プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

TECHNICAL ECSTASY

BLACK SABBATH

SMRCD037(SANCTUARY MIDLINE

評価:50 1件のレビュー

76年作

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

McDONALD & GILES / McDONALD AND GILES の商品詳細へ

McDONALD & GILES/McDONALD AND GILES

歴史的名盤『In The Court Of The Crimson King』の誕生に大きく貢献した2人によるデュオ、70年リリース

490円(+税)

JUMBO / JUMBO の商品詳細へ

JUMBO/JUMBO

ブルース色の濃い異色のイタリアン・ロック・バンド、72年作

2472円(+税)

LATTE E MIELE / PASSIO SECUNDUM MATTHEUM の商品詳細へ

LATTE E MIELE/PASSIO SECUNDUM MATTHEUM

ELP影響下のイタリアはジェノヴァ出身キーボード・プログレ・バンド、「マタイ受難曲」を題材とした72年作1st

590円(+税)

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / BRAIN SALAD SURGERY の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/BRAIN SALAD SURGERY

73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

2645円(+税)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 シンセを使わせても彼らは一流(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

かつてブラック・サバスは、駄作の多いバンドと言われていました。「マスター・オブ・リアリティ」「サボタージュ」「テクニカル・エクスタシー」がそれです。この三作の共通点は、彼らが傾向を転換したアルバムということ。それだけ従来路線に中毒性があり、ユーザーが転換を許さないほど執着していたということです。「テクニカル・エクスタシー」は、曲調が明るくなったこと、シンセサイザーをギターと同じぐらい前面に出したことが従来ユーザーに受けませんでした。でも、わたしは全サバス・キャリアで最も聴き続けている盤になります。

何と言っても旧A面の「バック・ストリート・キッズ」「ユー・ウォント・チェンジ・ミー」「イッツ・オールライト」「ジプシー」の流れに逆らえません。陰も陽もあり、スピードもヘビーさもバラードもある、という素晴らしい展開です。そしてアルバムを締めくくる「ダーティ・ウーマン」です。ほとんど展開らしい展開をせず、ずるずると同じ曲調が続いていく最高のサバス世界です。加えてシンセサイザーという難しい楽器を見事にヘビーロックの要素として使っています。

ムーグやハモンドと違ってシンセサイザーは、特徴的な音源を持たないところがつらい。まあ、ムーグやアープもシンセなんですけど。特にヤマハやカシオがつらい。どんな音でも出せるから。逆に言えばヘビーロックにマッチする音を探し、その音に固執し続けるしかシンセをハードロックに使う方法がありません。つくづく罪な楽器だったと思います。フェアライトやシンクラビアをまだ使い続けているアーティストっているのでしょうか。

ナイスレビューですね!