プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

睡眠は足りていますか?・眠れる音楽特集・

こんにちは。スタッフみなとです。

皆様、最近は眠れていますか?

身体は疲れているのに眠れない、昼寝し過ぎて眠れない、うっかりコーヒーを飲み過ぎて眠れない・・・

などなど、私もたま~にありますが、なかなか眠りというのは思い通りにいかないものですよね。スイッチをOFFにするように、簡単に睡眠状態に入れないものかなと思ってしまいます。

さてさて、今回は就寝時に枕元でかけておきたい、「眠れる音楽」をカケレコ棚よりピックアップいたしました。どうぞご覧ください。

HAROLD BUDD & BRIAN ENO/AMBIENT 2 THE PLATEAUX OF MIRROR

80年、ブライアン・イーノのアンビエント・シリーズ第二弾、邦題『鏡面界』。

米ピアニスト、ハロルド・バッドのピアノを中心に据え、ブライアン・イーノが音処理をしたそのサウンドは非常に美しく、安らぎに満ちています。

試聴 Click!

JOHN CAGE/IN A LANDSCAPE

米現代音楽家、ジョン・ケージの楽曲をピアニストStephen Druryが演奏した94年の作品。

特に冒頭の「In A Landscape」が眠るのにぴったりです。ピアノの音色が柔らかい風のようにポロポロ響いて、非常に癒されます。

1948年にダンサーのルイーズ・リッポルドのために書いた楽曲とのこと。

試聴 Click!

アンソニー・フィリップス/プライヴェート・パーツ・アンド・ピーセズVII: スロウ・ウェイヴズ、ソフト・スターズ

初期ジェネシスのギタリスト、アンソニー・フィリップスは70年後半あたりから、アルバム用のスケッチ、デモ曲などを集めた「プライヴェート・パーツ・アンド・ピーセズ」シリーズをリリースしていきます。

87年の今作は、シンセサイザーがゆったりとうねるアンビエントな作風で、ジャケットにあるような波や風、陽の光が目に浮かぶ瞑想的なものとなっています。

試聴 Click!


アンソニー・フィリップスから辿るアコースティカルなプログレ探求♪

【関連記事】

アンソニー・フィリップスから辿るアコースティカルなプログレ探求♪

フォーク好きにもオススメ。アンソニ―・フィリップスの1stに通ずる、柔らかくフォーキーなプログレッシヴ・ロックを集めました。

ここからは少し声が入っているものをピックアップいたします。

ボシー・バンド/アウト・オブ・ザ・ウィンド・イントゥ・ザ・サン

アイルランドを代表するトラッド・バンド、77年最後のスタジオ録音。

バグパイプやブズーキー、フィドルやフルートが畳み掛けるようなアンサンブルを展開。そこに岩水のように清らかに流れる女性ボーカル。悠久の時を感じます。

動画の楽曲以外はバグパイプなどが結構どんちゃん入っているので、入眠時にかける時はご注意ください。

試聴 Click!

BENITO LERTXUNDI/ZUBEROA

スペイン北部バスク自治州出身のフォークSSWによる77年作5th。

優しく素朴な歌声は不思議な懐かしさです。夢に入る途中のうつらうつらした時に流れていそうな音楽です。

試聴 Click!

JEAN RITCHIE/BALLADS

ケンタッキー生まれで50年代より活動したアパラチアン・フォーク伝承者。

無伴奏やダルシマー弾き語りで歌われる、米アパラチア山脈で脈々と歌い継がれてきた純度の高いフォーク・ミュージック。悠久の時を感じます。

試聴 Click!

VASHTI BUNYAN/LOOKAFTERING

幻の英SSW、35年ぶりの2nd。

時を超越したフェアリーな歌声と、若手音楽家による、ほんのりエレクトロを取り入れたサウンドが幻想世界へと導きます。

試聴 Click!


