プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

韓国BIG PINKレーベルより、「Happy Together」作曲者による78年作やFLEETWOOD MACメンバー参加プロジェクトの74年作などがリイシュー!

韓国BIG PINKより入荷した、新作リイシューをご紹介いたしましょう。

今回は、アメリカ・イギリス・オランダ・ドイツと国籍が様々な5タイトルとなっております♪

試聴しながらお好みの作品をチェックしてみてください!

まずは、英ブルース・ロック・シーンの腕利き達によるグループをピックアップ☆

TRAMP/PUT A RECORD ON

小洒落た酒場ジャケそのままのゴキゲンなR&Rチューンが心地良すぎっ!FLEETWOOD MACの面々とケリー姉弟による英ブルース・ロック・プロジェクト74年作、パブ・ロック・ファンは是非!

試聴 Click!

続いては、ポピュラー音楽史に残る名曲を生み出した名コンポーザーによるソロ・アルバムをご紹介!

ALAN GORDON/ALLEY & THE SOUL SNEEKERS

あの稀代の名曲「Happy Together」の作曲者による78年作!ダニー・コーチマーやエリオット・ランドールら腕利きが参加したブルー・アイド・ソウル/AOR作で、本人のソウルフルだけど繊細に伸びる歌声がたまりません♪

試聴 Click!

このアメリカのカントリー・ブルースSSWも絶品ですよ~♪

PAUL GEREMIA/PAUL GEREMIA

1ストロークに不思議な存在感がこもったアコースティック・ギターと、「郷愁」を感じさせる少しハスキーな歌声。こんなにも素晴らしい隠れSSWがまだいたんだなぁ。

試聴 Click!

お次は、オランダのポップ・バンドがあのアメリカの名門レーベルからリリースした一枚!

CATS/45 LIVES

オランダのポップ・グループが、あの名門RARE EARTHからリリースした70年ベスト盤!?煌びやかだけどしつこくない絶妙なアレンジ 素直で愛らしいメロディ、爽やかなコーラスワークなどが心地よく噛み合ったサウンドが何とも素敵です♪

試聴 Click!

最後は、リイシューが続くドイツのファンキー・ロック・グループによる2nd。

RANDY PIE/RANDY PIE

後にはディスコ・ファンク・バンドとなる彼らですが、この2ndは『メロディアスなハード・ロック+洒脱なファンキー・ジャズ・ロック+サイケでスペーシーなシンフォニック・ロック』と言うべきゴッタ煮ジャーマン・ロック・サウンドが存分に楽しめる愛すべき逸品!

試聴 Click!

いかがでしたか?気になる作品がみつかれば幸いです!

関連カテゴリー

関連在庫

  • TRAMP / PUT A RECORD ON

    ミック・フリートウッド、ダニー・カーワン、デイヴ&ジョアン・ケリー姉弟など、英ブルース・ロック・ミュージシャンによるプロジェクト・バンド、74年最終作

    JOHN DUMMER BLUES BANDのデイヴ・ケリー(Vo)とその姉ジョアン・ケリー(Vo)、FLEETWOOD MACのミック・フリートウッド(Dr)&ダニー・カーワン(Gt)&ボブ・ブラニング(Ba)らによる英ブルース・ロック・プロジェクト、74年2ndにして最終作。溌剌と転がるピアノ、ブイブイむせぶサックス、ギターの軽快なカッティングに洒脱なヴォーカル。1曲目から小洒落たジャケットそのままのゴキゲンなR&Rチューンが飛び出してもう最高!硬派な真っ向ブルース・ロックを聴かせていた69年の1stよりもパブ・ロック色が強まっており、手練れのミュージシャン達がタメの効いたグルーヴの中で巧みに軽やかに楽しげに絡み合うアンサンブルにはこちらも酔っ払いそうなほど心地よくなってしまいます…!ブルース・ロック・ファンは勿論、英国パブ・ロックのファンには是非聴いていただきたい名盤です!

