プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

マッスル・ショールズ産SSW/スワンプ・ロック特集!

南部アラバマ州にある町、マッスル・ショールズ。

その地にできたサザン・ソウルの名門フェイム・スタジオ、そこから分岐したマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオでは、アレサ・フランクリンやウィルソン・ピケットなどによるサザン・ソウル名作が続々と生まれ、ロジャー・ホーキンス(Dr)やピート・カー(G)などの名セッション・マンも数多く育ちました。

ストーンズやポール・サイモンなど、その地ならではのアーシーかつしなやかなグルーヴを求めて訪れた数多くのロック・ミュージシャン達。

マッスル・ショールズ録音作、マッスル・ショールズにゆかりのあるソングライターやセッション・マンのソロ作など、R&Bやソウルなど米南部のルーツ・ミュージックの芳醇な香りに包まれたロック名作をピックアップいたしましょう。

サザン・ソウルとロックの関係は、カケレコの特集『沼へ行く!』もあわせて是非!

BOZ SCAGGS / BOZ SCAGGS

ボズ・スキャッグスと言えば、AORの代名詞として有名だけど、な、なんと、69年にマッスル・ショールズでデュアン・オールマンとともに録音した米ブルース・ロック傑作があるって!?

試聴 Click!

PETE CARR / NOT A WORD ON IT

ボズ・スキャッグスやS&Gの作品に参加したり、あのオールマン・ブラザーズにも誘われたマッスル・ショールズの人気ギタリストですね。

彼の76年1stソロがこちら!

青空へと突き抜けるようなヌケの良いフレーズが気持ち良い!

試聴 Click!

LEBLANC & CARR / MIDNIGHT LIGHT

マッスル・ショールズの名ギタリストによるデュオで、代表曲は全米13位となった「Falling」。

サザン・ソウルとウェストコースト・ロックとの十字路で鳴らされた極上のAOR傑作!

試聴 Click!

DAN PENN / NOBODY’S FOOL

マッスル・ショールズの名ミュージシャン/プロデューサーによる米SSW/スワンプの大傑作と言えば?

サザン・ソウル・シーン屈指のソングライターとしての風格。そして、腕利きの猛者たちによるいぶし銀の演奏。生涯の一枚だなぁ。

試聴 Click!

SPOONER OLDHAM / POT LUCK and SPARE CHANGE

マッスル・ショールズで活躍した名ピアニスト&オルガン奏者で、あのダン・ペンとのソングライター・コンビとしても知られるミュージシャンですね。

ディランやニール・ヤングの作品にも参加してるし、ソロ作が名盤でないはずがないじゃない!?

試聴 Click!

NICHOLAS LAMPE / IT HAPPENED LONG AGO

マッスル・ショールズ録音で、ロジャー・ホーキンス(Dr)、バリー・ベケット(Key)、エディー・ヒントン(G)、デヴィッド・フッド(B)など腕利きがこぞって参加したサザンSSW名作。

アトランティック傘下のCottilionより70年リリース。

試聴 Click!

MIKE FINNIGAN / MIKE FINNIGAN

アル・クーパーにも負けないぜ!

ジミ・ヘンドリックス『エレクトリック・レディランド』への参加で知られるキーボード奏者と言えば?

マッスル・ショールズやウッドストックの名うてのミュージシャンがバックを固めた米ルーツ・ロック名作っ!

試聴 Click!

JACKSON HIGHWAY/JACKSON HIGHWAY

米サザン・ロック・バンド。マッスル・ショールズ・スタジオで録音され80年にリリースされた唯一作。

ヌケの良いサザン・ロックから、しとやかにキーボードが奏でられるバラードまで、さすがマッスル・ショールズ産!と言える味わい。

試聴 Click!

RONNIE HAWKINS / RONNIE HAWKINS

ザ・バンドが下積み時代にHAWKSとして支えたミュージシャン。

マッスル・ショールズ録音で、デュアン・オールマンが参加したカントリー/スワンプSSW名作!

試聴 Click!

BARRY GOLDBERG / BARRY GOLDBERG

ディランのニューポート・フォーク・フェスティバルのステージにも参加していた名ソングライターでありピアニスト。

ディランのプロデュースで、マッスル・ショールズ録音された極上のメロと演奏が堪能できるSSW/スワンプ傑作っ!

試聴 Click!

BRENDA PATTERSON / BRENDA PATTERSON

可憐なルックスなのに、ジャニスばりのシャウト!?

マッスル・ショールズの腕利きがサポートした演奏も最高。

マイナーながら、こ、これは米スワンプ・ロック屈指と言えるほどの傑作。悶絶ですよ!

試聴 Click!

