プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

チェンバー・ロック特集〜世界各国から新旧のチェンバーロック名品をセレクト

HENRY COW、UNIVERS ZEROなど、70年代に活躍した先達のサウンドを引き継ぎ、現在も世界中に拡散し続けるチェンバー・ロック。ここでは、古典的作品に加え各地の個性あふれるチェンバー・ロック新鋭の作品をご紹介してまいります。艶やかな管弦の響きに潜む狂気の旋律・・どうぞお楽しみください。

HENRY COW

試聴 Click!

アヴァン/チェンバー・ロック・シーンの基礎を築いたバンドと言えばやはりこのバンドですよね。74年作より代表曲とも言われるこちらをセレクト。これがアヴァンギャルドであると同時に流麗さをも備えた奇跡の一曲。この鬼気迫るまでのアンサンブル、やっぱりいつ聴いても凄まじいです・・。

UNIVERS ZERO

試聴 Click!

現代まで至るチェンバー・ロックの源流と言えばUNIVERS ZERO。この84年作では従来の不穏なチェンバー・サウンドに加え、ハード・ロック的な凶暴さを得て知的に暴走するアンサンブルを展開。これがもうたまらなくカッコいいんですよね。

PRESENT

試聴 Click!

元はUNIVERS ZEROのメンバーだったギタリストのトリゴーを中心としたバンドがこちら。あくまでチェンバー・ロックでありつつも、よりロック的な肉感・躍動感を増した作風が魅力的です。

OCTOBER EQUUS (OCTOBER EQUUS QUARTET)

試聴 Click!

キング・クリムゾンやレコメン系バンドの影響の下、03年に結成され、06年にデビュー作をリリースしたスペインのバンドで、00年代以降のチェンバー・ロックを代表するバンド。2013年作。このアルバム制作を記録したプロモ動画がまたカッコ良い!

ANGEL ONTALVA

試聴 Click!

OCTOBER EQUUSのギタリストによる12年作1stソロ。カンタベリーや、ヘンリー・カウなどチェンバー・ロックを土台に、地中海や中近東音楽の香りを加えた豊潤なサウンドは、70年代スパニッシュ・チェンバー・ロックの名グループMUSICA URBANAに通じる完成度!

SUBTILIOR

試聴 Click!

初期UNIERS ZEROの暗黒チェンバー・サウンドを継承するイタリア新鋭の12年作。このおどろおどろしくもスリリング、そしてどのバンドよりもクラシカルな美感を感じさせる作風が実にイタリア的で素敵ですよね。

MIRTHKON

試聴 Click!

アメリカに現れた恐るべき高速変拍子で疾走する狂気の暴走チェンバー・ロック・バンド!この2012年作2nd、凄まじ過ぎです・・・。

HUMBLE GRUMBLE

試聴 Click!

ベルギーのレコメン系グループの2012年作なんですが、アカデミックさと奇天烈さとヨーロピアンな洗練とがゴッタ煮されてて、テクニカルなのに温かくしなやかだし、ザッパやゴングのファンはヤられるはず!

ALTROCK

試聴 Click!

チェンバー・ロックからロックを取ったらただの室内楽になるかって?いえいえそんなはずはありません。イタリア産室内楽カルテットによるFRID FRITH、UNIVER ZEROなどのカヴァー作が登場!

ALAMAAILMAN VASARAT

試聴 Click!

まるでアネクドテンがチンドン屋をやったような、北欧トラッド色と漆黒のチェンバーと現代的ヘヴィネスとの見事な融合!北欧レコメン/チェンバー新鋭の代表格ですね!

STABAT AKISH

試聴 Click!

フランスの新鋭バンド12年作。この緊張感みなぎる掛け合いとユーモラスな音使いとのバランスの見事さと言ったら!UNVERS ZEROが怖くて聴けないという方はこちらをどうぞ^^

MEDIABANDA

試聴 Click!

