プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

プログレ界の誇る超絶技巧キーボーディスト、パトリック・モラーツの参加作をピックアップ!

こんにちは。スタッフ増田です。

毎年英ロックを中心に様々な名盤のリイシューをリリースしている英ESOTERICレーベルですが、今年は特にプログレ界の名key奏者、パトリック・モラーツの関連作品が充実しております。

かのリック・ウェイクマンの代打としてYESに加入するも『RELAYER』の一作で脱退、70年代後半にはMOODY BLUESに加入したりと様々なバンドを渡り歩いた彼。今回はそんな彼の主要作品をご紹介いたしましょう!

MAINHORSE/MAINHORSE(1971)

1948年スイスに生まれ、音楽院を卒業後ジャズ・ミュージシャンとしてキャリアを積んでいた彼。そんな彼は69年、とあるイギリスのロック・グループのオーディションに参加し、見事key奏者の位置を獲得します。それがこのMAINHORSE。

短命に終わったバンドながら、卓越したキーボードさばきを披露するモラーツのみならず全員が洗練されたテクニックを持つ実力派揃い。叙情的かつドライヴィングな演奏が大変格好いい英国プログレ名作です。

試聴 Click!

REFUGEE/REFUGEE(1974)

MAINHORSEの消滅後スイスに戻り、しばらく映画音楽の場で働いていたモラーツ。そんな彼を再び英国に呼び戻したのは、キース・エマーソンのEL&P結成に伴い解散してしまった元NICEのメンバー、Lee JacksonとBrian Davisonでした。彼らはエマーソンの代わりにモラーツを招き、新しいバンドREFUGEEを結成します。

こちらも短命に終わったバンドですが、その唯一作である本作で聴けるモラーツのキーボード・テクニックはプログレ界屈指。エマーソン的アグレッシヴさ&豪快さとリック・ウェイクマンのクラシカルな気品を合わせ持つ彼の手腕が遺憾なく発揮された作品です。

試聴 Click!

イエス/リレイヤー(1974)

アルバム・リリースから数か月経たず、モラーツはとある事情でREFUGEEを脱退しなければならなくなりました。その理由というのも、なんとあのYESからリック・ウェイクマンの代わりのキーボーディストとしてお呼びが掛かったため。そんな彼が参加した作品が、YES中でも名作と名高い74年の『RELAYER』です。

前述の通りモラーツは次のアルバム制作前に脱退してしまった為、彼が参加したYESのスタジオ作はこの一作のみ。しかしモラーツの技巧性が加わったことで、それまで以上にスリリングな即興性と攻撃性が増した強力なYESサウンドが味わえるのが本作です。スティーヴ・ハウによる文字通り縦横無尽なギターと、モラーツの巧みなピッチコントロールを用いたプレイが火花散らすインタープレイは圧巻!

試聴 Click!

PATRICK MORAZ/STORY OF I(1976)

さて『RELAYER』の制作後、YESのメンバー全員が一斉にソロ・アルバムを制作&リリースするというユニークな試みが行われました。その際正式メンバーだったモラーツも勿論そのプロジェクトに参加。そうして76年にリリースされた彼の初ソロ作が本作です。

『RELAYER』でも発揮されていたリズミカルな南米色やジャズ・テイストを盛り込んだ、クロスオーバー・フュージョンの色濃い1枚。とはいえプログレッシヴ・ロック然とした聴き所にも恵まれており、同時にリリースされた他メンバーのソロ作と比べてもかなり高い完成度を誇る逸品となっています。

試聴 Click!

PATRICK MORAZ/OUT IN THE SUN(1977)

YES脱退後はMOODY BLUESへの参加と並行してソロでもコンスタントに作品をリリース。77年にリリースされた2ndの本作は、JACKSON HEIGHTSのJohn McBurnieらによるヴォーカル曲もフィーチャーされたよりポップでキャッチーなクロスオーバー/ラテン・フュージョン作品。しかしもちろん技巧的でクラシカルなキーボード・ワークも健在で、彼の幅広い表現力が見事といえる一枚です。

試聴 Click!

PATRICK MORAZ/PATRICK MORAZ (III)(1978)

『STORY OF I』からの彼のソロ三作は「ブラジル三部作」とも呼ばれ、そのラストを飾るのがこの『III』。よりトロピカルなブラジル音楽に接近しつつもインストの比重が増え、彼の緻密なキーボード・テクニックを堪能できる作品に仕上がっています。

試聴 Click!

MORAZ-BRUFORD/IN TOKYO(1985)

また時期は被っていないものの、モラーツは共にYESで活躍したビル・ブルーフォードとコラボレーションし数々の作品を残しています。こちらは85年来日ライヴの模様を収録した作品。

「超絶技巧仲間」である彼らのテクニックのせめぎ合いはもちろん凄まじいのですが、それだけでなくそのサウンドは非常に叙情的でドラマチック。彼らが楽しそうに演奏する様子が目に浮かんでくる好ライヴ盤です。

クラシックやジャズの素養を持ちつつ、ロック、フュージョン、ラテン音楽など新たな領域に次々と挑戦していくモラーツ。彼のキーボード・ワークは単に早く正確なだけでなく、常に弾むような躍動感に満ちています。

昨年はYESのライヴにも参加するなど、70歳を超えてもまだまだ精力的に活動する彼!是非その華麗なるキーボードさばきに注目してみて下さい。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • YES / RELAYER

    74年作、パトリック・モラーツが参加した唯一のオリジナル・アルバム、「こわれもの」「危機」と並ぶ代表作!

