プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

CICLOS

LOS CANARIOS

74321178142(BMG

評価:40 3件のレビュー

ヴィヴァルディ「四季」をモチーフとしたスパニッシュ・プログレを代表する名盤!荘厳なメロトロンとリリカルなギターが絡み合う演奏が素晴らしい〜。名手アルフレド・.カリオンによるアレンジワークもさすが秀逸です。

74年リリース、ヴィヴァルディ『四季』をモチーフに制作されたスパニッシュ・シンフォの大傑作、鬼才アルフレド・カリオンによるアレンジも特筆!

スペイン出身のグループ、74年作。ヴィヴァルディの「四季」をモチーフに、人間の一生を春夏秋冬に見立てて表現したコンセプトアルバム。メロトロン、ムーグ・シンセサイザーによる重厚な響きが印象的な一大シンフォニック・ロック作品。リリカルなフレーズを伸びやかなに奏でるギター・ソロ、オペラのように壮大なヴォーカリゼーションなど、聴き所満載。シンフォニック・ロック・ファン必聴の大傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

LATTE E MIELE / PAPILLON の商品詳細へ

LATTE E MIELE/PAPILLON

初めてローマ法王の御前で演奏したロック・バンドと言われる、ジェノヴァ出身のキーボード・プログレ・バンド、73年作2nd

690円(税込759円)

BANCO / DARWIN ! の商品詳細へ

BANCO/DARWIN !

72年2nd、爆発的にエネルギッシュ!イタリアン・ロック必殺の傑作!

1,590円(税込1,749円)

CELESTE / CELESTE の商品詳細へ

CELESTE/CELESTE

76年発表、イタリアン・ロック随一のメロトロン名盤にして素朴な歌心にも溢れる珠玉のイタリアン・シンフォ

790円(税込869円)

ATOLL / TERTIO の商品詳細へ

ATOLL/TERTIO

フレンチ・プログレを代表するグループ、前2作に比べキャッチーになった楽曲と緻密なバンド・アンサンブルが一体となった77年作3rd、名盤

890円(税込979円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

メロトロン溢れる幻想の作品たち【ユーロ編】

まとめて試聴する

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【ユーロ各国編】

まとめて試聴する

  • TAI PHONG 『TAI PHONG』

    ベトナム系フランス人兄弟を中心とするフレンチ・プログレの代表的グループ、75年デビュー作

  • PULSAR 『HALLOWEEN』

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

  • FOCUS 『AT THE RAINBOW』

    73年作、プログレ史上屈指の傑作ライヴ・アルバム!

  • APHRODITE'S CHILD 『666』

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

  • PEKKA POHJOLA 『KEESOJEN LEHTO』

    フィンランド・プログレの名バンドWIGWAMで活躍したベーシスト/マルチ奏者、マイク&サリーのオールドフィールド姉弟と共演した77年作

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 悪くはないですが......。(5 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

ヴィヴァルディと同郷のバンド、IL BALLETTO DI BRONZOの“YS”でもヴィヴァルディ的フレーズが出てきたけれど、あくまで一部分であってしかもロック的煽りに変調されていた。こういう正面切ってクラシック名曲+ロックをやるのはどうも......。ポピュラー音楽化されて聴きやすいという利点しか感じないなあ。

ナイスレビューですね!

評価:5 スパニッシュ入門の一枚(3 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

74年作。
もともとポップバンドとしてスタートしたカナリオスが挑戦した
コンセプトアルバム。
楽曲はヴィヴァルディーの「四季」をモチーフとしています。
アレンジはAlfredo Carrion。
スパニッシュプログレはフラメンコなど、クセの強い作風が
好みを分けそうな気がするので、あまりスペイン臭くない本作は、
入門編としても最適でしょう。

ナイスレビューですね!

評価:4 スパニッシュ・ロックを語る上で欠かすことが出来ない作品(1 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

ヴィヴァルディの「四季」をロック・アレンジで聴かせるという大胆な試み。
プログレ界ではクラシックをアレンジした曲も多いが、1曲丸ごと取り上げている作品は、さすがに少ないと思う。
原曲がメジャーな曲なので、クラシック・ファンではなくても馴染みがあるメロディが聴こえてくると「そう来たか!」となるのだが、原曲をそのままなぞってわけではなく、オリジナリティもしっかりと盛り込まれている。

混声合唱団やオペラチックなヴォーカルが入り、「四季」がオペラ化したようなパートもあり、メロトロンが加われば一層シンフォニック・ロック色が強まる。
当時のスパニッシュ・ロックは、いわゆるアクが強くて敬遠しがちだったけれど、このアルバムだけは繰り返し聴いていた。

それまでは普通のロック・バンドだったらしいが、アルフレッド・カリオンのアレンジで発表した本作は、スペインのシンフォニック・ロックを語る上では欠かすことが出来ない作品になっている。

ナイスレビューですね!