  • RANDY PIE / RANDY PIE

    ドイツのファンキー・ロック・グループ、プログレッシヴなジャズ・ロック・サウンドが光る73年作1st

    Achim Reichelが参加していた事で知られる独ビート・バンドRATTLESや独プログレ・バンドGASHのメンバーがにより結成されたファンク・ロック・グループ、73年作1st。後の作品ほどディスコ色は強くなく、『メロディアスなハード・ロック+洒脱なファンキー・ジャズ・ロック+サイケでスペーシーなシンフォニック・ロック』と言うべきゴッタ煮ジャーマン・ロック・サウンドが存分に楽しめる愛すべき逸品!アーシーなソウル・サウンドとELOを思わせるような壮大なストリングスが絡み合う「Autumn」、出だしからこれでもかと躍動感いっぱいに跳ねるオルガンにくぐもったような淡いフルートが絡み合う「Ad Hoc」、ベース&オルガンの軽快なグルーヴの上を近未来的シンセが交錯する「Sight-Seeing Tour (When I’m On My Way)」などなど、ドイツらしい『何でもあり』感が散りばめられたナンバーが揃い踏み。ジャーマン・ロック好きなら間違いなしの一枚です!

  • CATS / 45 LIVES

    オランダのサイケ・ポップ・グループが、米RARE EARTHよりリリースしたベスト・アルバム、一曲目「Marian」から持ってかれます!

    67年にデビューしたオランダのサイケ・ポップ・グループが、70年にあの米RARE EARTHよりリリースしたベスト・アルバム。1曲目「Marian」から流麗なストリングスに乗ってヴォーカルが伸びやかに歌う名曲で、サイケ・ポップ/ソフト・ロック・ファンなら早くも心を奪われること間違いなし。煌びやかだけどしつこくない絶妙なアレンジ 素直で愛らしいメロディ、爽やかなコーラスワークなどが心地よく噛み合った、同時期の英米グループと比較しても遜色ない完成度のナンバーが並びます。これはLEFT BANKEファンからZOMBIESファンまでオススメしたい逸品。個人的には英国のWORLD OF OZを思い出しました。

  • ALAN GORDON / ALLEY & THE SOUL SNEEKERS

    あの「Happy Together」の作曲者として名高い米コンポーザー/ミュージシャンの78年2nd、Danny Kootch、Elliot Randallら参加のブルー・アイド・ソウル/AOR作

    TURTLESを代表する名曲「Happy Together」の作曲者として名高い米コンポーザー/ミュージシャンによる78年作2ndアルバム。ギターにDanny Kootch(Danny Kortchmar)やElliot Randall、サックスにSteve Douglas、キーボードにPaul Schaefferら、腕利きのミュージシャンを多数起用した、ブルー・アイド・ソウル/AORとなっています。アップテンポなプレイ、間を聴かせるプレイ共に安定感抜群なリズム・セクションを土台に、メロウなタッチのギター、優雅な佇まいの美しいピアノ、軽快なサックス、そして輝かしいストリングスらが重なり合うアンサンブル。そこにソウルフルな女性コーラスを伴ってAlanが躍動感いっぱいに歌い上げます。彼のヴォーカルはソウル色はありつつも粘りはさほどなく、繊細に伸びるハイトーン・ヴォーカルが個性的で、サウンド全体にサラリとした聴き心地をもたらしていて特筆です。Barbra Streisandのカバーで知られる「Love Breakdown」にはじまり、Carole Bayer Sagerとの共作「I’m Comin’ Down With A Thrill」、Elliot Randallであろう見事なギターソロが聴ける「Cheater’s Honeymoon」など、ソウルフルかつカラフルなポップセンスに彩られたナンバーが並ぶ好作品です!

  • PAUL GEREMIA / PAUL GEREMIA

    米フォーク・ロック/カントリー・ブルースSSWによる71年2ndアルバム、ブルージーなコクとフォーキーな温かみが調和した味わい深い逸品!

    68年にデビューした米フォーク・ロック/カントリー・ブルースSSWによる71年2ndアルバム。6弦・12弦ギターの卓越したプレイに加え、ピアノやハーモニカも操るマルチ・プレイヤーぶりを発揮した1枚です。1ストロークに不思議な存在感があるアコースティック・ギターをバックにして、少しハスキーで郷愁に満ちた歌声で切々と歌うフォーク・ロック曲から、イギリスのTerry Reidを思わせるコクのあるヴォーカルが素晴らしい洒脱なカントリー・ブルース曲まで、幅のある表現力で聴かせるヴォーカルと緻密にして温かみにも溢れたギターがとにかく素晴らしいです。ドブロと絡む渋いブルースハープ、いかにもカントリー系というちょっとバタバタしてて泥臭いリズム隊も良い味わい。聴けば聴くほど旨味が染み出してくる一枚です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。