プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

COUNTRY HOME and ACE OF SUNLIGHT

BRONCO

RF659(RED FOX

2in1CD。

評価:50 1件のレビュー

英国が誇るホワイト・ソウル・シンガー、ジェス・ローデンのバンドと言えば?アメリカに憧れるがゆえの英国的カントリー・ロックがいい味。

名ブルー・アイド・ソウル・シンガーJess Roden在籍、土臭く哀愁漂う英フォーク・ロック・グループ、味わい深い70年1st&71年2nd

Jess Roden率いる英フォーク・ロック・グループ。70年作1st「Country Home」と71年作2nd「Ace Of Sunlight」をカップリングした2in1CD。カントリーやスワンプ・ロックを吸収した土の香り漂うアンサンブル、メロウなヴォーカル&暖かみあるハーモニー、哀愁溢れるメロディーが印象的。無骨なジャケットとは異なり、英国的な翳りを感じさせる黄昏色の好盤。Clifford T.Ward、Trevor Lucasなどがゲスト参加。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

COLIN SCOT / COLIN SCOT の商品詳細へ

COLIN SCOT/COLIN SCOT

英国的な陰影溢れるSSW、フリップ/ピーガブ/フィル・コリンズ/ジョン・アンダーソン/リック・ウェイクマン/ピーター・ハミルら豪華すぎるプログレ人脈が参加する71年作!

1,390円(税込1,529円)

GARY WRIGHT / GARY WRIGHT'S EXTRACTION and FOOTPRINT の商品詳細へ

GARY WRIGHT/GARY WRIGHT'S EXTRACTION and FOOTPRINT

元SPOOKY TOOTHのKey/Vo、タイトで哀愁溢れる英ロック

990円(税込1,089円)

MUSHROOM / EARLY ONE MORNING の商品詳細へ

MUSHROOM/EARLY ONE MORNING

「心ここに在らず」なアイルランド産プログレッシヴ・フォーク、73年に自主制作リリースされた唯一作

2,190円(税込2,409円)

GRINDERSWITCH / MACON TRACKS の商品詳細へ

GRINDERSWITCH/MACON TRACKS

サザン・ロックの知る人ぞ知る実力派グループ75年作。名曲「Pickin’ The Blues」収録

2,290円(税込2,519円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

英国ホワイト・ソウル・シンガー!

まとめて試聴する

レココレ特集『ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生』連動【フォーク/カントリー系】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • COUNTRY HOME

    BRONCO

    BIGPINK646(BIG PINK

    紙ジャケット仕様

    Jess Roden率いる英フォーク・ロック・グループ、70年作1st。

    カントリーやスワンプ・ロックを吸収した土の香り漂うアンサンブル、メロウなヴォーカル&暖かみあるハーモニー、哀愁溢れるメロディーが印象的。

  • ACE OF SUNLIGHT

    BRONCO

    BIGPINK649(BIG PINK

    紙ジャケット仕様

    名ブルー・アイド・ソウル・シンガーJess Roden在籍、土臭く哀愁漂う英フォーク・ロック・グループ71年作

    熱いシャウトからメロウなバラードまでこなす芳醇なジェス・ローデンのボーカルと、米憧憬の英スワンプ・サウンドがたまらない一枚!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 初期のJessの声に感動(4 拍手)

tommyさん レビューをすべて見る

Jess Rodenの歌を初めて聞いたのは、1977年頃と記憶しています。
Paul KossoffのソロアルバムでのPaul Rodgersのハーモーニーをつけていたものですが、その後にJessのソロアルバム、Band、さらに
ソロアルバム(AOR系)と聞き及んでいくわけであります。
(このルートでJessを聞く方は多いかと思います。)

彼の場合には、Rockの泥臭さを残しながら品の良さも備えた曲(カバーを含めて)を歌える、また声の質を持っているのではと思います。
そこで後期にはAORにばっちりはまっていくのではと自分なりに解釈しています。(勝手すぎるか?)

当時は、私自身ハードロックに傾倒していたこともあり少し物足りなさを感じていたのですが、ここ数年聞きな直すにつれて最近の一番ipodでリート回数の多いものの一つとなっています。
そうなるとBatts BAND以前のBRONCOをどうしても聞きたくなり、今回購入させていただきJessのスタイルが完成していくルーツを体験できたわけです。
もし、BRONCO未体験の方で、Jessのソロアルバム以降を好きな方は必ずこのアルバムの中に彼のソロ、BANDにつながる曲・声を体験できることをお約束します。

ナイスレビューですね!