プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

スペインPIGMY、伊LA COSCIENZA DI ZENO、英SANGUINE HUMの新譜、FIELDSの幻の2ndの発掘盤など注目新作を特集!

こんにちは、カケレコ店長の田中です。

世界各国より新譜&新規リイシュー盤が続々と届いておりますので、注目作品をピックアップいたしましょう。

試聴しながらお気に入りの一枚が見つかれば幸いです。

まずはプログレ新鋭による新譜をチェックしてまいりますよ~。

【スペイン】PIGMY/HAMSTERDAM

Nick DrakeやDonovanやPete Delloが引き合いに出されるスペインのマジカル・ポップ新鋭SSWによる2014年作2nd!

個人的には、Pete Delloの叙情性を、Nick Drakeの2ndでのまばゆさで包み込んだ感じ。とにかく、次々と溢れ出る美メロと瑞々しいアレンジが光りまくっています。このセンス、な、何ものなんだ!

ニッチ・ポップやサイケなフォーク・ロックやビートリッシュなSSWのファンにはカケレコが自信を持ってレコメンドいたします。名作!

試聴 Click!

【イタリア】LA COSCIENZA DI ZENO/LA NOTTE ANCHE DI GIORNO

07年にジェノヴァで結成され、11年にデビューしたイタリアン・プログレ新鋭による2015年作3rd。

今や、往年の伊プログレのDNAを継ぐシンフォ新鋭としてLA MASCHERA DI CERAと双頭と言えるグループですよね!

まるでレ・オルメ『フェローナとソローナの伝説』が蘇ったようなムーグ・シンセの叙情みなぎるリードから気品たっぷりのハープシコードによるバッキングまで往年のイタリアン・キーボード・プログレのセンスたっぷりのキーボードをアンサンブルの中心に配し、その回りで、ヴァイオリンとエレキ・ギターが詩情溢れるメロディアスなリードを伸びやかに奏でるアンサンブル・・・最高だなぁ。

力強く伸びやかな高音、シアトリカルでメランコリックな低音ともにエモーショナルな歌唱が魅力のヴォーカルも特筆だし、前作に続き、70年代イタリアン・ロックへの愛情に満ち溢れた傑作!

試聴 Click!


プログレ温故知新 - 往年のプログレ定番とプログレ新鋭をキーワードでつなげる特集

【関連記事】

プログレ温故知新 – 往年のプログレ定番とプログレ新鋭をキーワードでつなげる特集

往年のプログレ定番とプログレ新鋭をキーワードでつなげる特集『プログレ温故知新』。

【スウェーデン】SIMON STEENSLAND/A FAREWELL TO BRAINS

ずばりユニヴェル・ゼロのファン必聴。

なんと北欧はスウェーデンにこんな暗黒と狂気が広がっていたとは・・・。

90年代はじめから活動する北欧はスウェーデンのマルチ奏者&コンポーザーによる2015年作で、イタリアALTROCKレーベルからは前09年作に続く2作目!

試聴 Click!

【イタリア】FP ENSEMBLE/AYEXIT

新生SYNDONEを支えるヴィブラフォン奏者とUKZのドラマーとが出会った生まれたテクニカルかつ流麗な地中海ジャズ/フュージョン・ロック快作!

試聴 Click!

【イタリア】V.A./BEST OF 2DAYS PROG + 1: 2014

イタリアで毎年行われているプログレ・フェスの好評DVDの2014年版が登場!

フォーカスにアングラガルドにスポックス・ベアードに、そいでそいでFEM、BAROCK PROJECT、OVERHEADといった注目の新鋭に、あぁ、このメンツによるフェスを日本で見てみたい!

試聴 Click!

