プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

NIMBUS: VERTIGO YEARS ANTHOLOGY

BEGGARS OPERA

ECLEC22343(CHERRY RED

2枚組、新規デジタル・リマスター。

評価:50 1件のレビュー

VERTIGOレーベルに所属したキーボード・プログレ・バンド、1st〜4thを全曲収録したアンソロジー!

ヴァーティゴ・レーベルを代表するバンドの一つBEGGARS OPERAの初期作品4枚を、新規リマスターを施し、2枚組にまとめたアンソロジー。『ACT ONE』『WATERS OF CHANGE』『PATHFINDER』からの全曲に加え、4作目『GET YOUR DOG OFF ME』より一部の楽曲を収録。リマスター効果によりオルガン、ピアノ、ハープシコードなどの鍵盤サウンドに綺羅びやかさが増しており、このバンドの魅力である垢抜けなさとエレガンスさが絶妙に入り交じるサウンドがより活き活きと輝き出します。『ACT ONE』のみ、あるいは名作『PATHFINDER』のみしか聴いたことがないという方には、まさにうってつけのアンソロジー集となっています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

RAW MATERIAL / TIME IS... の商品詳細へ

RAW MATERIAL/TIME IS...

サイケデリックな質感を有したハード・ジャズ・ロック・グループ、NEONレーベルの中でも最レア盤として知られた71年2nd、アートワークはキーフ

790円(税込869円)

CRESSIDA / TRAPPED IN TIME の商品詳細へ

CRESSIDA/TRAPPED IN TIME

Vertigoレーベルに残した2枚の名作で知られる英オルガン・ロック・グループ、レーベル契約前の69年にレコーディングされたデモ音源集!全11曲

1,690円(税込1,859円)

JONESY / MASQUERADE: DAWN YEARS ANTHOLOGY の商品詳細へ

JONESY/MASQUERADE: DAWN YEARS ANTHOLOGY

彼らが残したオリジナル・アルバム3作「NO ALTERNATIVE」「KEEPING UP」「GROWING」の全曲に、シングル音源とセッション音源3曲を加えた全23曲アンソロジー

1,690円(税込1,859円)

SPONTANEOUS COMBUSTION / SPONTANEOUS COMBUSTION の商品詳細へ

SPONTANEOUS COMBUSTION/SPONTANEOUS COMBUSTION

グレッグ・レイクに見出された平均年齢17歳のハード・ロック・トリオ、72年1st!

1,990円(税込2,189円)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ACT ONE

    BEGGARS OPERA

    REP7041WP(REPERTOIRE

    評価:40 1件のレビュー

    ボーナス・トラック2曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    トレーに黄ばみあり

    ヴァーティゴ・レーベル所属、クラシカルなキーボードをフィーチャーしたブリティッシュ・ロックの逸品、70年リリース

    荘厳なオルガンを中心に、ドライヴ感いっぱいに繰り広げられるクラシカル・ハード・ロックがたまらん!英国プログレの名グループ、ブリティッシュな魅力が詰まった70年デビュー作!

  • WATERS OF CHANGE

    BEGGARS OPERA

    REP5072(REPERTOIRE

    評価:50 1件のレビュー

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    メロトロンが彩るドラマティックでスケールの大きな英国プログレッシブ・ロック、71年作

    クリムゾンの1stを彷彿とさせるメロトロンとくすんだトーンの英国らしいオルガンのコンビネーションがたまらないなぁ。堂々と歌い上げる憂いあるヴォーカルも胸にくる。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 音がきちんと整頓されている。(4 拍手)

あんちょびさん レビューをすべて見る

「グレイシャスが出なくて、何故ベガーズ・オペラが?」と思ったが、
好きなバンドであるのは確かなのでとりあえず買って聴き比べてみる事に。
自分は1、2作目をレパトワ盤、3作目を日本盤で持っているのだが…

1st収録曲:やたら目立ったリズム隊の音量を若干抑えている。
2nd・3rd収録曲:音割れ気味だった全体の音を抑えて、出来るだけ修正。
(4thはアルバムで聴いた事がないので評価のしようが無い)

1st収録曲を聴いていて一番驚いたのは『パッサカリア』。
これを聴いて、レパトワ盤ではL・Rがひっくり返っていた事が発覚。
(これでは1stの他曲同様、右に鍵盤・左にギターとなっている)
シングル曲の音質改善は殆ど無い(特にシンク)。これが限界なのだろう。
2nd・3rdは過剰だった音圧を抑えているが、音割れは若干残っている。

ドタバタとした音が整頓されたのは確かに正しいが、ちょっと寂しくもある。
でもこれでグリフィスのジェントルなVoが聴き易くなるのは有難い事だ。
この2枚組によって、影の薄い2ndが再評価…されないかなぁ(苦笑)

ナイスレビューですね!