プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

TRILOGY

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)

88697830122(SONY) 【2011年発売CD】

ボーナス・トラック1曲。

評価:50 2件のレビュー

壮大な傑作組曲「ENDLESS ENIGMA」、コープランドをアレンジした華やかな「HOEDOWN」、ファンタジックな表題曲「TRILOGY」などバラエティに富んだサウンドを展開する72年作4th

NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの72年4th。初来日と時を同じくしてリリースされた本作はヒプノシスのデザインによるジャケットが物語るとおり、メンバーが同じ方向を向きながらもそれぞれの個性を感じさせる作風であり、冒頭「永遠の謎」のブリティッシュ然とした壮大なサウンドからGreg Lakeのバラード「フロム・ザ・ビギニング」、オルガンの早弾きが印象的なコープランド作曲の「ホウダウン」、シンセサイザー・オーケストレーションともいうべき「奈落のボレロ」まで、まさに三位一体の傑作となっています。

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ドラムの音が素晴らしや!(0 拍手)

りょじろうさん レビューをすべて見る

マジで全編に渡り、ドラムの音が素晴らしいぞ。特にあのドラムのイントロで始まるアレ、ドラムで歌ってます。パーマーはリズムキープのこととかいろいろ言われてるけど、やっぱりスゴイ。アイデアもね。曲も素晴らしい。最高傑作の1つかな、やっぱ。これはマジでいいよ。あとね、リマスターによって質感が違うんでいろいろと楽しめるよ。是非聞いてみて。

ナイスレビューですね!

評価:5 ELP史上最も叙情的な作品(0 拍手)

waterbearerさん レビューをすべて見る

今レビュー書いているのが2022年なので、本作発表されて50周年か。時が経つのは早いな…かつて「少年老易学成難」とかいうアルバムを出したThe Niceの狂ったオルガニスト、K.エマーソン。彼も生きていたら今年は何か本作に因んだイベントをやってくれたのかなと思ってしまうほど愛着がある作品。
エマーソンに関して言えばオルガン、箪笥、ピアノと弾き倒すのは相変わらずだが本作はピアノの比重が高いと思う。しかも収録曲の全体がしっとりしているなーと思うのは、叙情的なメロディがどの曲も印象に残るからなのかと。
M2は完全にレイクの独壇場で、ギターとヴォーカルを十分堪能できる。こういう曲が挟まるところがアルバム4枚目の余裕というところが出たのか。M3のエンディングはELPらしいコミカルさが出ているし、M4はライブでも定番となった名曲。M5のタイトル曲は美しく、本作のカラーの中心となっている。M5はライブでメロトロンをレイクに弾かせたらしいが失敗したと聞く。音の重ね方はやっぱりスタジオ録音なら実現した曲なのではと思う。
教科書的一枚として永く聴けるのは当然だが、プログレ普及用・布教用としても複数枚所有することをお勧めする。

ナイスレビューですね!