プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

GOLIATH

GOLIATH

ER42110(ESTRELLA ROCKERA

デジタル・リマスター。

評価:40 1件のレビュー

女性ヴォーカル英ロック最果の一枚と言える!? 唾吐きフルートも入って、これぞブリティッシュなコクいっぱい

唾吐きフルートとアグレッシヴな女性Voによる英ロック、70年作

70年リリースの唯一作。唾吐きフルートを中心に終始畳み掛けるアンサンブルと、紅一点LINDA ROTHWELLによる線は細いながらアグレッシヴなヴォーカルが印象的なブリティッシュ・ロック・グループ。スピーディーな楽曲でも、どこか気だるさが感じられところはいかにも70's英ロック。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

JOHN DUMMER'S OOBLEEDOOBLEE BAND / OOBLEEDOOBLEE JUBILEE の商品詳細へ

JOHN DUMMER'S OOBLEEDOOBLEE BAND/OOBLEEDOOBLEE JUBILEE

英アンダーグラウンド・ブルース・ロック界の名ドラマー率いるグループ、デイヴ・ケリーやマイク・エヴァンスら名手が躍動する、これぞいぶし銀ブルース・ロック名盤!73年作

2290円(+税)

JODO / GUTS の商品詳細へ

JODO/GUTS

英国出身グループのアメリカでのみリリースされた唯一作、圧倒的に堅く強くソリッドなハード・ロックの名作

2390円(+税)

DUFFY / JUST IN CASE YOU'RE INTERESTED... の商品詳細へ

DUFFY/JUST IN CASE YOU'RE INTERESTED...

哀愁溢れるブリティッシュ・ロックの好グループ、72年作の1st、HUMBLE PIEのファンなら間違いなし!

2390円(+税)

PUBLIC FOOT THE ROMAN / PUBLIC FOOT THE ROMAN の商品詳細へ

PUBLIC FOOT THE ROMAN/PUBLIC FOOT THE ROMAN

メロディアスなツイン・リード・ギターと爽快なコーラス・ワークが炸裂する英プログレ、73年唯一作!

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

飛び散れ、俺の情熱!唾吐きフルート・ベスト・パフォーマンス選

まとめて試聴する

  • JETHRO TULL 『STAND UP』

    イアン・アンダーソンが全権を握った1969年発表の第2作

  • FOCUS 『MOVING WAVES』

    エッジの立ったバカテクギター&変てこヨーデル風スキャットが炸裂する怪曲「HOCUS POCUS」収録、71年2nd

  • GNIDROLOG 『LADY LAKE』

    72年作2nd、VDGGに通じるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

  • OSANNA 『PALEPOLI』

    伊ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

  • JUMBO 『JUMBO』

    ブルース色の濃い異色のイタリアン・ロック・バンド、72年作

  • DELIRIUM 『DOLCE ACQUA』

    イタリアン・プログレ黎明期の名盤、71年作1st

  • NU 『CUENTOS DE AYER Y DE HOY』

    ヴァイオリンやフルートをフィーチャーした「スペインのクリムゾン」とも云われるヘヴィ・プログレ・グループ、78年リリースの1st

紅一点ブリティッシュ・ロックのムフフンな世界

まとめて試聴する

  • AFFINITY 『AFFINITY』

    VERTIGOレーベルよりデビューした英オルガン・ロックを代表するグループ、70年唯一作

  • CURVED AIR 『AIR CONDITIONING』

    クラシカルなヴァイオリン、フォーキーな女性ヴォーカルがダイナミックなロック・サウンドに同居、初期衝動が詰まった70年作1st!

  • RENAISSANCE 『ILLUSION』

    元ヤードバーズのKeith RelfとJim McCartyを中心に結成されたオリジナル・ルネッサンスによる71年作2nd

  • DADA 『DADA』

    エルキー・ブルックス在籍、VINEGAR JOEの前身バンド、粘っこいブルース・ロックがいなたさ抜群の傑作70年作!

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 聴くほどに深みにはまる無国籍ヘビーロック(5 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ゴリアテ、ゴライアスというバンドはいくつかあって、これは70年英国のゴライアス。正体のよくわからないバンドを「オブスキュア」と形容するようですが、まさにオブスキュアな一枚です。シンプルなヘビーロックではありません。女性ボーカルのリンダ・ロズウェルとフルートに特徴ある音で、ジェスロ・タルのリード・ボーカルをキャロル・グライムズにしたイメージでしょうか。上手いボーカルというより、ジャズ・テイストに曲をくだくことが上手な存在感ある歌い手です。裏ジャケに彼女の写真(とメンバーの写真)があります。ギャングが裏路地に逃げ込んだような印象のものです。彼女のベルトを見ると、これはガン・ベルトなのではないですか。しかも弾丸つきの。

曲をリードしていくのはベースで、細かく叩くドラムズもなかなか雰囲気あります。ボサノヴァのクールさや地中海音楽の多国籍ぶりを兼ね備えた曲があって、これはかっこいいです。ちょくちょく唾吐きフルートやサックスが乱入してくるタイミングもスリルあります。しかし渋くてお洒落ですね。この魅力を70年頃の英国ユーザーはわかったのでしょうか。いや、受け入れらなかったからこの知名度に甘んじているわけですが。リンダ嬢はこのアルバムの直後芸能界をリタイアしたようですし、メンバーも足跡を残していません。英国の70年は本当にすごいポテンシャルです。

ナイスレビューですね!