プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

イースト・ウェスト

ポール・バターフィールド・ブルース・バンド

20P22106() 【88年発売CD】

定価1875。

評価:40 1件のレビュー

ジョン・メイオール?クリーム? ホワイト・ブルースなら本場の俺たちにまかしときな!1stのホワイト・ブルースの熱気はそのままに、サイケやラーガ色も取り込んで、より刺激的な音像へと変化を遂げた傑作2nd!

66年作の2nd、ホワイト・ブルース・シーンのみならず米ロック史上に残る傑作

ホワイト・ブルースの幕を開けた65年のデビュー作に続き、66年にリリースされた2nd。ブルース・ナンバーをエネルギッシュにストレートに聴かせた1stに比べ、アレンジにグッと幅が広がりました。特筆は12分を超えるタイトル・トラックで、ラーガ風味の長尺ギター・ソロが炸裂!1stと並び、米ロック史上に残る傑作です。

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ウォーキン・ブルース
2. ゲット・アウト・オブ・マイ・ライフ
3. 絶望の人生
4. オール・ジーズ・ブルース
5. ワーク・ソング
6. メアリー・メアリー
7. トゥー・トレインズ・ランニング
8. ネヴァー・セイ・ノー
9. イースト・ウェスト

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

1966年 - ブルース・ロック、サイケデリック・ロックの誕生、アルバム時代の到来!

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤キズ多めにあり

    ホワイト・ブルースの幕を開けた65年のデビュー作、マイク・ブルームフィールドの鋭角なギターが冴えるロック史上に残る傑作

    クラプトンを驚愕させたマイク・ブルームフィールドのギターと、ホワイト・ブルースの重鎮、ポール・バターフィールドのブルースハープが炸裂するサウンドは熱気とスピード感いっぱい!イギリスで言えば、『ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン』に当たる傑作ですね!

  • PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND and EAST-WEST

    PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND

    8122735712(WARNER

    2枚組、スリップケース付き仕様(画像はスリップケースです)

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    スリップケースに若干カビあり

    ブルースハープの名手Paul Butterfield率いるグループ、ブルース・ロックの名盤65/66年作を収録。

  • イースト・ウェスト

    ポール・バターフィールド・ブルース・バンド

    WPCR13277

    SHM-CD、定価2190+税

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、ビニールソフトケースの圧痕あり

    66年作の2nd、ホワイト・ブルース・シーンのみならず米ロック史上に残る傑作

    ジョン・メイオール?クリーム? ホワイト・ブルースなら本場の俺たちにまかしときな!1stのホワイト・ブルースの熱気はそのままに、サイケやラーガ色も取り込んで、より刺激的な音像へと変化を遂げた傑作2nd!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ああ、ロックの人名はややこしい(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ブルーズの様式とロックンロールの衝動をうまく組み合わせた点に彼らの新しさがあったのであろうと思います。ブルームフィールド、エルビン・ビショップのギターには、のちのハードロックにつながる衝動と重さを感じることができます。さすがに70年代以降の音と比べると「古典」に近いものがあり、日常的に聴くレコードではありませんが…。

タイトルの「イースト←→ウエスト」というのは、ブルームフィールドが東洋的なフレーズを曲に込めたつもりなのでしょう。要するにインドのラーガ的なテイストのことです。彼には全面的な自由が保障されていたらしく、よくもまあ意味のない弾きまくりをこれだけ続けられるな、と。それに比べるとビショップのギターは、いい意味で抑揚があります。リフのようなものはございません。ソロも感情的な起伏なく、曲芸に近い印象です。

ところでポール・バターフィールドとマイク・ブルームフィールドとマイク・オールドフィールドとバッファロー・スプリングフィールド。ごっちゃになりませんか。わたしはビギナーの頃、だいぶこれで苦労しました。バターフィールドがギター弾かないのがわかったの、相当たってからです。「ラスト・ワルツ」を見てて初めて気づきました。2021.10.30

ナイスレビューですね!