プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

CHESSBOARD

TEMPUS FUGIT

MRCD0708(MASQUE

デジパック仕様。

評価:50 1件のレビュー

アルバムのどこを切り取っても、ともどなく溢れる優美なメロディ・・・90年代以降の南米シンフォ・シーンを代表するブラジルのグループによる美メロ満載の傑作!

実力派ブラジル新鋭08年作、ダイナミックかつドラマティックかつファンタスティックな南米シンフォの傑作!

90年代以降の南米シンフォ・シーンを代表するブラジルのグループ。99年作から9年ぶりとなる待望の08年作3rdアルバム。ずばりシンフォ・ファン必聴の傑作。広がり豊かでどこまでもメロディアスなキーボード、クラシカルなフレーズを織り交ぜた流麗かつリリシズム溢れるギター、たおやかで美しいヴォーカル・メロディ、ダイナミズム溢れるアンサンブルとドラマティックな構築美。演奏&ヴォーカル・メロディのどこを切り取っても、優美なメロディがとめどなく溢れてきます。ゲストの美声女性Voも素晴らしい。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TEMPUS FUGIT / TALES FROM A FORGOTTEN WORLD の商品詳細へ

TEMPUS FUGIT/TALES FROM A FORGOTTEN WORLD

ブラジルのシンフォ・グループ、CAMELを彷彿させる幻想的な世界観と珠玉のメロディで彩られた97年作の名作

1190円(+税)

TEMPUS FUGIT / DAWN AFTER THE STORM の商品詳細へ

TEMPUS FUGIT/DAWN AFTER THE STORM

ブラジル新鋭、ギターとキーボードがメロディアスかつ精緻なアンサンブルを織り上げる、清涼感溢れるシンフォ名作、99年リリース2nd

2290円(+税)

YESTERDAYS / HOLDFENYKERT の商品詳細へ

YESTERDAYS/HOLDFENYKERT

ハンガリー、メロトロンとフルートをこれでもかとフィーチャーした必殺シンフォニック・ロック!06年作

1890円(+税)

HOSTSONATEN / WINTERTHROUGH の商品詳細へ

HOSTSONATEN/WINTERTHROUGH

08年作、次々とイメージが溢れ出る、ダイナミックなシンフォニック・ロックの名作

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ブラジルのシンフォ・グループ、CAMELを彷彿させる幻想的な世界観と珠玉のメロディで彩られた97年作の名作

    「昔のプログレは良かった」「荘厳な音楽を聴きたい」「南米のプログレって、民族っぽいイメージがあって聴いたことがない」そんなシンフォ・ファンに、お勧めします。 by レビュワーF.Greenさん

  • DAWN AFTER THE STORM

    TEMPUS FUGIT

    MRCD1218(MASQUE

    新装ジャケットの19年リイシュー盤、デジパック仕様、デジタル・リマスター、ボーナストラック2曲

    ブラジル新鋭、ギターとキーボードがメロディアスかつ精緻なアンサンブルを織り上げる、清涼感溢れるシンフォ名作、99年リリース2nd

    ブラジルはCAMELタイプのグループが多いですが、本作はその中でもピカイチの逸品! とめどなく溢れる美旋律と南米らしいメロウネスが素晴らしい、美旋律シンフォの傑作ですね。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 前2作を継承するブラジル産シンフォ作品(1 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

ブラジルのメロディアス・シンフォ・バンドTEMPUS FUGIT・・・良質な2枚のアルバムを残しながら、その後音信不通であったバンドが久しぶりに発表した作品(9年振りなんですね!)で、過去の2作に勝るとも劣らない好作品。

ドラマティックな1曲目から始まり、全編に美しいキーボードとメロディアスなギターを配したシンフォニック・ロック。
南米のバンドというとイタリアのバンドのような暑苦しい程に情熱的なヴォーカルの印象があるが、そんな思い込みに反してとても線が細く優しいヴォーカルがバンドの音に合っている。
「THE PRINCESS」の歌い始めではリード・ヴォーカルも取り、コーラスでも参加しているゲスト女性Voがとても美声で、女性美Voファンにはこの曲をおススメ♪
メロディはギターが取っていて、意外と明確にベースのリズム音も聴こえてくるのけれど、おそらくシンフォ・ファンの琴線に触れるのはキーボードの演奏だと思う。
ブラジルというよりも、ポーランドのシンフォ・バンドに近い感じがする。

ナイスレビューですね!