プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

DISCUSに続け!インドネシア・プログレ特集



NHK-FMの『プログレ三昧』でDISCUSが取り上げられ、プログレ・ファンにとって注目すべきエリアとなったインドネシア。

DISCUSにも勝るとも劣らない硬派かつイマジネーションいっぱいで、東南アジアらしいエキゾチズムにも包まれたジャズ・ロック/プログレの名作が他にもありますので、ピックアップいたしましょう。

DISCUS

試聴 Click!

NHK-FM『プログレ三昧』でオンエアされ、超絶技巧がプログレ・ファンの度肝を抜いたインドネシア・プログレ最高峰。「インドネシアのプログレと言うから、半信半疑だったが大層なシロモノである。ここまでとは思わなかった。」by appo128さん

DISCUS

試聴 Click!

04年作2nd。プログレ、ジャズ、メタル、民族音楽に何でもありなんですが、すべてを「必然」に響かせる音楽偏差値の高さ。恐るべし。

SIMAK DIALOG

試聴 Click!

カンタベリーを彷彿させる浮遊感あるエレピや流麗なギター、そこにからむガムラン、クンダンなどのエキゾチックな打楽器。エスノ・ジャズ・ロックの傑作。

DEWA BUDJANA

試聴 Click!

インドネシアを代表するギタリスト。リターン・トゥ・フォーエヴァーから80年代以降のクリムゾンまでを飲み込みつつ、フラワー・キングスのロイネ・ストルトばりのイマジネーションで包み込んじゃうセンス。凄い!

TOHPATI BERTIGA

試聴 Click!

SIMAK DIALOGのギタリストによる超絶テクニカル&ハイ・テンションなグループ!まるで『太陽と戦慄』をマハヴィシュヌがカヴァーしたような、圧巻のテンション!凄い・・・。

LIGRO

試聴 Click!

静かなパートでも「しなやかさ」はなく、終始、「くるぞくるぞ」という緊張感がみなぎってます。インドネシアはテクニカルなグループが多いですが、このバンドのエネルギーは特に凄まじ!

I KNOW YOU WELL MISS CLARA

試聴 Click!

またまたインドネシアより注目のグループが登場!ジョン・マクラフリンやフィル・ミラーに影響を受けたギタリストと、チック・コリアやジョー・ザヴィヌルに影響を受けたKey奏者による卓越したサウンド。これは要注目!

TOHPATI ETHNOMISSION

試聴 Click!

SIMAK DIALOGのギタリスト率いるグループ。民族楽器、パーカッション、フルートなどが織りなすエスニックな演奏からしてゾクゾクしますが、そこにスリリングで鋭角的なギターが切り込んでくる展開がとにかく鳥肌モノ!インドネシアの至宝だなぁ。

Facebookコメント

在庫一覧

  • DEWA BUDJANA / DAWAI IN PARADISE

    インドネシア恐るべし、RETURN TO FOREVERから80年代以降のクリムゾンまでを飲み込みつつ、ロイネ・ストルトばりのイマジネーションで包み込んだ2013年快作!

    90年代以降のインドネシアを代表するロック・バンドGIGIのギタリストであるDewa Budjanaの2013年作ソロ。ジョン・マクラフリンをフェイヴァリットに挙げているとおり、フュージョン・タッチの流麗かつゴリゴリとアグレッシヴさもある演奏が印象的。オープニング・ナンバーからキレキレで、シンセが豊かに広がる浮遊感ある「静」のパートとベースが強烈にうねるヘヴィな「動」のパートとを行き交う中を、ギターが多彩な音色を駆使しながら終始テクニカルかつ流れるようなフレーズで畳み掛けます。RETURN TO FOREVERから80〜90年代以降のKING CRIMSONまでを飲み込みつつ、ジャケのイメージ通りのイマジネーションでまとめあげたサウンドはかなりスケールが大きいです。2曲目のアコースティックなナンバーも凄くて、東南アジアらしいエキゾチズムを振りまきつつ、爽やかなポップ・フレイヴァーも感じさせたかと思うと、突如、ギターを中心にリズム隊も一体となってフリーキーに暴れだして、と思ったら、フリーキーさはそのままにイマジネーションも溶け合ってきたり、いや〜、すごいセンス。音のマジシャンぶりは、ちょっぴりフラワー・キングス率いるロイネ・ストルトも頭に浮かびました。インドネシア恐るべし。プログレ・ファンは是非一聴を!

