プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

あなたは何枚ご存知?とびきりディープなユーロ・オルガン・ロック周遊!

スタッフ佐藤です。

オルガン・ロック、皆さん好きですよね?

今回はユーロ・シーンに注目して、結構ディープなところまで足を踏み入れてみようと思います。

この辺を半分以上知っていたら、立派なオルガン・ロック・マニア!

それでは、知られざる名盤が眠るユーロ・オルガン・ロック探求へ出発~☆

KRAVETZ/KRAVETZ

FRUMPYは知っていても、そのkey奏者が放ったこのアルバムを知っているかな?
9分を越える1曲目から素晴らしいのなんの。ブルースやソウル・テイストの巧みな導入はさすがFRUMPYの一員。
これはずばりVERTIGOの名盤群にも匹敵するジャーマン・オルガン・ハードの逸品!

試聴 Click!

TIME OF COMMOTION/LIVE FROM THE 70’S – ES IST NIE ZU SPAT

アルバムを残さずに消えた幻のジャーマン・オルガン・ロック・バンドのライヴ音源発掘盤なのですが、これがクラシカルでジャジーでブルージーで、奥ゆかしくも叙情と哀愁たっぷりで、オルガン・ロック・マニアには堪らぬ好内容なのです…!

試聴 Click!

SIXTY NINE/CIRCLE OF THE CRAYFISH

超重低音の暴走ドラムをバックに、もの凄い音圧のオルガンやムーグがウネリを上げて暴れ回る!EL&Pも真っ青な破天荒っぷり!! このドイツのデュオ、凄まじい・・・。

試聴 Click!

SATIN WHALE/DESERT PLACES

ジェスロ・タルやクレシダやイタリアのヘヴィ・シンフォが好きなら、この超マイナーなジャーマン・オルガン・プログレ・バンドはきっと掘り出しもののはず!存在感みなぎるハモンドのプレイに痺れる!

試聴 Click!

IKARUS/IKARUS

クレシダやスティル・ライフなどヴァーティゴ系のオルガン・ロックをベースに、ソフツやカーンあたりのカンタベリーのエッセンスをまぶした感じ。何とドイツのバンドとは!?

試聴 Click!

I DRIVE/I DRIVE

NEKTARじゃないけど、イギリス人によるドイツで活動したグループ。ヘヴィでザクザクしたギター、グルーヴィーでちょっぴり狂ったオルガン、荒っぽいダミ声ヴォーカルが織り成す重厚なハード・ロック・サウンドは文句なしにカッコ良し!ジャケもなかなかオシャレ。

試聴 Click!

TOMORROW’S GIFT/TOMORROWS GIFT

ギター、オルガン、唾飛ばしフルートが渾然一体となって狂おしく畳み掛けるアンサンブルの熱気の凄まじいこと。一歩も引かない女性ヴォーカルも圧巻だし、このドイツのバンド、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴だなぁ。

試聴 Click!

FUSIOON/FARSA DEL BUEN VIVIR

この中では知名度高めでしょうか?目指すところはデイヴ・スチュワート率いるEGGあたりだと思いますが、素っ頓狂なジャケの通り、ちょいとズレちゃってます。でも、そこが愛すべきなスペインの好グループ!

試聴 Click!

OCARINAH/PREMIERE VISION DE L’ETRANGE

エッグ~カーン時代のデイヴ・スチュワートを彷彿させる淡いトーンのオルガン、そして、同郷カルプ・ディアンに通じるほの暗い幻想美。フレンチ・シンフォの秘宝と言える77年作!あ、オカリナは吹いてません。

試聴 Click!

MAD CURRY/MAD CURRY

オルガン&サックスがリードするVDGGばりに重量感あるサウンドとソウルフルな女性ヴォーカルの組み合わせが個性的なベルギーの超マイナーグループ!ある意味強烈なジャケに負けず、サウンドもキてます!

試聴 Click!

BIB SET/IT WASN’T MEANT TO HAPPEN

このヴォーカル、ジム・モリソンとスティーヴ・ウィンウッドの中間に位置するような感じで良いなぁ。演奏は、フロイドや初期タンジェリン・ドリームみたいだし、ぬぬ、スウェーデンのグループとは!

試聴 Click!