【イギリス】SANGUINE HUM/NOW WE HAVE LIGHT

英国はオックスフォード出身、ギター、Key奏者、ベース、ドラムの4人組で2010年にデビューしたプログレ新鋭バンド、2枚組のコンセプト・アルバムとなった2015年作3rd。

キーボードやギターのアルペジオが織りなすヌケの良いモダンな音響的アンサンブルに包まれながら、今にも崩れ落ちそうな繊細なハイ・トーンのヴォーカルがキャッチーかつメランコリックなメロディを歌い上げる透明感いっぱいのリリカルなパートを軸に、KHAN~GILGAMESH~NATIONAL HEALTHあたりのカンタベリーのバンドのDNAを継いだ屈折しつつもキラキラと宝石のようなキメ・パートを配したサウンドが特徴。

例えて言えば、デイヴ・スチュワートやアラン・ガウエンがポスト・ロックを演った感じ!?

試聴 Click!

【イギリス】GRAND TOUR/HEAVY ON THE BEACH

往年のプログレゆずりのヴィンテージさとモダンな音響感覚とがハイブリットした雄大なるシンフォ・サウンドが持ち味。

ABEL GANZのKey奏者がCOMEDY OF ERROSのメンバーと結成したバンドによる2015年デビュー作!

【アメリカ】NERVE INSTITUTE/FICTIONS

シンプルなSSW作品を作ったとしても美麗な作品を残しそうなセンスなのに、イタリアのALTROCKが目をつける屈折したセンスを持っているところがこの人のユニークなところ!

アメリカのマルチ奏者&コンポーザーによるアヴァン・ロック・プロジェクト、2015年作3rd!

OPIUM CARTELやWHITE WILLOWでお馴染みのJacob Holm-Lupoが2曲でギター/キーボードで参加しているのも特筆。

試聴 Click!

ここからは、【リイシュー盤】&【発掘盤】をセレクトいたしましょう。

【イギリス】FIELDS/CONTRASTS: URBAN ROAR TO COUNTRY PEACE

なんと71年にキーボード・プログレの名作を残したバンドFIELDSが2nd用に録音しながらお蔵入りとなった幻の音源が発見!

グリーンスレイドへとつながっていく幻想的で躍動感もあるオルガンのトーンは相変わらず良いし、アンディ・マッカロックのドラムも歌心いっぱいで良いなぁ。

試聴 Click!

【イタリア】P.F.M/A GHOST

P.F.M.から日本のプログレ・ファンへの最高の贈り物となった14年5月の来日公演を収めたライヴ盤。

なんと世界デビュー盤『PHOTOS OF GHOST(幻の映像)』の完全再現!

【アメリカ】PROMISE/PROMISE

コロラドはボルダーのニッチなパワー・ポップ・バンドPROMISEはご存知?

バッドフィンガー、ビッグ・スター、ラズベリーズ、チープ・トリック、エミット・ローズあたりのファンはグッとくること間違いなし☆

試聴 Click!

【イギリス】ANTHONY PHILLIPS/GEESE AND THE GHOST

ジェネシスの初代ギタリストで、ジェネシス脱退以降は英国的叙情性に満ちた質の高い作品をソロ作をリリースした愛すべきミュージシャンによる記念すべき77年1stソロが、CD2枚とDVD-AUDIOの3枚組デラックス・エディションでリイシュー!

CD1に本編、CD2にはボーナス・トラック、そして、DVD-AUDIOには5.1chミックス音源を収録!

試聴 Click!

【アメリカ】JOE BYRD & THE FIELD HIPPIES/AMERICAN METAPHYSICAL CIRCUS

USエクスペリメンタル/電子サイケの名バンドUNITES STATES OF AMERICAの創始者でありリーダーJoe Byrdが、U.S.A.の後にはじめたプロジェクトによる1969年作。

1stの頃のジェファーソン・エアプレインをサウンド・コラージュをまぶして尖らせたような奇天烈サイケ・ロックがカッコ良すぎだし、サザン・ソウルをキラキラとまばゆくサイケにしたようなナンバーもキてるなぁ。

試聴 Click!

【デンマーク】BURNIN RED IVANHOE/W.W.W.

なるほど、あのジョン・ピールが気に入ったのも頷けるなぁ。

グレイヴィ・トレインやユーライア・ヒープあたりのオルガン・ロックのファンにはたまらないデンマーク産バンドによるダンデライオン・レーベルからの71年作!

試聴 Click!

