プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

UNDIR AHRIFUM and LIFUN

TRUBROT

WH90312TB01(WALHALLA

評価:40 1件のレビュー

アイスランドに、フォーク・ロック、ハード・ロック、ジャズ、クラシックが混然一体となったサウンドを聴かせる凄いコンセプト・アルバムがあるって!?しかも、アイスランドの20世紀のアルバム選で第5位に選ばれただって!?

アイスランドのグループ、哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな楽曲が持ち味、70年作2nd/71年3rdを収録

アイスランドのグループ。70年作の2nd「Undir Ahrifum」と71年作の3rd「Lifun」とをカップリングした2in1CD。1stから女性Voが脱け、フラワー・ムーヴメント的な要素は無くなり、ハードさがグッと増しました。哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな大曲「Feel Me」が聴き所。3rdアルバムは、曲間が無く流れるようなロック・オペラ。フォーク・ロック、ハード・ロック、ジャズ、クラシックが混然一体となったアンサンブルはかなりの完成度。彼らの最高傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

HINN ISLENZKI PURSAFLOKKUR / PURSABIT の商品詳細へ

HINN ISLENZKI PURSAFLOKKUR/PURSABIT

アイスランド、トラッド、フォーク、クラシック、ロックと変幻自在なプログレ、79年作

2390円(+税)

P.F.M / PHOTOS OF GHOSTS の商品詳細へ

P.F.M/PHOTOS OF GHOSTS

「イタリアン・ロック」の存在を全世界に知らしめた衝撃の73年ワールドデビュー作!

1090円(+税)

ANGLAGARD / HYBRIS の商品詳細へ

ANGLAGARD/HYBRIS

93年発表、プログレ復興の礎を作った北欧を代表するグループ、ずばり歴史的名盤!

1490円(+税)

GRUPA OPUS / OPUS 1 の商品詳細へ

GRUPA OPUS/OPUS 1

旧ユーゴ出身、クラシカルなオルガンがとにかく荘厳に鳴り響くオルガン・プログレ、75年作

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

コンセプト・アルバム&ロック・オペラ名作選

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • TRUBROT

    TRUBROT

    SHADOKSMUSIC125(SHADOKS

    評価:50 1件のレビュー

    ボーナス・トラック6曲

    アイスランドの伝説的サイケ/プログレ・バンド、初々しいファースト・アルバム69年作!

    70sアイスランド・ロックの最高峰といえるグループですよね。ブリティッシュ・サイケデリアとも呼応する陰影とダイナミズムを合わせ持った、ポップでクラシカルなサウンドが存分に楽しめるデビュー作!

  • UNDIR AHRIFUM

    TRUBROT

    SHADOKSMUSIC131(SHADOKS

    アイスランドの最高峰プログレ・グループ、70年2nd、哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな楽曲が持ち味

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 凍てつく大地からの熱いハモンドの響き(13 拍手)

kobakunさん レビューをすべて見る

辺境の旅路もいよいよアイスランドへ。それにしても、こんな所にもプログレはあるのだから世界は広い。
2001年、アイスランドで20世紀のアルバム・ベスト100が選ばれましたが、何と本CD収録の3rdがビョークなどに続いて第5位にランクイン。本国での人気の高さが伺えます。と、ここまではプチ情報を。
さて、気になる中身ですが、まず70年の2ndは、1曲目の明るさにはちょっと戸惑いましたが、2曲目以降、哀愁あるメロディーが飛び出し、まずは一安心。辺境くささはなく、英語詩のため(何とアイスランド人の大半は、現地語のほか、英語、デンマーク語が話せるトライリンガルだそうです)この当時のブリティッシュに近い雰囲気です。コーラスもきまっていて、前半は小曲集といった感じ。
ハイライトは10分超の大曲「Feel Me」。荘厳なハモンドに導かれて始まる、哀愁のメロディ炸裂の名曲でこれだけでも聞く価値アリだと思います。
でも、本番はここから。そう、アイスランドの20世紀のアルバム、ベスト5に選ばれた3rd「LIFUN」。
ブリティッシュ・ナイズされた歪んだハモンド全快のハード・プログレで、まさしく最高作といえるでしょう。
アルバム全体がトータルに構成されていながら、メロディアスなため聞きやすく、全く退屈させません。
そして、くすんだ透明感のある曲調が、聞くものをいつしか凍てつく大地へと誘います。
最果ての地アイスランドで、しかも71年という時代に、これだけ完成度の高い作品が作られていたとはまさに奇跡で、そんな作品を簡単にCDで聞ける今の時代に感謝したいと思う今日この頃です。

ナイスレビューですね!