プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

旧ユーゴの首都ベオグラードで生まれたセルビアン・プログレ特集

EASTERN TIMEやATLANTIDEレーベルより続々と旧ユーゴの作品、とくにセルビアはベオグラード出身のプログレ/ハード・ロック・バンドの作品がリイシューされておりますので特集いたしましょう。

まずは、旧ユーゴの歴史をざっと振り返ってまいります。

旧ユーゴは、1970年代当時の正式国名が、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国で、「7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字からなる1つの国」と言われ、セルビア人、クロアチア人、スロベニア人、マケドニア人、モンテネグロ人の多民族が住む社会主義国家でした。

国の中心を担っていたのは主にセルビア人で、旧ユーゴの首都は、現セルビアの首都でもあるベオグラード。

ベオグラードは西ヨーロッパとトルコとの間にあるバルカン半島のほぼ中央に位置し、紀元前6000年もの前から人が住んでいたというヨーロッパ最古の都市。

ヨーロッパとアジアを結ぶ戦略的な要所として、古代より争いの場となり、東ローマ帝国、オスマン帝国をはじめ、長い歴史の中で、キリスト教国、イスラム教国のいずれの領土にもなってきた歴史を持ちます。

第二次大戦時はナチの迫害を受けて市民大虐殺もおこり、戦後は、トルコとソヴィエトの間で折衝の場となるなど、緊張感が途切れることがありませんでした。

そんな政治的・文化的に自由を奪われた状況の中、ラジオを通してイギリスやドイツのロック・ミュージックに親しんでいた若者たち。
ナチによる文化・言論統制による文化的な暗黒時代(1930年~60年)が終わりを迎えた後、堰を切ったように若者達はロックへと向かいました。

西ヨーロッパのキリスト教文化とトルコのビザンツ文化が混ざり合った豊かな文化的背景と抑圧されていた若者の欲求の解放とがぶつかりあって生み出されたベオグラード発のセルビアン・ロック。

以前に取り上げたスペインのバスクやバルセロナ、フランス南東部のニースなど、同じような歴史的背景を持った地域から生まれたグループ達と同じように、文化的な混濁と民族自決の精神が生む、独特の緊張感と悲哀を感じさせるサウンドが印象的です。

バルカンの歴史が生んだセルビアン・ロック。どうぞお楽しみください。

セルビアはベオグラード産プログレ

KORNI GRUPA / KORNI GRUPA

ベオグラードを代表するグループがKORNI GRUPA。

68年に結成され、ビート・ポップから出発し、バンドメンバーを変えながら、サイケ、フォーク、ジャズを取り入れてプログレッシヴなサウンドを指向。満を持して72年に国営レコード会社のPGP-RTSよりリリースされたデビュー作が本作です。

セルビア初のロック・アルバムで、旧ユーゴでも4番目と言われている旧ユーゴ最初期の作品。

ハードエッジなギターと時にジャジーで時にクラシカルなピアノ/キーボードを中心に、サイケデリックに渦巻く「混沌」とクラシカルな「気品」とが同居した、まだ洗練されていない剥き出しのエモーションが溢れるダイナミックなアンサンブルは、ヨーロッパ的洗練と非ヨーロッパ的土着性とがぶつかりあったバルカンならでは。

試聴 Click!

KORNELYANS / NOT AN ORDINARY LIFE

KORNI GRUPAはイタリアのRICORDIと契約し、KORNELYANSとして世界デビューを果たします。

旧ユーゴ最高峰、というより、ユーロ・ロック最高峰と言えるほどの一大プログレ傑作で、ジェントル・ジャイアントばりの超絶技巧とメロディ・センスとハーモニーがとめどなく聴き手を飲み込みます。

試聴 Click!

SMAK/SMAK

旧ユーゴを代表するギタリストのRadomir Mihajlovicと、後にBIJELO DUGMEにも参加する名Key奏者Laza Ristovskiが在籍する旧ユーゴを代表するグループ。

KORNI GRUPAのシンフォニックな楽曲に影響を受けて作られたB面すべてを占める大曲が何と言っても白眉で、オランダのトレースのような端正なクラシカル・ロックから伊レ・オルメばりのテンションいっぱいのオルガン・ロックを軸に、ジェフ・ベックばりのキレ味鋭いギターが炸裂するサウンドは、ユーロ・ロックのファンは歓喜すること間違いなし!

