プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

QUELLA VECCHIA LOCANDA

QUELLA VECCHIA LOCANDA

VM054(VINYL MAGIC

評価:30 1件のレビュー

イタリアン・クラシカル・ロックの代表的グループ、72年1st

専任ヴァイオリン奏者を擁するイタリアン・シンフォニック・ロックバンドの72年デビュー作。その内容はサイケデリックな香りをを放つロック・アンサンブル、そして全体にアコースティックな味わいとイタリアらしい詩情を感じさせるシンフォニック・ロックであり、ヴァイオリンのクラシカルなフレーズ、華麗なピアノ、存在感のあるフルートなどを用いて彩った名盤。アコースティックな楽器群をメインに据えていることもあって他のシンフォニック・ロックグループよりも垢抜けない音像がとても個性的であり、へヴィー・プログレッシブな作風と味のあるクラシカルなサウンドが同居しています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

QUELLA VECCHIA LOCANDA / IL TEMPO DELLA GIOIA の商品詳細へ

QUELLA VECCHIA LOCANDA/IL TEMPO DELLA GIOIA

74年作、クラシックの豊かな素養を発揮する美麗ヴァイオリンをフィーチャーした、イタリアン・クラシカル・ロックを代表する傑作!

1490円(+税)

LATTE E MIELE / PASSIO SECUNDUM MATTHEUM の商品詳細へ

LATTE E MIELE/PASSIO SECUNDUM MATTHEUM

ELP影響下のイタリアはジェノヴァ出身キーボード・プログレ・バンド、72年作1st

1290円(+税)

P.F.M / STORIA DI UN MINUTO の商品詳細へ

P.F.M/STORIA DI UN MINUTO

71年リリース、イタリア本国でのデビュー作、イタリアらしい芸術的な感性が発揮された傑作!

3290円(+税)

FORMULA 3 / LA GRANDE CASA の商品詳細へ

FORMULA 3/LA GRANDE CASA

これぞイタリアン・ロック!芳醇な歌心と哀愁に満ちた名作、73年のラストアルバム

1090円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 歓喜の時

    クエラ・ヴェッキア・ロカンダ

    BVCM37428

    評価:45 2件のレビュー

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2100

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    帯無、紙ジャケに小さい圧痕あり、解説に若干黄ばみあり、盤傷やや多めにあり

    74年作、クラシックの豊かな素養を発揮する美麗ヴァイオリンをフィーチャーした、イタリアン・クラシカル・ロックを代表する傑作!

    ヴァイオリンが放つクラシカルな格調高さはニュートロルスの名作『コンチェルト・グロッソ』をも上回る!?溢れんばかりの濃厚なイタリア叙情にノックアウト必至〜!

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    背ジャケに若干汚れあり

    74年作、クラシックの豊かな素養を発揮する美麗ヴァイオリンをフィーチャーした、イタリアン・クラシカル・ロックを代表する傑作!

    ヴァイオリンが放つクラシカルな格調高さはニュートロルスの名作『コンチェルト・グロッソ』をも上回る!?溢れんばかりの濃厚なイタリア叙情にノックアウト必至〜!

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | | 不良 |

    ジャケにごく小さいカビあり

    74年作、クラシックの豊かな素養を発揮する美麗ヴァイオリンをフィーチャーした、イタリアン・クラシカル・ロックを代表する傑作!

    ヴァイオリンが放つクラシカルな格調高さはニュートロルスの名作『コンチェルト・グロッソ』をも上回る!?溢れんばかりの濃厚なイタリア叙情にノックアウト必至〜!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 ★3.9(0 拍手)

アカズノマさん レビューをすべて見る

セカンドアルバム「Il Tempo Della Gioia」がイタリアンロック/プログレの名盤と言われるバンドのファーストアルバム

冒頭のヴァイオリンとピアノのスリリングな絡み(なんか素早い鳥が二羽翔んでるみたいなイメージが沸いちゃう)で一瞬で惹き付けられました

ファーストということで若干未整理な部分があり、それほど長くない一曲の中で「やりたいこと目一杯詰め込みましたぜ!」てな具合で次々と忙しく曲調が変わるので、じっくり腰を据えて味わいたい人には向かないかもしれません。

が、歌、演奏共に耳に残るキャッチーなフレーズが意外に多かったり、冒頭から大活躍するヴァイオリンとピアノに加えて結構激しめなフルートも要所要所で存在感を示してくれるので飽きずに楽しめる。
なかなかヘヴィなドラムも好み(4曲目〜5曲目への展開が好き)。ギターや歌も派手でも地味でもなく丁度いい(笑)


全体的にハードなロックの大味なパートとクラシカルな繊細、叙情的なパートとの継なぎ目の展開に強引さは多々あれど、一気に聴かせる力業に魅力を感じずにはいられない

個人的にはセカンドと共に凄く好きな作品
PFMやOSANNAが好きなら一聴すべき!(まあ、大抵の方は既に聴いているかと思いますが)

ナイスレビューですね!