プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

アナザー・グリーン・ワールド

ブライアン・イーノ

VJD28061

88年規格、デジタル・リマスター、定価2940。

評価:50 1件のレビュー

元ROXY MUSIC、アンビエント・ミュージックの創始者として名高いミュージシャン、アンビエントな感性の萌芽を感じさせる75年の大名作3rd

ROXY MUSICへの参加からそのキャリアをスタートさせ、その音楽性からファッションに至るまでシーンに衝撃を与え、ROXY MUSIC脱退後は画期的なソロ・アルバムを発表。その後アンビエント・ミュージックへと急速に接近し、ドイツのエレクトロ・グループCLUSTERとの実験的なジョイント作をリリースするなど、環境音楽の元祖として高い評価を受けている音楽家の75年作。ROXY MUSIC脱退後のソロ3作目である本作は、Phil Collins、Percy JonesらBRAND XのメンバーやKING CRIMSONのRobert Frippも参加した傑作であり、前作までのボーカル曲路線を残しながらも、アンビエント・ミュージックへの傾倒を予見させる楽曲が交互に収録されています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BRIAN ENO / TAKING TIGER MOUNTAIN (BY STRATEGY) の商品詳細へ

BRIAN ENO/TAKING TIGER MOUNTAIN (BY STRATEGY)

74年リリースの2ndソロ、前作のひねくれポップ路線を踏襲しつつも、次作以降へと通じる静謐な表現も垣間見せる名品

790円(税込869円)

JUMBO / VIETATO AI MINORI DI 18 ANNI ? の商品詳細へ

JUMBO/VIETATO AI MINORI DI 18 ANNI ?

イタリアらしいダイナミックなサウンドが楽しめる73年作3rd

690円(税込759円)

BRIAN ENO / AMBIENT 4: ON LAND の商品詳細へ

BRIAN ENO/AMBIENT 4: ON LAND

アンビエント・シリーズ第4弾、82年作

552円(税込607円)

KING CRIMSON / IN THE WAKE OF POSEIDON の商品詳細へ

KING CRIMSON/IN THE WAKE OF POSEIDON

衝撃のデビュー作「クリムゾン・キングの宮殿」の構成を踏襲した70年2nd、前作に匹敵する重厚さドラマ性に加えジャズ系ミュージシャンを起用し新機軸も打ち出した一枚

890円(税込979円)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • SMALL CRAFT ON A MILK SEA

    BRIAN ENO

    02086912121(WARP

    限定2CD+2LPの4枚組ボックス

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    CD1枚は盤に傷あり

    全編インストゥルメンタル、10年作。

  • テイキング・タイガー・マウンテン

    ブライアン・イーノ

    VJD28060

    88年規格、デジタル・リマスター、定価2627

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、小さいカビあり

    74年リリースの2ndソロ、前作のひねくれポップ路線を踏襲しつつも、次作以降へと通じる静謐な表現も垣間見せる名品

    フィル・マンザネラ、ロバート・ワイアット、フィル・コリンズ等をゲストに迎え制作された74年作2nd。サウンドは1stの延長線上のファニー・ポップ・サウンド。801「LIVE」に収録のパン

  • アンビエント4:オン・ランド

    ブライアン・イーノ

    TOCP54282

    04年DSDリマスタリング、定価1500

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    アンビエント・シリーズ第4弾、82年作

    690円

    552円
    (税込607円)

    152円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ウインドウズ起動と共にイーノと出会えた(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

たくさんの人に受け入れられる音楽をつくるのではなく、大勢が集まっているところに音楽を流せばよいと考えた人。ミュージック・フォー・エアポートやアンビエントの本当のコンセプトはわが国で伝わっているのでしょうか。ウインドウズの起動音を作曲したことで、実際に破格の数のユーザーに自分の音を聞かせることに成功したわけです。セールスで考えたら、マイケル・ジャクソンさえイーノのライバルではありません。

ロキシー・ミュージックのキャリアや、ジョン・ケイル人脈の流れで、彼はスター・システムの中で生き残ることができたはずです。でも、その道を選ばなかった。若くして引退老人のようにして、チャートにシングルを送り込む生活と早々別れを告げてしまいました。特にこの「アナザー・グリーン・ワールド」に漂うのがリタイアメントの匂いです。ところがそうじゃなかったんですね。彼は熱心に音の拾い方、残し方を実験していたのでした。最小限で、大勢の人の邪魔にならない音楽は何か、と。

突飛に聞こえるかも知れません。わたしは、この作に大きな影響を与えたのが、スライの「暴動」でないのかと考えています。音の感触がそっくりです。さすがにスライほどアグレッシブではありませんが。一見BGMにもなりそうなところで悪意を隠しているのも、またイーノの芸です。芸と申しましたけれど、彼はずっと「事業」なり「社会実験」がしたかったんだと思います。(今でも続けているのか…。)カリスマになることには、はなから関心がなかったのでしょう。音楽以外のことばかり書いてしまいました。「アイル・カム・ラニング」や「エブリシング・マージズ・ウィズ・ザ・ナイト」なんて最高の音世界です。

ナイスレビューですね!