いかがでしたか?
みなさまにとってぴったりの一枚が見つかれば幸いです。

またお会いいたしましょう。

—–

聴かなくなったプログレ&オールド・ロックのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。

関連カテゴリー

日々是ロック

  • ANTHONY PHILLIPS / GEESE AND THE GHOST

    77年ソロ1st、これぞ英国という叙情と格調に満ちた傑作!

    ジェネシスの初代ギタリストとして活躍し、70年代後半以降はソロ・ミュージシャンとして英国的叙情性に満ちた質の高い作品をリリースしてきた彼の、記念すべき77年1stソロ。ジェネシスのメンバーであるマイク・ラザフォード、フィル・コリンズらが参加。フィリップスによる丹念に爪弾かれるアコースティック・ギターの調べを、ゆったりとおおらかに流れるシンセとリリシズムに満ちたフルートの音色が彩るスタイルを軸とした、アコースティカルな手触りのシンフォニック・ロックを聴かせます。アコースティック楽器主体の演奏ですが、中世トラッド色とよりアカデミックなクラシック的要素の両方が違和感なく一体となった、たおやかな牧歌性とともに格調高くも瑞々しい英国然とした音色が印象的。ジェネシス脱退後にクラシック音楽とクラシック・ギターを本格的に学んだというその成果が遺憾なく発揮されています。演奏のみならず組曲「Henry」におけるハイレベルな楽曲構築性なども彼の豊かな才能を証明しており聴き所。3曲あるヴォーカルナンバーは、1曲でフィリップス、2曲でコリンズがヴォーカルを取っており、特にコリンズによるヴォーカルナンバーは、ジェネシスとは趣の異なる繊細で素朴な味わい深さが大変魅力的。清冽な小川の流れ、風にそよぐ木立、一面に広がる田園など、英国丘陵地帯の情景がイマジネーション豊かに立ち上がってくるような名品です。

    • ECLEC32482ESOTERIC

      ボックス仕様(各CDはペーパーケース入り)、2CD(本編CD+ボーナストラック収録CD)+DVD-A(5.1chミックス音源/NTSC方式・リージョンフリー)の3枚組、デジタル・リマスター

    • VP432CDVOICEPRINT

      デモ音源やシングル・バージョン音源やスタジオ音源などを収録したDISC2を含む2枚組仕様、デジタル・リマスター

      盤質:傷あり

      状態:良好

      ジャケに小さいケースツメ跡あり

    • VP432CDVOICEPRINT

      デモ音源やシングル・バージョン音源やスタジオ音源などを収録したDISC2を含む2枚組仕様、デジタル・リマスター

      盤質:傷あり

      状態:良好

      ジャケに若干汚れあり

  • FIELDS / CONTRASTS: URBAN ROAR TO COUNTRY PEACE

    なんと71年にキーボード・プログレの名作を残したバンドFIELDSが2nd用に録音しながらお蔵入りとなった幻の音源が発掘CD化!

    レア・バードのリーダーGraham Fieldが、元キング・クリムゾンのドラマーAndy McCullough(dr)らと結成し、71年に唯一作『FIELDS』を残したキーボード・トリオ。なんと2nd用に録音されながら、お蔵入りとなっていた幻の音源が発見され、40年以上の時を超えてめでたくリイシュー!1stからベースが代わっており、新たに元スーパートランプのFrank Farrellが参加しています。クラシカルな格調高さの中に英国らしい幻想性や叙情性や牧歌性がにじむハモンド・オルガンをフィーチャーしたキーボード・プログレは変わらず魅力的で、優美なメロディと朗らかなヴォーカルもまた胸に響きます。Andy McCulloghによるタイトでいてふくよかなな歌心あるドラミングもまた聴きどころです。

