プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

マハヴィシュヌ・オーケストラから辿る、流麗&エネルギッシュなフュージョン・ロック選

マイルス・バンドで活躍した天才ギタリスト、ジョン・マクラフリン。彼が当時のジャズ界きってのテクニシャンと共に結成したグループ、マハヴィシュヌ・オーケストラは、その強靭かつドラマチックなフュージョン・サウンドで当時のロック〜プログレ〜ジャズ・ロック、そしてジャズの領域にまで大きな影響を及ぼしました。

鬼気迫るインプロヴィゼーション、スリリングでスピード感溢れるアンサンブル。そんなジャズの高度なテクニックと、ロック的ダイナミズムが結びついた流麗&エネルギッシュな「フュージョン・ロック」。マハヴィシュヌ・オーケストラから世界中に伝搬した、ジャズ・ロックの新しい潮流を巡ってみることにしましょう。

MAHAVISHNU ORCHESTRA

試聴 Click!

クリムゾン『太陽と戦慄』やEL&P『恐怖の頭脳改革』がリリースされるなどプログレ黄金期の73年に、「ジャズマンをなめんなよ」とばかりにジャズシーンからロックシーンに叩きつけられた挑戦状と言える傑作!

RETURN TO FOREVER

試聴 Click!

マハヴィシュヌと並び「フュージョン・ロック」を語るうえで欠かせないのが、ジョン・マクラフリンと同じくマイルス・バンドに参加した鍵盤奏者チック・コリア率いるRETURN TO FOREVER。彼の奏でるたおやかなエレピ・サウンドは、カンタベリー界隈など英国のジャズ・ロックにも大きな影響を与えました。

JEFF BECK

試聴 Click!

マハヴィシュヌ・オーケストラとツアーを行い、彼らの音楽から曲作りのインスピレーションを得たというジェフ・ベック。今作はマハヴィシュヌの『黙示録』をプロデュースした、ジョージ・マーティンを迎えた英ロック勢からの回答。

SOFT MACHINE

試聴 Click!

前作までのフュージョン色をより強めた作品。この圧巻のテクニカル・フュージョン・ロックのサウンドに大きく貢献したのが、アラン・ホールワーズのギター。それもそのはず、ジョン・マクラフリンと彼とはライフタイム時代のバンド仲間!

BRAND X

試聴 Click!

卓越した演奏で往年の英ジャズ・ロック・ファンをも唸らせた、英フュージョン・ロック・バンド。リターン・トゥ・フォーエバーが持っていたラテン音楽の要素の変わりにワールド・ミュージックの要素とピンク・フロイドのプログレ感を融合。

ISOTOPE

試聴 Click!

ブライアン・オーガー、キース・ティッペットの作品に名を連ねる英ジャズ・ロック界の名ギタリスト、ゲイリー・ボイル。彼もまたジョン・マクラフリンのギター演奏の影響下にありました。マハヴィシュヌやブランドXと並ぶ名バンド。

MINGO LEWIS

試聴 Click!

英国の次はマハヴィシュヌを生んだ米国から。リターン・トゥ・フォーエバーのギタリスト、アル・ディ・メオラやサンタナの作品にも参加した名パーカッション奏者、76年のソロ作品。しっかりと構築された楽曲、硬質なタッチのテンション溢れるギターに、突き抜ける疾走感が光る必聴盤!

DAVID SANCIOUS (& TONE)

試聴 Click!

プログレ〜フュージョン界を縦断するアメリカの名キーボード奏者。スリリングなムーグ・シンセ、外連味たっぷりなハモンド・オルガン、格調高くもテンションいっぱいのピアノなど、キーボードがこれでもかと躍動する米フュージョン/プログレの傑作!

GOOD GOD

試聴 Click!

これ本当に米国産?まるでユーロ・ジャズ・ロック!炸裂するジョン・マクラフリンばりの硬質なギターを中心にエキセントリックに疾走するジャズ/フュージョン・ロック!このテンション凄まじい・・・。

SOLSTICE

試聴 Click!

シャープかつ軽快に駆け抜けるリズム隊を土台に、ギター、エレピ、管楽器が流麗かつテクニカルなフレーズを交差!流麗かつキレ味鋭いケベック産ジャズ・ロック名作。

IL VOLO

試聴 Click!

イタリアを代表するプログレ・バンド、フォルムラトレのアルベルト・ラディウス、ガブリエル・ロレンツィによるテクニカルなグループ。エキゾチックな伊シンフォ・サウンドとフュージョン・サウンドをスリリングなアンサンブルへと昇華。

COMPANYIA ELECTRICA DHARMA

試聴 Click!

「3兄弟と言えばジェントル・ジャイアント?おいおい、スペインの俺らのことも忘れないでくれ。」ブランドXと比べても一歩も引かないテクニカルかつ流麗なジャズ・ロック傑作。

ENERGY

試聴 Click!