  • DISCUS / ...TOT LICHT !

    インドネシア出身、驚異的なテクニックと見事なアレンジ・センス、名バンド!04年作

    インドネシア出身のプログレ・グループ。ヴァイオリン奏者、フルート&サックス奏者、透明感ある女性Voを含む8人組。名作1stに比べ、アヴァン・ロック度、メタル度が増した印象。ただ、美しいストリングス・シンセをフィーチャーしたシンフォニックなパートや、アコギとフルートが美しい静謐なパートなども健在。アレンジの振幅が爆発的に増し、アンサンブルの強度も格段にアップ。何でもありの音楽なんですが、バタバタした感じは一切無く、構成が見事で、すべてを「必然」に響かせています。うーむ、凄すぎるぞインドネシア!

  • DISCUS / 1st

    インドネシア出身、驚異的なテクニックと見事なアレンジ・センス、辺境シーン屈指の名バンド!

    インドネシア出身のプログレ・グループ。ヴァイオリン奏者、フルート&サックス奏者、透明感ある女性Voを含む8人組。99年作の1st。ロック、ジャズ、クラシック、フォーク、現代音楽、民族音楽、ヘヴィー・メタルなどの多様な音楽を吸収し、見事な構築力でもって、1音1音が瑞々しく躍動する真のプログレッシヴ・ミュージックへと昇華させています。破壊的なパートから静謐なパートまで、そのアレンジ・センスはただものではありません。テクニカルなフレーズを流れるように聴かせるギターを筆頭に、全メンバーとも驚くほどのハイ・テクニックとハイ・センス。恐るべしインドネシア。凄いグループです。

  • I KNOW YOU WELL MISS CLARA / CHAPTER ONE

    次々と好グループを輩出するインドネシア・シーンよりまた注目のグループが登場、アグレッシヴかつ洗練された2013年デビュー作

    またまたインドネシアより注目のジャズ/フュージョン・ロック・グループがデビュー!ジョン・マクラフリンやフィル・ミラーに影響を受けたギタリストReza Ryanとチック・コリアやジョー・ザヴィヌルに影響を受けたKey奏者Adi Wijiyaを中心に、ギター、ベース、ドラムによる5人編成で、2013年の本作がデビュー作。静謐なタッチのピアノが不穏なメロディを奏でるオープニング、そこから手数多く引き締まったリズム隊が入り、エレピが流麗なフレーズを奏でると、洗練されたフリー・ジャズ〜フュージョンの世界へ。そのままでは終わらず、ディストーションのかかったヘヴィなギターがフレットの上を滑るように早弾きを聴かせると、リズム隊を熱を帯び、一気にアグレッシヴなジャズ・ロックへと突入。ギターのトーンがどれだけヘヴィになっても、硬派にならず、浮遊感が通底していて、つねに「洗練」されているのがこのバンドの持ち味です。バンドの熱量を自在に操りながら、流れるように洗練されたジャズ/フュージョン・ロックを聴かせるセンス溢れる好グループ。これはDISCUSやSIMAK DIALOGなどインドネシアのグループに痺れたリスナーは気に入ること間違いなし。マックス・レコメンド!