  • LA COSCIENZA DI ZENO / LA NOTTE ANCHE DI GIORNO

    バンコやレ・オルメやムゼオ・ローゼンバッハのDNAを受け継ぐヴィンテージなイタリアン・ロックを聴かせる新鋭、相変わらず大充実な2015年作3rd

    07年にジェノヴァで結成され、11年にデビューしたイタリアン・プログレ新鋭による2015年作3rd。前作からFINISTERRE〜HOSTSONATENで活躍するKey奏者Luca Scheraniが加入してツイン・キーボード編成となりましたが、本作ではヴァイオリン奏者も加わり7人編成となっています。ロック的なダイナミズムを注入するタイトでキレのあるリズム隊とエッジのあるリズムを刻むエレキ・ギターを土台に、まるでレ・オルメ『フェローナとソローナの伝説』が蘇ったようなムーグ・シンセの叙情みなぎるリードから気品たっぷりのハープシコードによるバッキングまで往年のイタリアン・キーボード・プログレのセンスたっぷりのキーボードをアンサンブルの中心に配し、その回りで、ヴァイオリンとエレキ・ギターが詩情溢れるメロディアスなリードを伸びやかに奏でています。力強く伸びやかな高音、シアトリカルでメランコリックな低音ともにエモーショナルな歌唱が魅力のヴォーカルも特筆。1st、2ndともに、天才Fabio Zuffantiが率いるLA MASCHERA DI CERAに引けをとらないヴィンテージなシンフォニック・ロックを聴かせましたが、本作もまた70年代イタリアン・ロックへの愛情に満ち溢れた傑作です。

  • P.F.M / A GHOST

    14年5月の来日公演1日目、世界デビュー盤「PHOTOS OF GHOST(幻の映像)」の完全再現ステージを収録!

    名実ともにイタリアを代表する名グループ、2日間にわたり開催された14年5月の来日公演の1日目、世界デビュー盤「PHOTOS OF GHOST(幻の映像)」の完全再現ステージを収録。ドラマーのフランツ・ディ・チョッチョ、ベースのパトリック・ジヴァス、ギターのフランコ・ムッシーダのオリジナルメンバー3人に、それぞれキーボードとヴァイオリンを担当する若手サポートメンバー2人という計5人による演奏。ムッシーダによるスタジオver以上にエモーショナルなタッチのギタープレイが印象的な「RIVER OF LIFE」、オリジナルkey奏者フラヴィオ・プレモリ特有のムーグ音を見事再現するキーボードが出色の「CELEBRATION」、オリジナルにも匹敵する美しく叙情的なヴァイオリンを堪能させてくれる「OLD RAIN」、チョッチョの年齢を感じさせない怒涛のドラミングに息をのむ「MR.9’TILL 5」。変わらぬ楽曲の素晴らしさと演奏のキレ、そして歳月を重ねたことによりそこはかとなく滲み出る円熟味が現在進行形のP.F.M.というバンドを浮き彫りにする、素晴らしいパフォーマンスを披露しています。

  • SANGUINE HUM / NOW WE HAVE LIGHT

    ポスト・ロックとカンタベリー・ミュージックとが出会ったような英国プログレ新鋭、2015年作3rd

    英国はオックスフォード出身、ギター、Key奏者、ベース、ドラムの4人組で2010年にデビューしたプログレ新鋭バンド、2枚組のコンセプト・アルバムとなった2015年作3rd。キーボードやギターのアルペジオが織りなすヌケの良いモダンな音響的アンサンブルに包まれながら、今にも崩れ落ちそうな繊細なハイ・トーンのヴォーカルがキャッチーかつメランコリックなメロディを歌い上げる透明感いっぱいのリリカルなパートを軸に、KHAN〜GILGAMESH〜NATIONAL HEALTHあたりのカンタベリーのバンドのDNAを継いだ屈折しつつもキラキラと宝石のようなキメ・パートを配したサウンドが特徴。例えて言えば、デイヴ・スチュワートやアラン・ガウエンがポスト・ロックを演った感じ!?映画のエンドロールで流れてきたら感情が溢れ出しそうな、そんな聴き手の琴線を震わせる美しい名作です。