BOBBY HATFIELD / MESSIN’ IN MUSCLE SHOALS

フィル・スペクターの元で全米No1のヒット曲を飛ばしたブルー・アイド・ソウル・デュオRIGHTEOUS BROTHERSの一人が、デュオ解散後に米南部アラバマはマッスル・ショールズにあるFAMEスタジオに赴き、当地の名セッション・マンと録音した70年のソロ唯一作。

オーティス・レディングやウィルソン・ピケットでお馴染みのダン・ペン作曲による名曲「You Left the Water Running」で飾るオープニングから思わず腰が揺れるゴキゲンなサザン・スワンプ・ロックに痺れますよ~。

試聴 Click!

JOHN BUCK WILKIN/IN SEARCH OF FOOD CLOTHING SHELTER AND SEX

ナッシュビル出身のSSWでマッスル・ショールズ録音だけど、英国のSSWみたいな繊細さと叙情が持ち味。

まるでアル・スチュワートやフィルモア・リンカーンの味わい。

試聴 Click!

JIM CAPALDI / OH HOW WE DANCED

スワンプ・ファンもこれは案外スルーしてないかな?

ドラマーのソロと思って侮るなかれ。マッスルショールズ録音でポール・コゾフも参加して、もう素晴らしすぎる英SSW/スワンプ大傑作!

試聴 Click!

PUGH ROGEFELDT / BAMALAMA

数あるマッスル・ショールズ録音のロック作品の中でも最もマニアックな一枚と言える?

スウェーデン出身SSWの77年作で、異色の北欧発アーシー・ロック・アルバム!

試聴 Click!

ラストは、70年代の名ミュージシャンの遺伝子を文字通り受け継ぐ00年代SSWをご紹介。

DYLAN LEBLANC / PAUPERS FIELD

若さには似合わないコクに溢れたサウンドは絶品ですよね。

ピート・カーとのコンビで有名なレニー・ルブランを父に持ち、FAMEスタジオを遊び場に育った新鋭SSWの2010年作なんですが、アーシー&メロウで、ダン・ペンやスプーナー・オールドハムとか偉大なサザンSSWのDNAを継ぐ円熟の名作。

試聴 Click!

カケレコは米スワンプ・ロックやSSWの品揃えに力を入れています。

中古CD、輸入盤新品CDの人気順リストはこちら!

米SSW/スワンプ/カントリー・ロック中古CDリスト【人気順】

米SSW/スワンプ/カントリー・ロック輸入盤新品CDリスト【人気順】

ニッチ&ディープな作品をセレクトしたこちらの特集もあわせてチェック是非!


ニッチな米ルーツ・ロック特集!マイナーながらグッとくるスワンプ/サザン・ロック作をセレクト!

【関連記事】

ニッチな米ルーツ・ロック特集!マイナーながらグッとくるスワンプ/サザン・ロック作をセレクト!

ブル~ス~R&B~ソウルの本場アメリカの芳醇なルーツ・ロックを特集!

関連カテゴリー

マッスル・ショールズ産SSW/スワンプ・ロック特集!

  • DAN PENN / NOBODY’S FOOL

    米SSW/スワンプ・ロック・ファンは避けては通れない、DAN PENNの73年1stソロ作!

    60年代から南部アラバマはマッスル・ショールズのフェイム・スタジオでソングライター&プロデューサーとして活躍したミュージシャン、73年作の1stソロ。心に染みるソウルフル&メロウなヴォーカル、流麗なメロディ、芳醇なギター、しっとりとメロディを包むホーン・セクション。サザン・ソウル・シーン屈指のソングライターとしての風格と、腕利きの猛者たちによるいぶし銀の演奏が光る、味わうほどに味の出る生涯の一枚!米SSW/スワンプ屈指の大傑作です。

  • BRENDA PATTERSON / BRENDA PATTERSON

    可憐なルックスとは裏腹の豪快なスワンピー・ヴォーカルに驚かされる、フィメール・スワンプの73年大傑作!

    しぼり出すようなソウルフル&エネルギッシュなシャウトが魅力の女性ヴォーカル。スワンプ・ファンに人気のプレイボーイ・レコードから73年にリリースされた作品。マッスル・ショールズの名セッション・ピアニストでありプロデューサーとしても活躍するジム・ディキンソンやライ・クーダーやマッスル・ショールズの名セッション・ギタリストでストーンズの作品にも参加したウェイン・パーキンス、名スティール・ギター奏者のラスティ・ヤングなどが参加。無骨かつしなやかなライ・クーダーのギターをバックに、熱く太いシャウトが炸裂し、ホーンと女性コーラスがゴージャズに彩るオープニング・ナンバーから熱気は最高潮!ピアノとペダル・スティール・ギターが郷愁を誘う曲での、しっとりとエモーショナルな歌唱も胸に迫ります。熟練のミュージシャンによる演奏はもちろん、ブレンダのヴォーカルには本格感ぷんぷん。メロディもどの曲も素晴らしい。こ、これは米スワンプ・ロック屈指と言えるほどの傑作。悶絶ですよ!