TIME/TIME

旧ユーゴにVertigoの名作にも比肩する、陰影に富んだオルガン・プログレがあったとはたまげたなぁ。トラフィックに通じるR&BフィーリングにVertigo直系のくすんだヘヴィネスを加えたサウンドは本格感ぷんぷん。

試聴 Click!

TRUBROT/UNDIR AHRIFUM and LIFUN

アイスランドに、フォーク・ロック、ハード・ロック、ジャズ、クラシックが混然一体となったサウンドを聴かせる凄いコンセプト・アルバムがあるって!?しかも、アイスランドの20世紀のアルバム選で第5位に選ばれただって!?重厚なハモンドの音がたまらん!

試聴 Click!

RAIN/NORSK SUITE

ビートルズやヴァニラ・ファッジからの影響をクラシックやジャズの高い素養によって料理したようなサウンド!?実際ビートルズ・カバーも素晴らしい出来だし、このノルウェーの幻のオルガン・トリオ、オススメです。この動画の曲なんてちょっとソフツ1stっぽい展開もあったり。

試聴 Click!

BURNIN RED IVANHOE/W.W.W.

なるほど、あの名物DJジョン・ピールが気に入ったのも頷けるなぁ。デンマークが誇る技巧派プログレ・バンドSECRET OYSTERの前身にあたるのがこのグループ。グレイヴィ・トレインやユーライア・ヒープあたりのオルガン・ロックのファンには黙って聴いてみてほしい!

試聴 Click!

AXIS/SOMEONE

ゾンビーズ『オデッセイ&オラクル』にフォルムラ・トレのアルベルト・ラディウスが乱入したら!?って感じのサウンドをギリシャで発見!

試聴 Click!

W.D.FISHER/W.D.FISHER

ケベックのバンドだけど、フランス語圏だしここでご紹介。ジャケットが何とも不思議な感じだけど、これは素晴らしい一枚。見事なコーラスも交えた、英国のオルガン・ジャズ・ロックに通ずるドラマチックで洗練されたアンサンブルが聴きもの!

試聴 Click!

気になる作品が見つかれば嬉しく思います!!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • FUSIOON / FUSIOON(1974)

    スペイン、オルガンをメインに展開するジャズ・ロック、74年作2nd

    74年作の2nd。様々な要素が雑然としていた(そこが魅力ですが)1stと異なり、本作で聴けるのはオルガンを中心としたジャズ・ロック。ただ、本格派という感じではなく、人を食ったようなジャケット通りのどこか人懐っこいサウンドが特徴的。目指すところはデイヴ・スチュワート率いるEGGあたりと同じだと思いますが、EGGと比べちゃうとちょっとかわいそうかもしれません。でも、テクニックは安定してるし、曲も魅力的だし、なかなか愛すべき作品です。

  • SIXTY NINE / CIRCLE OF THE CRAYFISH

    EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!72年発表のスタジオ唯一作

    72年の唯一作。超重低音の暴走ドラムをバックに、もの凄い音圧のファズ・オルガンがウネリを上げて暴れ回ります。EL&Pも真っ青な破天荒っぷり。荒々しさの中にも、クラシカルなフレーズを織り交ぜるなど、かなり得体が知れません。ぶっ飛びまくりなジャーマン・オルガン・ハードの逸品。

  • KRAVETZ / KRAVETZ

    FRUMPYのKey奏者による72年ソロ、芳醇な香りの絶品オルガン・ハード作!

    FRUMPYのキーボード奏者Jean-Jacques Kravetzが72年にリリースしたソロ。9分を越える1曲目から、ブルージーなハード・ロックのファンはノックアウトでしょう。ゆったりとタイトなリズム隊、豊かなトーンのタメの効いたエモーショナルなフレーズが素晴らしいブルージー&ハードなギター、淡いトーンのメロディアスなオルガン&ピアノ。そして、スケールの大きなソウルフルなヴォーカル。この曲の芳醇な香りは絶品の一言。その他の曲も、アグレッシヴなキーボードをフィーチャーしたよりプログレッシヴな楽曲、荘厳なオルガンが炸裂するオルガン・ハード、クラシカルなピアノが美しいバラードなど、佳曲揃い。これは名作です。おすすめ

