プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ROUGH DIAMOND

ROUGH DIAMOND

SR51128132(SUNRISE

評価:45 4件のレビュー

僕にとっては、スーパー・バンドなんだよね。元ユーライア・ヒープのデヴィッド・バイロン(Vo)でしょ、そんでなんてったって元コロシアム〜ハンブル・パイのいぶし銀ギタリストのデイヴ・クレムソン!

デヴィッド・バイロン(vo)、クレム・クレムソン(g)らによるキャッチーでスピード感溢れる英ハード・ロック、77年唯一作

元URIAH HEEPのヴォーカリストDavid Byronを中心に、COLOSSEUMやHUMBLE PIEで活躍したギタリストDave Clem Clempson、元WINGSのドラマーGeoff Brittonなどにより結成されたグループ。77年リリースの唯一作。アグレッシヴなギター・リフをフィーチャーした、キャッチーでスピード感溢れるハード・ロック。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

HUSTLER / HIGH STREET の商品詳細へ

HUSTLER/HIGH STREET

ハード&メロウで時にドラマティックなサウンドにグッときっぱなしな英ハードの逸品!74年作1st

2290円(+税)

NUTZ / NUTZ の商品詳細へ

NUTZ/NUTZ

突き抜けるような英ハード・ポップ!74年作1st

2290円(+税)

BOOMERANG / BOOMERANG の商品詳細へ

BOOMERANG/BOOMERANG

ヴァニラ・ファッジの元メンバーが結成した米ハード・ロック・グループ、71年作

2290円(+税)

STRIDER / EXPOSED の商品詳細へ

STRIDER/EXPOSED

腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

マイナー英国ハードの荘厳な世界

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 メンツはA級、音はB級?いぶし銀のブリティッシュ・ハード(13 拍手)

kobakunさん レビューをすべて見る

これだけのメンツをそろえながら、ブレイクできなかった悲劇の1枚。時代が悪かったのか?ヒープほどハードではなく、ハンブル・パイほどファンキーではない。ちょうど中間に位置する、ほどよくハードでほどよくポップな、まぁある意味では中途半端な作品です。

でも侮るなかれ。ストレートなギター、シャウトするヴォーカル、タイトなリズム隊、愛すべき70年代ブリティッシュ・ハードの要素はすべてそろっています。パンク・ニューウェーヴ時代に抗う、これぞオールドウェーヴの音。初めて聴いた中学時代から30数年たった今なお新鮮で、あの頃最先端だったパンク・ニューウェーヴの音の方が今となっては古臭く感じます。まさに「埋もれた名盤」の条件を満たしています。

それにしても70年代のB級ブリティッシュ・ハードって、こういう埋もれた名盤多いですよね。STRAY、TEAR GAS、HARD STUFF、HACKENSACKなどなど、挙げればきりがありません。共通するのは派手さはないけど、みんなちょっとプチ・プログレっぽくヒネリが効いていて、全然飽きがこない。そして何よりも曲がいい! みなさんも「いぶし銀」の良さをぜひとも体験あれ。

ナイスレビューですね!

評価:4 比較の対象で終わらされる悲運のバンド(5 拍手)

激石大好きさん レビューをすべて見る

77年の唯一の作。全曲自作。元Uriah Heep、元Humble Pie、元Wingsなどによって結成された所謂スーパーバンド。バンドはDavid Byron(Vo)とDave Clempson(g)を中心にしており、楽曲も主にこの二人が書いた模様。この二人が中心となった時点でUriah Heep、Humble Pieを比較の対象からはずすのは難しい話かもしれません。が、それではあまりに分が悪い。なにもHeepやPieにくらべ魅力が無いとか言っているのでありません。そもそもこの二人、HeepやPieにおいてメインソングライターでは無かったわけでありますから。”悪魔の叫び”や”強靭で豪快な黒いサウンド”といったものはあまり期待しないように。
内容のほうはというと、シンプルでタイトなハード・ロック。捻りの効いたものではないかもしれませんが、楽しく聴ける良作。比較ばかりで聴かず終いではもったいない。単純に良いものが聴きたいというのであれば落胆することはないと思います。

ナイスレビューですね!

評価:5 プログレ・ハードの傑作だった!(2 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

ヒープは素直に大好き!ということで関連作品はずいぶんとチェックしてきました。当然バイロンのソロと、本作の後、バイロン抜きのチャンピオンも聴いてきたんですが何故かコレだけは聴いたことなかった(縁がなかったなぁ...)。
クレムソンのヘヴィなG.とバイロンのシャウティングもかなり70年代末期の「断末魔の叫び(笑)」を感じさせて魅力たっぷりなんですが、4曲目のバラードと8曲目のピアノの嵐からなだれ込むラストの9曲目を聴けば「おぉっ!」となること間違いなし。これぞ、ヘヴィ・プログレ・ハード!
産業ロックの微塵も無し、やっぱりココラへんの英国モノはいいなぁ。
バイロンのソロ、久しぶりに聴きたくなりました。「ウエットン入り」とか「おまけメロトロン」とか、けっこう楽しめるんですよね。

ナイスレビューですね!

評価:4 聞かせるイイ曲が多いです。(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

デイビッド・バイロンの強烈な個性が際立つが、実はブギ・タイプの明るいハードロック。77年はハードロックの終焉みたいに言われていて、何をしても売れなかった頃だったと思う。ぬけぬけと上手いクレム・クレムソンのギターが聞けるのは、今となっては貴重な盤です。

ナイスレビューですね!