プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

CRUSH THE SEED

RED SAND

686186958122(SPBN

ペーパーケース仕様、ボーナス・トラック1曲。

評価:40 1件のレビュー

前作まではMARILLION影響下のサウンドが特徴でしたが、本作ではPINK FLOYD色が非常に濃厚に。ふくよかなオルガンの上でブルージーに踊るギター。フロイド・ファンならニンマリすること間違いなし。

デイヴ・ギルモアやスティーヴ・ロザリー影響下のギタリスト率いるカナダのプログレ・バンド、PINK FLOYD色濃厚な20年作!

デヴィッド・ギルモア、アンディ・ラティマー、スティーヴ・ロザリーらに影響を受けたギタリストSimon Caron率いるカナダはケベックのプログレ・バンド、昨年9thに続く20年作10th。か、かなりピンク・フロイド!前作まではマリリオンからの影響色濃いエモーショナルかつモダンなサウンドが特色でしたが、本作ではマリリオンよりもむしろピンク・フロイド色が濃厚に。ふくよかなオルガンに乗せてこれでもかとブルージーなギター・ソロが炸裂する2曲目なんて、ギルモアが参加しているのかと思ってしまうほどでニンマリ!なおかつモダン・プログレ的な重厚さやハードなドライヴ感もあって、これは格好いいです。フロイド好きは是非。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

WAVE / DREAM の商品詳細へ

WAVE/DREAM

ピンク・フロイド直系ポーランド新鋭による20年作3rd、端正なピアノをフィーチャーした幻想的で妖艶な音世界が素晴らしい傑作!

2,190円(税込2,409円)

GOSTA BERLINGS SAGA / KONKRET MUSIK の商品詳細へ

GOSTA BERLINGS SAGA/KONKRET MUSIK

MAGMAやHELDONファンは悶絶必至!スウェーデン、クリムゾン・タッチのヘヴィかつ洗練されたプログレ、20年の快作!

2,800円(税込3,080円)

DAVID MINASIAN / SOUND OF DREAMS の商品詳細へ

DAVID MINASIAN/SOUND OF DREAMS

CAMELの映像作品制作にも関わる米key奏者、ハケット、アニー・ハズラム、ビリー・シャーウッド、ジャスティン・ヘイワード他をゲストに迎えひたすら美麗なシンフォ・プログレを紡ぐ20年3rd

2,590円(税込2,849円)

SEGUE / HOLOGRAMS の商品詳細へ

SEGUE/HOLOGRAMS

ポーランド、ORGANIC NOISESのギタリストとキーボーディストによるグループ19年作、目の覚めるようにテクニカルで鮮やかなジャズ・ロック傑作!

2,190円(税込2,409円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • SOUND OF THE SEVENTH BELL

    RED SAND

    SPBNMUSIC2021(RED SAND

    ペーパーケース仕様

    MARILLION、PINK FLOYD、CAMELを融合させたようなシンフォニック・サウンドが魅力、カナダの新鋭バンドによる21年作!

    レーベル管理上、ペーパーケースに若干角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

    David Gilmour、Andy Latimer、Steve Rotheryらに影響を受けたギタリストSimon Caron率いるカナダはケベックのシンフォニック・ロック・バンド、21年作。S. Rotheryからの影響を最も感 ... 続き

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 カナダのバンドらしい清涼感はないけれど、フロイド・ファンにはおススメ(5 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

コメントを読むと10作も発表しているベテラン・バンドのようだが、「フロイド好きは是非」というひと言に魅かれて初めて聴いてみた。
カナダと聞くと、カラッとした清涼感のあるサウンドや、透明感のあるシンフォ・バンドを想像するが、1曲目から陰りのある曲でその予想は覆される。

確かに「炎」期のフロイドのような2曲目など、かなりピンク・フロイドに接近した音作りになっているが、ヴォーカルのタイプが異なることもあってバンド独自の色合いもある。
どうしてもギルモアのようなギターに耳を奪われてしまうのだけれど、キーボードの活躍も見逃せない。
ピアノの演奏が印象的。
詳細なクレジットはないのでわからないけれど、メロトロンっぽい音も・・・。

タイトル曲「Crush the seed」のPart1〜Part3を軸に構成されているが、フロイド・ファンにはまさにフロイド・サウンドの2曲目、プログレ・ファンには17分を超える大作である7曲目がおススメ。

ナイスレビューですね!