プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ELOやQUEENになれなかった愛すべきB級グループたち

CAPABILITY BROWN

試聴 Click!

ヒプノシスによる唇チャック・ジャケでお馴染み。プログレと英ポップの隙間で埋もれてしまった悲しき作品ですね。英国らしい憂いのあるメロディ、QUEENばりのコーラス、ドライヴ感あるアンサンブル!グッとくる名曲ですね。

KRAZY KAT

試聴 Click!

元CAPABILITY BROWNの中心メンバーによるグループ。76年作の1stより。よりポップ色を増したメロディが持ち前の卓越したコーラスと合わさった極上の英ポップを聴かせてくれます。PILOTや10ccやBADFINGERやQUEENのファンは是非!

HUDSON-FORD

試聴 Click!

メロディは素晴らしいし、演奏もセンス抜群なのに、やっぱりルックスが原因なのか、B級で忘れられてしまった愛すべきグループ。ウィングスのファンならたまらないはず!

JUDAS JUMP

試聴 Click!

70年唯一作より。R&Bのグルーヴ感、キャッチーなメロディと分厚いハーモニー、メロトロンも入ったプログレ臭、怪しいジャケ。これぞニッチ・ポップの魅力満載!

TARNEY & SPENCER

試聴 Click!

ジェリー・ラファティーとクリス・レインボウとのデュオ!? そんな牧歌性と都会的洗練とが同居した英ポップ・デュオがこちら。76年作のオープニング曲をご紹介。

SAILOR

試聴 Click!

出す作品はハイ・クオリティなのに、大きなシングルヒットに恵まれず、メジャーになれなかったグループ。ニューウェイブ勢に押され、オランダやドイツなどでしかリリースされなかった不運の78年5thより。心躍るド級の名曲!

PILOT

試聴 Click!

ポール・マッカートニーにも負けないキャッチーなメロディ・センス!瑞々しいハーモニー!躍動感いっぱいの演奏!ELOやQUEENも大好きだけど、PILOTはもっと好き!代表曲「MAGIC」は買ってから聴いてもらうとして、大好きなこの曲を紹介☆

GENTLE GIANT

試聴 Click!

一般的にプログレ・グループとして有名ですが、アメリカで人気爆発した70年代中期の作品は、ニッチ・ポップとしても一級品!まったく先が読めない奇想天外なサウンド、愛すべきルックス!このライヴ映像は必見ですね。

CITY BOY

試聴 Click!

ビートルズ〜ELO〜10ccの流れを受け継ぐ英国はバーミンガム出身のポップ・バンド。75年のデビュー作!10ccやコーギスやパイロットやアラン・パーソンズ・パイロットあたりが好物な方には間違いなくオススメ!

TARNEY SPENCER BAND

試聴 Click!

バック・コーラスやプロデュースとしても活躍した英国人デュオ。前作に比べてより洗練度を増した78年作。都会的なクールさの中に滲む英国的な憂いが印象的。流麗なメロディとハーモニーがスッと体全体に心地良く広がる爽快ニッチPOP!

CAFE JACQUES

試聴 Click!

AOR的サウンドの美学を、楽曲の髄にまで魅せる、彼らの77年発表作。キーボード、ギター、ドラムの3人組で全員がリード・ボーカルをとるところも特筆すべきところ。PHIL COLLINSがパーカッションで参加し、RUPERT HINE、Pro!

PILOT

試聴 Click!

またまたPILOT!だって大好きなんですもん!名曲いっぱいなんですもん!1stに続いてエバーグリーンな2ndより、全英一位に輝いた名曲「January」をご紹介。グッと来っぱなし☆

CLIFFORD T. WARD

試聴 Click!

ブリティッシュ・ポップ・ファン必聴の心躍るSSWによるニッチ・ポップな名品!都会的に洗練されてポップな印象のアレンジ、流麗なメロディと霧に包まれたような優美でジェントルなヴォーカルは相変わらず。まさにニッチ・ポップ・マエストロ。

NUTZ

試聴 Click!

ジャケからしてニッチ・ポップな香りプンプン!キャッチーなメロディ&コーラス、鋭角なギターを中心とする骨太かつキレのあるアンサンブル。これぞクイーンになれたなかった愛すべきグループ!

NUTZ

試聴 Click!

