プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

アコースティック・ギターが光るロック・ソングTOP50-米サイトGUITAR WORLD選

米サイトGUITAR WORLDが発表したアコースティック・ギターが光るロック・ソングTOP50をご紹介いたしましょう。

ロックのアイコンといえるエレキ・ギターもいいですが、アコギの胸に染みる響きもいいですよね。

それでは一挙に50曲、動画とともにお楽しみ下さい!

50位:「Over the Hills and Far Away」 From  Led Zeppelin /『HOUSES OF THE HOLY』

試聴 Click!

49位:「Wanted Dead or Alive」 From Bon Jovi /『SLIPPERY WHEN WET』

試聴 Click!

48位:「Soak Up The Sun」 From  Sheryl Crow /『C’MON, C’MON』

試聴 Click!

47位:「Crash Into Me」 From Dave Matthews Band /『CRASH』

試聴 Click!

46位:「Wonderwall」 From  Oasis /『[WHAT’S THE STORY] MORNING GLORY?』

試聴 Click!

45位:「She Talks To Angels」 From Black Crowes /『SHAKE YOUR MONEY MAKER』

試聴 Click!

44位:「Free Fallin」 From Tom Petty /『FULL MOON FEVER』

試聴 Click!

43位:「Blister In the Sun」 From Violent Femmes  /『VIOLENT FEMMES』

試聴 Click!

42位:「Redemption Song」 From Bob Marley /『UPRISING』

試聴 Click!

41位:「Good Riddance (Time of Your Life)」 From Green Day /『NIMROD』

試聴 Click!

40位:「My My, Hey Hey (Out of the Blue)」 From  Neil Young /『RUST NEVER SLEEPS』

試聴 Click!

39位:「Only the Good Die Young」 From Billy Joel  /『STRANGER』

試聴 Click!

38位:「Give a Little Bit」 From Supertramp /『EVEN IN THE QUIETEST MOMENTS』

試聴 Click!

37位:「Margaritaville」 From  Jimmy Buffett  /『CHANGES IN LATITUDES, CHANGES IN ATTITUDES』

試聴 Click!

36位:「Jack and Diane」 From John Mellencamp /『AMERICAN FOOL』

試聴 Click!

35位:「Crazy Little Thing Called Love」 From Queen  /『GAME』

試聴 Click!

34位:「Dust In the Wind」 From Kansas /『POINT OF KNOW RETURN』

試聴 Click!

33位:「Night Moves」 From Bob Seger /『NIGHT MOVES』

試聴 Click!

32位:「All Apologies」 From Nirvana /『MTV UNPLUGGED IN NEW YORK』

試聴 Click!

31位:「Landslide」 From Fleetwood Mac /『FLEETWOOD MAC』

試聴 Click!

30位:「Wish You Were Here」 From Pink Floyd /『WISH YOU WERE HERE』

試聴 Click!

29位:「Tangled Up in Blue」 From Bob Dylan /『BLOOD ON THE TRACKS』

試聴 Click!

28位:「Ooh La La」 From Faces /『OOH LA LA』

試聴 Click!

27位:「Squeeze Box」 From The Who /『WHO BY NUMBERS』

試聴 Click!

26位:「A Horse With No Name」 From America /『AMERICA』

試聴 Click!

25位:「Heart of Gold」 From Neil Young /『HARVEST』

試聴 Click!

24位:「The Joker」 From  Steve Miller Band /『JOKER』

試聴 Click!

23位:「Me and Julio Down By the Schoolyard」 From Paul Simon /『PAUL SIMON』

試聴 Click!

22位:「American Pie」 From  Don McLean /『AMERICAN PIE』

試聴 Click!

21位:「Ziggy Stardust」 From David Bowie /『ZIGGY STARDUST』

試聴 Click!

20位:「Walk on the Wild Side」 From Lou Reed /『TRANSFORMER』

試聴 Click!

19位:「Take It Easy」 From Eagles /『EAGLES』

試聴 Click!

