プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ中古棚探検隊】アンビエントでもないアートでもない「ROCK」なブライアン・イーノの作品で目を覚ませ!

こんにちは、スタッフのユモトです。

もうすぐ年越しですが、元日の2017年1月1日にはブライアン・イーノの待望の最新作「Reflection」が世界同時発売されます。

情報によると、内容はアンビエントなものらしいので、来年の正月はこれを聴きながらの寝正月に決定!ですね。

でも、もうイーノのアンビエントものはいいや、どれ聴いても寝ちゃうし。もっとパンチのあるイーノが聞きたいよ~というロック・ファンに、睡眠導入剤にならないROCKなイーノ作品をカケレコ中古棚探検隊がピックアップしました!

BRIAN ENO / ANOTHER GREEN WORLD (1975)

ロキシー・ミュージック脱退後、まるでロキシーのスピンオフ作品のようなねじれたポップ作品を2枚出したイーノですが、3枚目の本作では、前作までを踏襲するようなポップなヴォーカル曲はあるものの、静謐なインストも半数収録され、イーノの音楽志向がロックからアブストラクトな音楽に傾きつつあるのを感じ取れます。

でも白眉はヴォーカル曲の「SKY SAW」。電動のこぎりのようなノイズの反復からイーノのヴォーカルが立ち上るところのスリリングさ。名曲です。


「SKY SAW」

試聴 Click!

BRIAN ENO/BEFORE AND AFTER SCIENCE (1977)

ソロ4作目は前作と同じくヴォーカル曲とインストが混在していますが、こちらのほうがヴォーカル物が多め。そしてポップさが増しています。

イーノ版パンク・ソングといった「KING’S LEAD HAT」や、第54回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品であるイタリア映画の『息子の部屋』(La stanza del figlio)の挿入歌である名バラード「BY THIS RIVER」など硬軟取り混ぜており、ジャケットはモノクロでもサウンドはカラフルです。それにしても「BY THIS RIVER」は珠玉の名作。聴くたび泣いてしまいます。


「BY THIS RIVER」 -  La stanza del figlio (Nanni Moretti)

試聴 Click!

NO NEW YORK (1978)

イーノ自身の作品ではありませんが、彼がピックアップしプロデュースした70年代後半ニューヨークの尖ったバンドたちのオムニバスです。いわゆるNO WAVEのバンド4組が収録されています。

共通するのは絶叫ヴォーカル、あまりコードを弾かないノイズ・ギター、性急なビートを刻むも、やたらどたどたしたドラムス。バンドによっては、そのアンサンブルにフリーキーなサックスが絡んだり。

テクニックはなくとも、とにかく音を出したかったという各バンドの初期衝動が、40年近く経った今でも盤面から強く匂い立ってきます。


「Dish It Out」The Contortions

試聴 Click!

BRIAN ENO & DAVID BYRNE/MY LIFE IN THE BUSH OF GHOSTS (1981)

トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンとの共作。中近東的なメロディを乗せたり、ラジオ・テレビ音声のコラージュをちりばめたりと極めて実験的なサウンド。なのにファンクやアフロビートがベースなため踊れる音楽になっています。この作品は、ナイジェリアの小説家エイモス・チュツオーラの作品『ブッシュ・オブ・ゴースツ』にインスパイアされて制作されました。


「The Jezebel Spirit」

試聴 Click!

DAVID BYRNE & BRIAN ENO/EVERYTHING THAT HAPPENS WILL HAPPEN TODAY (2008)

「MY LIFE IN THE BUSH OF GHOSTS」に続いてのイーノ/バーン共作はなんと27年後。

今回は実験的ファンク・ミュージックとはガラッと変わり、デヴィッド・バーンが全曲でヴォーカルをとる歌ものに仕上がりました。イーノはコーラスとサウンド・プロダクション担当。そういうことからか名前の表記の順番が前作と逆です。

どの曲もミディアム・テンポで、そしてカントリー/ゴスペルのフレイバーが随所に香るという(やさしい)大人のロック・アルバムです。アメリカの映画「ウォール・ストリート」の挿入歌でもある「HOME」は名曲!


「Home」

試聴 Click!

BRIAN ENO / NERVE NET (1992)

92年作。ゲストに盟友ロバート・フリップ、レッド・ツェッぺリンのジョン・ポール・ジョーンズ、ヴォイドイズやルー・リード・バンドのギター、ロバート・クワインらロックなミュージシャンを招いて制作されたアルバムですが、ロックというよりテクノやクラブ・ミュージックに近いテイストの作品です。

テクノ・アーチストのエイフェックス・ツインやジェフ・ミルズのファースト・アルバムが出たのがこの年。ヨーロッパで広まり始めたミニマルなテクノにイーノが影響・触発されたのは想像に難くありません。

このアルバムからは「Fractal Zoom」と「Ali Click」の2曲がなんとシングル・カット(12 inch & Maxi CD Single)されています。ブライアン・イーノがシングルを出すなんて1975年の「ライオンはねている」以来?


「Fractal Zoom」

試聴 Click!

「The Lion Sleeps Tonight」

試聴 Click!

