プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

CRESSIDAやAFFINITYだけでは飽き足りない? 英オルガン・ロックのディープ作品集

Vertigoレーベルの作品群を聴いてすっかり英オルガン・ロックに痺れてしまったそこのあなた!

まだまだ英国シーンは奥深い・・・。

一枚だけで解散してしまったグループや、自主製作でリリースしたグループ。
知名度はVertigoのグループにかなわないものの、サウンドでは負けていません。

耳を澄ますと、英国ロックの深い森の奥から、時にクラシカル、時にグルーヴィなオルガンが聴こえてくる・・・。
カケレコがディープなオルガン・ロックの世界へとご招待いたしましょう。

SUNDAY

試聴 Click!

71年の唯一作より。力強くドライヴ感溢れるリズム隊と、R&Bが土台にあるハード&グルーヴィーなオルガン、タメの効いたブルージーなギター、太い喉を聴かせるエモーショナルなヴォーカルによるアグレッシヴなハード・ロック!

BODKIN

試聴 Click!

72年激レア・オルガン・ハード。勇ましいリフをバックに鳴り響く荘厳なオルガンをフィーチャーしたサウンドは、BLACK SABBATHとURIAH HEEPを足して2で割った感じ!全体から漂うアンダーグラウンドな雰囲気とドラマティックな演奏がたまらない名作。

BRAM STOKER

試聴 Click!

クレジットが明らかにされていない謎のグループ、72年の唯一作より。DEEP PURPLEを彷彿させる疾走感溢れるハード・ロックながら、クラシカルなハモンド・オルガンがギターを凌駕する勢いで弾き倒しており、アンダーグラウンド感満載。

MARSUPILAMI

試聴 Click!

71年の2ndより。プリミティブなパーカッション、不気味なコーラスのバックで鳴り響くクラシカルなオルガンとメロトロンのハーモニー。古代ローマをテーマとした独特の世界観はインパクト大。

ARCADIUM

試聴 Click!

69年の唯一作より。サイケデリックなオルガンとファズを効かせた鋭角なギターがせめぎ合うサイケとハード・ロックのごった煮サウンド。転調を繰り返すカラフルな曲展開はとにかくスリリング!

JULIAN\'S TREATMENT

試聴 Click!

JULIAN JAY SAVARINを中心としたグループ、70年作品より。エコー処理されて虚ろに響く女性ヴォーカルとサイケデリックな音色を響かせるハモンド・オルガンを中心とする幻想的なサウンドが特徴。71年にはソロ名義でもアルバムを制作、そちらも是非。

FIELDS

試聴 Click!

元RARE BIRDのGraham Fieldを中心とするグループ、71年唯一作より。EL&Pを彷彿とさせるヘヴィ・オルガンが躍動!

DEEP FEELING

試聴 Click!

緩急自在に展開するドラマティックな楽曲は、ギロチン処刑を題材としたもの。クライマックスでは60年代の名残を感じさせるヴォーカル・ハーモニーが荘厳なオルガンと絡み合っており、ノスタルジーを感じさせます。

PLEASE

試聴 Click!

後にGUN、T2へ参加することになるPeter Duntonを中心としたグループの発掘音源。ヘヴィなオルガンとファズ・ギターが暗く美しいメロディを奏でるミディアム・ナンバーで、この曲はT2でも再録音されます。PLEASE唯一のアルバム『SEEING STAR』も要チェック。

COMPLEX

試聴 Click!

71年自主制作の2nd、60年代英国の名残りを感じさせるポップな楽曲が魅力のグループ。牧歌的なメロディを奏でるクラシカルなオルガンと、ドタバタと荒々しいリズム隊の対比が鮮やかで、ほのぼのとした情景が浮かび上がります。

CLOUDS

試聴 Click!

キーボード・トリオによる71年2ndのタイトル曲。英国らしい叙情的なメロディの美しさが際立っており、エレガントなストリングスと共に楽曲を盛り上げる荘厳なオルガンが印象的。

FANTASY

試聴 Click!

72年発表、素朴でフォーキーなメロディをシンフォニックに聴かせるグループ。荘厳なオルガンと繊細なアコースティック・ギターが絡み合って牧歌的なメロディを紡いでいきます。クライマックスへと徐々に盛り上がっていく様はまさしくファンタジー。

LOST NATION

試聴 Click!

「Beggars Opera + Deep Puple」。アメリカのグループながらイギリス的な魅力に溢れた作品もご紹介。分厚く鳴らされるハモンド・オルガン、エッジの立ったリッチー・ブラックモアを彷彿とさせるギター、劇的なヴォーカル!素晴らしい!

TUCKY BUZZARD

試聴 Click!