試聴 Click!


SMAK『SMAK』 ~旧ユーゴ屈指のグループによる75年デビュー作~ ユーロ・ロック周遊日記

【関連記事】

SMAK『SMAK』 ~旧ユーゴ屈指のグループによる75年デビュー作~ ユーロ・ロック周遊日記

旧ユーゴを代表するプログレ・グループの一つ、SMAKの75年のデビュー作『SMAK』をピックアップ!

GRUPA DAH / VELIKI CIRKUS

74年のデビュー作。抑制されたエモーショナルなギターはフォルムラ・トレに通じてるし、ハード&ジャジーに畳みかけるところは英パトゥが頭に浮かびます。ヨーロッパ的気品と土着の荒々しさとがバランスしたサウンドは、いかにもセルビアン・プログレ。

72年に結成。74年にJUGOTONレーベルよりリリースされたデビュー作。

抑制されたエモーショナルなギターはフォルムラ・トレに通じてるし、ハード&ジャジーに畳みかけるところは英パトゥが頭に浮かびます。

ヨーロッパ的気品と土着の荒々しさとがバランスしたサウンドは、いかにもセルビアン・プログレ。

試聴 Click!

YU GRUPA / KAKO TO DA SVAKI DAN ?

旧ユーゴ最初期のハード・ロック・グループで、現在でも活動を続ける名グループ。

ブルージーかつキレのあるギターが素晴らしく、英国で言えばTEAR GASのZal Cleminsonあたりに匹敵するセンス。

ウィッシュボーン・アッシュやテア・ガスあたりの骨太&メロウ&哀愁溢れるハード・ロックのファンは気に入るはず。

試聴 Click!

OPUS/OPUS 1

YU GRUPAの結成メンバーながらメンバー間の対立によりデビュー前に脱退したKey奏者とギタリストの2人を中心に73年に結成されたグループ。シンガーは初期KORNI GRUPAに在籍してシングルを残したことでも知られ、後にはセルビアを代表するシンガーとなるDusan Prelevic!

旧ユーゴが誇るオルガン・プログレの名作と言える75年の唯一作。

まるで英国のパトゥにキース・エマーソンが入ったかのような強烈さ!

試聴 Click!

POP MASINA / KISELINA

セルビアのサバス!

左CHでエネルギッシュにかきむしられるリズムギター、右CHで爆音を轟かせてアグレッシヴに疾走するベース、中央でシャープなリズムを刻むドラム、そして気だるいヴォーカル。

ソリッド&ハード・エッジなパートから一転、エコーに包まれサイケデリックなコーラスパートへと切り替わったと思うと、またもや突如ギターがキレのある早弾きで突っ走る!

オープニング・ナンバーからこれは痺れます。

試聴 Click!

POP MASINA/NA IZVORU SVETLOSTI

1stでのキレ味はそのままに、オルガンやストリングスやムーグ・シンセによるプログレッシヴな味付けも印象的な2ndもまた名作。

スティル・ライフなどドラマティックなVertigo産ハード・ロックのファンにもオススメ!

試聴 Click!

TAKO / TAKO

78年作なので、先に挙げたグループ達より少し若いバンドになります。

いにしえよりユーロ・ロック・ファンに愛された秘宝的シンフォ名作。

試聴 Click!

ベオグラード産フォーク

TRIO DAG/SECANJA

プログレ・シーンだけでなく、フォーク・シーンも旧ユーゴにはあったんですね!

こんなにも煌びやかで神秘的でなおかつ陽光のように温かなフォーク・トリオが政情不安定な旧ユーゴで生まれていたとは!感動的な一枚。

試聴 Click!

MAJA DE RADO & PORODICNA MANUFAKTURA CRNOG HLEBA/STVARANJE

MELLOW CANDLEやITHACAなどミスティックなフォーク・ロックが好き?でしたら、この女性Voフォーク・バンドを試聴是非!

試聴 Click!

ベオグラード産サイケ/スペース・ロック

IGRA STAKLENIH PERLI/VRT SVETLOSTI

旧ユーゴはベオグラードに、これほどまでにクラウト・ロック/サイケ~スペース・ロックのファン悶絶必至のバンドが居たとは・・・。フロイドやホークウィンドやカンやノイ!のファンは必聴ですよ~。

試聴 Click!