南米にも凄いバンドがおります。チリ発、超絶的なリズムセクションとバイオレントに吹き荒れるサックスがとにかく圧巻のチェンバー・ジャズロック!この演奏の強度、迫力は間違いなく南米トップレベルでしょう。

AKINETON RETARD

試聴 Click!

もうこれは、クリムゾン『太陽と戦慄』『レッド』やヘンリー・カウ『レッグエンド』あたりが好きなら聴くしかないでしょう!チリ出身、漆黒のレッドゾーンぶっちぎりレコメン!

PROTOFONIA

試聴 Click!

クリムゾン、ヘンリー・カウ、キース・ティペット、オーネット・コールマンから影響を受けたブラジルの新鋭トリオ、充実の2013年作!

1870

試聴 Click!

メキシコの新鋭チェンバー・ロック・バンドによる11年作。その内容はUNIVERS ZEROの1st+現代エレクトロニック・サウンドと言うべき唯一無二の代物。少しでも気を許せば即襲ってきそうな、尋常ではない緊張を聴き手に強いる邪悪系チェンバー・ロックに仕上がっております。

Facebookコメント

在庫一覧

  • AKINETON RETARD / AKRANANIA

    チリのレコメン系グループ、02年作の2nd、『太陽と戦慄』『レッド』やヘンリー・カウのファンは悶絶必至!

    チリのレコメン系グループ。02年作の2nd。もうこれは、キング・クリムゾン『太陽と戦慄』『レッド』やヘンリー・カウ『レッグエンド』あたりが好きなら聴くしかないでしょう。ヘヴィに疾走するキレ味鋭いギター、狂暴に畳みかける管楽器、漆黒の変拍子。どの曲も前のめりにアグレッシヴなので、レコメンと言えど難しさはなく、オープニング数秒で一気に引き込まれます。これはカッコ良いです。名作!レーベル管理上の問題で、ジャケや背ジャケに一部傷がある場合がございます。ご了承ください。

  • ANGEL ONTALVA / MUNDO FLOTANTE

    スペインのRIO系グループOCTOBER EQUUSのギタリスト、豊潤な12年ソロ作

    00年代以降にチェンバー/アヴァン・ロックの優れたグループが続々と出てきていますが、そのスペインの筆頭格と言えるOCTOBER EQUUSのギタリストによる12年作1stソロ。キング・クリムゾン的なバンドのサウンドと比べ、カンタベリー・ミュージックやヘンリー・カウなどレコメン系に通じるヴィンテージ感とともに、地中海や中近東音楽のエキゾチックなフレイヴァーを感じるのが印象的。温かみあるトーンで緊張感あるフレーズを奏でるサックスとフルート、そして艶やかで浮遊感あるギターとが緻密に交差するアンサンブル。そして、アレアにも通じるウネリの効いたエキゾチズム。スペインには70年代に数多くのジャズ・ロック/アヴァン系の名作が生まれましたが、その中のMUSICA URBANAに雰囲気が似ています。往年のスパニッシュ・ジャズ・ロック(ライエターナ・ミュージック)のDNAを継ぐ豊潤な傑作。これは素晴らしいです。

  • HENRY COW / UNREST

    アヴァン/チェンバー・ロークの先駆的グループ、74年2nd

    74年作2nd。GEOFF LEIGHに代わり、バスーン/オーボエ奏者のLINDSAY COOPERが加入。管楽器がフューチャーされ、より室内楽的なアンサンブルへの比重が高まった印象。ユーモラスな雰囲気も前作には無い本作の特徴です。ただ、緩さは皆無で、変拍子を巧みに用いた構成とフリーキーな演奏により、終始緊張感が保たれています。もう形容する言葉が無い圧倒的なエネルギーを放つ「RUINS」は全プログレ・ファン必聴の名曲。チェンバー・ロックの金字塔的傑作。

