プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ポール・バタフィールド・ブルース・バンド

ポール・バターフィールド・ブルース・バンド

WPCR15003 【2013年発売CD】

13年デジタル・リマスター、定価1200。

評価:40 1件のレビュー

クラプトンを驚愕させたマイク・ブルームフィールドのギターと、ホワイト・ブルースの重鎮、ポール・バターフィールドのブルースハープが炸裂するサウンドは熱気とスピード感いっぱい!イギリスで言えば、『ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン』に当たる傑作ですね!

ホワイト・ブルースの幕を開けた65年のデビュー作、マイク・ブルームフィールドの鋭角なギターが冴えるロック史上に残る傑作

ホワイト・ブルースの幕を開けた65年の傑作デビュー作。クラプトンを驚愕させた米ロックが誇るギタリスト、マイク・ブルームフィールドと、知名度では劣るものの名ギタリストのエルヴィン・ビショップの2人による最高のギタープレイを中心に、ポール・バターフィールドのブルースハープが炸裂するサウンドは熱気とスピード感いっぱい。オープニングを飾る「Born In Chicago」からエネルギー全開で聴き手を飲み込みます。イギリスで言えば、『ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン』に当たる作品。ロック史上に残る傑作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

PAUL MCCARTNEY / NEW の商品詳細へ

PAUL MCCARTNEY/NEW

タイトルナンバー「NEW」を始め、変わらずのメロディメイカーぶりが炸裂の13年作!

590円(+税)

LITTLE WALTER / BEST OF LITTLE WALTER の商品詳細へ

LITTLE WALTER/BEST OF LITTLE WALTER

シカゴ・ブルース・ハーピスト、52~55年の代表曲、12曲。

590円(+税)

BLIND FAITH / BLIND FAITH の商品詳細へ

BLIND FAITH/BLIND FAITH

エリック・クラプトン/ジンジャー・ベイカー/スティーヴ・ウィンウッドというスター・ミュージシャンが集結しながらも、半年という短命に終わったスーパーグループ、69年唯一作

1190円(+税)

SPOOKY TOOTH / YOU BROKE MY HEART SO I BUSTED YOUR JAW の商品詳細へ

SPOOKY TOOTH/YOU BROKE MY HEART SO I BUSTED YOUR JAW

Gary WrightとMike Harrisonを中心に再結成されたバンドの第1弾、73年発表の5th

1690円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ボーン・イン・シカゴ
2. シェイク・ユア・マネー・メイカー
3. ブルース・ウィズ・ア・フィーリング
4. サンキュー・ミスター・プーバー
5. アイ・ガット・マイ・モージョー・ワーキング
6. メロウ・ダウン・イージー
7. スクリーミン
8. アワ・ラヴ・イズ・ドリフティング
9. ミステリー・トレイン
10. ラスト・ナイト
11. ルック・オーヴァー・ヤンダーズ・ウォール

テーマでカケハす。

米ブルース・ロック〜本場アメリカからの逆襲

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 成功の理由はブルーズ・ハープとビートにもある(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

レビューを書くため、CDを聴いていて気づきました。クリームの「クロスロード」は、原曲より1.Born in Chicago を発展させたものですね。「シェイク・ユア・マネーメイカー」はやっているし、「ミステリー・トレイン」はやっているし、オリジナルなブルーズマンより、英国ブルーズ・ロックに与えた影響が強そうです。マイク・ブルームフィールドが神格化されていて、実際見事な技巧を聴かせます。ですが、わたしはポール・バターフィールドのハープも、別格的な上手さだと思っています。

バターフィールド・ブルーズ・バンドの成功の理由は性急なビートにあると思っています。ブルーズ・スタンダードがせっつかれるようなビートに乗ると、カッコよさがパワーアップします。彼らが若い集団だったせいもあるんでしょう。ブルーズでもありますが、ジルバで踊れたんじゃないですか。わたしはブルーズ巨人たちの盤を聴く前、このCDでかなり予習になりました。

個人的な話。わたしはバターフィールド・バンドとバッファロー・スプリングフィールドがごっちゃになってしまい、別のバンドなのにどっちがどっちなのかよくわからなくなってしまいます。「アゲイン」を聴こうとして、バターフィールドの棚を漁るということをやる人間です。

ナイスレビューですね!