1stに比べ、アンサンブルはよりハード&ソリッドになり、切れ味がグッと増した印象。突き抜けるようにキャッチーなメロディは相変わらず。ツェッペリンからブルース色を抜き、代わりに英国伝統のポップ色で塗り上げたような、充実作!

WINKIES

試聴 Click!

ヒプノシスのジャケがまぶし過ぎっ!パブ・ロックとグラム・ロックの隙間に埋もれてしまった英ニッチ・ポップの愛すべき逸品!

FAIRFIELD SKI

試聴 Click!

ジョン・ボーナムの従兄弟が率いるバーミンガムのグループで、アビー・ロードやアップル・スタジオで73年に録音されながらお蔵入りとなった幻の作品なのですが、これがビートリッシュな気品に溢れ、初期パープルやクイーン的クラシカルなアート/ハード感もあって70s大英帝国ポップファン歓喜必至!

BLACKFOOT SUE

試聴 Click!

パイロットやトッド・ラングレンばりのキャッチーなメロディ、ガッツ溢れるハード・エッジなアンサンブルを軸に、TレックスやDボウイばりの煌びやかさを加えた、B級にとどめておくにはもったいない英ニッチ・ハードロッキン・ポップ!

QUANTUM JUMP

試聴 Click!

名プロデューサー/Key奏者のRupert Hine率いるバンドで、10ccやKORGISとフュージョン・バンドとがセッションしたような、そんな知的でセンス抜群のブリティッシュ・ポップ!

RUBETTES

試聴 Click!

ジャケからしてニッチ・ポップ度120%ですが、音もルックスもこれぞニッチ・ポップ!ELOやPILOTファンとしては思わずこぶしをググッと握りしめてしまいます☆

NO DICE

試聴 Click!

ポール・マッカートニー〜ピート・ハムの系譜にあるエネルギッシュなヴォーカルと甘くキャッチーなメロディがたまらない!アビーロードなどで録音され、77年にEMIよりリリースされたニッチなパワー・ポップ名品!

ELLIS

試聴 Click!

これはずばり「いぶし銀」の英国裏街道オールスターが集まったキャッチー&スワンピーな英国ロック快作!フェイセズをニッチ・ポップ寄りに寄せたようなアーシー&キャッチーな曲からスモーキーな英国スワンプまでグッとくる〜。

Facebookコメント

在庫一覧

  • BLACKFOOT SUE / NOTHING TO HIDE

    捻りに捻ったメロディ・センスはニッチ・ポップ・ファン必聴、英国出身ハード・ロック・バンドの73年発表1st

    英国出身、ハード・ロック・バンドの73年1stアルバム。ブルージーな速弾きを得意とするギターがヘヴィなサウンドを牽引。うねるベース、パワフルなドラム、よく跳ねるピアノを加えた骨太且つコンパクトなアンサンブルは、グラム・ロックの要素を感じさせます。甘い声質のヴォーカルも魅力的。キャッチーなメロディを随所に配するだけでなく、ファンタスティックなコーラスやメキシカンなメロディを導入するなど変化に富んだ曲調も特徴。捻りに捻ったメロディ・センスは英MR.BIGにも匹敵、ニッチ・ポップ・ファン必聴です。

  • CAFE JACQUES / ROUND THE BACK

    英国の隠れ名ポップ・グループ77年1st、RUPERT HINEによるプロデュース、PHIL COLLINS、JOHN G. PERRY (CARAVAN) などゲスト参加!

    AOR的サウンドの美学を、楽曲の髄にまで魅せる、彼らの77年発表作。1977年。キーボード、ギター、ドラムの3人組で全員がリード・ボーカルをとるところも特筆すべきところ。GENESISのPHIL COLLINSがパーカッションで参加し、RUPERT HINEによるプロデュースが光るファースト・アルバム。

  • CAPABILITY BROWN / VOICE

    英ロック/プログレ/ポップの魅力がギュウギュウに詰まった美味しすぎる名作!ヒプノシスによるアートワークも印象的な73年作2nd

    元HARMONY GLASSのTony FergusonやKenny Roweらによって結成されたブリティッシュ・ロックグループによる73年作。Hipgnosisのジャケットが個性的な本作は、ウェストコースト・ポップとプログレッシブなアンサンブルが融合した傑作であり、特にコーラス・ワークの妙技はQUEENを髣髴とさせる特筆すべきものです。また、リュートやバラライカなどの宮廷古楽的なアプローチも見せるなどその音楽的な引き出しは予想以上に多く、メロトロンが英国然とした哀愁とドラマティックな展開を生み出すなど聴き所に恵まれています。AFFINITYのヴァージョンがおなじみ「I Am and So Are Are You」やSteely Danの「Midnight Cruiser」のカヴァーをはじめ、20分を超える大曲も用意された傑作です。