—–

EASTERN TIME、ATLANTIDEレーベルからは、セルビアのグループの他にもスロヴェニアやクロアチアといった旧ユーゴ連邦から独立した国の他、ルーマニアの作品もリイシューされていますので、ついでにピックアップ。

スロヴェニアのプログレ

IZVIR/IZVIR

こ、この1曲目、ずばり旧ユーゴはスロヴェニアからのフランスATOLLへの回答!シャープなリズム隊、壮麗なキーボード、音響センス抜群なギター、そして、スロヴェニア語のセンチメンタル&ドラマティックなヴォーカル。ジャケは残念ですが、サウンドはグレイト!

試聴 Click!

PREDMESTJE/BREZ NASLOVA

IZVIRと同じく、現スロヴェニアの首都リュブリャナ出身。

旧ユーゴ屈指と言われるジャズ/フュージョン・ロック・バンド!

アドリア海にほど近い土地柄か、地中海フレイヴァーとエキゾチズムが香るサウンドが魅力!

試聴 Click!

SLOVENSKA GRUDA/PESMI

ハイ・トーンの美声女性ヴォーカル、そして、まるで教会音楽のようにクラシカルで気品に満ちた男女3声のコーラス・ワーク。

神秘的なリコーダーも良いし、80年代はじめのスロヴェニアにこんなにも格調高いフォーク作品が生まれていたとは!

試聴 Click!

クロアチアのプログレ

DRUGI NACIN/DRUGI NACIN

旧ユーゴはクロアチア屈指の傑作!ウィッシュボーン・アッシュばりのドラマティックなツイン・リード、幻想的にたなびくオルガンやフルート、そして、炸裂するデヴィッド・バイロンばりのハイ・トーン・シャウト!

試聴 Click!

TIME / TIME

旧ユーゴはクロアチアのザグレブ出身のオルガン・ロック・グループ、72年のデビュー作。

トラフィックに通じるR&BフィーリングにVertigo直系のくすんだヘヴィネスを加えたサウンドは本格感ぷんぷんですね。

試聴 Click!

ルーマニアのプログレ

F.F.N. / ZECE PASI

旧ユーゴの東北側に位置するルーマニアのグループ。75年のデビュー作。

レーベルからのインフォにはジェスロ・タルやグレイヴィー・トレインが引き合いに出されていますが、吹き飛ばすアグレッシヴなフルートなど、確かにその通り。

さらに英フラッシュやキャパビリティ・ブラウンに通じるニッチ・ポップ風味もあって、このグループ、かなり良いです。

試聴 Click!

PHOENIX / MUGUR DE FLUIER

こちらもルーマニアのグループ。

60年にはビート・グループとして活動しながら、評価を得ず、ルーマニアのフォークロアを取り入れてオリジナリティを確立し、71年にデビュー

この2ndも民族色濃厚で、オープニングから、祭り囃子のような土着的パーカッションに、こぶしを効かせたようなうねるギターが躍動してます!

試聴 Click!

いかがでしたか?

バルカン地方のプログレ。多様な民族が織り成す歴史と文化が香るサウンド、お楽しみいただけたなら嬉しいです。

バルカン地方と同じく民族的に不安定な歴史を持つスペインはバスク地方、フランスはニース地方のプログレもまた同様のメランコリックで緊張感漂うサウンドが印象的。是非、あわせてチェックください。


スペインはバスクのプログレITOIZの80年作2nd『EZEKIEL』 - ユーロロック周遊日記

【関連記事】

スペインはバスクのプログレITOIZの80年作2nd『EZEKIEL』 – ユーロロック周遊日記

スペインはバスクが誇る名作を特集。アルゼンチンのPABLO EL ENTERRADORやイタリアのLOCANDA DELLE FATEのファンは必聴ですね!当時のライヴ映像が素晴らしすぎ!