THE ENDから発展し、FUZZY DUCKへと繋がる英国出身ハード・ロック・グループ。ハードなギター・リフと歪んだオルガンをバックに、絞り出すようなシャウト・ヴォーカルが炸裂するイントロから熱気ムンムン。聴き応え充分の確かな充実作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • ARCADIUM / BREATHE AWHILE

    69年にリリースされたブリティッシュ・オルガン・ロックの名品

    69年にMiddle Earthレーベルよりリリースされた唯一作。数百枚しかプレスされなかったオリジナル盤は600ユーロを超す激レア盤。ファズを効かせた鋭角なギターと沈み込むようなオルガンとが一つの音塊となって突き進むサウンドは、サイケからプログレへの過渡期だった当時の空気が見事に真空パックされています。リズム隊が前のめりに畳みかけ、エッジの立ったギターがアグレッシヴに切れ込むパートはかなりカッコ良いです。サイケ・ポップの延長にある甘くジェントルなヴォーカルも印象的。オルガン・ロック好きはマストな逸品です。これがまた良いんです。ボーナス・トラック2曲、デジタル・リマスター。

  • BRAM STOKER / HEAVY ROCK SPECTACULAR

    72年作、英オルガン・ロック、これは文句なしの名作!

    72年作の唯一の作品。メンバークレジットが無いなどの匿名性や謎めいたジャケットから、どんなアンダーグラウンド・サウンドが飛び出すのか恐る恐る聴いてみると、端正なオルガン・ロックでびっくり。クレシダを想わせるクラシカルなハモンドが素晴らしいの一言で、全編に渡ってこの時代特有の淡いトーンが魅力的。テンション溢れるハード・エッジなパートから叙情性溢れるパートまで、バンド・アンサンブルも隙が無く、各メンバーの音楽的素養の高さを感じさせます。文句なしの名作70年代ブリティッシュ・ロック好きは必聴です。

  • COMPLEX / THE WAY WE FEEL

    71年リリースの2nd、ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルかつポップなオルガン・ワークが素晴らしい愛すべき逸品!

    ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルなオルガン・ワークが素晴らしい、コンプレックスの71年発表の名作2nd。マイナー調のメロディーが印象的な1曲目「Every Time I Hear That Song」からアクセル全開。美しいメロディーとユニゾンでからみあうオルガンがドラマティックで、次から次へと流麗なメロディーでたたみかけます。切々と歌い上げるヴォーカルが素晴らしい「Am I」もまた名曲。6曲目「Moving Moor」は、一転して重厚かつ荘厳なオルガンが教会音楽を思わせるクラシカルなインスト。彼らの高い音楽的素養が感じられます。アルバム最後を飾る9曲目「If You Are My Love」は、ヘヴィーなギターとブルージーなオルガンによる重たいイントロから、テクニカルでスピード感溢れるパートへと一気に加速する展開が見事。

    • WHCD009WOODEN HILL

      ボーナス・トラック2曲

      レーベル管理上、ジャケット等の品質がかなり良くありません(ツメ跡、ホチキス錆、カビ汚れなど)。これまで長い期間に何度か入荷していますが、すべて同じ状況のため、ご了承ください。

    • GUESS103GUERSSEN

      180g重量盤LP

      入荷状況により外袋のステッカーはない場合がございます。また、レーベル管理上、LPジャケットに若干の汚れがある場合がございます。ご了承ください。

  • DEEP FEELING / DEEP FEELING

    71年唯一作、英国らしい幻想性&叙情性に溢れた絶品ブリティッシュ・ロック

    エルトン・ジョンで知られるDJMより71年にリリースされた唯一作。格調高く叙情性溢れるメロディ、洗練されたコーラス・ワーク、クラシカルなハモンド&ハープシコードをフィーチャーした、いかにも英国的と言える豊かな香り漂うブリティッシュ・ロック。幻想性溢れるアコースティカルなパート、変拍子を織り交ぜたドラマティックなキメのパートなど、振幅のあるアンサンブルをピシリと引き締める、タイトでドライヴ感溢れるリズム隊も聴き所。演奏はたいへん洗練されていて、音数はそれほど多くなくシンプルなのに、音と音の間に荘厳な空気を感じます。派手さはないものの、かなりの音楽的センスを感じます。ジャケットがただただ残念。ヒプノシスやキーフが印象的なジャケをつけていれば、もっともっと評価されていたでしょう。気品漂う名作です。

  • FANTASY / PAINT A PICTURE

    73年作、リリシズム溢れるメロディアスな英ロック、傑作!