  • CITY BOY / CITY BOY and DINNER AT THE RITZ

    英モダン・ポップ、75年作1stと76年作2ndを収録した2枚組

    ビートルズ〜ELO〜10ccの流れを受け継ぐ英国はバーミンガム出身のポップ・バンド。75年のデビュー作と76年作2ndをカップリングした2枚組。プロデュースはいずれも、後にフォリナーやデフ・レパードなどを手がけて成功するRobert John -Mutt- Lange。パストラルな色彩が印象的で、10ccやコーギスやパイロットやアラン・パーソンズ・パイロットあたりが好物な方には間違いなくオススメのニッチ・ポップな1st。そして、1stと比べ、グラム/モダン・ポップ直系の劇的なヴォーカルとキャッチーなメロディはそのままに、ギターやリズム隊の音のエッジが増し、メリハリの効いたパワー・ポップ/モダン・ポップになった2nd。いずれも英ポップ・ファン必聴の快作です。

  • ELLIS / WHY NOT ?

    「いぶし銀」の英国裏街道オールスターが集まったキャッチー&スワンピーな英国ロック快作!

    71年に結成された英ロック・バンド、73年リリースの2nd。メンバーは、LOVE AFFAIRのヴォーカルSteve Ellisを中心に、Key奏者のZoot Money、ドイツはフランクフルト出身で英国に渡りピーター・バーデンスのソロ作に参加したギタリストAndy Gee、元GREASE BANDのドラマーDave Lutton、元JUICY LUCYのベースJim Levertonの5人。ゲストとして、Mike Patto、Roger Chapman、Julie Tippetなどが参加で、プロデュースは、Mike Vernonと、英国ロックの「いぶし銀」オールスターと言える陣容となっています。スワンプ〜パブ・ロッキンなアンサンブルに、スティーヴのハイ・トーンの絞り出すようなシャウトが映える、ご機嫌なブリティッシュ・ロックにグッときます。フェイセズをニッチ・ポップ寄りに寄せたようなアーシー&キャッチーな曲からスモーキーな英国スワンプまで、英国裏街道の旨味がつまった快作!

  • GENTLE GIANT / FREE HAND

    クリサリス移籍後の最初のアルバムで、アメリカでもヒットした75年の代表作7th、複雑怪奇さとキャッチーさを奇跡的なバランスで両立させた大名盤!

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの75年7th。彼らのディスコグラフィーの中でも代表作と評されることの多い本作は、そういった彼らの個性が高い次元で消化された大傑作です。特に、複雑に計算され尽くしたコーラスワークが彼ら独特のポップな雰囲気を前作よりも強く押し出しており、ヴァーティゴ時代とは違い良い意味で垢抜けた音世界を持ったアルバムに仕上がっています。

  • HUDSON-FORD / NICKELODEON

    キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作、73年作

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。73年作の1st。ポール・マッカートニー直系のメロディ・センスと英国的な哀愁がにじみ出たヴォーカル&メロディがとにかく絶品。Gerry Raffertyあたりに通ずる雰囲気を感じます。中域がまろやかなメロウなギターを中心に、ピアノ、ストリングス、キーボード、バンジョーなどが、メロディを優しく包み込みます。スウィートで憂いのあるハーモニーと哀愁のバンジョーが胸に染みる「Angels」、必殺のメロディと格調高くリリカルなピアノ&ストリングスが素晴らしすぎる「I Wanted You」、ポール・マッカートニーが作るアコースティックな小曲に通ずる「Let Her Cry」、鮮やかな展開が見事なビートリッシュな「Revedations」など、とにかくキャッチーなメロディ・センスと奥行きのあるアレンジが素晴らしすぎます。メロディアスな曲だけでなく、1曲目「Crying Blues」など、粘っこくファンキーなリズムがキャッチーなメロディに絡みつくハード・ポップも魅力的。ブリティッシュ・ポップのファンは絶対に買いの一枚。おすすめです。