18位:「Stairway to Heaven」 From  Led Zeppelin /『IV』

試聴 Click!

17位:「Working Class Hero」 From John Lennon /『JOHN LENNON PLASTIC ONO BAND』

試聴 Click!

16位:「Maggie May」 From  Rod Stewart /『EVERY PICTURE TELLS A STORY』

試聴 Click!

15位:「Wild Horses」 From Rolling Stones /『STICKY FINGERS』

試聴 Click!

14位:「Lola」 From Kinks /『LOLA VS. POWERMAN AND THE MONEYGOROUND, PART 1』

試聴 Click!

13位:「Have You Ever Seen the Rain?」 From CCR /『PENDULUM』

試聴 Click!

12位:「Midnight Rider」 From Allman Brothers Band /『IDLEWILD SOUTH』

試聴 Click!

11位:「Folsom Prison Blues」 From Johnny Cash /『SUN YEARS』

試聴 Click!

10位:「Uncle John’s Band」 From Grateful Dead /『WORKINGMAN’S DEAD』

試聴 Click!

9位:「Across the Universe」 From Beatles /『LET IT BE』

試聴 Click!

8位:「Teach Your Children」 From Crosby, Stills, Nash & Young /『DEJA VU』

試聴 Click!

7位:「The Boxer」 From Simon & Garfunkel /『BRIDGE OVER TROUBLED WATER』

試聴 Click!

6位:「Yesterday」 From  Beatles /『HELP』

試聴 Click!

5位:「For What It’s Worth」 From Buffalo Springfield /『BUFFALO SPRINGFIELD』

試聴 Click!

4位:「Rocky Raccoon」 From Beatles /『BEATLES』

試聴 Click!

3位:「The Weight」 From The Band /『MUSIC FROM BIG PINK』

試聴 Click!

2位:「Mrs. Robinson」 From Simon & Garfunkel  /『GRADUATE』

試聴 Click!

1位:「All Along the Watchtower」 From Bob Dylan /『JOHN WESLEY HARDING』

試聴 Click!

原文はこちら
http://www.guitarworld.com/acoustic-nation-photo-gallery-50-classic-acoustic-rock-songs#slide-1

カケレコではご紹介したような英・米ロック名盤の在庫が充実しています。ぜひロック探求のお役立てください!

英ロック名盤・定番の在庫

「英ロック名盤・定番の在庫」をもっと見る

米ロック名盤・定番の在庫

「米ロック名盤・定番の在庫」をもっと見る

またCD買取にも力を入れています。1枚1枚丁寧な査定を心がけておりますのでぜひご利用ください!

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したような60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php


関連カテゴリー

アコースティック・ギターが光るロック・ソングTOP50関連在庫CD

  • LED ZEPPELIN / HOUSES OF THE HOLY

    シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等々を駆使し、レゲエやファンク・ナンバーにも挑戦するなどサウンドの幅が更に広がった5th。ジョンジーの才覚も感じさせる73年作

    シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等々を駆使し、レゲエやファンク・ナンバーにも挑戦するなど冒険色が濃く出た5th。73年作。

  • THE BAND / MUSIC FROM BIG PINK

    クラプトンやジョージを虜にしたアメリカン・ロック史上に輝く金字塔、68年1st

    68年のデビュー作。R&B、ブルース、ゴスペル、カントリーといったアメリカ南部ロックを消化した芳醇なサウンドは絶品の一言。音と音の「間」のなんと雄弁なこと。まさに完璧なグルーヴ。メロディ・ラインの美しさも特筆もの。Eric Clapton、George Harrisonなど、本作により音楽性が変わるほどの衝撃を受けたミュージシャン多数。ロック史を変えた全ロック・ファン必携の大名盤。アメリカン・ロック史上に輝く金字塔。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV

    71年リリース、ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した大傑作4th!

    ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」を収録した4th。71年作。ハードな側面と美麗な側面が絶妙なバランスを見せた傑作。

  • DAVID BOWIE / ZIGGY STARDUST

    72年発表の第5作、「地球に落ちてきた男」ジギーを渾身のパフォーマンスで演じきった、ロック史に燦然と輝く大名盤!