【ユーロロック周遊日記】フレンチ・プログレの名作CARPE DIEMの75年作1st『En Regardant Passer Le Temps(時間牢の物語)』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】フレンチ・プログレの名作CARPE DIEMの75年作1st『En Regardant Passer Le Temps(時間牢の物語)』

本日の「ユーロロック周遊日記」は、フレンチ・プログレを名バンドCARPE DIEMによる75年のデビュー作『En Regardant Passer Le Temps(時間牢の物語)』をピックアップいたしましょう。

関連カテゴリー

セルビアン・プログレ/バルカン・プログレ

  • KORNELYANS (KORNI GRUPA) / NOT AN ORDINARY LIFE

    旧ユーゴ最高峰の作品と言われる74年作2nd、ユーロ・ロックのファン必聴のプログレ傑作

    旧ユーゴで現セルビアはベオグラード出身のプログレ・グループ、世界進出に向けてイタリアのRICORDIよりリリースされた74年作2nd。いにしえよりユーゴ産プログレ最高峰としてユーロ・ロック垂涎の一枚で、ジャケからもプログレ秘宝臭がぷんぷんしていますが、サウンドのクオリティも圧巻。オープニングから一気に畳み掛けてきて、ジャズ/フュージョン・ロックの切れ味とともに、フランク・ザッパの『ホット・ラッツ』あたりを彷彿させる一音一音がツブだったマジカルな音の響きもあって、これは素晴らしい。2曲目はいきなり10分を超える大曲で、ジェントル・ジャイアントばりのファンキーかつ変拍子ばりばりの先の読めない展開とコーラス・ワークが魅力のプログレ・パートを基本に、クラシックの確かな素養を感じさせる気品と超絶技巧みなぎるピアノ、エネルギッシュなディストーション・サウンドでフュージョン・タッチの流麗なフレーズを弾き倒す豪快なギターがバトルを繰り広げるアグレッシヴなパートを織り交ぜつつ、一転して東欧的なクールなムーグやソリーナによる暗黒シンフォ絵巻を繰り広げるなど、これでもかと畳み掛けます。クラシックに根ざした確かな音楽的素養と超絶技巧、構成とアレンジの溢れるアイデア、メロディ・センス&コーラス・ワークという点で、ジェントル・ジャイアントに比肩しています。イタリア録音、全曲英語詩ということで、辺境の傑作としてはもちろん、ユーロ・ロックの定番としてもっと聴かれるべき一大プログレ傑作。これはオススメです。

  • KORNELYANS (KORNI GRUPA) / KORNI GRUPA

    旧ユーゴのプログレ・グループ、72年作の1st

    70年代半ばには伊RICORDIレーベルより世界デビュー(KORNELYANSというバンド名を使用)する旧ユーゴを代表するプログレ・グループ。68年に現セルビアのベオグラードで結成され、ビート・ポップから出発し、バンドメンバーを変えながら、サイケ、フォーク、ジャズを取り入れてプログレッシヴなサウンドを指向。満を持して72年に国営レコード会社のPGP-RTSよりリリースされたデビュー作が本作。セルビア初のロック・アルバムで、旧ユーゴでも4番目と言われている旧ユーゴ最初期の作品です。ハードエッジなギターと時にジャジーで時にクラシカルなピアノ/キーボードを中心に、サイケデリックに渦巻く「混沌」とクラシカルな「気品」とが同居した、まだ洗練されていない剥き出しのエモーションが溢れるダイナミックなアンサンブルが印象的。イタリアン・ロックに通じるリリカルで気品あるメロディとヴォーカル&ハーモニーも魅力です。世界デビュー作となる74年の次作で一気に洗練されてユーロ・ロックの傑作をものにするバンドの才能の原石が初期衝動の中に散りばめられた、緊張感みなぎる逸品。これは名作です。

  • POP MASINA / KISELINA

    旧ユーゴ産サイケ/ハード・ロック・グループ、73年デビュー作

    72年に結成された旧ユーゴは現セルビアのベオグラード出身のハード・ロック・トリオ。旧ユーゴ最初期のハード・ロック作品と言われる73年に国営レコード会社のPGP-RTSよりリリースされたデビュー作。左CHでエネルギッシュにかきむしられるリズムギター、右CHで爆音を轟かせてアグレッシヴに疾走するベース、中央でシャープなリズムを刻むドラム、そして気だるいヴォーカル。ソリッド&ハード・エッジなパートから一転、エコーに包まれサイケデリックなコーラスパートへと切り替わったと思うと、またもや突如ギターがキレのある早弾きで突っ走る!オープニング・ナンバーからこれは痺れます。ハードなナンバーだけでなく、アコギアルペジオに夢想的なヴォーカルが乗るピンク・フロイドばりに幻想的なナンバーも魅力的。サバスやツェッペリンのファンはもちろん、サイケ・ハードのファンにもオススメの好グループです。

