プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

UDU WUDU

MAGMA

SNAP160CD(CHARLY) 【2003年発売CD】

デジパック仕様。

評価:40 1件のレビュー

B面を使った大曲「De Futura」にて復帰したJanik Topのベース、その凶悪で破滅的な轟音の渦…!まさに戦慄。必聴です。

76年発表の名作、18分に及ぶ「DE FUTURA」は必聴!

Christian Vnderを中心に「コバイア」という架空の文化を生み出し、凶暴にして荘厳、エキセントリックなアクの強い作風で70年代を駆け抜けたグループ。非常にメンバーの出入りの激しいグループであり、そのファミリー・トゥリーを辿るだけでも一苦労と言う、まさにモンスター・バンドです。バンド変革期であった76年リリースの本作は、技巧派ベーシストJanik Topを再びバンドに呼び戻して録音された作品であり、一般的には過渡期のMAGMAサウンドという評価ですが、なんと言ってもアルバム最後に収められた代表曲であり、Janik TopがMAGMAへと戻ってくるきっかけになった「De Futura」の存在がこの作品を名盤として押し上げており、スリリングなヘヴィ・プログレが炸裂します。

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Udu Wudu
2. Weidorje
3. Troller Tanz (Ghost Dance)
4. Dokeil D'ork (Ork'sun)
5. Zombies (Ghost Dance)
6. De Futura

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ウルゴンとゴルゴ〜アターク〜

    マグマ

    REX13

    紙ジャケット仕様、直輸入盤(解説付仕様、帯元から無し)、定価不明

    帯【-】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    側面部に色褪せあり

    H.R.ギーガーのアートワークに包まれた78年発表の7th、ロック/ファンクのテイストが強く出ていて聴きやすいです

    コバイア思想に基づくコンセプトは継承しつつ、ベースの高音がうねりまくり、コバイア・コーラスにロックとファンクが均衡と破壊の狭間で見事に融合された作品。78年発表。ソウル的パッ

  • MERCI

    MAGMA

    REXIII(SEVENTH

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ジョン・コルトレーン、オーティス・レディングに捧げられた、ソウル/ファンク色の濃い84年作

    ジョン・コルトレーン、オーティス・レディングに対する愛がMAGMAの方向性を180度転換させた深い作品。クリスチャン・ヴァンデの肉声が極限まで磨き、その生の姿を有りのままに伝えよう

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 強迫の科学(3 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

マグマの中では聴きやすいレコードではないでしょうか。旧B面全部を使った「デ・フートラ」では、強迫的なベースがずっと曲を引っ張ります。まさに、ぐいぐいと。我々の周りにいるが決して目に見えない「オーク」(「オル」と読むのかな)という異世界人類についての曲で、彼らは機械と交流を交わし意思を通じることができる種族です。魂の遍歴を経ることで(つまり、この曲を聴くことで)「オーク」に会えるという壮大なストーリー。ヤニック・トップの曲になります。ゴングやフランク・ザッパと似たバンド形態だと思うんです。でも、ぜったいにふざけないもんな、この人たち。真面目にシュトックハウゼンやコルトレーンを突き詰めていったらこの形態になったのでしょうね。

しかし、です。われわれユーザーが真面目に正座して聴く必要はありません。なんだ、このオカルティックな展開は…わはは痛快、と笑っていればよいのです。幸いなことにコバイア語という翻訳不能な言葉で歌われていますので、歌詞を理解することさえ不能です。(辞書はフランスで売っているらしいんですよ)ひたすら同じ穴のむじなになって、レレロレーとコーラスしようではありませんか。2022.07.03

ナイスレビューですね!