プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

OASIS

A BAND CALLED O

BIGPINK615(BIG PINK

紙ジャケット仕様。

評価:50 1件のレビュー

前作と路線を同じくするファンキーなバンド・アンサンブルに、SMOKIEやSAD CAFEなどを彷彿させるモダン・ポップ・テイストを散りばめた、相変わらずの完成度高いサウンドで魅了する75年2nd!

PARLOUR BANDの後身にあたる、ファンク・ロック〜モダン・ポップ・グループ、75年2nd

イギリス領ジャージー島にて結成され陰影溢れるブリティッシュ・ロック名盤の72年唯一作を残したPARLOUR BANDが、ドラマー変更に伴いバンド名を"A Band Called O"と変更。74年デビュー作に続く75年の2ndアルバム。基本的には前作と路線を同じくするファンク・テイスト濃厚なサウンドを楽しませてくれます。緩急に富んだプレイをタイトに決めるリズム隊を土台に、キレのあるカッティングが持ち味のギター、洒脱なエレピ、芳醇に湧き上がるオルガン、S.マリオットを低音寄りに聴き易くしたようなヴォーカルらが、一糸乱れぬアンサンブルで駆け抜けるスタイルは揺るぎなし。また前作でも発揮されていたモダン・ポップ〜AOR的な洗練されたセンスも随所で顔を出していて、SMOKIEあたりの渋いところを意識したような哀愁モダン・ポップ、SAD CAFE風のスリリングな演奏が聴きもののプログレ風AORナンバー、さらに終盤にはGREASE BANDばりの旨味たっぷりなブリティッシュ・スワンプも飛び出して、その多彩さには舌を巻くこと必至。前作が気に入ったなら、本作もまず間違いなし!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

A BAND CALLED O / O の商品詳細へ

A BAND CALLED O/O

72年に名盤を残したPARLOUR BANDの後身グループ、74年1st、ファンク・テイストを大胆に取り入れた高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

2190円(+税)

HOWL THE GOOD / HOWL THE GOOD の商品詳細へ

HOWL THE GOOD/HOWL THE GOOD

SPOOKY TOOTHのGary Wrightがプロデュースを務めたデトロイト産ロック・グループ、72年唯一作

2190円(+税)

SIR LORD BALTIMORE / KINGDOM COME の商品詳細へ

SIR LORD BALTIMORE/KINGDOM COME

ずばり元祖ヘヴィ・メタル!アメリカ産轟音ハード・ロックの大傑作、70年作1st

2190円(+税)

JAN DUKES DE GREY / SORCERERS の商品詳細へ

JAN DUKES DE GREY/SORCERERS

英木漏れ日アシッド・フォーク、69年作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • O

    A BAND CALLED O

    BIGPINK612(BIG PINK

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様

    72年に名盤を残したPARLOUR BANDの後身グループ、74年1st、ファンク・テイストを大胆に取り入れた高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

    リリカルな英ロック名盤を残したパーラー・バンドの後身グループと言えば?ファンク・テイストを大胆に導入した、グルーヴィ―かつゴキゲンなロック・チューンが満載の好盤74年作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 極楽浄土の音だ(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

このアルバムがCD、しかもリマスター音源で聴けることが何よりの幸せです。実は盤おこしの音源が以前海外のサイトで提供されていて、曲の良さはわかってもそんなに聴く音ではなかったのです。こうして丁寧にCDになった音を聴くと、聞き惚れるばかり。セカンドが彼らにとって最高作なのではないかとの思いも抱いているところです。ファンクやトラッド、ラテン、ビート・ポップといったジャンルを横断しながら彼らの演奏は進みます。サード「ウィズイン・リーチ」フォース「ナイフ」に比べて、明るさではファースト、セカンドのほうです。

歌が上手く、声に色気があることがこれほど有利なのか。ピックスの声には華があり、そんなことを感じさせます。加えてビートはファンキー、ギターやキーボードの小技は名人と呼べるほど。サウンドのどこを聴いても穴がない気がします。彼のお手本を、ずっとサザン・ロックであると思い込んでおりましたが、スティーリー・ダン、リトル・フィートの線なのかも知れません。

ピーター・バラカン氏がバンド・コールド・オーを知っているかどうか。バラカン氏ならおそらくプッシュしてくる音です。これでめでたくパーラー・バンド、バンド・コールド・オーの公式音源が全部CDになりました。(「ウィズイン・リーチ」「ナイフ」がこの頃入手できなくなっておりますが。)10.Some People の後半部を聴きながら、死に際にかけてくれと家族に遺言しようかと思いました。

ナイスレビューですね!