プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

A & R STUDIOS: NEW YORK 26TH AUGUST 1971

ALLMAN BROTHERS BAND

LFMCD522(LEFT FIELD) 【2012年発売CD】

スリップケース付き仕様。

評価:50 1件のレビュー

伝説のフィルモア・ライヴと同時期の71年ライヴ音源、全12曲

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

PAVLOV'S DOG / PAMPERED MENIAL の商品詳細へ

PAVLOV'S DOG/PAMPERED MENIAL

ゲディ・リーを彷彿させるハイトーンVoと吹きすさぶメロトロンが印象的な米プログレ・バンド、75年デビュー作

1090円(+税)

ALLMAN BROTHERS BAND / AT FILLMORE EAST の商品詳細へ

ALLMAN BROTHERS BAND/AT FILLMORE EAST

オールマンズの最高傑作であるとともに、アメリカン・ロック史に燦然と輝くライヴ・アルバム名盤!

690円(+税)

ALEXL / TRIZ の商品詳細へ

ALEXL/TRIZ

ブラジル出身の新鋭シンフォ・グループ、03年作、終始めまぐるしい展開で息もつかせない圧巻の名作!

1390円(+税)

SEMIRAMIS / DEDICATO A FRAZZ の商品詳細へ

SEMIRAMIS/DEDICATO A FRAZZ

弱冠16歳の天才ミケーレ・ザリッロが率いた伊ヘヴィ・シンフォ・バンド、73年リリースの唯一作にして傑作!

2390円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Statesboro Blues
2. Trouble No More
3. Don't Keep Me Wonderin
4. Done Somebody Wrong
5. One Way Out
6. In Memory Of Elizabeth Reed
7. Stormy Monday
8. You Dont Love Me
9. Soul Serenade
10. You Dont Love Me
11. Soul Serenade (In Memory Of King Curtis)
12. Hot Lanta

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • オールマン・ブラザーズ・バンド

    オールマン・ブラザーズ・バンド

    UICY93320

    紙ジャケット仕様、ルビジウム・クロック・カッティング、定価2500

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    サザン・ロックの代名詞と言うべき名バンド、69年デビュー作

    ツイン・ギター&ツイン・ドラムという編成で、ブルース・ロックをベースによりスケールを増したサウンドでサザン・ロックの幕を開けた傑作。デュアン・オールマンのスライドとディッキー・ベッツのオーソドックスなブルース・ギターによるギター・バトルの熱気は凄い!

  • オールマン・ブラザーズ・バンド

    オールマン・ブラザーズ・バンド

    UICY94001

    廃盤希少、紙ジャケット仕様、SHM-CD、定価2800

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干帯中央部分に色褪せあり

    サザン・ロックの代名詞と言うべき名バンド、69年デビュー作

    ツイン・ギター&ツイン・ドラムという編成で、ブルース・ロックをベースによりスケールを増したサウンドでサザン・ロックの幕を開けた傑作。デュアン・オールマンのスライドとディッキー・ベッツのオーソドックスなブルース・ギターによるギター・バトルの熱気は凄い!

  • ALLMAN BROTHERS BAND

    ALLMAN BROTHERS BAND

    3145312572(CAPRICORN

    リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり

    サザン・ロックの代名詞と言うべき名バンド、69年デビュー作

    ツイン・ギター&ツイン・ドラムという編成で、ブルース・ロックをベースによりスケールを増したサウンドでサザン・ロックの幕を開けた傑作。デュアン・オールマンのスライドとディッキー・ベッツのオーソドックスなブルース・ギターによるギター・バトルの熱気は凄い!

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、ケースツメ跡あり

    サザン・ロックの代名詞的バンド、名曲「ミッドナイト・ライダー」収録の70年2nd

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    オールマンズの最高傑作であるとともに、アメリカン・ロック史に燦然と輝くライヴ・アルバム名盤!

    様々なルーツ・ミュージックが融合した米南部。その地で生まれたサザン・ロックにロック・ファンの目を向けさせたライヴ盤の金字塔。土臭く骨太な演奏に、豪快に炸裂するデュアン・オールマンのエモーションほとばしるスライド。ただただ圧巻・・・。

  • AT FILLMORE EAST

    ALLMAN BROTHERS BAND

    BAR005/6(BARRIER

    2枚組、スリップケース付き仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    スリップケースにスレ・折れあり

    オールマンズの最高傑作であるとともに、アメリカン・ロック史に燦然と輝くライヴ・アルバム名盤!

    様々なルーツ・ミュージックが融合した米南部。その地で生まれたサザン・ロックにロック・ファンの目を向けさせたライヴ盤の金字塔。土臭く骨太な演奏に、豪快に炸裂するデュアン・オールマンのエモーションほとばしるスライド。ただただ圧巻・・・。

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    76年リリース、72年〜75年のライヴ音源より編集されたライヴ・ベスト、全11曲

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、若干スレあり

    9年ぶりとなった90年復活作

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤に曇りあり、カビあり、一部に折れあり

    サザン・ロック代表格、91年作

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    一部に若干カビあり

    94年作、プロデュースはトム・ダウド

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 大陸的な大らかさとタイトな演奏を両立(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

このような録音が聴けることは至福です。「フィルモア・イースト」との比較では、演奏も音の感触も柔らかさを感じます。FM局のスタジオ・ライブということなので、バンドとの距離を近く感じることが理由でしょう。音源は、全米に向け放送されたもの。「フィルモア・イースト」で一躍人気グループへと上り詰めつつあった彼らの熱気と余裕がよくわかります。

You Don\\\\\\''t Love Me の前に、友人であるキング・カーティスが刺されて死亡したことに対する追悼が述べられます。You Don\\\\\\''t Love Me は、抑え気味の入り方で、それがとてもクールに感じられカッコいいです。その後、デュエインのソロ、ディッキー・ベッツのソロ、グレッグのソロを挟んで、Soul Serenade。悲しみというより勇気に満ちたデュエイン、ディッキー・ベッツの演奏を聴くことができます。

よく言われておりますように、ファースト・アルバム発表時には彼らはブリティッシュ・ブルーズから影響された硬い音を出すグループでした。単なるブルーズに留まらずに、ジャズ、ファンクなどブラック・ミュージックの要素を取り入れ、大陸的な大らかさとタイトな演奏を両立させたことが成功の理由だったと思います。考えようでは、フュージョンの先駆けと言えるかも知れません。「フィルモア・イースト」や「イート・ア・ピーチ」との聴き比べは、当然楽しいです。

ナイスレビューですね!