プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

EARTHLY PARADISE

EPIDAURUS

CD001(GARDEN OF DELIGHTS

評価:50 1件のレビュー

ツイン・キーボード編成で、メロトロン、アナログ・シンセ、ピアノから美旋律が溢れ、極めつけはアニー・ハズラムをよりクラシカルにしたような美声女性ヴォーカル!

ドイツ産ツイン・キーボードのグループ、叙情派ジャーマン・シンフォの名作、77年リリース

76年に結成されたジャーマン・シンフォニック・ロック・バンド、77年にわずか数百枚のプレスで自主制作された唯一作(94年に再結成作をリリース)。ギターレスのツイン・キーボード編成で、全編に渡って鳴り響くメロトロンをはじめ、ハモンド・オルガンやムーグなど、ヴィンテージ・キーボードがこれでもかとフィーチャーされています。格調高いクラシカルなピアノ、たゆたうリリカルなフルート、アタック感の強いベース、ふくよかでいてキレのあるドラムも印象的。各楽器の音色はどこか霧の向こうから聴こえてくるようで、ジェネシスを奥ゆかしくしたような、そんないかにもジャーマン・シンフォと言える幻想性に溢れています。そして、何と言っても特筆なのが、初期ルネッサンスのジェーン・レルフを彷彿させるようなクリアなハイトーンの女性ヴォーカル!アンサンブルの「奥ゆかしさ」は、女性ヴォーカルによりさらに幻想度を増し、神秘的とすら言えるでしょう。旧アルバムA面とB面でドラマーが異なり、シンフォニックなA面から一転、B面ではジャズ・ロック的な切れ味鋭いドラムとともに、夢想性はそのままに、フュージョンばりのテクニカルなアンサンブルも織り交ぜつつ、シャープに畳み掛けていきます。ラスト曲は、無機的でミニマルなシンセ・シーケンスも飛び出し、メロトロンとともに、観念的に鳴り響くシンフォニック・サウンドはこれまたドイツならでは。自主制作とは思えないテクニックと完成度を誇るジャーマン・シンフォ屈指の名作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TERPANDRE / TERPANDRE の商品詳細へ

TERPANDRE/TERPANDRE

81年作、メロトロンを大きくフィーチャーしたフレンチ・シンフォ屈指の名作

1390円(+税)

EXODUS / SUPERNOVA の商品詳細へ

EXODUS/SUPERNOVA

東欧シンフォ・プログレの名作、82年発表

2490円(+税)

ERE G / AU-DELA DES OMBRES の商品詳細へ

ERE G/AU-DELA DES OMBRES

カナダはケベック出身のシンフォ・グループ、02年作、ずばり傑作!

1390円(+税)

CELESTE / CELESTE の商品詳細へ

CELESTE/CELESTE

76年発表、イタリアン・ロック随一のメロトロン名盤にして素朴な歌心にも溢れる珠玉のイタリアン・シンフォ

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

メロトロン溢れる幻想の作品たち【ユーロ編】

まとめて試聴する

  • EARTH & FIRE 『SONG OF THE MARCHING CHILDREN』

    オランダ出身、一気にプログレ度を増した代表作2nd、メロトロンが溢れる荘厳な名作、71年作

  • MUSEO ROSENBACH 『ZARATHUSTRA』

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

  • CELESTE 『CELESTE』

    76年発表、イタリアン・ロック随一のメロトロン名盤にして素朴な歌心にも溢れる珠玉のイタリアン・シンフォ

  • EDUARDO BORT 『EDUARDO BORT』

    スペイン・バレンシア出身のギタリスト/ヴォーカリスト、メロトロン名盤として有名な75年作

  • TERPANDRE 『TERPANDRE』

    81年作、メロトロンを大きくフィーチャーしたフレンチ・シンフォ屈指の名作

  • AXIS 『AXIS』

    73年発表、ギリシアのみならずユーロ・ロック屈指と言って過言ではない!アヴァンギャルドかつ気品に満ちた傑作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ドイツ叙情派の傑作シンフォニックロック(9 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

77年1st、自主制作。

「ダブルメロトロン」なんて誰が言ったか、しかし、ツインキーボードという
個性を生かして生み出された重厚なシンフォニックサウンドは、
当時の他の自主制作プログレ作品のレベルを軽く超えています。

ドイツ特有の叙情的なサウンドとクラシカルな女性ボーカルのソプラノボイス
など、プログレファンなら万人に勧められます。

ナイスレビューですね!