スウェーデンにマハヴィシュヌやブランドXに対抗できる超絶ジャズ・ロック/フュージョン・グループが居たとは!ジャケはB級ハード臭ぷんぷんだけど、スリリングでエッジの立ったギターが躍動するアンサンブルは実に痛快!

IBIS

試聴 Click!

こちらもスウェーデンのグループ。北欧らしい透明感あるクールなジャズ・ロックを聴かせていたかと思ったら、突如マハヴィシュヌばりのスリリングなバカテク・アンサンブルが炸裂して仰天!特にマクラフリンに通じる知的な凶暴さを持ったこのギターのカッコよさと来たら!

FERMATA

試聴 Click!

スロバキアを代表するグループで、キーボードとギターによる圧倒的にアグレッシヴかつスリリングなバトルが持ち味の彼ら。ブランドXやリターン・トゥ・フォーエヴァーもびっくりな超絶技巧、クラシカルな高速ユニゾンが最高にスリリング!

TOHPATI BERTIGA

試聴 Click!

現代ジャズ・ロックを語るうえで今や避けて通ることのことのできなくなったインドネシア・シーン。こちらの新鋭グループは、まるで『太陽と戦慄』をマハヴィシュヌがカヴァーしたような圧巻のテンション!

DEWA BUDJANA

試聴 Click!

インドネシアのロック・バンドGIGIを率いるギタリスト。ジョン・マクラフリンからの影響感じる滑らかで奥行きのあるギター・プレイ、トニー・レヴィンをはじめとする豪華なゲストの巧みなアンサンブル。もはや辺境ジャズ/フュージョンとはとても言えない圧倒的な完成度!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BRAND X / UNORTHODOX BEHAVIOUR

    英国シーン最高の技巧派メンバーが集結したスーパー・ジャズ・ロック・グループ、76年1st

    イギリスを代表する存在であり、GENESISのドラマーPhil Collinsが参加していたことでも有名なジャズ・ロック、クロスオーヴァー・フュージョングループの76年デビュー作。その内容は技巧的な演奏の連続が素晴らしいスリリングなテクニカル・ジャズ・ロック作品であり、Phil CollinsのせわしないドラムとPercy Jonesの技巧的なフレットレス・ベースによるリズム・セクションの躍動感をベースにし、各メンバーのいぶし銀のプレイが光る名盤です。アメリカナイズされたクロスオーヴァー・フュージョンのフォーマットは用いつつも、やはり英国的な音の深みと陰影を感じさせるサウンドは彼らならではの個性と言えるでしょう。

  • COMPANYIA ELECTRICA DHARMA / DIUMENGE

    スペインはバルセロナ出身、75年作1st、英ブランドXと比べても一歩も引かないテクニカルかつ流麗なジャズ・ロック傑作

    スペインはバルセロナ出身、ギター、サックス、ドラムのFortuny3兄弟を中心とするグループで、70年代半ばにバルセロナのライヴハウスZELESTEを中心に起こったジャズ/アヴァン・ロック・ムーヴメントの代表格。75年にEdigsaよりリリースされた1st。後には民族音楽的なサウンドを確立しますが、デビュー作録音時は、マイルス・デイヴィスやウェザー・リポートなどエレクトリック・ジャズ/フュージョンにメンバーが傾倒していたようで、テクニカルかつ流麗なジャズ/フュージョン・ロックが特徴。手数多くシャープなドラム、よく動くベースによるキレ味鋭いリズム隊をバックに、左CHではギターがジョン・マクラフリンばりのゴリゴリとアグレッシヴなギターを炸裂し、右CHではエレピがテクニカルかつ浮遊感あるフレーズで音空間を広げます。そして、中央で柔らかにむせぶソプラノ・サックス。それにしても圧倒的なテクニックで、英ブランドXやアイソトープと比べても一歩も引かない超絶インプロを聴かせています。合間にはフラメンコ・ギターによるフォーキーなナンバーや、エキゾチックなパーカッションをバックにサックスがたゆたうナンバーあり、地中海&カタルーニャ地方ならではの香りも添えます。ジャズ/フュージョン・ロックとしてユーロ屈指と言って過言ではない名作。

  • DAVID SANCIOUS (& TONE) / TRANSFORMATION (THE SPEED OF LOVE)

    プログレ〜フュージョン界を縦断するアメリカの名キーボード奏者、76年作2nd

    ピーター・ガブリエルやジョン・アンダーソンやスタンリー・クラークやビリー・コブハムらのサポートでも知られるアメリカ出身の名キーボーディスト兼ギタリスト。ブルース・スプリングスティーンとのバンド、Eストリート・バンドとして活動した後、そのバンドのドラマーらと組んだソロ・プロジェクト。76年作2nd。スリリングに駆け抜けるムーグ・シンセ、伸びやかに外連味たっぷりに奏でられるハモンド・オルガン、格調高くもテンションいっぱいのピアノなど、キーボードがこれでもかと躍動するサウンドが印象的。手数多くシャープなリズム隊も特筆。前作に引き続き、フュージョン/アメリカン・プログレの傑作です!