  • SATIN WHALE / DESERT PLACES

    BRAINレーベルより74年にリリースされた1st、フルートやハモンドをフィーチャーしたジャーマン・オルガン・プログレ

    ドイツ西部はケルンにて71年に結成されたグループ。ギター兼サックス/フルート奏者とKey奏者を擁する4人組。BRAINレーベルより74年にリリースされたデビュー作。アルバムの幕開けとともに鳴り響くフルート、こ、これはまるでジェスロ・タル!と思っていると、突如、クラシカルなハモンドやムーグが密やかになって、ドイツらしいロマンが香ったかと思うと、今度は、タメの効いたブルージー&メロウなギター、むせび泣くハモンド、早いパッセージのドラムによるクレシダの2ndあたりを彷彿させるドラマティックなオルガン・ハードを聴かせる。2曲目なんか、ギターとハモンドが狂おしく疾走するところなんか、イタリアのヘヴィ・シンフォも思わせるし、これはカッコ良し。英Vertigoのキーボード・プログレやイタリアン・ハードのファンにとってはきっと掘り出し物のはず。オススメです。

  • TRUBROT / UNDIR AHRIFUM and LIFUN

    アイスランドのグループ、哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな楽曲が持ち味、70年作2nd/71年3rdを収録

    アイスランドのグループ。70年作の2nd「Undir Ahrifum」と71年作の3rd「Lifun」とをカップリングした2in1CD。1stから女性Voが脱け、フラワー・ムーヴメント的な要素は無くなり、ハードさがグッと増しました。哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな大曲「Feel Me」が聴き所。3rdアルバムは、曲間が無く流れるようなロック・オペラ。フォーク・ロック、ハード・ロック、ジャズ、クラシックが混然一体となったアンサンブルはかなりの完成度。彼らの最高傑作。

  • AXIS / SOMEONE

    ギリシャ出身で主にフランスで活動したグループ、71年デビュー作、荘厳かつ気品に満ちたオルガン・プログレの名品

    ギリシャ出身で主にフランスで活動したグループ。71年のデビュー作。ピアノ/オルガン奏者が中心で、ゾンビーズやグレイシャスやスプリングなど気品あるブリティッシュ・ロックからの影響を感じますが、やはりギリシャ出身ならではの美意識が溢れているのが特筆。地中海つながりでイタリアン・ロックを思わせ、特に突っかかるようなファズ・ギターやパーカッシヴなアコギなど、ギタリストはフォルムラ・トレのアルベルト・ラディウスを彷彿させます。ゾンビーズ『オデッセイ・オラクル』にアルベルト・ラディウスが乱入して混沌とさせつつも気品が損なわれていない楽曲など、このグループならではの魅力いっぱい。フルートやストリングスがリリカルに流れる曲も美しいし、トレの『夢のまた夢』もびっくりな荘厳なオルガンをフィーチャーしたラスト曲「Bad Trip」もすごいテンションだし、英語の歌メロはどれも流麗で絶品だし、英ロックのファンもユーロ・ロックのファンも必聴のずばり名作!

  • TOMORROW’S GIFT / TOMORROWS GIFT

    ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作と言える70年デビュー作、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

    女性ヴォーカル、フルート奏者を要するジャーマン・ロック・バンド。オリジナルは2枚組でリリースされた70年のデビュー作。オープニングの「Riddle In A Swamp」から痺れまくり!アグレッシヴに疾走するキレ味抜群のリズム隊、叩きつけるように鳴らされるリズムと「狂おしい」というキーワードぴったりに弾きまくられるリードともにまるでパンクのように初期衝動のエネルギーがつまったエレキ・ギター、宗教的な荘厳さとともにそそり立つオルガン、激しく吹かれるフルート。いやはや凄まじい熱気。アンサンブルに応える女性ヴォーカルも圧巻で、英国アフィニティのリンダ・ホイルを彷彿させます。ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作です。アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

  • IKARUS / IKARUS

    ジャーマン・プログレ、CRESSIDAなどの英国オルガン・ロックやCARAVAN/SOFT MACHINEなどカンタベリー系に通じるサウンド、71年作唯一作

    サックス&フルート奏者在籍のジャーマン・ロック・バンド、71年の唯一作。手数多く走るドラムとよく動くベースによる安定感あるリズム隊を土台に、ブルージー&ハードで引きずるようなギター・リフ、淡くむせぶハモンド・オルガンを中心として、時に叙情的に、時に熱気ムンムンに畳み掛けるアンサンブルは、クレシダやスティル・ライフなどヴァーティゴ系のオルガン・ロックに通じる質感が印象的です。フルートやサックスがリード楽器としてフィーチャーされているのも特筆で、ジャズのエッセンスが感じられ、初期ソフト・マシーンやカーンのようなカンタベリーな味わいすら感じます。4曲の大曲主義で駆け抜ける構成も実に巧み。これはブリティッシュ・ロック・ファンにもたまらない名作です。

  • RAIN / NORSK SUITE

    クラシックやジャズの確かな素養 meets ビートルズやヴァニラ・ファッジからの影響、ノルウェーの幻のオルガン・トリオによる貴重音源!

