT

    スウェーデン・ロック黎明期の名バンド、69年作2nd、ブルージーなサイケ・ハードの傑作

    Key奏者&ヴォーカルのMecki Bodemark率いるスウェーデンのサイケデリック・ロック・バンドで、ジミ・ヘンやザッパのスウェーデン公演のサポート・アクトもつとめたスウェーデンのロック黎明期の名バンド。69年作2nd。67年のデビュー作からMeck Bodemark以外のメンバーが総入れ替えし、ギターのKenny Hakanssonをはじめ、後にKEBNEKAISEを結成し活躍するメンバーを加えた4人編成となっているのが特筆。R&Bとサイケを通過した淡くメロウなオルガン、ジミヘンを彷彿させるソウルフルなヴォーカル、ずしりと重くタイトなドラム、ヘヴィなファズ・ギターによる屈強なサイケ・ハードが印象的です。圧倒的な音圧で迫るアンサンブルはかなりの完成度。これは名作でしょう。ジミ・ヘンのファンは必聴!

  • BAZAR / DRABANTBYROCK

    ノルウェーのプログレ/ハード・ロック・グループ、74年作2nd、VertigoやHarvest産の英ロックのファンには激オススメの好作品

    71年にノルウェーはオスロで結成されたプログレ・グループ、73年のデビュー作に続く74年作の2nd。ツンツンとエッジが立ってるんだけど、その回りには透明感やほの暗さのある淡い幻想性が立ち込めてる・・・エレキ・ギターのこの感じ、北欧度120%!手数多くタイトなドラムも良いし、ノルウェー語によるどこか「いなたい」ヴォーカルと哀愁たっぷりのメロディもグッとくるなぁ。英国で言えばパトゥに近いサイケやジャズのエッセンスのあるハード・ロックを軸に、北欧らしい叙情美や哀愁や牧歌性が溢れていて、そこがたまりません。キレ味とふくよかさのバランス、北欧ロックならではだなぁ。ギターがメロディを紡ぐとやっぱりリリカルで、ウィッシュボーン・アッシュも思わせる感じで良いし、フルートがたゆたうフォーキー・ソングはクリムゾンの「風に語りて」を思わせてうっとりだし、楽曲も素晴らしい。ヴァーティゴやハーヴェストのブリティッシュ・ロックのファンは是非、この作品も聴いてみてください。熱いものがこみ上げるはずです。

  • T.P.SMOKE / T.P.SMOKE

    デンマークのキーボード・トリオ、ぶっといトーンのオルガンが炸裂するサイケ・プログレ、71年作

    デンマークのグループ、71年作。デンマークのビート・シーンで活躍し、北欧のLennon/McCartneyと呼ばれた(ライナーより)作曲兼オルガン奏者のTommy Petersenを中心とするキーボード・トリオ。R&B色濃厚なぶっといトーンのエネルギッシュなオルガンとソウルフルでアクの強いヴォーカルがウネリを上げるハード&サイケな楽曲が持ち味。バンドが一体となってグイグイと突き進むソリッドなアンサンブルは抜群の格好良さ。オルガン・ソロでは、「弾き倒す」という形容がぴったりな熱気ほとばしる演奏が堪能できます。

  • CEMENT / UTMANINGEN

    80年に自主制作のカセットテープのみで発売された幻の北欧ハード・ロック、ヘヴィ×哀愁のサウンドがたまらない名作!

    70年代に活動し、SAMLA MAMMAS MANNAの前座も務めたスウェーデンのハード・ロック・グループ。77年録音、80年に自主制作のカセットテープのみでリリースされた幻の音源発掘盤!凶暴に歪んだギターをフィーチャーしつつ、その粗々しいトーンから繰り出されるフレーズはこれでもかと叙情的。CRESSIDAを彷彿とさせるブルージーなクリーン・トーンのバッキングやグルーヴィーなベース、太く情熱的な現地語ヴォーカルも絡み合って、凄まじい哀愁のサウンドが生まれています。さらにはプログレッシヴな変拍子を盛り込んだ切れ味鋭いリフや目まぐるしく変わる展開も聴き応えたっぷり。アグレッシヴなスピード感とヘヴィな重厚感、メロディアスな哀愁が巧みに交差する楽曲はどれも充実の完成度で、当時レーベルから正規発売されていれば名盤として語り継がれたことでしょう!ハード・ロック・ファン要注目の逸品です。

  • BLUESET / ROCK MACHINE

    スウェーデンのハード・ロック・バンド、原盤は激レアで高値で取引されている74年の唯一作

    スウェーデンはストックホルム近郊で結成されたハード・ロック・バンド。原盤は激レアでコレクター間で高値で取引されている74年の唯一作。手数多くも重量感たっぷりにぶっ放すドラム、ズシリと重いベースを土台に、引きずるようなブルージー&ヘヴィなリフからタイム感抜群に切れ込むリードまでエネルギッシュにギターが弾きまくるブルース・ハードが持ち味。ヘヴィ一辺倒ではなく、アレンジの多彩さも特筆で、ヒッピー・フレイヴァーが香るアコースティックなパートや、ツンツンと尖ったトーンでリズミックに牧歌的なメロディを奏でるリード・ギターをフィーチャーしたいかにも北欧的なパートも印象的です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。