    72年5th。地球にやって来た異星人「ジギー」がロック・スターとして成功し、やがて没落していくストーリーを描いたロック・ミュージカル風の作品。SF的コンセプトを彩る楽曲全てが素晴らしく、実にキャッチーでドラマティック。厳かなピアノにシアトリカルなヴォーカルで、架空の世界に一気に引き込まれるオープニングの「Five Years」、アコギのイントロ、控えめなヴォーカルからメロディアスなサビで盛り上がる「Star Man」、軽快なロックンロールナンバー「Hang On To Yourself」、ミック・ロンソンの力強いギターリフがドラマティックな「Ziggy Stardust」と、ボウイの抜群のメロディーセンスが全てに発揮されています。グラム・ロックの頂点に立ち、ロック史においても燦然と輝く名盤。

  • BEATLES / BEATLES

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

    68年作。ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた、才気みなぎる大傑作。洗練された前作「Sgt.Pepper’s 〜」の反動からか、音を整理することなく、それぞれのメンバーのアンテナが向かうままに、剥き出しの音が鳴らされています。アルバム全体の統一感こそ薄いですが、1曲1曲はかなり尖っています。あのビートルズの、あのメンバー達の「アンテナ」が閉じこめられてるんですから、そりゃ、半端ではなくエネルギッシュ。

  • PINK FLOYD / WISH YOU WERE HERE

    前作「狂気」に劣らない内容と人気を誇る75年作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの75年9th。前作「狂気」を発表しツアーも成功のうちに終了、休業解散状態であったバンドが再びシーンに返り咲いた作品であり、創設時のメンバーSyd Barrettを想起させるテーマを盛り込んだ、Roger Watersの色濃いコンセプト・アルバムとなっていますが、その内容は「狂気」のクオリティーをそのままに別なベクトルへ向けて発信した傑作です。トータル志向という意味では確かに「狂気」に軍配が上がるも、各楽曲のクオリティーは全く見劣りせず、彼らの代表作の1枚に上がることも多い名盤です。

  • ROLLING STONES / STICKY FINGERS

    米国南部音楽からの影響を色濃く反映した、芳醇でグルーヴィーなサウンドが魅力の71年作

    英国を代表するロック・グループ、71年発表。ローリング・ストーンズ・レーベル設立、初めてリリースされた勝負作。スワンプ・ロックなど米国南部音楽からの影響が表れており、キャッチーで泥臭いロックン・ロールが詰まっています。本作より凄腕ギタリストMick Taylorが加入したことにより、Keith Richardsはリズム・ギターへ専念。彼独特のオープン・チューニングによる図太いリフと、タメの効いたジャジーなドラムで生み出されるグルーヴ、その上を粘っこいヴォーカルと、Mick Taylorによる流麗なブルース・ギターが炸裂!ド迫力のサックス、男臭いコーラスも素晴らしい。70年代STONESサウンドが完成、うねるアンサンブルは万人を躍らせます!

  • KANSAS / POINT OF KNOW RETURN

    77年5th、前作とともにバンドの黄金期を象徴する傑作

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの77年5th。「Point Of No Return」や「Dust In The Wind」といった彼らの代表曲を収録した本作は、彼らの持ち味であるアメリカン・ロックの明快さと、複雑に構築されたプログレッシブ・ロック然としたバンド・アンサンブルが最も良いバランスで同居した傑作となっており、キャッチーな覚えやすいメロディーとテクニカルなプレイとの対比が素晴らしい、彼らの代表作です。

  • NEIL YOUNG / HARVEST

    北米SSWを代表する歴史的傑作、72年作

    72年作の4th。全米No1ヒットの「Heart Of Gold」を含む代表作と評される一枚。都会的な憂いに満ちたメロウな前作に比べ、広大な大地をそこに差し込む陽光が目に浮かぶリリカルなナンバーが印象的。ペダル・スティールが枯れた哀愁を奏でます。「Heart Of Gold」には、ジェイムス・テイラーやリンダ・ロンシュタットが参加。他にCS&Nも数曲に参加しています。米ロック史上に残る傑作。