    公式音源は映画のサントラに提供した曲のみというノルウェーの幻のトリオ。69年〜70年に彼らが残していた音源を発掘してまとめた編集盤。メンバーはクラシックや現代音楽の教育を受けたようで、ビートルズ、ヴァニラ・ファッジ、ザッパからの影響が色濃いサイケデリックな楽曲に、格調高いストリングスが施されたサウンドは発掘音源とは思えないクオリティ。ジャズ・ロックをやってもテンションみなぎる演奏ができそうなほどにキレ味&安定感ともに抜群の演奏も特筆。初期ソフト・マシーンやキャラヴァンやウィグワムに比肩するセンスとテクニックと言っても過言ではないでしょう。ビートルズ「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」のカヴァーも白眉。オススメです。

  • TIME OF COMMOTION / LIVE FROM THE 70’S – ES IST NIE ZU SPAT

    70年代に西ドイツで活動した幻のオルガン・ロック・バンドによるライヴ音源発掘盤、哀愁のハモンド好きは要チェック!

    70年代に西ドイツで活動し、ELOYやGURU GURUともツアーを行った幻のバンド、当時のライヴ音源を収録した18年発掘盤。そのサウンドはくすんだトーンのクラシカルなハモンドを中心に、ブルージーなギターやうねりのあるベースを交えて哀愁たっぷりに展開する王道のオルガン・ロック。CRESSIDAを思わせるジャジーで叙情的な曲調がメインかと思いきや、聴いていくとピアノ、オルガン、シンセを切り替えながらスピーディーにフレーズを弾き倒すリック・ウェイクマンばりのパートがあったり、『神秘』〜『原子心母』頃のフロイドを彷彿とさせるサイケデリックなナンバーが飛び出したりと、多彩でクオリティの高い内容にビックリ!長尺曲が多いものの、アグレッシヴなソロ・パートに粛々とした叙情パート、味のあるヴォーカル&コーラスパートが交差する起伏のついた構成、そしてどこまでもリリシズムに溢れたメロディとハーモニーでじっくりと聴かせます。決して録音状態は良くないものの、単なるアーカイブに留めておくには惜しい好内容。オルガン・ロックやジャーマン・ロック・ファンは要チェックです。

  • TIME / TIME

    旧ユーゴを代表するオルガン・プログレ名作、72年作

    旧ユーゴで、現クロアチアはザグレブ出身のオルガン・ロック・グループ、72年のデビュー作。トラフィックに通じるR&Bフィーリングに、VERTIGO勢に通じる陰影やハードさを加えたサウンドが持ち味。手数多くタイト&グルーヴィーなドラムと地を這うようにヘヴィなベースによる屈強なリズム隊、くすんだトーンのオルガン、ここぞでファズ・ギターを炸裂させるブルージー&ソリッドなギター、ちょっぴりアクの強い声のソウルフルなヴォーカル。各楽器ともテクニック抜群で、一体感もあり、本格感ぷんぷん。ズシリと重いアンサンブルを軸に、変拍子による細かなキメも織り交ぜた展開も見事。フルートがむせび泣くジャジーでアコースティックなパートなど、表現力も特筆です。これは、素晴らしいグループ!英ロックのファンは必聴と言える名作!

  • MAD CURRY / MAD CURRY

    VDGGばりの荘厳なプログレにR&B〜ジャズ・フィーリングを加えたベルギー最初期のプログレ・グループ、70年デビュー作

    ベルギー出身、ギターレスでサックス奏者とオルガン奏者を含み、女性ヴォーカル在籍という編成のプログレ・グループ。70年のデビュー作。サックスが低く垂れ込めるVDGGばりに荘厳なパートとジャジーなオルガンをフィーチャーしたジャズ・ロックなパートを行き交うアンサンブル、そしてジュリー・ドリスコールやキャロル・ギライムスを彷彿させるソウルフルな女性ヴォーカル。ベルギーのプログレと言えば、WATERLOOやIRISH COFEEのようなオルガン・プログレやCOSやPAZOPなどカンタベリー・フィーリングなジャズ・ロック・グループを思い出しますが、その両方のエッセンスを併せ持つのがこのグループ。シャープな高速リズムに女性スキャットとサックスとオルガンがユニゾンで畳みかける4曲目は、まさにこのグループならではと言えます。強烈な印象を残すジャケに負けない、ハイ・レベルでオリジナリティ溢れる好グループ!