  • ENERGY / ENERGY

    スウェーデン産、マハヴィシュヌばりの超絶技巧&洗練されたジャズ・ロック/フュージョン、74年作

    マハヴィシュヌ・オーケストラからの影響色濃いスウェーデンのジャズ・ロック/フュージョン・グループ、74年作。手数多くシャープに疾走するドラム(元NOVEMBERのBjorn Inge!)、エッジの立ったトーンでスリリングなフレーズを応酬するギター&ベース、そこに鋭角に切れ込むエレピとオルガン。ジャケはマイナーなハード・ロックみたいですが、サウンドは、エネルギッシュかつ洗練された超絶フュージョン。ちょっとジョン・アンダーソンを彷彿させるハイ・トーンのヴォーカルが透明感あるメロディを歌うヴォーカル・パートも魅力的です。テクニック、アンサンブルの安定感ともに抜群。スペインのICEBERGあたりのファンも要チェック(それもそのはず、Key奏者のAlvaro Isは、ICEBERGのギタリストMax Sunyerの78年作ソロ『BABEL』に参加!)。オススメです。

  • GOOD GOD / GOOD GOD

    米東海岸出身のジャズ/フュージョン・ロック・グループ、エネルギッシュに疾走する72年唯一作

    米東海岸はペンシルヴァニア州フィラデルフィア出身のジャズ/フュージョン・ロック・グループ、ATLANTICよりリリースされた72年唯一作。音を聴いてびっくり、これ本当に米国産?まるでユーロ・ジャズ・ロック!オープニングから、エッジの立ったジョン・マクラフリンばりの硬質なギターが炸裂し、ベースはイエスのクリス・スクワイアばりにゴリゴリだし、ドラムは鋭角かつ安定感抜群だし、そこに管楽器とエレピが入ると途端にユーロ・ロック的な陰影を帯びて、でも、ギターとリズム隊は相変わらずゴリゴリで、そこが「ジャズ・ロック>フリー・ジャズ」で、いや〜、すごいテンション!サックス、エレピ、ギターが鋭角なソロを応酬して、どこまでも突っ走ります。ギターが炸裂するエネルギッシュなジャズ・ロックが好きなファンは間違いなく悶絶必至の名作!

  • IBIS / IBIS

    スウェーデンのジャズ・ロック・グループ、74年1st、北欧らしいクールなプレイとマハヴィシュヌばりの熱量みなぎるプレイを自在に行き来する、ユーロ・ジャズ・ロックの名品

    キーボード/ギター/ベース/ドラムという4人編成のスウェーデン出身ジャズ・ロック・グループによる74年デビュー作。シャープでキレの良いクールな表情とファンキーなノリを合わせ持ったジャズ・ロックを基本としますが、突如牙をむくように荒々しいギターとキーボードが熱量高く畳み掛ける、マハヴィシュヌ・オーケストラばりの緊張感みなぎる超絶技巧アンサンブルが炸裂したりと、油断ならないスリリングなサウンドが持ち味。特にギターはマクラフリンに通じる知的な凶暴さを持っており、ハード・ロックすれすれの切れ味鋭くヘヴィにのたうつプレイが圧巻です。時おり挿入されるオリエンタルな旋律もセンス抜群。これぞユーロ・ジャズ・ロックの隠れた名品。

  • IL VOLO / ESSERE O NON ESSERE ?

    元FORMULA TREのメンバーが腕利きセッションマンらと結成したイタリアの名グループ、75年2nd

    イタリアを代表するプログレッシブ・ロックバンドFORMULA TREのAlberto RadiusとGabriele Lorenziを中心に、現在もシーンで活躍するスタジオ・ミュージシャンを加え結成されたグループの75年2nd。デビュー作がボーカルのメロディーを大切にしながらテクニカルなアンサンブルで聴かせる作風であったのに対して、本作ではインスト・セクションの充実が図られており、フォーク、ジャズ・ロック、フュージョン、シンフォニック、ロックが混在した彼ら独自のスリリングなアンサンブルを提示。もちろん叙情性に富んだボーカルも健在の傑作となっています。

    • BVCM37499

      廃盤、紙ジャケット仕様、K2 24bitデジタル・リマスター、定価2100

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      紙ジャケにビニール跡あり

    • ND74119NUMERO UNO

      ブルージャケ

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

  • JEFF BECK / BLOW BY BLOW

    75年発表、ギター・インストゥルメンタルの金字塔!