  • HUMBLE GRUMBLE / GUZZLE IT UP

    ベルギーの新鋭レコメン・グループ、スリリングかつ有機的な2012年傑作

    ベルギーで96年に結成されたグループで、当初はフォークとジャズのミュージシャンによるアヴァン・フォークを演奏していたものの、ザッパやゴングやX-Legged Sallyなどの影響の元、プログレッシヴなスタイルへと変遷。カンタベリーにも通ずるジャズ・ロック/プログレとなった2011年の傑作に続く2012年作がこちら。ヘンリー・カウに通ずる緊張感といかにも東欧的なエキゾチックなうねりとの間を行き交うクラリネットやサックス、力まずしなやかに鋭角な変拍子を織り交ぜるリズム隊、浮遊感のあるビブラフォン、スラップ・ハッピーやゴングのようにアヴァン・フレイヴァーとユーモアに満ちた知的なヴォーカル&メロディ。細かな展開が多くスリリングながら攻撃性はなく、音色はアコースティックで有機的と言えるアンサンブルが印象的。内ジャケに写るメンバーの服装からは独特なセンスを感じますし、アカデミックさと奇天烈さとヨーロピアンな洗練とがゴッタ煮されたサウンドは一筋縄ではいきません。それにしてもこれだけテクニカルなのにこの音の柔らかさと温かみ。00年代新鋭レコメン・グループとしては屈指と言える好グループ。これは名作です。

  • MIRTHKON / SNACK(S)

    アメリカに現れた恐るべき高速変拍子で疾走する狂気の暴走チェンバー・ロック・バンド!2012年作2nd

    管楽器奏者を含むアメリカの6人組レコメン系アヴァン・ロック・グループ。2013年作2nd。オープニングから高速変拍子のパートを恐るべきスピード感で切り返しながら、一気に突っ走っるアンサンブルのテンションの凄まじさときたら!ヘンリー・カウばりの狂気の変拍子とアグレッシヴかつ艶やかなバスーンやサックス、そこに暴力的に切れ込んでくるザクザクとメタリックなギター!とにかく圧倒的なスピード感とテンション。近年のアメリカには個性的なレコメン系グループが生まれていますが、このグループも要注目。暴走チェンバー・ロック名作!

  • OCTOBER EQUUS (OCTOBER EQUUS QUARTET) / ISLA PURGATORIO

    スペイン出身、ユニヴェル・ゼロ&クリムゾン影響下にある00年代チェンバー・ロックを代表するグループ、2013年の名作

    キング・クリムゾンやレコメン系バンドの影響の下、03年に結成され、06年にデビュー作をリリースしたスペインのバンドで、00年代以降のチェンバー・ロックを代表するバンドの一つ。管楽器奏者が加わってよりチェンバー・ロック色が増した2011年作『SATURNAL』を押し進め、音楽的リーダーのギタリストAngel Ontalva中心に、アルト・サックス奏者、ベース、ドラムの4人編成で制作された2013年作。ロバート・フリップ的なミニマルで緊張感あるフレーズから、ジャジーで流れるような早弾きまで存在感抜群のギターと、温かみあるトーンと対照的にフリーキーにむせぶヘンリー・カウを彷彿させるサックス、安定感抜群のリズム隊によるアンサンブルは70年代の名グループにも引けを取らない素晴らしさ。ライヴ感ある生々しいサウンドも特徴で、アナログな感覚のヴィンテージな響きは、まるで70年代の発掘音源のようです。クリムゾン『太陽と戦慄』や『ディシプリン』、ヘンリー・カウなどレコメン系、チェンバー・ロックのファンは必聴の名作。

  • UNIVERS ZERO / UZED

    ロック的アプローチの導入を更に押し進めた、「チェンバー・ロック」の完成形を提示する傑作4th、84年作

    ダニエル・ドゥニが全ての作曲を手掛け、楽曲は更なる先鋭化をみせる4作目。前作のヴォルテージを保ちながらも、シンセサイザーを導入して新たな地平へと更なる飛躍を試みたこれまた傑作。(国内盤帯より)