  • TAKO / TAKO

    旧ユーゴを代表するシンフォニック・ロック・バンド、78年作、東欧シンフォを代表する傑作

    旧ユーゴで現セルビアのベオグラード出身のプログレ・グループ、78年のデビュー作。キーボード&フルート、ギター&ヴォーカル、ベース&ヴォーカル、ドラムの4人組。手数多くシャープなドラム、IL VOLOでのアルベルト・ラディウスのようなジャジーかつテンション溢れるフレーズからギルモアばりのエモーションを放つフレーズまで存在感を放つギター、東欧らしい荘厳さとメランコリーを帯びたキーボード、東欧語の語感がモノトーンの叙情を描くヴォーカル。ゆったりとシンフォニックでメロディアスなパートから変拍子の連発で畳み掛けるハードなパートまで、緩急自在、縦横無尽に行き交うダイナミックな展開が特徴です。ただ、テクニック抜群ながらテクニカルにはならず、全体的に霧に覆われているような、独特な翳りがあるのがいかにも東欧プログレ的。謎めいたジャケのイメージ通りの幻想美を奏でる東欧プログレの名作。

  • SMAK / SMAK

    旧ユーゴ屈指のプログレ・バンド、クラシック、ブルース、ジャズ/フュージョンが見事に融合した75年の名デビュー作

    71年に結成された旧ユーゴはセルビア屈指のヘヴィ・プログレ・バンドによる75年デビュー作で、東欧屈指の一枚としてユーロ・ロック・ファンに愛される名作。特筆なのが旧B面すべてを使った19分近い大曲。手数多く前のめりで性急なドラム、クラシカルでいて東欧ならではの独特の哀感もあるエレピやオルガン、そして、キーボードと時に高速ユニゾンを奏で、時にハードエッジなリズム・ギターでロック的ダイナミズムを生み出すギター。オランダのトレースの端正さとイタリアのレ・オルメのほの暗い叙情美やヘヴィネスを合わせつつ、時にジェントル・ジャイアントばりの奇天烈さ、時に伊ヘヴィ・シンフォばりの熱気を注入しつつ、東欧ならではの独特の哀感もあるアンサンブルはプログレ・ファンは歓喜すること間違いなし。クラシック、ブルース〜ハード・ロック、ジャズ/フュージョンの見事な融合。ずばりユーロ・ロック屈指の名曲でしょう。旧A面の小曲も魅力で、ツェッペリンばりのハード・エッジなアンサンブルと線の細いハイ・トーンのヴォーカルからは辺境プログレならではの翳りがぷんぷん漂っています。それにしても、後にBIJELO DUGMEにも参加し、ソロでも活躍するLaza Ristovskiはプログレファン注目のKey奏者と言えるでしょう。東欧屈指の名作です。

  • F.F.N. / ZECE PASI

    ルーマニアのグループ、75年作、英フラッシュやキャパビリティ・ブラウンに通じるニッチ・ポップ/プログレ風味にフルートをフィーチャーした逸品

    ルーマニアのグループ、75年のデビュー作。再発レーベルからのインフォにはジェスロ・タルやグレイヴィー・トレインが引き合いに出されていますが、吹き飛ばすアグレッシヴなフルートなど、確かにその通り。個人的には、ブルースがベースにありつつもエッジの立ったトーンで鋭角に切り返すギターやゴリゴリとシャープなベース、ハイ・トーン寄りのニッチ・ポップ・フレイヴァーもあるルーマニア語のヴォーカル、憂いある豊かなコーラスあたり、英国のフラッシュやキャパビリティ・ブラウンなどを彷彿させます。格調高いクラシカルなピアノに艶やかなストリングスが入るバラードも魅力で、3曲目「Speranta」は、プロコル・ハルムやイ・プーもびっくりの気品ある美メロ名曲。フルート入りの英プログレやユーロ・ロックのファンはもちろん、英ニッチ・ポップのファンにもオススメしたい好グループ。秘宝臭ぷんぷんのジャケの通りの名作!