  • SPOONER OLDHAM / POT LUCK and SPARE CHANGE

    マッスル・ショールズで活躍した名SSWによる72年作、ダン・ペンの名作と並ぶスワンプ/SSW屈指の傑作!82年作『SPARE CHANGE』とのカップリング

    米南部アラバマはマッスル・ショールズのFAMEスタジオで、ダン・ペンとのソングライター・チームとして、オルガン&ピアノのセッション・ミュージシャンとして活躍したミュージシャン。LAに移ってからは、ディラン、ジョー・コッカー、ジャクソン・ブラウン、ニール・ヤングの作品に参加するなどロック界で知られる名プレイヤーです。そんな彼が、72年にリリースした1stソロが本作。決してうまくはないものの、音程のゆらめきから叙情がしっとりとこぼれ落ちる「味」のあるヴォーカル、流麗で円熟したメロディ、柔らかに叙情を描くオルガンとピアノ。とにかく胸を締め付けるアーシー&メロウな佳曲がこれでもかと続きます。ダン・ペンの名作と並び、米スワンプ/SSW屈指の作品です!

  • BOZ SCAGGS / BOZ SCAGGS

    AORの代名詞として有名な彼が、69年にマッスル・ショールズでデュアン・オールマンとともに録音した米ロック傑作!

    ボズ・スキャッグスというとAORの代名詞として有名ですが、元々はブルース・ロック/ルーツ・ロック・シーンで活躍したミュージシャン。スティーヴ・ミラー・バンドの一員として活躍した後の69年に制作されたソロ作がこちら。マッスル・ショールズ録音で、オールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマンが参加。ルーツ・ミュージックの渋みやコクと、後のAOR時代で花開くメロウネスとが絶妙にブレンドしたサウンドが印象的な名作です。デュアンの中でも名演と言われる名曲「Loan Me A Dime」収録。

  • NICHOLAS LAMPE / IT HAPPENED LONG AGO

    マッスル・ショールズ産のサザンSSW名作としてファンには垂涎の70年唯一作、叙情香る歌声とともに名手達によるバッキングもさすが

    米サザンSSW、70年にアトランティック傘下のCottilionよりリリースされた唯一作。録音は、アラバマはマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオで、ロジャー・ホーキンス(Dr)、バリー・ベケット(Key)、エディー・ヒントン(G)、デヴィッド・フッド(B)など、腕利きがこぞって参加。スワンプ・ファンに人気の高い作品ですが、コテコテではなく、叙情豊かなサウンドが印象的。たおやかなアコギ・バッキング、カントリーシンガー寄りのちょっと鼻にかかったハートウォームな歌声、名プロデューサーとしても知られるアリフ・マーディンによるウットリするほどに艶やかな管弦楽アレンジ。そして、やはり名手によるバッキングも聴き所で、ロジャーとデヴィッドとの鉄壁のリズム・セクション、バリーのメロウなKeyが楽曲の魅力を際立たせています。これは名作です。

  • JACKSON HIGHWAY / JACKSON HIGHWAY

    米サザン・ロック・バンド、マッスル・ショールズ録音の80年唯一作

    米サザン・ロック・バンド。マッスル・ショールズ・スタジオで録音され80年にリリースされた唯一作。ザクザクと刻まれるリズム・ギター、ハイ・トーンのヌケの良いシャウトが魅力のヴォーカル、豊かなハーモニー、そして、キャッチーなメロディ。これぞ「サザン・ロック」と言えるノリが良くハード・エッジな佳曲がずらり。対照的に、しとやかにキーボードが奏でられるAOR的なバラードもまた魅力的です。さすがはマッスル・ショールズ産!

  • JOHN BUCK WILKIN / IN SEARCH OF FOOD CLOTHING SHELTER AND SEX

    ナッシュビル出身のSSW、マッスル・ショールズ録音の70年作、繊細で叙情的なメロディが絶品

    カントリー・ミュージックの名女性SSWを母にナッシュビルで生まれ、全米4位を記録するなど人気だったサーフィン/ホットロット・バンドRONNY & THE DAYTONASのメインソングライターとして60年代を駆け抜けたミュージシャン。マッスル・ショールズで録音され、70年にリリースされたソロ・デビュー作。ジェイムス・テイラーを彷彿させるジェントルで穏やかで心にスッと染みてくる歌声、流れるように美しいメロディ・ライン、そして、そんな優美なヴォーカル&メロディに伸びやかさと艶やかさを添えるストリングスの調べ。それにしても気品に満ちたメロディ・ラインの素晴らしさは特筆。イギリスのアル・スチュワートやフィルモア・リンカーンもちょっぴり思い出しました。繊細で叙情的なメロディは英国ロックのファンにもたまらないでしょう。これは名品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。