    その構築的に練り上げられた楽曲と凄まじい演奏技術により、今なお多くのフォロワーを生み出しているイギリスのグループの74年作7th。「こわれもの」「危機」で大きな成功を収めた彼らですが、前作「海洋地形学の物語」でキーボードのRick Wakemanが脱退、後任にはRefugeeの技巧派Patrick Morazが加入しています。その内容はPatrick Morazの参加によってラテン・ジャズ、そして即興色が加味され、超絶なインタープレイの応酬で畳み掛けるハイテンションな名盤であり、「サウンド・チェイサー」ではインドネシアのケチャも取り入れるなど、深化した彼らの音楽性が伺えます。もちろん彼ららしい構築的なアンサンブルも健在であり、大曲「錯乱の扉」の一糸乱れぬ変拍子の嵐など、バンドのポテンシャルの高さが伺えます。大きな成功を経て円熟期に入った彼らを象徴する1枚です。

  • PATRICK MORAZ / STORY OF I

    当時一斉にリリースされたYESメンバーソロ群の中でも特に高い完成度を誇る76年の傑作!

    スイス出身の技巧派キーボーディストであり、MAINHORSEやキーボード・トリオであるREFUGEEで活動後YESの名盤「Relayer」へ参加した人物の76年ソロデビュー作。時期的にはYESの「Relayer」をリリースし、まだ正式メンバーとして活動期のリリースとなった本作は、「Relayer」でもその個性を発揮した南米色やジャズ色をふんだんに取り入れたクロスオーバー・フュージョンの色濃い1枚。パーカッション・セクションの彩りやリズミカルな雰囲気が彼らしいものの、プログレッシブ・ロック然とした聴き所にも恵まれており、技巧的なキーボード・ワークが目を見張る傑作と言えるでしょう。

  • REFUGEE / REFUGEE

    エマーソンが抜けたNICEに、彼に匹敵する実力者パトリック・モラーツが収まる形で結成されたキーボード・トリオ、74年の唯一作

    Keith Emerson率いるThe Niceのリズム隊であったLee Jackson、Brian Davisonが、EL&P結成のためThe Niceを解消したKeith Emersonの代わりに、MAINHORSEのメンバーのスイス人Patrick Morazを引き入れて結成したキーボード・トリオの74年作。その内容はPatrick Morazの技巧が冴え渡るクラシカルなキーボード・プログレであり、The Niceと同じリズム隊を擁しながら、The Niceとは違ったタイトなプレイを連発。後にYESの「Relayer」に参加することになる、プログレッシブ・ロック界屈指のテクニシャンPatrick Morazのオルガン、ピアノ、モーグ・シンセが堪能できる名盤となっています。

  • PATRICK MORAZ / OUT IN THE SUN

    77年作ソロ2nd

    スイス出身の技巧派キーボーディストであり、MAINHORSEやキーボード・トリオであるREFUGEEで活動後YESの名盤「Relayer」へ参加した人物の77年ソロ作2nd。リオデジャネイロとジュネーヴで録音された本作は、デビュー作で見せた南米エスノ色を基調としたクロスオーバー・ジャズ・ロック路線はそのままに、JACKSON HEIGHTSのJohn McBurnieやPRINCIPAL EDWARDS MAGIC THEATREのVivienne McAuliffeをフューチャーしたボーカル曲の増加などもあってか、よりキャッチーでポップな聴きやすいサウンドが特徴となっています。もちろん彼のプログレッシブ・ロック然とした技巧、クラシカルなキーボード・サウンドも健在であり、デビュー作の影に隠れながらも良作となっています。

  • PATRICK MORAZ / PATRICK MORAZ (III)

    ブラジル3部作のラストを飾る78年3rdソロ作

    通称「III」と呼ばれているセルフ・タイトルの作品。78年作。ブラジル3部作として語られるシリーズのラスト作。

  • MAINHORSE / MAINHORSE

    渡英直後のパトリック・モラーツが結成したキーボード・プログレ・バンド、スリリングかつ技巧的な71年唯一作、名作!

    後にREFUGEE、そしてYESへと参加し、その卓越した技巧を見せつけることとなるスイス人キーボーディストPatrick Morazが在籍したイギリスのグループの71年唯一作。その内容はPatrick Morazのオルガンを中心としたキーボードとギタリストPeter Lockettのドライブ感が素晴らしいプログレッシブ・ロックであり、サイケデリックな質感を残したハード・クラシカルな作風はNICEとも共通するものですが、叙情的な楽曲では非常にメロディアスなヴァイオリンやチェロなどの弦楽器が登場するなど多彩な仕掛けが施されており、シンフォニック・ロック黎明期の名盤となっています。

  • MORAZ-BRUFORD / IN TOKYO

    ビル・ブルーフォード&パトリック・モラーツによる即興演奏主体のユニット、85年来日公演、全10曲

    共にYESで活躍したビル・ブルーフォード&パトリック・モラーツが80年代に結成したジャズ・ロック・デュオ。1985年東京赤坂での来日公演を収録した09年発掘ライヴ盤。インプロビゼーション主体の演奏ながら、アコースティック・ドラムやエレクトロニック・パーカッションなどを駆使したブルーフォードの楽しげなドラミング、モラーツの流麗なピアノにふくよかなシンセサイザーが織り成すアンサンブルは単に超絶技巧的なだけでなく非常に有機的でドラマチック。プログレ・ファン、ジャズ・ロック・ファン両方にお楽しみいただける逸品です。


聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。