  • TIME / TIME

    旧ユーゴを代表するオルガン・プログレ名作、72年作

    旧ユーゴで、現クロアチアはザグレブ出身のオルガン・ロック・グループ、72年のデビュー作。トラフィックに通じるR&Bフィーリングに、VERTIGO勢に通じる陰影やハードさを加えたサウンドが持ち味。手数多くタイト&グルーヴィーなドラムと地を這うようにヘヴィなベースによる屈強なリズム隊、くすんだトーンのオルガン、ここぞでファズ・ギターを炸裂させるブルージー&ソリッドなギター、ちょっぴりアクの強い声のソウルフルなヴォーカル。各楽器ともテクニック抜群で、一体感もあり、本格感ぷんぷん。ズシリと重いアンサンブルを軸に、変拍子による細かなキメも織り交ぜた展開も見事。フルートがむせび泣くジャジーでアコースティックなパートなど、表現力も特筆です。これは、素晴らしいグループ!英ロックのファンは必聴と言える名作!

  • GRUPA DAH / VELIKI CIRKUS

    旧ユーゴのプログレ・グループ、74年デビュー作、フォルムラ・トレやパトゥを彷彿させる逸品

    72年に結成された旧ユーゴスラビアはベオグラード出身のプログレ・グループ。74年にJUGOTONレーベルよりリリースされたデビュー作。オープニング・ナンバーから10分を越える大曲で、抑制されたトーンで感情を切々と紡ぐアーティスティックな佇まいのリード・ギターが印象的な情感たっぷりのナンバーで、イタリアのフォルムラ・トレを彷彿させます。ヴォーカルの語感もイタリアっぽいですし。2曲目は一転して、強烈に歪んだファズ・ギターによるスリリングな変拍子ギター・リフ、ボコスカとダイナミックに畳み掛けるリズム隊によるハード・ロックを炸裂。ギターにはジャジーな響きがあって、英国のパトゥが頭に浮かびます。ヴォーカルはやはりイタリアン・ロックに近い感じで、ハードなサウンドの中にユーロならではの奥ゆかしさや気品を感じます。以降も、アーティスティックなナンバーとハードなナンバーを織り交ぜながら、ロバート・プラントばりのシャウトに痺れるブルース・ハードな最終曲まで一気に畳み掛けます。辺境臭はなく、本格派ぷんぷんの名作。素晴らしい!

    • ET09EASTERN TIME

      アルバム未収のシングル曲など、9曲のボーナス・トラックを収録

      パッケージの段階により、ジャケットに折れがある場合がございます。ご了承ください。

      2290円

      1832円
      (税込1979円)

      494円お得!


      CD詳細ページへ

  • DRUGI NACIN / DRUGI NACIN(1972)

    旧ユーゴ屈指の名グループによる75年のデビュー作、ユーライア・ヒープやウィッシュボーン・アッシュのファン必聴の名作

    旧ユーゴはクロアチアのザグレブ出身のプログレ・グループ、PGP-RTBレーベルから75年にリリースされたデビュー作。幻想的にたなびくオルガンやフルート、ウィッシュボーン・アッシュばりのドラマティックなツイン・リード、そして、デヴィッド・バイロンを彷彿させるハイ・トーンのシャウト・ヴォーカル。叙情的で陰影に富んだサウンドは、ハーヴェストやヴァーティゴ・レーベルの叙情的な英プログレのファンにはたまらないでしょう。エッジの立ったトーンのエネルギッシュなリズム・ギターが冴えるハード・ロックもまた魅力的。旧ユーゴ屈指の名作です。

  • PHOENIX / MUGUR DE FLUIER

    母国民謡を取り入れたルーマニアの代表的なプログレ・グループ、74年作2nd

    ルーマニアのプログレ・グループ、74年作2nd。60年にはビート・グループとして活動しながら、評価を得ず、ルーマニアのフォークロアを取り入れてオリジナリティを確立し、71年にデビューしました。本2ndも民族色濃厚で、オープニングから、祭り囃子のような土着的パーカッションに、こぶしを効かせたようなうねるギターが躍動します。ルーマニア語の翳りあるヴォーカルと独特の哀感のあるメロディもまた辺境臭ぷんぷん。ルーマニアでしか生まれ得ない個性豊かなロック・ミュージック。

東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫

「東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。