    75年作、BECK BOGERT & APPICE解散後に発表された全編インストゥルメンタルで構成された初のソロ・アルバム。変則リズムにカッティング・ギターがファンキーに絡む「You Know What I Mean」、トーキング・モジュレーターを通したギターが引っ張るレゲエ調BEATLESナンバー「She's A Woman」、George Martinによる優美なオーケストレーションと絡み合う奔放な早弾きギターがかっこいい「Scatterbrain」等々、ヴォーカル不在を感じさせない華々しく表情豊かなJEFF BECKのギターは、Jimmy Pageに「ギタリストの教科書」と言わしめたほど。軽快なリズムを弾き出すMax Middletonによるフェンダー・ローズ・ピアノや、Richard Bailyによる切れ味鋭いドラミングも強力、スリリングなアンサンブルが楽しめます。最も著名なギター・アルバムにして、全ロック・ファン必携の名盤。

    • ESGA506

      SACD(SACDプレーヤーのみ再生可)、デジパック仕様、定価3500+税

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯無

      帯無

      2790円

      2232円
      (税込2455円)

      614円お得!

      CD詳細ページへ

  • MAHAVISHNU ORCHESTRA / BIRDS OF FIRE

    73年発表の2nd、『火の鳥』の邦題でも親しまれる、テンションみなぎる傑作!

    マイルス・バンドで活躍した天才ギタリスト、ジョン・マクラフリンとドラマーのビリー・コブハムに加え、ヤン・ハマー(key)、リック・リアード(b)、ジェリー・グッドマン(vln)と、当時のジャズ界きってのテクニシャンによって結成されたフュージョン・シーンを代表するグループ。代表作と名高い73年の傑作2nd。ぶっといトーンでゴリゴリとフルピッキングで弾き倒すマクラフリンのギターと、鬼気迫るグッドマンのヴァイオリンとのユニゾンが放つ緊張感と迫力は唯一無比。ドラムも凄まじくって、ジャズドラマーらしい圧倒的な手数とシャープネス、さらにツェッペリンのジョン・ボーナムばりの重量感もあって、ただただ「超人的」。そこに流麗に切れ込むヤン・ハマーのエレピ、アグレッシヴに動くベースも超絶的だし、とにかく「テクニカルな緊張感」という点では、最高到達点と言えるアンサンブルを聴かせます。ジャンルを超えて音楽シーンに衝撃を与えた70年代屈指の大傑作!

  • SOFT MACHINE / BUNDLES

    75年リリース、Allan Holdsworth参加、圧巻のテクニカル・フュージョン/ジャズ・ロック傑作!

    オリジナル・メンバーのKevin Ayers以来のギタリスト、Allan Holdsworthが加入し、『6』『7』と推し進めてきたフュージョン色をより強めた作品。75年作の8thアルバム。Karl JenkinsとMike Ratledgeによる叙情性と浮遊感のあるキーボード・ワーク、そしてその上をテクニカルに疾駆するHolldsworthの流麗なギター。John MarshallのドラムとRoy Babbingtonのベースによるロック的ダイナミズムに溢れたソリッドなリズム隊も特筆もの。圧巻のテクニカル・ジャズ・フュージョン・ロック!Holldsworthの唯一の参加作となった傑作。

  • SOLSTICE / MIRAGE and ESPRESSO

    ケベック産、流麗かつキレ味鋭い絶品ジャズ・ロック、オススメです!

    カナダはケベックのジャズ・ロック・グループ。78年作1stと81年作2ndとをカップリングした2in1CD。シャープでテクニカルなドラムと手数多くハイ・ポジションで動きまくるベースとによるキレ味鋭いリズム隊を土台に、ギター、エレピ、管楽器が流麗かつテクニカルなフレーズを交差させる。ファンタスティックな柔らかさと圧倒的なテクニックとによるサウンドは、かなりの完成度。これは素晴らしいグループです。ジャズ・ロックのファンは間違いなく気に入る名グループ。オススメです!

  • TOHPATI BERTIGA / RIOT

    SIMAK DIALOGのギタリストによる新プロジェクト12年作、圧倒的なテンションで聴き手に襲いかかるアグレッシヴな快作!

    インドネシア出身、SIMAK DIALOGのギタリストによる新プロジェクト。カンタベリー的な流麗さもあるSIMAK DIALOGに対して、ここで聴かれるのは、ゴリゴリと早弾きで弾き倒すアグレッシヴなテクニカル・ロック。荒れ狂う肉感的なリズム隊による変拍子の嵐の中、暴風を一蹴するように、ロバート・フリップばりのメタリックなトーンで高速リフを弾き倒し、そのまま、ソロでも強烈にエネルギッシュなフレーズを炸裂させます。早弾き一発録りのライヴ録音のようですが、恐るべきテクニック。『太陽と戦慄』をマハヴィシュヌがカヴァーしたようなサウンドは圧巻のテンション!