  • JUDAS JUMP / SCORCH

    あか抜けなさが魅力の愛すべきニッチ・ポップ・グループ、70年作

    元THE HERDで後にSTATUS QUOに参加するAndy Bownが、元AMEN CORNERのブラス隊と結成したグループ。70年唯一作。サックス、フルート、オルガンをフィーチャーした、R&Bやサイケ色濃厚なグルーヴィーなアンサンブルが土台ながら、メロトロンによる叙情的なパートを挟んだり、一筋縄ではいかないところがたまらない魅力。英国らしい哀愁のあるキャッチーなヴォーカル・メロディも良いです。ポップな部分はMOVEあたりを彷彿とさせたり、ニッチ・ポップのファンにもおすすめ。あか抜けない「いなたさ」も魅力で、FACESやパブ・ロックのファンも気に入るでしょう。ジャケットは怖いですが、サウンドは愛すべき英プログレッシヴ・ポップ。

  • KRAZY KAT / TROUBLED AIR and CHINA SEAS

    元CAPABILITY BROWNの主力メンバーによるグループ、ブリティッシュ・ポップの逸品!

    ヴォーカルやギターなどCAPABILITY BROWNの主力メンバーにより結成されたグループ。76年作1stと77年作2ndとをカップリングした2in1CD。美しいツイン・リード・ギターとドラマティックなコーラス・ワークによるポップ・プログレ、ヌケの良いギター・リフとキャッチーなメロディ&ハーモニーによるハード・ポップ、粘っこいファンキー・ロック、英国らしい憂いのあるメロディと流れるようなアンサンブルが胸にしみるフォーク・ロックなど、どの曲も印象的なメロディと味わい深いアンサンブルが絶妙な佳曲ぞろい。CAPABILITY BROWNのファンはもちろん、PILOTや10ccやBADFINGERやQUEENなどブリティッシュ・ポップのファン、ニッチ・ポップのファンはかなりグッとくるグループです。おすすめ

  • NO DICE / NO DICE

    ポール・マッカートニー〜ピート・ハムの系譜にあるヴォーカルが素晴らしい英パワー・ポップの好バンド、77年デビュー作

    70年代後半に活躍し2枚のアルバムを残したブリティッシュ・ポップ・バンド。アビー・ロードなど録音され、77年にEMIからリリースされたデビュー作。バンド名からして影響元を想像できてしまいますが、オープニング・ナンバーを聴いて「やはり!」。コシの入った歪みで元気いっぱいに鳴らされるリズム・ギターに熱いシャウトとハーモニーが生えまくるバッドフィンガーゆずりのパワー・ポップににんまり。よりパンク度を増した疾走感いっぱいのナンバー、ウィングスを彷彿させる伸びやかな英ポップあり、フックある佳曲ぞろい。張りのあるヴォーカルも素晴らしく、ポール・マッカートニー〜ピート・ハムの系譜にあると言えるでしょう。ビートリッシュなニッチ・ポップのファンは必聴!

  • NUTZ / NUTZ

    突き抜けるような英ハード・ポップ!74年作1st

    74年作1st。キャッチーなメロディ&コーラス、鋭角なギターを中心とする骨太かつキレのあるアンサンブル。突き抜けるような英ハード・ポップ

  • PILOT / FROM THE ALBUM OF THE SAME NAME

    名曲「Magic」収録の傑作デビュー作、74年作

    ブリティッシュ・ポップ永遠の名曲「Magic」収録の名作デビュー・アルバム。74年作。1曲目の「Just A Smile」からPILOT節炸裂弾けるようなギター、明快さの中にも切なさが胸に響くハイ・トーンのヴォーカル、心躍るハーモニー、キャッチーすぎるメロディ。本当に素晴らしい幕開け。そして2曲目が必殺の「Magic」。ギターが躍動するイントロからポップ好きの心を鷲づかみにします。次々と溢れ出るメロディにも涙。Paul McCartneyに匹敵するメロディ・センスと言っても過言ではありません。流れるように美しいメロディと歌心いっぱいのギターとが抜群のアンサンブルを奏でる完璧なブリティッシュポップ・チューン「Sooner Or Later」、リズムギターが心地良い「Don't Speak Loundly」、ストリングス・アレンジが美しい「Over The Moon」など、本当に素晴らしい佳曲揃い。ブリティッシュ・ポップ史に残るエバーグリーンな名作。