  • BEATLES / LET IT BE

    70年リリース、ビートルズのラスト・アルバム、「LET IT BE」を収録

    70年にリリースされたラスト・アルバム。「GET BACK」セッションが空中分解し、その音源をフィル・スペクターがアルバムという形にまとめあげた作品。フィル・スペクターによるエコーに包まれた荘厳なサウンド・プロダクションが、ラスト・アルバムとしての虚無感を倍増させている印象。「LET IT BE…NAKID」はバンドのダイナミズムが閉じこめられた素晴らしい音源でしたが、ラスト・アルバムとしては、やはりこのフィル・スペクター盤がしっくりきます。

  • ALLMAN BROTHERS BAND / IDLEWILD SOUTH

    サザン・ロックの代名詞的バンド、名曲「ミッドナイト・ライダー」収録の70年2nd

  • FACES / OOH LA LA

    ラスト作にして初の全英1位を獲得した73年

  • JOHN LENNON / JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND

    70年発表、あらゆる信条を捨て、ヨーコとの愛の道を選んだJohnの永遠の歌声

    BEATLES解散後、それぞれのメンバーが各々のソロ活動へと入って行く中で、最も己とは何かというような真摯な問の中に自らの表現を掘り下げていったのが、JOHN LENNONでした。このアルバムは解散後間もなく、70年に発表された、JOHNと永遠の伴侶であるオノ・ヨーコと共に紡ぎ上げたJOHNのむき出しの心の叫び。「神は、苦悩の重みを測る観念に過ぎないもの」として敢然と世俗の宗教、信条を否定した彼は、愛する人、ヨーコがいればそれこそが僕の現実だと強く歌い上げて行きます。BETALESの死、愛する母親の死を乗り越えて、表現者として新たな境地の扉を猛然と叩き続ける、真摯な一人の男の姿がどこまでも透徹なまなざしを抱いた作品です。

  • EAGLES / EAGLES

    ウェストコースト・ロック黄金期の幕開けを告げた72年デビュー作

    新時代のウエスト・コースト・ロックの幕開けを告げた記念すべきファースト・アルバム。72年作。ジャクソン・ブラウンとの共作による象徴的なナンバー「テイク・イット・イージー」収録。

  • BEATLES / HELP !

    通算5作目、65年作

  • KINKS / LOLA VERSUS POWERMAN AND THE MONEYGOROUND PART 1

    70年作

  • CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR) / PENDULUM

    西海岸シスコ出身ながらサザン・ロック的なアプローチを持ち味とした名バンド、70年リリース6作目、代表曲「雨を見たかい」収録

    • UCCO9198

      廃盤、紙ジャケット仕様、SHM-CD、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価2800

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

    • UCCO9198

      廃盤、紙ジャケット仕様、SHM-CD、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価2800

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • SIMON & GARFUNKEL / BRIDGE OVER TROUBLED WATER

    70年作、表題曲を始め代表的名曲の数々を収録したS&G最後のオリジナル・アルバム

    老若男女が愛する大名曲、「明日に架ける橋」を冒頭に収録した、彼らコンビ名義での最後の作品にして、最大のヒットとなったアルバムです。ちなみに僕はこの「明日に架ける橋」を中学校の音楽の授業で歌わされ知ったのですが、小さなさざ波のようなピアノに導かれ、「出帆するのだ、銀色の乙女よ、帆を上げて海を渡って行こう!」と次第にクライマックスに向かう様はまるで大海の大きなうねりのように感動的です。他、南米先住民の伝承歌「コンドルは飛んで行く」、アメリカが生んだ稀代の名建築家、Frank Lloyd Wrightに捧げられた、その名も「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」や「ボクサー」「ニューヨークの少年」等々、思わず胸が詰まるような名曲が目白押しです。あまりにも有名過ぎて今更という方もあるかもしれませんが、いろんな音楽を聴いて再びここに戻ってくる。と妙に心安らむそんな素敵なアルバムだと思います…。

