プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ユーロ・ハード名作選〜スペインやオランダやイスラエルにもハード・ロック・バンドが!?

TOAD

試聴 Click!

カエルジャケが世界にどれだけあるのかは知りませんが、インパクト的にはNo,1ではないでしょうか!当時「クリームの再来」とも謳われたスイスの名ハード・ロック・グループ!

JERICHO

試聴 Click!

前身バンドを含めると60年代から活躍するイスラエルを代表するグループ。72年作。タイト&スピーディーなアンサンブルと炸裂シャウト・ヴォーカル!エネルギッシュかつアグレッシヴなハード・ロックの名作。

I TEOREMI

試聴 Click!

イタリアはローマにて60年代末に結成されたハード・ロック・バンド。72年の唯一作。ずばり、サバスやツェッペリンのファンは必聴!

NOVEMBER

試聴 Click!

スウェーデン屈指のハード・ロック・バンドと言えば?「間」が絶妙で、フッと音が止まり、音の塊となって襲いかかる部分は痺れます!

CHARLIES

試聴 Click!

なんとムーミンの国フィンランドの70年代はじめに、こんなにもソリッドなハード・ロック・バンドが生まれていたとは。クリームやツェッペリン直系の強靭なバンド・アンサンブルはもちろん、フルートやサックスのジャジーな味付けも絶品。

POP MASINA

試聴 Click!

70年代初期の旧ユーゴにもこんなにも痺れるハード・ロック・バンドが居たとは・・・。サバスばりのヘヴィネスあり、ツェッペリンばりのスピード感あり、フロイドばりのメロウネスもあったり、良いバンドです。 http://bit.ly/1pnxgeC

STORM

試聴 Click!

スペインの4人組ハード・ロック・バンド、74年発表のデビュー作のオープニング曲。バダバダとエネルギッシュに疾走するリズム隊、ソリッドなリフをザクザクと刻むギター、うねるハモンド、サビのキャッチーなコーラス!超絶にかっこいい!

PAN

試聴 Click!

これは聴いてから、デンマークのバンドと知り、驚き…!中心人物ROBERT LELIEVREによる、へヴィー・ロックのアグレッシヴさの中に、フォーク、ジャズ、クラシック・ミュージックの素養を感じさせる作曲能力が特徴。

FLEA

試聴 Click!

これはずばりイタリアからのツェッペリンへの回答と言えそう!?英ハード直系の重さとイタリアならではの性急さが一緒くたになったサウンドのテンションたるや!

EVOLUTION

試聴 Click!

スペインにこれほど素晴らしいハード・ロック・グループがいたとは!鋭角に切り刻むアグレッシヴなギターを中心に畳みかける演奏は圧倒的なスピード感!

LENO

試聴 Click!

まるでジミー・ペイジが初期アイアン・メイデンに入ったような凄まじさ。70年代末のスペインにこんな強烈なハード・ロック・バンドが居たとは・・・。

YELLOW

試聴 Click!

ジミ・ヘンが天国でディープ・パープルの2倍速でカバーした感じ?フィンランドのハード・ロックなんですが、ものすごいテンション!

Facebookコメント

在庫一覧

  • CHARLIES / BUTTOCKS

    フィンランド出身、ヘヴィ・ブルース・ロックの名作、70年リリース

    フィンランド出身のサイケ・ハード・グループ。70年作の2ndアルバム。クリームやジミ・ヘンあたりからの影響が感じられるパワフルなブルース・ロックを土台に、フルートやサックスがジャジーな味付けを加えるサウンドは圧倒的な完成度。演奏力もかなりのもので、各楽器が一つの塊となったような力強いアンサンブルが鼓膜をズシズシと揺らします。1st、2ndあたりのジェスロ・タルに近い雰囲気もあります。英国ヘヴィ・ブルース・ロック好きは必聴。おすすめ!

  • EVOLUTION / EVOLUTION

    キレ味抜群のギターを中心にスピーディーに畳みかける本格派スペイン産ハード・ロック!70年リリース

    スペイン・アンダーグラウンド・シーンを代表するグループ。70年作。前のめりに疾走するリズム隊、鋭角に切り刻むようなアグレッシヴなギター・リフ、スピーディーに切れ込むギター・ソロのスピード感は圧巻。グルーヴィーかつアグレッシヴなハモンド・オルガンも炸裂し、音の塊を打ち砕くようなヴォーカルも痺れます。歌詞は英語。スペインを感じさせない、本格派のハード・ロック名作。

  • FLEA / TOPI O UOMINI

    ETNAの前身バンド、スリリングで熱気溢れるイタリアン・ハード、72年作

    ETNAの前身バンド。72年作の唯一作。ETNAとは異なり本作で聴けるのは、スリリングなギター・リフ、ヘヴィ&アグレッシヴな爆走ドラムをフューチャーしたハード・ロック。ブリティッシュ・ロックからの影響が強く感じられますが、性急な展開や伊語による熱気溢れる歌メロはいかにもイタリア。LP。

  • JERICHO / JERICHO

    イスラエルを代表するハード・ロック・グループによる72年作、本場英国の名作群にも引けを取らないハード・ロック史上に残る傑作

    イスラエル出身、60年代に後半に活躍したCHURCHILLSを前身に、JERICHO JONESと改名してイギリスに渡ってアルバムをリリースした後、さらにバンド名を短くJERICHOと改名。72年にリリースしたイスラエルが誇るヘヴィ・プログレ/ハードの逸品。エッジのたったトーンでスピーディーに畳みかけるギター・リフが引っ張るアグレッシヴなサウンドが持ち味。痺れるキメのリズム・チェンジなど、自由自在のアンサンブルはさすがイスラエル・ハードNo1グループ。炸裂するシャウト・ヴォーカルも素晴らしい。英国のハード・ロック名作にも一歩も引けを取らないハード・ロック史上に残る傑作。