  • BURNIN RED IVANHOE / W.W.W.

    あのジョン・ピールが気に入りダンデライオン・レーベルからリリースしたデンマークの名オルガン・プログレ・バンド、71年作

    67年にデンマークのコペンハーゲンで結成されたバンドで、本国のほか、ドイツやイギリスでも人気を得るなど、北欧初の国際的な評価を得たと評される名グループ。あのジョン・ピールに気に入られ、英ダンデライオン・レーベルから71年にリリースされた71年作3rd。ミックスはロンドンのトライデント・スタジオ!後ノリのタイトなドラム、よく動くベースによるハード・ドライヴィングかつふくよかなリズム隊、くすんだトーンのハモンド・オルガン、北欧らしく尖ったトーンのエレキ・ギターをバックに、エモーショナルなヴォーカルが熱く歌い上げ、ここぞでは、フルートのリードが炸裂!オープニング・ナンバーからINDIAN SUMMERやGRAVY TRAINあたりのオルガン・ロックのファンはたまらないでしょう!連打するドラムにハモンドがドラマティックにかぶさるパートはユーライア・ヒープも彷彿させるし、オルガン&フルート好きはマスト!

  • I DRIVE / I DRIVE

    ドイツで活動したイギリスのハード・ロック・グループ72年作、ジャーマン・ロックやオルガン・ハード好きにもオススメ!

    72年作。活動拠点はドイツながら、結成はマンチェスターでメンバーも全員がイギリス人。とはいえ機械で加工された人声による謎のオープニング、荒々しいほどエネルギッシュでつんのめり気味のアンサンブル、ちょっぴり不気味な雰囲気などは大変「ジャーマン」的。ヘヴィかつザクザクと尖ったギター、グルーヴィーで狂気に片足突っ込んだようなオルガン、ダミ声のソウルフルなヴォーカルが織り成すアンサンブルは非常に強靭で、ジャーマン・ロックのみならずブリティッシュ・アングラ・ハード、さらにはオルガン・ハード好きにも間違いなく「刺さる」はず。オススメです。

  • OCARINAH / PREMIERE VISION DE L’ETRANGE

    カルプ・ディアンに通じるほの暗い幻想美を持つフランスのキーボード・トリオ、77年に自主制作された唯一作

    スイスはジュネーブ近くのフランス中東部の街、オヨナで結成されたキーボード・トリオ。77年に自主制作された唯一作。ゴリゴリと強いアタックでよく動くベースとキレのある手数多いドラム、ほの暗い幻想美に包まれたキーボード。フランスの名グループ、カルプ・ディアンにも通じる、フランチ・シンフォならではの耽美的でクールなサウンドが印象的です。スペーシーかつ淡いトーンのオルガンには、エッグ〜カーン時代のデイヴ・スチュワートも彷彿させます。80年代に発掘されて日本に紹介されていれば、ユーロ・ロック・ファンに人気が出ていたかもしれません。フレンチ・シンフォの秘宝と言える逸品です。

  • BIB SET / IT WASN’T MEANT TO HAPPEN

    スウェーデンのサイケ〜アート・ロック・バンド、69年唯一作

    スウェーデン出身のサイケデリック・ロック・バンド。69年の唯一作。ジム・モリソンとスティーヴ・ウィンウッドの中間に位置するような陶酔的でいてソウルフルなヴォーカル、深く沈み込むように鳴るハモンド・オルガン、R&Bの要素を感じさせつつも沈殿していくようなサイケデリック感たっぷりのリズム隊。ジミ・ヘンドリクスやトラフィックに通じるR&B〜サイケ感と、ピンク・フロイドや初期タンジェリン・ドリームあたりが頭に浮かぶ、内省と宇宙が同一化したような酩酊感とがあわさったサウンドはかなり完成度高いです。いかにも60年代末の空気をとらえたアート・ロック逸品。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。