  • PILOT / SECOND FLIGHT

    全英1位の代表曲「January」収録、前作と並びブリティッシュ・ポップ史に輝く名作、75年作

    名作1stに続き、キャッチーかつ憂いのあるメロディと弾けるようでいてセンチメンタルなアンサンブルが光る佳曲がずらりと揃った、こちらも文句なしにエバーグリーンな名作2nd。75年作。「Call Me Round」なんて、10回ぐらい連続で聴いてもまだまだ聴き足りないぐらいに素晴らしすぎるメロディです。「Bad To Me」のキャッチーさの中にも憂いを含んだメロディと流麗なストリングス・アレンジもまた涙無しでは聴けません。そして極めつけは全英1位に輝いた名曲「January」。メロディはもちろんギターが素晴らしくて、歌のバックのメロディアスなオブリガードにはグッと来っぱなしです。最後を飾るWilliam Lyall作のバラード「Dear Artist」がまた気品があって素晴らしい。前作に勝るとも劣らない名作

  • QUANTUM JUMP / QUANTUM JUMP

    後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインがジョン・G・ペリーらと結成したブリティッシュ・ロック・グループ、76年デビュー作

    名プロデューサー/Key奏者のRupert Hineが、キャラヴァンやカーヴド・エアでお馴染みのベーシストJohn G Perry、ケヴィン・エアーズのソロ作の他、なんと井上陽水の「氷の世界」にも参加しているセッション・ギタリストのMark Warner、敏腕ドラマーのTrevor Moraisと結成したプログレ/ポップ・バンド。76年作のデビュー作。ひねりの効いたファンキーなビート、クールに洗練された都会的なキーボードや管楽器、さりげなく流麗なフレーズを繰り出すフュージョン・タッチのギター、英国的なシニカルさとにじみ出る知性がたまらないキャッチーなメロディ。10ccやKORGISとフュージョン・バンドとがセッションしたような、そんな知的でセンス抜群のブリティッシュ・ポップ。これは唯一無比な傑作!

  • SAILOR / HIDEAWAY

    78年リリース作、「Stay The Night」は英ポップファン卒倒モノの名曲!

    英国本国ではなぜかリリースされず、オランダやドイツなどでしか発売されなかった幻の5thアルバム。78年作。2曲目「Stay The Night」のキャッチーなこと!ビートリッシュでキャッチーなメロディ、ポップかつドラマティックなコーラス・ワーク、躍動感あるリズム、軽快でメロディアスなキーボード。ワールドワイドにヒットしても不思議ではない名曲です。何度聴いても思わずニンマリしてしまいます。その他の楽曲も、いかにもモダン・ポップな洗練された美メロがこれでもかと溢れ出てきます。英ポップの隠れた名作。

  • TARNEY & SPENCER / TARNEY AND SPENCER

    76年作、英国的なハートウォーミングさと都会的なセンスとが絶妙にバランスした英ポップの名作

    バック・コーラスやプロデュースとしても活躍した英国人デュオ。76年作。Gerry Raffertyを彷彿とさせるようなハートウォーミングな憂いとChris Rainbowを彷彿とさせる透明感あるハイ・トーンがたいへん魅力的なヴォーカル、英国叙情いっぱいのメロディ、一瞬でポップ・ファンの心を鷲づかみにするキャッチーなコーラス・ワーク、英フォーク・ロックの土の香りと都会的な洗練とが絶妙にバランスしたセンス溢れるアンサンブルが印象的。絶品ブリティッシュ・ポップ/ニッチ・ポップ

  • TARNEY SPENCER BAND / THREE'S A CROWD

    78年リリース、都会的なクールさと英国的ないなたさが滲むセンスは、これぞ英国ニッチ・ポップ!

    バック・コーラスやプロデュースとしても活躍した英国人デュオ。前作に比べてより洗練度を増した78年作。都会的なクールさの中に滲む英国的な憂いが印象的。流麗なメロディとハーモニーがスッと体全体に心地良く広がります。クールさといなたさが滲むセンスは、これぞ英国ニッチ・ポップ!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!