プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ジョバンナに捧ぐ

フンカ・ムンカ

BVCM37589 【2005年発売CD】

紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2100。

評価:40 1件のレビュー

レイト60’sブリティッシュ・ポップに格調高きイタリアン・シンフォを混ぜたら?荘厳なチャーチ・オルガンやメロトロンに乗って溢れ出す甘いヴォーカルがたまらなくゴージャス。それにしても何でこのジャケットなんだろう…。

イタリア、キーボードをフィーチャーしたシンフォニックな歌ものプログレ、72年唯一昨、4曲目「Cattedrali Di Bambu」はこれぞイタリアなシンフォ名曲!

Anonima Sound Ltdの元キーボード奏者、ロベルト・カルロットが変名で発表した唯一のアルバム。72年発表。まるで教会で聴いているかのような重厚なオルガン、メロトロンの壮大なアレンジと流れるように美しいメロディーは絶品の一言。4曲目「Cattedrali Di Bambu」で聴かれるメロトロン、ストリングスによる音の洪水とドラマティックなメロディーにはただただ涙するのみ。シンフォニック・ロックという言葉では言い尽くせない普遍的な名曲です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

QUELLA VECCHIA LOCANDA / IL TEMPO DELLA GIOIA の商品詳細へ

QUELLA VECCHIA LOCANDA/IL TEMPO DELLA GIOIA

74年作、クラシックの豊かな素養を発揮する美麗ヴァイオリンをフィーチャーした、イタリアン・クラシカル・ロックを代表する傑作!

1490円(+税)

KING CRIMSON / ISLANDS の商品詳細へ

KING CRIMSON/ISLANDS

クリムゾン史上最も儚く美しいサウンドを聴かせる71年4th

990円(+税)

KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING の商品詳細へ

KING CRIMSON/IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

69年発表、ロック・シーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

990円(+税)

KING CRIMSON / LIZARD の商品詳細へ

KING CRIMSON/LIZARD

70年3rd、表題曲にはYESのジョン・アンダーソンが参加

890円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

大御所&実力派イタリアン・バンドの宝庫、RICORDIレーベル!

まとめて試聴する

このアーティストのその他タイトルのCD

  • DEDICATO A GIOVANNA G

    HUNKA MUNKA

    74321984482(BMG

    紙ジャケット仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    紙ジャケに小さい破れあり、圧痕あり

    イタリア、キーボードをフィーチャーしたシンフォニックな歌ものプログレ、72年唯一昨、4曲目「Cattedrali Di Bambu」はこれぞイタリアなシンフォ名曲!

    レイト60’sブリティッシュ・ポップに格調高きイタリアン・シンフォを混ぜたら?荘厳なチャーチ・オルガンやメロトロンに乗って溢れ出す甘いヴォーカルがたまらなくゴージャス。それにしても何でこのジャケットなんだろう…。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 トイレにいくたびにこの盤を思い出す(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

フンカ・ムンカ(本名ロベルト・カルロット。めんどくさいのでこれで通します。)は、バンド然としていながら、鍵盤歌手のソロ。潔いことに作曲はすべて職業作曲家です。圧倒的な鍵盤の洪水状態を聴くべき盤…でありながら、2曲めの「ルオーテ・エ・ソグニ」のすさまじいハモンド、ドラムズ攻撃が大好きです。朗々と歌い上げる冒頭から、ハモンドのつまみをいじって変調。ドラムズがなだれ込んできて、ユーライア・ヒープ状態になるというヘビーロック・ユーザー泣かせの曲です。

曲によっては歌謡曲にしか聴こえません。きっと彼は、自分の歌手としての限界を知っていたんでしょう。声変わりする前のような、なよなよした声なんです。一方で鍛え上げた鍵盤の腕前を聴かせたい。なので、このスタイルに落ち着いたのじゃないかと推測しています。プログレ正統派からは、あまり歓迎されないスタイルです。

カケレコさんの紹介にあるとおり、4曲めの「カテドラリ・ディ・バンブー」は、弦楽と鍵盤の洪水の中をフンカ・ムンカの絶唱が駆け上がるすさまじい名曲です。この曲だけは別格的完成度。サンレモでもいい線いくんじゃないでしょうか。好き嫌いはありそうですが。

便器が開くカバーが欲しくて、前評判もなにもチェックせず購入した盤です。もう再発されてから15年も経ちますか。なんてこった、です。

ナイスレビューですね!