プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

オデッサ

ビー・ジーズ

WPCR15264() 【2013年発売CD】

廃盤希少!ベロア生地紙ジャケット仕様、09年デジタル・リマスター、定価3333+税。

評価:40 1件のレビュー

「メロディ・フェア」「若葉のころ」収録の69年作2nd

テーマでカケハす。

レココレ特集『1969年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップス Vol.1】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 永遠の名曲「若葉の頃」(3 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ハードロック専科のたすけが、ビージーズなんて無縁とお思いでしょうか。「オデッサ」だけは所持しています。所持してはいても、自分でファンだと思ったことはありません。タイトル曲「オデッサ」は、1899年2月の大寒波で遭難した帆船ベロニカ号を歌ったもの。遭難場所は北海で、出てくる「オデッサ」が地名とは考えられないので、人名だとわたしは思っています。彼らはコーラス主体のポップスを演奏する兄弟ですが、このようにラブソング以外の物語をテーマにすえることが多いと思います。有名な「メロディ・フェア」にしても、恋愛を歌ったものではなく、少女の成長を若干ドライに見つめる歌詞です。日本盤のライナーを書いているのが、かまち潤さんです。ギブ兄弟の離散危機に文字を費やしながら、歌詞には触れていません。読んでいらっしゃらなかったんだろうな…。

みなさんと同じように、ティーンエイジの頃「小さな恋のメロディ」の映画とテレビ放映は全てに近いほど見ています。ビージーズとCSNYを知ったのはこの映画ですし、わたしにロックを刷り込んだのもこの映画かもしれません。そして物語の純粋で美しいこと。青春よりさらに幼い頃の話で、全編が映像ピークと言えるほどです。トレーシー・ハイドが金魚と遊ぶだけでエバーグリーンですもん。というわけで、とても客観的には書けません。素晴らしいです。2022.08.20

ナイスレビューですね!