カケレコスタッフの日々是ロック3/25:ヴァシュティ・バニヤンが好きな人におすすめの、フェアリーな女性シンガー特集

【関連記事】

カケレコスタッフの日々是ロック3/25:ヴァシュティ・バニヤンが好きな人におすすめの、フェアリーな女性シンガー特集

ヴァシュティ・バニヤンと似た雰囲気を持つ作品を探してみました。

JULIANNA BARWICK/MAGIC PLACE

米ルイジアナ出身女性SSW、11年作。ほぼ自身の声だけで楽曲を作っています。

重ねられたボーカルが、まるでアンビエントな聖歌のようです。

試聴 Click!

最後におまけで、ちょっと変わり種を・・・

エリザベス・ワルドー/ライツ・オブ・ザ・ペイガン

米ヴァイオリニスト、60年作。

幼少よりバイオリンに親しみ、演奏旅行で訪れた南米に深く傾倒していったそう。

コロンブス以前の南米大陸の楽器を文献等でリサーチして復元し(!)、演奏した60年作。

今は何時でどこにいるのか、分からなくなってしまいます。おかしな夢を見そうですね。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでも豊かな睡眠生活に役立ちましたら幸いです。

関連カテゴリー

眠れる音楽特集

  • HAROLD BUDD & BRIAN ENO / AMBIENT 2 THE PLATEAUX OF MIRROR

    イーノと彼が見出した奇才バッドとのコラボレーション、80年作

    アンビエント・シリーズ第2弾はイーノと彼が見出したハロルド・バッドとのコラボレーション・アルバム。80年作。オブスキュアから発表したバッドのソロ作のコンセプトを発展させた内容は、アンビエント・ミュージックのテキストとも言える作品。イーノの革新的なアイデアが凝縮された1枚。

HAROLD BUDD & BRIAN ENOの在庫

  • HAROLD BUDD & BRIAN ENO / AMBIENT 2 THE PLATEAUX OF MIRROR

    イーノと彼が見出した奇才バッドとのコラボレーション、80年作

    アンビエント・シリーズ第2弾はイーノと彼が見出したハロルド・バッドとのコラボレーション・アルバム。80年作。オブスキュアから発表したバッドのソロ作のコンセプトを発展させた内容は、アンビエント・ミュージックのテキストとも言える作品。イーノの革新的なアイデアが凝縮された1枚。

「HAROLD BUDD & BRIAN ENOの在庫」をもっと見る

ANTHONY PHILLIPSの在庫

  • ANTHONY PHILLIPS / MISSING LINKS VOL4: PATHWAYS AND PROMENADES

    09年作

  • ANTHONY PHILLIPS / GEESE AND THE GHOST

    77年ソロ1st、これぞ英国という叙情と格調に満ちた傑作!

    ジェネシスの初代ギタリストとして活躍し、70年代後半以降はソロ・ミュージシャンとして英国的叙情性に満ちた質の高い作品をリリースしてきた彼の、記念すべき77年1stソロ。ジェネシスのメンバーであるマイク・ラザフォード、フィル・コリンズらが参加。フィリップスによる丹念に爪弾かれるアコースティック・ギターの調べを、ゆったりとおおらかに流れるシンセとリリシズムに満ちたフルートの音色が彩るスタイルを軸とした、アコースティカルな手触りのシンフォニック・ロックを聴かせます。アコースティック楽器主体の演奏ですが、中世トラッド色とよりアカデミックなクラシック的要素の両方が違和感なく一体となった、たおやかな牧歌性とともに格調高くも瑞々しい英国然とした音色が印象的。ジェネシス脱退後にクラシック音楽とクラシック・ギターを本格的に学んだというその成果が遺憾なく発揮されています。演奏のみならず組曲「Henry」におけるハイレベルな楽曲構築性なども彼の豊かな才能を証明しており聴き所。3曲あるヴォーカルナンバーは、1曲でフィリップス、2曲でコリンズがヴォーカルを取っており、特にコリンズによるヴォーカルナンバーは、ジェネシスとは趣の異なる繊細で素朴な味わい深さが大変魅力的。清冽な小川の流れ、風にそよぐ木立、一面に広がる田園など、英国丘陵地帯の情景がイマジネーション豊かに立ち上がってくるような名品です。

    • ECLEC32482ESOTERIC

      ボックス仕様(各CDはペーパーケース入り)、2CD(本編CD+ボーナストラック収録CD)+DVD-A(5.1chミックス音源/NTSC方式・リージョンフリー)の3枚組、デジタル・リマスター

