プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

FLIGHT NEVER ENDING

MINGO LEWIS

FPR29007(FOOT PRINT) 【2007年発売CD】

デジタル・リマスター。

評価:47 3件のレビュー

イエスの中では『リレイヤー』が好き?ならこのテクニカルでハイテンションなジャズ・ロックはきっと気に入ってもらえると思いますよ。アル・ディ・メオラやサンタナ作品で活躍したパーカッション奏者による76年作!

突き抜ける疾走感、超ハイテンション・ジャズ・ロック!76年作

AL DI MEOLAやSANTANAの作品にも参加した名パーカッション奏者。76年のソロ作。終始スピーディー&ハイ・テンションな超絶ジャズ・ロック。全曲、MINGO LEWIS自身の作曲ですが、パーカッション奏者の楽曲とは思えないほどテーマのメロディが際立っており、たいへん明快でキャッチー。しっかりと構築された楽曲、硬質なタッチのテンション溢れるスリリングなギター、ゴリゴリと高速にランニングするベースなど、「RELAYER」あたりのYESも想わせます。突き抜ける疾走感。テクニカルなジャズ/フュージョン・ロックのファンは必聴の名作。

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

アメリカン・プログレ名作選

まとめて試聴する

  • KANSAS 『LEFTOVERTURE』

    彼らの出世作と言える76年リリース4th、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

  • PAVLOV'S DOG 『PAMPERED MENIAL』

    ゲディ・リーを彷彿させるハイトーンVoと吹きすさぶメロトロンが印象的な米プログレ・バンド、75年デビュー作

  • ETHOS 『ARDOUR』

    アメリカン・シンフォの名盤、76年デビュー作

  • HAPPY THE MAN 『CRAFTY HANDS』

    のちにキャメルに参加するkey奏者キット・ワトキンス在籍の米テクニカル・シンフォ・グループ、78年作2nd

  • FIREBALLETT 『NIGHT ON BALD MOUNTAIN』

    元クリムゾンのイアン・マクドナルドによるプロデュース、メロディアスな米プログレ、75年作

  • MAELSTROM 『MAELSTROM』

    アメリカ、GENTLE GIANT影響下のシンフォ・プログレ、73年作+80年のライヴ音源2曲を収録、97年リリース

マハヴィシュヌ・オーケストラから辿る、流麗&エネルギッシュなフュージョン・ロック選

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 信じられないほど素晴らしい(12 拍手)

brandxspaceさん レビューをすべて見る

元サンタナ、リターントゥーフォーエバー、アルディメオラ、チューブス、のパーカッョ二スト、コンポーザー、ミンゴルイスのバンド、ミンゴの唯一のアルバム。できは信じられぬほど素晴らしい。似ているのはやはりギターが入ってすぐのころのリターントゥーフォーエバー。それをよりラテン的に荒々しくした感じそして宇宙的。アルディメオラのアルバムに入っていた曲もやっているが当然こちらのほうが出来がよい。彼のコンポーザーとしての能力は素晴らしい。このバンド にはオートマティックマンのパットスロールやブランドXのチャックバージも在籍したことがあるがそれらのバンドとの類似性も感じられる。自分はLPが発売された 直後に入手してずっと愛聴してきたけれど日本でLP、CDが発売されたことはなく、海外でもずっと絶版のままだった。歴史的名盤といってもいいほどの作品でありながらこの無名さは信じられない。

ナイスレビューですね!

評価:5 これ、傑作だと思います。(冷静に言い切ります、笑)(7 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

プログレのある風景 その1
私の奥さんは機嫌がイイと「フン、フン、フフン〜」と GENESIS の名曲「 It 」を口ずさみながら洗濯モノを干します(嬉)。
これは長年の私の調教の賜物と思っております。

このようにイイ曲は老若男女、時代、プログレ云々問わず愛され続けるわけです(笑)。

私にとってジャズ・ロックで鼻歌交じりで楽しめるといえば、 BRAND X の「Nuclar Burn」、NATIONAL HEALTH の「 Bryden 2 Step」です。
本作品はパーカッション奏者のソロ作とはとても思えない曲の良さ+各パートの「これでもか!」の暴れぶり。
聴き終えたあと、つい口ずさんじゃう程の爽快感。
前述の名曲からクールさを抜いて、熱いバンド・アンサンブルで一気に聴かせるパワー有り!
ラテン、ファンク風味もすこ〜しだけあるけど、それがまた薬味になってます。
一曲だけのヴォーカル曲も Good !
最近スペイン系のジャズ・ロックにハマってる私にとっては、最高の贈り物となりました。

ナイスレビューですね!

評価:4 ド!ド!ド!ド!ド!(4 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

どっと津波が押し寄せてくるような豪快に突き抜けるダイナミックなテクニカル・ジャズ・ロック!インストゥルメンタルで貫くかもっと巧い歌手を起用してほしかった点もありますが。ラテン系の血を感じさせるSANTANA風の哀愁味もあり。

ナイスレビューですね!