  • GRATEFUL DEAD / WORKINGMAN’S DEAD

    CSNのサウンドに触発されルーツ・ミュージック/アコースティック色を取り入れた、70年発表のスタジオ4作目

    70年6月リリースのスタジオ4作目。『AOXOMOXOA』~『LIVE/DEAD』リリース後、負債やドラッグに起因するストレスを抱えていた彼らが、当時交流のあったCS&Nのサウンドに触発されて制作したと云われる、アメリカン・ルーツ・ミュージック/アコースティック色の濃い作品。「Uncle John’s Band」「High Time」「Dire Wolf」といった前半部は、CS&N譲りのヴォーカル・ハーモニー、そしてCSN&Y『DEJA VU』でも聴けるガルシアのスティール・ギターが殊に印象的。土着的な風景を心に宿す誰しもが、郷愁感に駆られるであろうアコースティックな好曲群です。「New Speedway Boogie」「Cumberland Blues」「Black Peter」「Easy Peter」といった中〜後半部は、彼ららしいルーズで人懐っこいブルース・アンサンブル。DEADの楽曲のなかでは珍しく、ブルース・ハープが聴こえてくるのも面白いところです。そして最後は、伝説の鉄道機関士をモチーフにした名曲「Casey Jones」。ジャケットやタイトルにも込められた、労働者、そして、その労働者の傍らにいつの日も在ったアメリカン・ルーツ・ミュージックへの愛に溢れた一枚。

  • LOU REED / TRANSFORMER

    デヴィッド・ボウイ&ミック・ロンソンによるプロデュース、72年作2nd

    VELVET UNDERGROUND解散後に、実質的なソロ活動として華やかな成功を収めた、Lou Reedの2ndアルバム。David BowieとMick Ronsonの共同プロデュースによる、グラム・ロックの代表作かつ、Lou Reed最大のヒット作となった「Walk On The Wild Side(ワイルド・サイドを歩け)」を収録した、彼をアンダーグラウンド・ヒーローからメジャー・シーンのロック・スターへと推し進めた文句なしの出世作です。Lou Reed特有の、メタリックで冷たい空気を孕んだ背徳の審美感が、グラマラスなファッションとセクシャルなグラム感覚と融合したのです。この後コマーシャリズムに敢然と背を向け、大傑作『Berlin』へ突き進みます。

  • ROD STEWART / EVERY PICTURE TELLS A STORY

    代表曲「Maggie May」収録の71年3rd、全英/全米でNo.1に輝いた大出世作!

    全英全米ともに1位。ロッドの名を世界へと知らしめた3rdソロにして一大出世作。71年作。キャリアを代表する大ヒット曲「マギー・メイ」(全英全米1位)、「リーズン・トゥ・ビリーヴ」(全英1位)他、ロン・ウッドとの共作によるタイトル曲、自らのマンドリンをフィーチャーした「マンドリン・ウィンド」など名曲ぞろい。

  • QUEEN / GAME

    ディーコン作の大ヒットチューン「地獄へ道づれ」、ジョン・レノンを復帰へと導いた「愛という名の欲望」など収録、80年作

  • NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE / RUST NEVER SLEEPS

    79年作

  • FLEETWOOD MAC / FLEETWOOD MAC

    初の全米1位を獲得した75年作

  • STEVE MILLER BAND / JOKER

    73年作

  • OASIS / (WHAT’S THE STORY) MORNING GROLY ?

    バンドを代表する傑作2nd、95年作

  • NIRVANA / UNPLUGGED IN NEW YORK

    93年NYでのアコースティック・ライヴ、全14曲

  • TOM PETTY / FULL MOON RIVER

    ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンら参加の89年初ソロ作

    • 22P22281

      定価2348

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      ケース不良、ケースにスリ傷あり、帯がケースに貼ってあります・色褪せあり、ジャケに若干カビ有り

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。