  • LIGRO / DICTIONARY 2

    インドネシアのテクニカル・インスト・トリオ、12年作2nd

    インドネシア出身のテクニカル・インスト・トリオ。2012年作2nd。手数多く肉感的に畳みかけるリズム隊をバックに、ギターが硬質なトーンでゴリゴリと弾き倒すジャズ/フュージョン・ロックは、圧巻のテンション。静かなパートでも「しなやかさ」はなく、終始、「くるぞくるぞ」という緊張感がみなぎっています。そして、いったんスピーディーなアンサンブルが始まると、ドラム、ベース、ギターがこれでもかとエネルギッシュなバトルを展開。ライヴ感いっぱいのアグレッシヴな快作です。

  • SIMAK DIALOG / DEMI MASA

    09年作、インドネシアのスリリングなジャズ・ロック傑作

    数は少ないながらもコアなプログレファンを唸らせる高水準なシンフォニック/ジャズ・ロックバンドが存在しているインドネシアのグループ、09年4thアルバム。その音楽性はエレピを中心としたキーボードとギターが指揮を取る垢抜けたサウンドを基本に、ガムラン、クンダンなどのエキゾチックな打楽器を配した、インドネシアのお国柄を反映した爽やかなエスノ・ジャズ・ロックとなっています。カンタベリーにも似た、どことなく甘みのある音像はやはりインドネシア独特のものですが、前作「trance/mission」でみせたスリリングなパフォーマンスにより一層磨きをかけた硬派なジャズ・ロックサウンドは、単なるAOR系ムードミュージックとは一線を画す、ひとクセもふたクセもある個性的なものです。辺境ファンは要チェックな作品と言えるでしょう。

  • TOHPATI BERTIGA / RIOT

    SIMAK DIALOGのギタリストによる新プロジェクト12年作、圧倒的なテンションで聴き手に襲いかかるアグレッシヴな快作!

    インドネシア出身、SIMAK DIALOGのギタリストによる新プロジェクト。カンタベリー的な流麗さもあるSIMAK DIALOGに対して、ここで聴かれるのは、ゴリゴリと早弾きで弾き倒すアグレッシヴなテクニカル・ロック。荒れ狂う肉感的なリズム隊による変拍子の嵐の中、暴風を一蹴するように、ロバート・フリップばりのメタリックなトーンで高速リフを弾き倒し、そのまま、ソロでも強烈にエネルギッシュなフレーズを炸裂させます。早弾き一発録りのライヴ録音のようですが、恐るべきテクニック。『太陽と戦慄』をマハヴィシュヌがカヴァーしたようなサウンドは圧巻のテンション!

  • TOHPATI ETHNOMISSION / MATA HATI

    インドネシアのジャズ・ロック・グループSIMAK DIALOGのギタリストによるグループ、17年作、民族音楽+ジャズロックという形態を最も理想的に音像化したサウンドと言っても過言ではない傑作!

    現インドネシアを代表するジャズ・ロック・グループSIMAK DIALOGのギタリストが率いるグループの17年作。インドネシアの民族楽器、パーカッション、フルートなどが織りなすエスニックなエッセンスをふんだんに取り入れた演奏からしてすでに最高にゾクゾクしますが、そこにTohpati Bertigaのスリリングで鋭角的なギタープレイが切れ込んでくる展開がとにかく鳥肌モノのカッコよさ。パーカッションの重い打音とややメタル調のヘヴィなギターになだれ込むパートでは「太陽と戦慄」クリムゾンを彷彿させる緊張感が支配します。と思うと一転して爽やかなフュージョン・タッチのナンバーも登場し、ここでは音数多くも流麗なフュージョン然としたプレイを聴かせていて、この変幻自在のスタイルもまた聴きどころです。民族エッセンス匂い立つサウンドと、メインストリームの洗練されたフュージョン・サウンドを違和感なく行き来するこのセンス。これは民族音楽+ジャズ・ロックという形態を最も理想的な形で音像化したサウンドと言えるかもしれません。これはとにかくカッコいいです。傑作。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!