  • LENO / LENO

    アグレッシヴなギターが疾走するエネルギッシュなスパニッシュ・ハード、79年作

    NUのメンバーとして1stを残したギター/VoのRosendo Mercadoを中心にマドリードで78年に結成されたスペインのハード・ロック・シーンを代表するグループ。79年のデビュー作。まるでジミー・ページが初期アイアン・メイデンに入ったような、そんな切れ味するどいスリリングなギターを中心に、汗を飛び散らせながらエネルギッシュに畳み掛けるスピーディーなリズム隊が一体となったソリッドなハード・ロックが持ち味。それにしても、オープニング・ナンバーでの長尺のギターソロの火を吹くようなエネルギーと鋭角なフレージングの切れ味は特筆もの。スペイン語による荒々しいシャウトヴォーカルも熱気むんむんだし、ものすごい音圧。しかも、曲の後半では、暴力性はそのままにメロトロンまで溢れだしちゃうんだから凄いです。これはハード・ロック・ファン必聴!

  • NOVEMBER / 6:E

    スウェーデンのグループ、72年作3rd、鋭角かつヘヴィなギター・リフと重量級リズムを中心としたヘヴィ・ブルース・ロックと叙情的なバラードが持ち味、72年リリース

    スウェーデンのグループ、72年作3rd。重量級リズムを土台に、鋭角かつヘヴィなギター・リフが炸裂するギュッとソリッドなヘヴィ・ロック。「間」が絶妙で、フッと音が止まり、音の塊となって襲いかかる部分に痺れます!美しいアコースティック・ギターや流麗なピアノによる叙情的なバラードもまた魅力的。ヘヴィなシャウト、バラードでのエモーショナルな歌いまわしともに表情豊かなヴォーカルが印象的。名盤。

  • PAN / PAN

    プログレ黎明の70年に、デンマークの地でこれほどのサウンドを聴かせるグループが居たとは・・・70年の名作!

    デンマークのグループによる70年作で、わずか1000枚しかプレスされなかった激レア盤。ピーター・ハミルをアーシーにしたような、アーティスティック&ソウルフルなヴォーカルがとにかく印象的。アンサンブルも一筋縄ではいかない感じで、ブルージー&スモーキーかと思うと、変拍子にハモンドがからんでプログレッシヴになったり、ベースがゴリゴリと畳みかけたかと思うと、エコーに包まれたアコギが広がったり、まるでフリーとVDGGを足して二で割ったようなサウンドを聴かせます。まとまりのなさはなく、英Vertigoの名作に通ずる風格があるのが凄いところ。プログレ黎明の70年に、デンマークの地でこれほどのサウンドを聴かせるグループが居たとは。Vertigo、Harvestなどの英ロック/プログレのファンは是非、聴いてみてください。歌詞は英語。

  • POP MASINA / KISELINA

    旧ユーゴ産サイケ/ハード・ロック・グループ、73年デビュー作

    72年に結成された旧ユーゴは現セルビアのベオグラード出身のハード・ロック・トリオ。旧ユーゴ最初期のハード・ロック作品と言われる73年に国営レコード会社のPGP-RTSよりリリースされたデビュー作。左CHでエネルギッシュにかきむしられるリズムギター、右CHで爆音を轟かせてアグレッシヴに疾走するベース、中央でシャープなリズムを刻むドラム、そして気だるいヴォーカル。ソリッド&ハード・エッジなパートから一転、エコーに包まれサイケデリックなコーラスパートへと切り替わったと思うと、またもや突如ギターがキレのある早弾きで突っ走る!オープニング・ナンバーからこれは痺れます。ハードなナンバーだけでなく、アコギアルペジオに夢想的なヴォーカルが乗るピンク・フロイドばりに幻想的なナンバーも魅力的。サバスやツェッペリンのファンはもちろん、サイケ・ハードのファンにもオススメの好グループです。

  • TOAD / TOAD

    「クリームの再来」とも言われたスイス屈指のハード・ロック・グループ、71年の傑作デビュー作

    スイス屈指のハード・ロック・バンドによる71年のデビュー作。ドイツのサイケデリック・ロック・バンドBRAINTICKETで活動していたベースのWerner FrohlichとドラムのCosimo Lampisを軸に、英サイケ/スペース・ロック・バンドHAWKWINDで活動していたギターのVittorio 'Vic' Vergeatが参加してスイスはバーゼルにて70年に結成。ヴォーカリストとして後にISLANDでも活躍するBenjamin "Beni" Jaeger起用し、パープルやサバスやメイデンでおなじみのmartin Birchをエンジニアにロンドンで録音されました。凶暴に歪んだギターがヘヴィに切り刻むリフを中心に、ジャック・ブルースばりに暴れまわるベースと、ジョン・ボーナムの重さとジンジャー・ベイカーの手数を足してニで割ったようなドラムが重戦車のように畳み掛ける凄まじい音圧のハード・ロックが持ち味。ロッド・スチュワートやピーター・フレンチばりのしわがれシャウトが魅力のヴォーカルも印象的です。英国の一級のハード・ロック・バンドにも比肩するスイスのみならずユーロが誇るハード・ロック傑作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!