プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

PEPERINA

SERU GIRAN

9801012(UNIVERSAL

デジパック仕様、デジタル・リマスター。

評価:50 2件のレビュー

アルゼンチンらしい「詩情」と言えばこの作品は屈指の一枚でしょう。しとしとと柔らかな雨のようなメロディから陽光のようなメロディまで、どこを切ってもメランコリック。

天才チャーリー・ガルシア率いるアルゼンチンを代表するグループ、南米らしい「詩情」がこぼれ落ちる佳曲揃いの名作4th

チャーリー・ガルシア、デヴィッド・レボン、ペドロ・アズナール等によるアルゼンチンを代表するグループ。81年作の4thアルバム。クロスオーヴァー色は薄まり、SUI GENERISから通してチャーリー・ガルシアの最大の持ち味である、これぞ南米!と言える「詩情」がこぼれ落ちる佳曲がずらりと揃っています。繊細に紡がれるピアノを中心とするアンサンブルもまた絶品。ガルシアのキーボードが豊かに広がるドラマティックな楽曲、柔らかな陽光が差し込むリリカルな楽曲ともにたいへん魅力的。メランコリックな名作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SERU GIRAN / BICICLETA の商品詳細へ

SERU GIRAN/BICICLETA

天才Charly Garcia率いるアルゼンチンを代表するグループ、80年リリース3rd、詩情溢れるメロディの洪水!

2,290円(税込2,519円)

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS / PELICULAS の商品詳細へ

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS/PELICULAS

天才チャーリー・ガルシア率いるアルゼンチン・ロックの代表グループ、77年2nd、スティーリー・ダンなどを想起させる洗練されたセンスが光る傑作

2,290円(税込2,519円)

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS / LA MAQUINA DE HACER PAJAROS の商品詳細へ

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS/LA MAQUINA DE HACER PAJAROS

天才チャーリー・ガルシア率いるグループ、76年1st、アルゼンチン・ロック史上屈指の重要作!

2,290円(税込2,519円)

BUBU / ANABELAS の商品詳細へ

BUBU/ANABELAS

南米ヘヴィ・プログレの最高峰!78年リリース

3,143円(税込3,457円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • BICICLETA

    SERU GIRAN

    1709610(UNIVERSAL

    評価:45 2件のレビュー

    デジパック仕様

    天才Charly Garcia率いるアルゼンチンを代表するグループ、80年リリース3rd、詩情溢れるメロディの洪水!

    レーベル管理上、デジパックに若干の圧痕など不良がある場合がございます。ご了承下さい。

    「南米歌モノ大名盤の1st、フュージョン寄りのカッコいい2ndと来ましたが、この3rdでは実に落ち着いた、素朴で素敵なシンフォサウンドを聴かせてくれます。もはや職人技と言って差し支えない見事な出来栄えです。」 by Durangoさん

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 バカ売れしてるはず!ですよね?(3 拍手)

くじらに愛をさん レビューをすべて見る

私には変な癖があります。突然「女性Vo.はもう聴かん!」とか「ライヴは聴く気しない!」とか発症して一気に大量処分してしまう。
20年程前には「非英語圏は要らん!」病となり、多くのCD、LPが犠牲になりました。
その中に南米のPABLO、ESPIRITU、そしてSERU GIRANの1stも入ってました。

今回ジャケ写の印象だけで「ま、聴いてみるか」で購入したんですが・・・3回連続聴きっぱなし!の大当たり。何といっても曲がよろしい。5人編成以降のオフ・コースみたい(馬鹿にしないで。バンド編成後の曲は大ヒットしてて昔からのファンには嫌われてますが、私は好きです)。
つまり英語詞つけりゃ、トレンド・ドラマの挿入曲で流れそうなイイ曲ばかり。下手なAORより泣かせてくれます。
政情不安定な中でよくもまあこんな傑作残したなぁ、と感心しました。

ナイスレビューですね!

評価:5 ラテンロックの完成型(2 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

一聴して、前作と大きく変わらない作風に思えますが(僕は最近までそう思ってました)、実際にはより多くのリスナーにアピールするよう進化してきているのが、ある程度聴き込めばわかってきます。
以前に比べ、胸を締め付けるような切なさよりは南米特有の甘美な響きが増しているし、陽気な中にも一抹の憂いを秘めたようなアンサンブルはラテンロックの懐の深さを示すものです。それでいて演奏では必要な音数と技術だけを用いるという、洗練を極めたプロフェッショナルな内容だと言うこともできます。
ここまでの作品を順に聴いてくると、これまではあくまで南米シンフォという枠内に留まっていたのが、ここに至ってよりポピュラーなフィールドで勝負できるだけの普遍性を得たと言えそうです。
あまりプログレという言葉にこだわっていると、その尺度では測れないこういう作品の素晴らしさを見落としてしまいがちなので個人的にも注意したいところではあります。実際チャーリー・ガルシアが純粋にプログレやってたのってLa Maquina時代だけでしたしね。
ラテンロックとして文句のつけどころが見当たらない名盤中の名盤です。

ナイスレビューですね!