  • ANTHONY PHILLIPS / WISE AFTER THE EVENT

    元GENESISのギタリストによる78年2nd、メルヘンチックで温かみ溢れる好盤、マイケル・ジャイルズ/メル・コリンズ/ジョン・G・ペリーらが参加、ルパート・ハインのプロデュース

    元GENESISのギタリスト、Anthony Phillipsによる78年作、ソロ2枚目。Rupert Hineがプロデュースを担当、ゲストに元KING CRIMSONのMichael Giles(DRUMS)、Mel Collins(SAX)、元CARAVANのJohn G.Perryを迎えて制作されています。内容は初期GENESISを彷彿させる繊細なギター・アルペジオが印象的なヴォーカル・アルバム。Peter Crossのアルバム・ジャケットの如く、メルヘンチックな世界観を楽しむことが出来ます。タメの効いたリズム、ジェントリーなヴォーカルの裏で様々な表情を見せるギター・アルペジオが美しく響く幻想的なアンサンブル。優しいメロディーを奏でるサックスも素晴らしい。Michael Gilesもクリムゾン時代の存在感と比べると大人しいですが、「Pulling Faces」ではアグレッシヴな叩きっぷりを堪能出来ます。ヴォーカルにフォーカスしている分、彼のメロディー・メイカーとしての才能がより浮彫になっています。プログレッシヴ・ロック・ファンのみならず、メロウな英フォークが好きな方にもおすすめです。

  • ANTHONY PHILLIPS / PRIVATE PARTS AND PIECES

    元々は「サイズ」の限定ボーナス・ディスクとして発表されたもので、アコースティック楽器によって紡がれる、パストラルな純朴さが魅力の小品集、79年作

    PP&Pシリーズの記念すべき第1弾となる79年作。本人のロング・インタビュー掲載。

  • ANTHONY PHILLIPS / SIDES

    初代ジェネシスのギタリスト、79年作の4thソロ、マイケル・ジャイルズ(Dr)、ジョン・G・ペリー(B)参加

    初代ジェネシスのギタリスト、79年作の4thソロ。ルパート・ハインのプロデュースで、1曲目「Um & Aargh」からヒネリの効きつつもキャッチーなメロディとアレンジが光まくっていて躍動感いっぱい。マイケル・ジャイルス(Dr)、ジョン・G・ペリー(B)という名手2人の参加も特筆で、全体をシャープに引き締めるキレのあるリズム隊も聴きどころです。特にアルバムのラストを飾る「Nightmare」はジェネシスを彷彿させるプログレッシヴなナンバーで、マイケル・ジャイルスの手数多くもふくよかなドラミングが冴え渡っています。スピーディーに畳み掛けるパートでのドラムは、あのクリムゾン1stでのスティックさばきを彷彿させます。アンソニー・フィリップスの数あるソロ作の中でもプログレッシヴ・ロック寄りの作品で、代表作と言える名作です。

    • ARC7231

      廃盤、紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター(K2スーパーコーディングシステム使用)、定価2940

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      若干たばこのにおいあり、その他は状態良好です

