プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ウェス・アンダーソン監督の映画で使われているロック・ソングTOP15-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表

ウェス・アンダーソンはアメリカのテキサス出身の映画監督/脚本家。
若干27歳の時に監督デビューを果たし、その才能を高く評価されてきました。
2014年に公開された『グランド・ブダペスト・ホテル』は、第64回ベルリン国際映画祭審査員グランプリや第87回アカデミー賞の4部門を受賞していて、今後さらなる活躍が期待されています。

そのアンダーソン監督の作品では60~70年代のロックが多く使われていて、中にはマニアックな選曲も…。
その中から米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが選んだ15曲をご紹介いたしましょう。

15位:「Ooh La La」 From The Faces/ 『OOH LA LA』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

14位:「Heroes and Villains」 From The Beach Boys / 『SMILEY SMILE』

映画『ファンタスティック Mr.FOX』 (2009)

試聴 Click!

13位:「Judy is a Punk」 From The Ramones / 『RAMONES』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!

12位:「Search and Destroy」 From Iggy and the Stooges/『RAW POWER』

映画『ライフ・アクアティック』 (2004)

試聴 Click!

11位:「This Time Tomorrow」 From The Kinks/ 『LOLA VERSUS POWERMAN AND THE MONEYGOROUND PART 1』

映画『ダージリン急行』 (2007)

試聴 Click!

10位:「Street Fighting Man」 From The Rolling Stones/ 『BEGGARS BANQUET』

映画『ファンタスティック Mr.FOX』 (2009)

試聴 Click!

9位:「Alone Again Or」 From Love/ 『FOREVER CHANGES』

映画『アンソニーのハッピー・モーテル』 (1996)

試聴 Click!

8位:「Play with Fire」 From The Rolling Stones/ 『OUT OF OUR HEADS(USS)』

映画『ダージリン急行』 (2007)

試聴 Click!

7位:「Making Time」 From Creation/ Single

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

6位:「2000 Man」 From The Rolling Stones/ 『THEIR SATANIC MAJESTIC REQUEST』

映画『アンソニーのハッピー・モーテル』 (1996)

試聴 Click!

5位:「I am Waiting」 From The Rolling Stones/ 『AFTERMATH』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!


4位:「Queen Bitch」 From David Bowie/ 『HUNKY DORY』

映画『ライフ・アクアティック』 (2004)

試聴 Click!

3位:「She Smiled Sweetly」 From The Rolling Stones/ 『BETWEEN THE BUTTONS』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!


2位:「Me and Julio Down by the Schoolyard」 From Paul Simon/ 『PAUL SIMON』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!

1位:「A Quick One While He’s Away」 From The Who/ 『A QUICK ONE』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

原文はこちら
http://ultimateclassicrock.com/wes-anderson-classic-rock-moments/

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • ROLLING STONES / BEGGARS BANQUET

    ブルースをルーツとするアーシーなサウンドへと回帰した68年の会心作、「悪魔を憐れむ歌」「ストリート・ファイティング・マン」などの代表曲を収録

    68年作。前作『Satanic Majesties』から一転して、ブルースをルーツにしたアーシーなサウンドへと回帰。「悪魔を憐れむ歌」や「Street Fighting Man」などストーンズらしいエネルギッシュなナンバーはもちろん、ブルージーなナンバーもコクのあるアンサンブルが光る。代表作となった傑作。

  • FACES / OOH LA LA

    ラスト作にして初の全英1位を獲得した73年

サウンドトラックの在庫はこちら!

サウンドトラックの在庫一覧

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。