ROCKなイーノ作品を並べてみましたが、アンビエントな作品もまた良し。在庫はいろいろありますので聞き比べてみてください。

———————-

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BRIAN ENO / ANOTHER GREEN WORLD

    元ROXY MUSIC、アンビエント・ミュージックの創始者として名高いミュージシャン、アンビエントな感性の萌芽を感じさせる75年の大名作3rd

    ROXY MUSICへの参加からそのキャリアをスタートさせ、その音楽性からファッションに至るまでシーンに衝撃を与え、ROXY MUSIC脱退後は画期的なソロ・アルバムを発表。その後アンビエント・ミュージックへと急速に接近し、ドイツのエレクトロ・グループCLUSTERとの実験的なジョイント作をリリースするなど、環境音楽の元祖として高い評価を受けている音楽家の75年作。ROXY MUSIC脱退後のソロ3作目である本作は、Phil Collins、Percy JonesらBRAND XのメンバーやKING CRIMSONのRobert Frippも参加した傑作であり、前作までのボーカル曲路線を残しながらも、アンビエント・ミュージックへの傾倒を予見させる楽曲が交互に収録されています。

  • BRIAN ENO / BEFORE AND AFTER SCIENCE

    オブスキュア設立や801、ボウイ、ウルトラヴォックスらとの仕事を通して蓄積したクリエイティビティを余すことなく発揮した77年の力作

    実験音楽発表のための自身のレーベル「オブスキュア」の設立、801やCLUSTER&ENOとしての活動、デヴィッド・ボウイをはじめとしたプロデュースなど、様々な活動を通して蓄積した創造性を余すところ無く発揮した力作。ポップ、ロック、アンビエント、現代音楽、パンクを自らのフィルターを通して再編集したサウンドは、まさにイーノ。フリップ、マンザネラ、フィル・コリンズ、パーシー・ジョーンズ、フレッド・フリス、デイヴ・マタックス、CANやCLUSTERのメンバーなど、ゲスト陣も豪華。プラスティック・ケース付き。

  • BRIAN ENO & DAVID BYRNE / MY LIFE IN THE BUSH OF GHOSTS

    81年のコラボレーション作

BRIAN ENOの在庫

  • BRIAN ENO / SMALL CRAFT ON A MILK SEA

    全編インストゥルメンタル、10年作。

  • BRIAN ENO / LUX

    12年リリースのアンビエント作品

  • BRIAN ENO / SHIP

    15年作、ヴェルヴェッツ「Im Set Free」のカバー収録

  • BRIAN ENO / TAKING TIGER MOUNTAIN (BY STRATEGY)

    74年リリースの2ndソロ、前作のひねくれポップ路線を踏襲しつつも、次作以降へと通じる静謐な表現も垣間見せる名品

    フィル・マンザネラ、ロバート・ワイアット、フィル・コリンズ等をゲストに迎え制作された74年作2nd。サウンドは1stの延長線上のファニー・ポップ・サウンド。801「LIVE」に収録のパンキッシュな名曲「THIRD UNCLE」は本作に収録。名作。

  • BRIAN ENO / ANOTHER GREEN WORLD

    元ROXY MUSIC、アンビエント・ミュージックの創始者として名高いミュージシャン、アンビエントな感性の萌芽を感じさせる75年の大名作3rd

    ROXY MUSICへの参加からそのキャリアをスタートさせ、その音楽性からファッションに至るまでシーンに衝撃を与え、ROXY MUSIC脱退後は画期的なソロ・アルバムを発表。その後アンビエント・ミュージックへと急速に接近し、ドイツのエレクトロ・グループCLUSTERとの実験的なジョイント作をリリースするなど、環境音楽の元祖として高い評価を受けている音楽家の75年作。ROXY MUSIC脱退後のソロ3作目である本作は、Phil Collins、Percy JonesらBRAND XのメンバーやKING CRIMSONのRobert Frippも参加した傑作であり、前作までのボーカル曲路線を残しながらも、アンビエント・ミュージックへの傾倒を予見させる楽曲が交互に収録されています。

  • BRIAN ENO / BEFORE AND AFTER SCIENCE

    オブスキュア設立や801、ボウイ、ウルトラヴォックスらとの仕事を通して蓄積したクリエイティビティを余すことなく発揮した77年の力作

    実験音楽発表のための自身のレーベル「オブスキュア」の設立、801やCLUSTER&ENOとしての活動、デヴィッド・ボウイをはじめとしたプロデュースなど、様々な活動を通して蓄積した創造性を余すところ無く発揮した力作。ポップ、ロック、アンビエント、現代音楽、パンクを自らのフィルターを通して再編集したサウンドは、まさにイーノ。フリップ、マンザネラ、フィル・コリンズ、パーシー・ジョーンズ、フレッド・フリス、デイヴ・マタックス、CANやCLUSTERのメンバーなど、ゲスト陣も豪華。プラスティック・ケース付き。

  • BRIAN ENO / AMBIENT 1: MUSIC FOR AIRPORTS

    「アンビエント・ミュージック」を世に提唱した78年作、ロバート・ワイアット参加

    環境音楽専門レーベルとして1979年設立したアンビエントからの第1弾。79年作。アンビエント(内包した)・ミュージックというキーワードのもと、空港の空気を浄化するために音楽を流してはどうかという思いつきから生まれた作品。ロバート・ワイアット、レット・デイヴィスがゲスト参加。

  • BRIAN ENO / AMBIENT 4: ON LAND

    アンビエント・シリーズ第4弾、82年作

「BRIAN ENOの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコの中古CD買取、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。