プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ロック・キーボード奏者ベスト13&キラー・チューン~海外音楽サイトBEST CLASSIC BANDS選~

こんにちは。海外サイトが発表したロック・キーボード奏者ベスト13とそれぞれのキラー・チューンをシェアします。
カケレコのオルガン・ロック特集も集めましたので、各国のオルガン・ロック探求をお楽しみいただければ幸いです!

13: Rod Argent/“Hold Your Head Up” (with Argent)

試聴 Click!

12: Steve Nieve /“I Can’t Stand Up For Falling Down” (with Elvis Costello and the Attractions)

試聴 Click!

11:Jon Lord/“Hush” (with Deep Purple)

試聴 Click!

10: Ian McLagan /“Itchykoo Park” (with Small Faces)

試聴 Click!

09:Rick Wakeman /“Roundabout” (with Yes)

試聴 Click!

08:Billy Preston /“That’s the Way God Planned It”

試聴 Click!

07:Al Kooper/“Season of the Witch”

試聴 Click!

06:Keith Emerson /“Tarkus” (with Emerson, Lake and Palmer)

試聴 Click!

05:Gregg Allman / “Stormy Monday” (with the Allman Brothers Band)

試聴 Click!

04: Ray Manzarek /“Light My Fire” (with the Doors)

試聴 Click!

03:Booker T. Jones /“Time Is Tight” (with Booker T. and the MG’s)

試聴 Click!

02:Garth Hudson /“The Genetic Method” (with the Band)

試聴 Click!

01:Steve Winwood ? “Gimme Some Lovin’” (with the Spencer Davis Group)

試聴 Click!

原文はこちら
https://bestclassicbands.com/13-best-rock-organists-9-6-166/

こちらで世界各国のオルガン・ロックを探求!


世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

【関連記事】

世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

くすんだトーンのオルガンが描く幻想的なオルガン・プログレを世界中から選りすぐってご紹介いたしましょう。


URIAH HEEPから辿る荘厳なオルガン・ハード・ロック選

【関連記事】

URIAH HEEPから辿る荘厳なオルガン・ハード・ロック選

今年で結成50周年を迎えるURIAH HEEPを起点に、ディープなオルガン・ハード作品をご紹介!


辺境地オルガン・ロック探求☆

【関連記事】

辺境地オルガン・ロック探求☆

あるときはクラシカルに格調高く、あるときはジャジーかつ芳醇に、あるときはグルーヴィーで熱量たっぷりに…。辺境地で鳴らされた個性豊かなオルガン・ロックの数々をピックアップしてまいりたいと思います。


あなたは何枚ご存知?とびきりディープなユーロ・オルガン・ロック周遊!

【関連記事】

あなたは何枚ご存知?とびきりディープなユーロ・オルガン・ロック周遊!

ユーロ・オルガン・ロックのディープなところを探求いたします☆


オルガンをフィーチャーしたプログレ新鋭特集!

【関連記事】

オルガンをフィーチャーしたプログレ新鋭特集!

ヴィンテージなハモンドの音色をめいっぱいフィーチャーしたおすすめの新鋭プログレ・グループ達をご紹介!


DOORS好きにオススメのドライヴィングなUSオルガン・サイケ選!

【関連記事】

DOORS好きにオススメのドライヴィングなUSオルガン・サイケ選!

DOORSを起点に、グルーヴィーでドライヴィングなオルガンをフィーチャーしたUSサイケをご紹介!


けたたましく荘厳に鳴り響くジャーマン・オルガン・ハード選!

【関連記事】

けたたましく荘厳に鳴り響くジャーマン・オルガン・ハード選!