  • GRAND TOUR / HEAVY ON THE BEACH

    ABEL GANZのオリジナルKey奏者が現COMEDY OF ERROSのメンバーと結成したバンド、2015年デビュー作

    グラスゴーのプログレ・グループABEL GANZのオリジナル・キーボード奏者だったHew Montgomeryが、COMEDY OF ERRORSの3人(ヴォーカル、ギター、ドラム)とともに結成したバンド。2015年デビュー作。ムーグやメロトロンなどヴィンテージなトーンで幻想的にたなびくキーボードのバッキング、空間的なアルペジオからロング・トーンのリードまでメランコリックなエレキ・ギター、ゴリゴリとしたトーンの歌心あるベースとふくよかなドラムによるメロディアスなアンサンブル。ソロ・パートでは、キーボードがジェネシスにも通じるリリカルなリードを聴かせたり、エッジの立ったギターが炸裂するモダン&ヘヴィなパートも織り交ぜたり、往年のプログレを彷彿させるヴィンテージなトーンとモダンな音響感覚とがハイブリットした雄大なるシンフォニック・ロックを聴かせています。ハイ・トーンの親しみやすくジェントルなヴォーカルと英国らしい穏やかさと優美さに包まれたメロディも魅力的。英国らしい幻想美とドラマ性に溢れた快作です。

  • V.A. / BEST OF 2DAYS PROG + 1: 2014

    2014年、イタリアはベッルーノでのプログレッシヴ・ロック・フェスティヴァルの模様を収録、FOCUS、ANGLAGARD、BAROCK PROJECT他全11組が参加!

    毎年恒例となっているイタリアはベッルーノでのプログレッシヴ・ロック・フェスティヴァルの2014年版を収録。今回はFOCUS、SPOCK’S BEARD、ANGLAGARDら大御所に、イタリアのFEM、BAROCK PROJECT、スウェーデンのOVERHEADなどの実力派新鋭を迎えた全11組が参加。大曲「ERUPTION」を披露するFOCUSは、フルートに得意のスキャットにと絶好調なタイス・ヴァン・レアーのお元気すぎるパフォーマンスが印象的。新作からのナンバーで貫禄を見せつけるSPOCK’S BEARD、卓越した情景描写力でステージを凍てつく北欧の雪原に変えるANGLAGARD、いずれもさすがのパフォーマンスを聴かせます。溌剌としたフレッシュな演奏でオープニングを飾るFEM、ライヴ映えのするヘヴィ&ドラマティックなOVERHEAD、スタイリッシュでキレのある演奏がカッコいいBAROCK PROJECTなど、新鋭も存在感を発揮。例年に負けず見応えたっぷりのライヴ映像となっています。オススメ!

  • SIMON STEENSLAND / A FAREWELL TO BRAINS

    ユニヴェル・ゼロばりに緊張感みなぎりまくりの暗黒チェンバー・ロックを聴かせるスウェーデンのグループによる2015年作

    90年代はじめから活動する北欧はスウェーデンのマルチ奏者&コンポーザー。2015年作でイタリアALTROCKレーベルからは前09年作に続く2作目。手数多くキレ味抜群のドラム、うねりを上げまくるベースによる漆黒の闇の中をエネルギー全開でぶっ放すようなリズム隊、その上で金属音のような緊張感みなぎるキーボードと管弦楽器が不協和音でぶつかり生まれる「狂気」。ユニヴェル・ゼロを彷彿させるテンションとスピード感みなぎりまくりの暗黒チェンバーがこれでもかと炸裂。あまりの音の強度で聴き手をなぎ倒さんばかりの圧巻の傑作です。MATS/MORGANのドラマーMorgan Agrenがゲスト参加!

  • PROMISE / PROMISE

    ビートリッシュなポップ・ロックのファンは必聴と言えるコロラドはボルダー出身のパワー・ポップ・バンド、80年唯一作

    コロラドはボルダー出身のビートリッシュなパワー・ポップ・バンド、80年の唯一作。エッジの立ったリズム、ビートルズ直系のリズム・ギターやアルペジオ、そして、ちょっぴりエミット・ローズを彷彿させるヴォーカルとキャッチーなメロディと憂いたっぷりのハーモニー。これぞビートルズ直系のパワー・ポップだよねぇ、とニンマリな楽曲にグッときっぱなし!バッドフィンガー、ビッグ・スター、ラズベリーズ、チープ・トリック、エミット・ローズあたりのファンは間違いなく気にいるでしょう。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。