プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

KESTREL

KESTREL

SECONDHARVEST418(SECOND HARVEST

デジパック仕様。

評価:50 3件のレビュー

これほどの轟々たるメロトロンをこのポップフィーリング溢れる楽曲の中で鳴らしてしまうとは。圧倒的な才能とセンスがみなぎるニッチポップ名盤ですね☆

75年作、メロトロンの洪水&キャッチーな英ポップ・メロディー、70s英国ポップの大名作!

後にTHE SPIDERS FROM MARSに参加することとなるDave Blockが在籍したグループであり、非常にポピュラリティーのある楽曲とプログレッシブな感性を絶妙に同居させた稀有の音楽性で名盤を作り上げたイギリスのプログレッシブ・ポップ・ロックグループの75年作。その音楽的な骨格はプログレッシブ・ロック版THE BEATLESなどと言われる通りキャッチーなポップ・ロック・サウンドですが、プログレッシブ・ロックとしての旨みはDave Blockのワイルドなギター、そしてキーボードのJohn Cookによるオルガン、メロトロンの洪水にあると言えるでしょう。適度に英国然とした湿り気と叙情を帯びている点も魅力的であり、プログレッシブとポップという相容れにくい要素の融合を果たした名盤です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ENGLAND / GARDEN SHED の商品詳細へ

ENGLAND/GARDEN SHED

77年リリースの唯一作にしてブリティッシュ・シンフォ・プログレの大傑作、ファンタスティックで英国叙情匂い立つアンサンブルは素晴らしすぎます!

2790円(+税)

SPRING / SPRING の商品詳細へ

SPRING/SPRING

「トリプル・メロトロン」でお馴染みの叙情性溢れる英国ロック秘宝、71年作

2190円(+税)

HAWKWIND / WARRIOR ON THE EDGE OF TIME の商品詳細へ

HAWKWIND/WARRIOR ON THE EDGE OF TIME

サイケデリック・スペース・ロックの代表格、最高傑作とも云われる75年作

2590円(+税)

DUNCAN MACKAY / CHIMERA の商品詳細へ

DUNCAN MACKAY/CHIMERA

10ccやコックニー・レベル作品への参加で知られる南ア出身のキーボード奏者、プログレッシヴかつ叙情性溢れるキーボード・プログレの大傑作!

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

メロトロン溢れる幻想の作品たち【英国編】

まとめて試聴する

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【英国編】

まとめて試聴する

  • MOODY BLUES 『DAYS OF FUTURE PASSED』

    67年発表、オーケストラやメロトロンが彩る一大コンセプト・アルバム、世界的なヒットとなった代表曲「サテンの夜」収録

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) 『EL&P』

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成されたスーパー・グループ、記念すべき70年デビュー・アルバム!

  • VAN DER GRAAF GENERATOR 『PAWN HEARTS』

    孤高の詩人ピーター・ハミル率いる英国プログレ史上の名バンド、最高傑作と評される71年4th

  • JETHRO TULL 『THICK AS A BRICK』

    72年発表、44分の大曲一曲のみが収録された前代未聞の内容ながら、見事バンド初の全米1位に輝いた傑作コンセプト・アルバム

  • WISHBONE ASH 『ARGUS』

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

  • YES 『CLOSE TO THE EDGE』

    72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

  • GENESIS 『SELLING ENGLAND BY THE POUND』

    溢れんばかりの英国叙情に満たされた73年リリースの5th、初期GENESISの魅力が凝縮された大名作!

  • STEVE HACKETT 『VOYAGE OF THE ACOLYTE』

    ジェネシス在籍中にリリースされた75年1stソロ、初期ジェネシスの幻想的なパートだけを抽出したような珠玉のシンフォニック・ロック名作

  • PINK FLOYD 『DARK SIDE OF THE MOON』

    73年発表、ロックの歴史に燦然と輝く世紀の名盤!