  • ANTHONY PHILLIPS / PRIVATE PARTS AND PIECES III ANTIQUES

    PP&Pシリーズの第三作、81年リリース

  • ANTHONY PHILLIPS / FINGER PAINTING

    79-89年に提供したライブラリー・ミュージックのコレクション、89年リリース、全22曲

  • ANTHONY PHILLIPS / SLOW DANCE

    90年作、シンセサイザー、サンプラー、エレクトリック・ドラムなど電子楽器を大きく導入した異色作

    ジェネシスの初代ギタリストとして活躍し、70年代後半以降はソロ・ミュージシャンとして英国的叙情性に満ちた質の高い作品をリリースしてきた彼の、通算15作目に当たる90年作。LPの性質上「PART1」と「PART2」に分けられてはいるものの、実質はおよそ50分の大作1曲のみを収録しています。シンセサイザー、サンプラー、エレクトリック・ドラムなど電子楽器を大々的に導入した作風は初期の瑞々しいアコースティカルなサウンドと大きく離れたものかと思いきや、どこまでも繊細で温もりある音像は往年と少しも変わりがなく驚きです。アンソニー・フィリップスというミュージシャンが元来持つ味わいは露ほども失われていません。湧き上がるようなストリングス系の音色から主旋律を紡ぐ柔らかな音色まで主役となっているのはシンセサイザー。ギターはそれを繊細なタッチのプレイで支えます。全体にニューエイジにも通じる滑らかな音像ではあるものの、生オーケストラも交え劇的に盛り上がっていくパートも用意されていて、飽きさせない構成の魅力は流石です。シンセサイザー・ミュージックという言葉では片付けられない哀愁や芳醇さ、豊かな人間味が滲んだ名品です。

  • ANTHONY PHILLIPS / PRIVATE PARTS AND PIECES 8: NEW ENGLAND

    92年リリース、牧歌的な持ち味が生かされた原点回帰のPP&Pシリーズ8作目

    英国出身、初代GENESISギタリストでもあるシンガー・ソングライターによる92年作。PRIVATE PARTS &PIECESシリーズ8枚目。シンセサイザーを使用したニュー・エイジ作であった前作から一転、繊細なアコースティック・ギターを中心とした路線へと原点回帰。初期作品を彷彿とさせる、ファンタジック且つ牧歌的なアルバムとなりました。12弦ギターによる細やかなコード進行や美しいアルペジオが優雅に奏でられており、聴き手に英国の田園風景を思い起こさせます。弾き語りのフォーキーなナンバーを中心に構成されていますが、サックス、パーカッションを加えた大曲や、彼自身の儚げなヴォーカルをフューチャーしたバラードも収録。初期作を担当していた絵本画家Peter Crossによるジャケットにもピッタリ当てはまるファンタジックで牧歌的なサウンドが溢れたアルバム。

  • ANTHONY PHILLIPS / LYRIC BOOK

    歌詞集とギターとピアノのシンプルな演奏を10曲収録したCD付き。

  • ANTHONY PHILLIPS / LIVING ROOM CONCERT

    95年リリース、93年に録音されたソロ・ライヴ音源、全11曲

    93年にアメリカのラジオ番組用に録音されたスタジオ・ライヴを収録。自身のヴォーカル/ギター/ピアノだけで演奏されたソロ・ライヴ音源となっており、シンプルな弾き語りによる演奏が、メロディの美しさや素朴な情感をグッと引き出していて素晴らしいです。名デビュー作『GEESE & THE GHOSTS』、78年作『PRIVATE PARTS & THE PIECES』、84年作『『THE PRIVATE PARTS & THE PIECES IV』からのナンバーを中心とした全11曲。

  • ANTHONY PHILLIPS / MISSING LINKS I-IV

    GENESISの初代ギタリスト、TV・映画用音楽を中心とするソロ作品集シリーズのVol.1〜5を収録!

  • ANTHONY PHILLIPS / PRIVATE PARTS & PIECES 1 & 2

    PP&Pシリーズの第1弾/第2弾、78/80年作

「ANTHONY PHILLIPSの在庫」をもっと見る

VASHTI BUNYANの在庫

  • VASHTI BUNYAN / JUST ANOTHER DIAMOND DAY

    ブリティッシュ・フィメール・フォークを代表する傑作、70年作

    70年発表のブリティッシュ・フォークを代表する傑作。ヴァシュティのヴォーカルはもう天上の美しさで、その囁くように歌われる透明感いっぱいの歌声にはいつ聴いてもゾクゾクさせられます。童謡のように素朴で美しい楽曲がまた彼女の歌声にこれ以上ないほどマッチしており、透明感を少しも濁すことなく、歌声を素のままに伝えています。森の中にひっそりと佇む湖のような、これほど「静」的なサウンドはこの作品以外に聴いたことがありません。

  • VASHTI BUNYAN / SOME THINGS JUST STICK IN YOUR MIND

    可憐な歌声が魅力の英フィメールSSW、64-67年のシングル&デモ音源集、25曲収録

「VASHTI BUNYANの在庫」をもっと見る

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php


コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。