なにかとバタバタしがちな年末にぴったりの、「荘厳かつなんだかせわしない」ジャーマン・オルガン・ハードをご紹介いたします。


秋に聴きたい、哀愁のオルガン・ロック特集。

【関連記事】

秋に聴きたい、哀愁のオルガン・ロック特集。

はらはらと枯れ葉舞うような、哀愁のハモンドを聴かせる作品を集めました。


「DEEP PURPLEからはじまる「弾きまくり」オルガン・ロック探求!」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「DEEP PURPLEからはじまる「弾きまくり」オルガン・ロック探求!」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

とにかく弾いて弾いて弾きまくるハモンドが好きだ!というオルガン・ロック・ファンのみなさまのために、DEEP PURPLEばりに強烈なハモンドが聴ける作品を選んでまいりますよ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • YES / FRAGILE

    代表曲「ラウンドアバウト」「燃える朝焼け」を収録、71年作4th

    その構築的に練り上げられた楽曲と凄まじい演奏技術により、今なお多くのフォロワーを生み出しているイギリスのグループの71年作4th。その内容は次作「危機」と並ぶ、プログレッシブ・ロック史に留まらず70年代ロック史に残る屈指の大名盤であり、STRAWBSからキーボーディストRick Wakemanが加入、文字通り黄金期を迎えた彼らがトップバンドへと一気に飛躍する様が鮮明に残されています。まだ「危機」のような大作主義こそないものの、「ラウンドアバウト」「燃える朝焼け」など彼らの代表曲を収録。また今作から、その驚異的なエンジニアリング技術で彼らの複雑な楽曲製作に貢献することとなるEddie Offord、そしてその後のYESのトレードマークとなる幻想的なジャケット/ロゴを手がけるRoger Deanが参加、名盤の評価をより一層高めることとなります。

  • DOORS / DOORS

    カリスマロッカーJim Morrison率いるサイケ/アート・ロック・バンド、67年発表の衝撃的デビュー作

    67年作。歪んだハモンドを筆頭とする衝撃的なヘヴィ・サウンド、文学的で難解な詞世界。60年代後半の米国ロック・シーンを席巻する彼らのデビュー作にして不朽の名作。レイ・マンザレクの独特なオルガン奏法、正真正銘のカリスマ=ジム・モリソンの唯一無比の存在感が最も際立った作品です。ヘヴィ・サイケ/オルガン・サイケのパイオニアとしても数々のフォロワーを生んだ輝かしき金字塔。

    • AMCY6151

      紙ジャケット仕様、輸入盤国内仕様(帯・解説付)、デジタル・リマスター、定価2079

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯無

      帯無、若干盤キズ多めにあり、紙ジャケに折れあり

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / TARKUS

    ELPを象徴する大作「Tarkus」収録、71年発表の大名盤2nd!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年2nd。アルマジロと戦車が合体したような架空のキャラクターである「タルカス」をコンセプトにした大曲を含むその内容は、怒涛の変拍子とテクニカルなバンド・サウンドで迫る彼らの初期の代表作の1つであり、前作同様、非常に屈折したクラシカル・ロックの名盤となっています。また、オルガンやピアノに加えて飛躍的にモーグ・シンセサイザーが存在感を示すようになっており、大きく楽曲に取り入れられているのが特徴と言えるでしょう。

  • ALLMAN BROTHERS BAND / AT FILLMORE EAST

    オールマンズの最高傑作であるとともに、アメリカン・ロック史に燦然と輝くライヴ・アルバム名盤!

    オールマン・ブラザーズ・バンドならではの緻密なアンサンブルと奔放なインプロヴィゼーションを存分に楽しめるライヴ・アルバムにして、バンドの最高傑作。71年作。

    • UICY7181/2

      デジパック・スリップケース付き仕様、2枚組、デラックス・エディション、定価3670

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      帯無、スリップケース無し、一部に若干スレあり

  • DEEP PURPLE / SHADES OF DEEP PURPLE

    大ヒット曲「ハッシュ」収録の68年デビュー作

    英国ハード・ロックの伝説的グループ、大ヒット曲「ハッシュ」を収録した68年デビュー作。リッチー・ブラックモアによる切れ味鋭いギター、ジョン・ロードの豊潤なオルガンをフィーチャーし、米国VANILLA FUDGEと並んで「アート・ロック」的サウンドを切り開いていった一枚。


60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

買取詳細ページへ"

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。