  • GRYPHON 『RED QUEEN TO GRYPHON THREE』

    英国の古楽プログレ・グループ、YESの飛翔感あるファンタジックなアンサンブルをより格調高く典雅にしたようなイメージ、74年作

  • CAMEL 『SNOW GOOSE』

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

  • GENTLE GIANT 『FREE HAND』

    クリサリス移籍後の第1弾アルバムで、アメリカでもヒットした75年の代表作7th、複雑怪奇さとキャッチーさを奇跡的なバランスで両立させた大名盤!

  • MIKE OLDFIELD 『OMMADAWN』

    75年作3rd、アイルランド人の血を引く彼のケルト音楽への想いが集約された、初期の大傑作!

  • RENAISSANCE 『LIVE AT THE CARNEGIE HALL』

    ベスト選曲と言える76年発表のライヴ作

  • ENGLAND 『GARDEN SHED』

    77年リリースの唯一作にしてブリティッシュ・シンフォ・プログレの大傑作、ファンタスティックで英国叙情匂い立つアンサンブルは素晴らしすぎます!

  • U.K. 『U.K.』

    英国プログレのトップ・ミュージシャンたちが集結したスーパーグループ、クリムゾンの緊密なテンションとイエスの雄大なファンタジーを合わせたような78年発表1st!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • KESTREL

    KESTREL

    ECLEC22481(ESOTERIC

    オリジナル・マスター・テープからの2015年デジタル・リマスター。シングル・バージョンや別バージョンや未発表曲など6曲を収録したボーナスDISC付きの2枚組

    75年作、メロトロンの洪水&キャッチーな英ポップ・メロディー、70s英国ポップの大名作!

    ケースの構造上、ジャケットに側面からのケースツメ食い込みがございます。ご了承ください。

    これほどの轟々たるメロトロンをこのポップフィーリング溢れる楽曲の中で鳴らしてしまうとは。圧倒的な才能とセンスがみなぎるニッチポップ名盤ですね☆

  • ケストレル

    ケストレル

    22DN62

    背ジャケ元から無し、定価2310

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、ケースツメ跡あり、若干カビあり

    75年作、メロトロンの洪水&キャッチーな英ポップ・メロディー、70s英国ポップの大名作!

    これほどの轟々たるメロトロンをこのポップフィーリング溢れる楽曲の中で鳴らしてしまうとは。圧倒的な才能とセンスがみなぎるニッチポップ名盤ですね☆

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 空を飛んでみたい(9 拍手)

akagiさん レビューをすべて見る

ポップだけれでも、曲の展開が素晴らしい。ラス2が秀逸。最後のスケールの壮大さには、”自分が空を飛びながら雄大な自然を見下ろしている”かのような気持ちにさせる。

ナイスレビューですね!

評価:5 プログレポップ(5 拍手)

ゴンタ3号さん レビューをすべて見る

プログレ、ブリティッシュ、ロック、ポップス好きの方、つまりすべての方に聴いてほしい作品。爽やかで、ときに激しく、憂いもあり噛めば噛むほど味が出る、持っていて損はないですよ、騙されたと思って一聴を。ジャケがインパクトあるので躊躇?私にとって満点に近い作品、未だに飽きません

ナイスレビューですね!

評価:5 フュージョン・テイストのあるブリティッシュ・ロック(3 拍手)

Waku Luckyさん レビューをすべて見る

フュージョン・テイストのあるブリティッシュ・ロックといえば間違いない音かと思います。過渡期の音だなという印象はありますが、これはこれでほかには代えがたい魅力があります。

ポップなのにときどきひねくれた展開を見せる滑らかな歌がいいですね。演奏もヴィンテージ感あふれるキーボードとメロディアスなギターを筆頭に、テクニカルで疾走感があります。1曲目"Acrobat"が気に入ればもう手放せないでしょう。最終曲"August Carol"のラストはやはり感動的!決して「メロトロンをいっぱい使っているから」というだけではなく、たしかなセンスと技術が感じられます。

これとは別に日本盤でリマスター盤が出ていますが、音の大きさ&クリアさはこの輸入盤でも十分いいと思います。

ナイスレビューですね!