プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

AARDVARK

AARDVARK

ECLEC2286(ESOTERIC) 【2011年発売CD】

デジタル・リマスター。

評価:50 1件のレビュー

EL&PやEGGなどキーボード・トリオが好き? それじゃ、もちろんこの作品は聴きましたよね? これぞブリティッシュな陰影に富んだオルガンがたまりません!

ささくれ立ったオルガン・サウンドがたまらないブリティッシュ・ハード・ロック/アート・ロックの逸品、70年唯一作

ギターレスの編成ながらSteve Millinerの重々しく歪んだオルガンワークを中心に、重厚なブリティッシュ・ハード・ロックを紡ぎだしたグループによる69年作。スモーキーな匂いと、その時代性もあってかサイケデリックな色彩を感じさせるへヴィーなオルガン・ロックとなっており、ギターレスのハンディなど微塵も感じさせません。一方で、ピアノがリードするスローな楽曲では英国らしい叙情的なメロディーとジェントリーなボーカルが気品すら感じさせます。同年代のオルガン・ロックバンドであるNICEやEGGとはまた違った個性を放つ名盤です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

MELLOW CANDLE / SWADDLING SONGS の商品詳細へ

MELLOW CANDLE/SWADDLING SONGS

72年発表、「英フォーク三種の神器」の一つ、ツイン・フィメール・ヴォーカルが美しいブリティッシュ・フォーク・ロックの傑作!

1890円(+税)

PINK FLOYD / ANIMALS の商品詳細へ

PINK FLOYD/ANIMALS

社会に生きる人々を動物になぞらえたコンセプト作、77年作10th

712円(+税)

JULIAN JAY SAVARIN / WAITERS ON THE DANCE の商品詳細へ

JULIAN JAY SAVARIN/WAITERS ON THE DANCE

JULIANS TREATMENTとしての活動で知られるドミニカ共和国出身のキーボード奏者、71年作、元CATAPILLAの女性Vo参加

1090円(+税)

BLACK SABBATH / SABBATH BLOODY SABBATH の商品詳細へ

BLACK SABBATH/SABBATH BLOODY SABBATH

シンセサイザーやメロトロンが彩るヘヴィ・サウンド、バンドが持つ叙情性が際立つ73年作

632円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Copper Sunset
2. Very Nice Of You To Call
3. Many Things To Do
4. The Greencap
5. I Can't Stop
6. The Outing - Yes
7. Once Upon A Hill
8. Put That In Your Pipe And Smoke It

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

レココレ特集『ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生』連動【プログレッシヴ・ロック系】

まとめて試聴する

このアーティストのその他タイトルのCD

  • アードヴァーク

    アードヴァーク

    ERC29224

    EDISON旧規格(赤帯/下端は紫色)、定価3008

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯下端に「Distribute by Gardenshed」のシールが貼ってあります、一部に小さいカビあり

    ささくれ立ったオルガン・サウンドがたまらないブリティッシュ・ハード・ロック/アート・ロックの逸品、70年唯一作

    EL&PやEGGなどキーボード・トリオが好き? それじゃ、もちろんこの作品は聴きましたよね? これぞブリティッシュな陰影に富んだオルガンがたまりません!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 B級オルガン・ロック好きなら是非。(5 拍手)

あんちょびさん レビューをすべて見る

ごく短い期間のみ存在したデラム傘下のノヴァ・レーベルから70年に発表された唯一作。
サイケ〜プログレ界隈を語る時に、”傑作ではないが忘れてはいけない作品”ではないだろうか?
極端に歪ませたり、露骨にサイケっぽい酩酊感のあるオルガンが凄く印象深い。
特別上手いわけではないが、このオルガンを演奏しているスティーブ・ミリナーはなかなかだと思う。
ラストを飾るインスト曲でのハイテンションっぷりは”ミニ”キース・エマーソンと言えそうな…(笑)
(誤解の無いように言っておくと、決してキース並の技巧はありません)
グレイシャスやナイス、初期ベガーズ・オペラのような鍵盤が中心のバンドを好きな人なら、聴いて損はしないだろう。
尚、バンドの中心になっているスティーブは同レーベルから出た「ブラック・キャット・ボーンズ」の作品にも参加しているそうだ。

ナイスレビューですね!