    品の良いシンフォニック・ロックを聴かせるイギリスのフォーク・ロック系プログレッシブ・ロックバンドの73年デビュー作。オルガンのシンフォニックでブリティッシュ的な旋律、牧歌的なアコースティック・ギターとボーカルの素朴な味わいなど、マイルドで緩やかなシンフォニック・ロック寄りのサウンドを聴かせており、メロトロンも効果的に組み込まれた作風です。楽曲によってはブラス・セクションによるドラマティックなアプローチなども見られるものの、一貫して感じられるのは適度にファンタジックでほのぼのとした英国叙情であり、穏やかな旋律を放つ名盤と言えるでしょう。

  • FIELDS / FIELDS

    71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

    元RARE BIRDのGraham Fieldが、元KING CRIMSONのAndy McCulloch、そしてKING CRIMSONのメンバーPeter Giles、Michael Giles、Boz Burrellとも交流の深かったAlan Barryと結成したイギリスのプログレッシブ・ロックグループによる71年デビュー作。その内容はRARE BIRD時代の名残を感じさせ、Emerson Lake & PalmerともつながるようなGraham Fieldのハモンド・オルガンを中心にしたキーボード・ロックであり、Andy McCullochのジャジーでテクニカルなドラムをはじめとしたバンド・アンサンブルが英国らしい叙情と味を持ちつつ、とてもキャッチーな音楽性を放つ良作となっています。

  • JULIAN'S TREATMENT / A TIME BEFORE THIS

    ドミニカ共和国出身のキーボード奏者Julian Jay Savarinを中心とする5人組シンフォ・ロック・バンド、70年作

    後に「Waiters On The Dance」という名作を発表したジュリアン・ジェイ・サヴァリンが70年に発表した名盤。滅び去った文明をテーマにしたコンセプト・アルバムで、ハモンド・オルガンによるドラマティックかつ壮大なサウンドがたいへん素晴らしい作品です。

  • LOST NATION / PARADISE LOST

    「Beggars Opera + Deep Puple」、アメリカのグループながらイギリス的な魅力に溢れた名作

    アメリカのプログレ・グループ、原盤は激レアで知られる70年唯一作。ライナーには、Beggars OperaとDeep Pupleからの影響が感じられる、と書いてありますが、確かにその通り。分厚く鳴らされるハモンド・オルガン、エッジの立ったリッチー・ブラックモアを彷彿とさせるギター、劇的なヴォーカル。何も情報が無く聴けば、イギリスのグループと思うでしょう。サイケからプログレへの過渡期の魅力がつまった逸品。マイナーなグループですが、内容は一級品!オススメです!

  • MARSUPILAMI / ARENA

    キャメルのピート・バーデンスによるプロデュース、B級ブリティッシュロックの良作、71年2nd

    CAMELのキーボーディストPeter Bardensがプロデュースしたことで馴染みの深いイギリスのグループの71年作2nd。その内容は古代ローマ帝国をコンセプトに掲げたトータルアルバムとなっており、前作から引き続きCRESSIDAなどとの類似点も多く挙げられる伝統的な英国ロックのサウンドを基本に、スリリングなジャズ・ロック的アプローチまで聴かせる素晴らしいものです。1st同様にハモンドオルガンの強烈な響きとフルートのソリッドなプレイが光るへヴィープログレを展開していますが、勢いでゴリ押しする様相であった1stに比べるとコンセプトアルバムと言うこともあり、またメロトロンなどの効果的な使用によりだいぶ整理され、聴きやすくなった印象を持ちます。

  • SUNDAY / SUNDAY

    71年作、ハード&グルーヴィーで哀愁溢れる英オルガン・ハードの逸品

    イギリスのオルガン・ハード・グループ、ロンドンで録音されながらドイツのみでリリースされた71年作。力強くドライヴ感溢れるリズム隊と、R&Bが土台にあるハード&グルーヴィーなオルガン、タメの効いたブルージーなギター、太い喉を聴かせるエモーショナルなヴォーカルによるアグレッシヴなオルガン・ハード。リリカルなピアノと哀愁のメロディが胸に染みる、PROCOL HARUMを彷彿とさせるバラードも魅力的。土の香り漂う豊潤なメロディは絶品の一言。なぜにイギリス本国でリリースされなかったのかが不思議な充実の一枚。

  • TUCKY BUZZARD / COMING ON AGAIN

    英国出身72作、オーケストラも導入したスケールの大きなオルガン・ハード・ロック

    THE ENDから発展し、FUZZY DUCKへと繋がる英国出身ハード・ロック・グループ。1st、2ndの後、スペインのみでリリースされた72年作。6部構成14分に及ぶ組曲が聴き所。ハードなギター・リフと歪んだオルガンをバックに、絞り出すようなシャウト・ヴォーカルが炸裂するイントロから熱気ムンムン。エコーに包まれたコーラスとプリミティヴなパーカッションによる幻想的なパート、クラシック・ギターが爪弾く端正なパートを挟み、オーケストラがフィーチャーされ雄大なクライマックス・パートへと登りつめていく構成は見事。終始タイトに引き締ったリズム隊もポイントです。ダークな英オルガン・ロックを土台に、牧歌性や幻想性など英国ロックの魅力もあって、聴き応え充分。スケールの大きな快作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!