プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

けたたましく荘厳に鳴り響くジャーマン・オルガン・ハード選!

こんにちは。スタッフ増田です。

突然ですが、ジャーマン・ハードの特徴とは何でしょうか。私はズバリ「荘厳」かつ「なんだかバタついている」所だと思っています。

ブリティッシュ・ハード並に鋭く重厚で、哀愁もたっぷり醸し出しているのに、どことなく漂うバタバタとしたせわしなさ。そんなところが「B級」と言われてしまう所以なのですが、同時に愛すべき魅力でもあります・・・よね。

さて師走も半分を過ぎ、年末に向けていよいよバタバタと忙しくなってくる今日この頃。

今回はそんな季節にピッタリのジャーマン・ハード、それもオルガン入り!をセレクトいたしますよ。

KIN PING MEH/KIN PING MEH

まずはこちらの名バンド、71年1st。

ブルージーかつ切れ味鋭いギターに陰影たっぷりに鳴るハモンド、哀愁あふれるヴォーカル&コーラス、そしてこれぞジャーマン!な手数の多いドラム。

ユーライア・ヒープや初期パープル好きならずばり必聴のジャーマン・ハード・ロック!

試聴 Click!

MURPHY BLEND/FIRST LOSS

次はジャーマン・ハードの至宝を数多く持つKUCKUCKレーベルの中でも屈指と言われるこの作品。

クラシカルなハモンド、泣きのギターをフィーチャーし、静と動めくるめく展開で一気に上り詰める!

まさに「至宝」という言葉がぴったりくる名作!

試聴 Click!

PELL MELL/MARBURG

こ、この一曲目、ヒープやVERTIGOオルガン・ロックのファンはイチコロですよ。

クラシック大国ドイツらしい荘厳なオルガンや叙情的なヴァイオリンをフィーチャーした名作ですね。

試聴 Click!

WIND/SEASONS

次も要注目!重厚なオルガンをフィーチャーしたジャーマン・ハード70年1st。

けたたましいオルガンと沈みこむようにヘヴィなギターによるユニゾン・リフのカッコ良さときたら・・・。

このサウンド、ユーライア・ヒープのファンは悶絶必至!

試聴 Click!

SIXTY NINE/LIVE

なんとメンバーはkey奏者とドラムの2人だけ!?それなのにレッドゾーン振り切りまくりのこの破天荒さは凄い!

度肝を抜くこと間違いなしの独オルガン・ハード、72年傑作ライヴ盤!

試聴 Click!

WIND/SEASONS

重厚なオルガンをフィーチャーしたジャーマン・ハード70年1st。

けたたましいオルガンと沈みこむようにヘヴィなギターによるユニゾン・リフのカッコ良さときたら・・・。

こちらもユーライア・ヒープのファンは悶絶必至!

試聴 Click!

TOMORROW’S GIFT/TOMORROWS GIFT

ここで女性ヴォーカル・ハードもご紹介しておきましょう。

ギター、オルガン、唾飛ばしフルートが渾然一体となって狂おしく畳み掛けるアンサンブルの熱気が凄まじい!

一歩も引かない女性ヴォーカルも圧巻だし、このドイツのバンド、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴だなぁ。

試聴 Click!

JOY UNLIMITED/SCHMETTERLINGE

女性ヴォーカルものでもう一つ忘れちゃいけないのがJOY UNLIMITEDですよね。

ブルージーでジャジーなオルガン、幻想的なフルート、紅一点の女性ヴォーカル。

哀愁ほとばしらせつつ、TOMORROW’S GIFTよりもちょっぴりダークな雰囲気が漂っているのが良いです。

試聴 Click!

GASH/A YOUNG MAN’S GASH

さて男性ヴォーカルに戻りまして、こちらはBRAINレーベル発のジャーマン・プログレ・ハード72年デビュー作。

ウィッシュボーン・アッシュばりのタメの効いたツインギターにメロディアスなオルガン、哀愁のヴォーカル、そして壮大なストリングスが炸裂!

VERTIGOオルガン・ロックはもちろん、BARCLAY JAMES HARVEST好きにもオススメ。

試聴 Click!

NOSFERATU/NOSFERATU

初期ジェスロ・タルにグレッグ・レイクが入ったら、って感じ!?

ムーディーなフルートも織り交ぜたアグレッシヴでジャジーなサウンドがクール。

単発ながらかなりの高クオリティを誇る70年唯一作!

試聴 Click!

EJWUUSL WESSAHQQAN/EJWUUSL WESSAHQQAN

さあさあ、さらにディープに参りますよっ!

このバンド、バンド名は読めないし、ジャケは適当だし、内容はノイジーなオルガンやバタつくリズムやハチャメチャなベースが好き勝手に暴れまわってるし…。

でもこれぞ至高の「B級ジャーマン・ハード」と言える迷作、否、名作!

試聴 Click!

TIME OF COMMOTION/LIVE FROM THE 70’S – ES IST NIE ZU SPAT

最後に今年リリースされたばかりの幻のジャーマン・ロック発掘盤をご紹介!

ELOYやGURU GURUともツアーを行いつつアルバムを残さずに消えた謎のバンドのライヴ音源なのですが、これが荘厳かつ叙情たっぷりのオルガンが炸裂するなかなかの好盤!

CRESSIDAを思わせるジャジーなナンバーや初期フロイド彷彿のサイケなナンバーもあったりと楽曲のレベルも高いです。オルガン・ロック・ファンは是非チェック!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!

【関連ジュークボックス】

ジャーマン・ハード・ロック名作選


世界のオルガン・ロック特集

【関連記事】

世界のオルガン・ロック特集

くすんだトーンのオルガンが描く幻想的なオルガン・プログレを世界中から選りすぐってご紹介いたしましょう。

「クラウトロック」の在庫をもっと見る

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MURPHY BLEND / FIRST LOSS

    71年作、ジャーマン・ハードの「至宝」!

    ジャーマン・ハードの至宝を数多く持つKUCKUCKレーベルの中でも、最高峰の完成度を持つ作品。71年作。クラシカルなハモンド、泣きのギターをフューチャーし、静と動めくるめく展開で一気に上り詰める珠玉の名曲「PAST HAS GONE」を筆頭に、叙情性溢れるナンバーからハードなナンバーまで名曲揃い。テクニックに優れたバンドではありませんが、丁寧に織り込まれたアンサンブルと切々と歌い上げるヴォーカルが感動を誘います。「至宝」という言葉がぴったりくる幻の名作。メロディアスなロックファンは必聴です!

  • SIXTY NINE / LIVE

    72年リリース、EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!

    ドイツの暴走オルガン・ハード・グループ。74年録音のライヴ音源。72年の唯一作「CIRCLE OF THE CRAYFISH」で聴けた破天荒っぷりはここでも健在。これはただただ凄まじい…!!

  • GASH / A YOUNG MAN’S GASH

    ジャーマン・ハード/プログレ、BRAINレーベル発の72年デビュー作

    ドイツ出身、Key奏者を含む4人組ハード・ロック・バンド、BRAINレーベルより72年にリリースされたデビュー作。出色なのが、B面の組曲「A Young Man’s Gash」。ウィッシュボーン・アッシュばりにタメの効いた泣きのツイン・リード・ギターのイントロからグッとくるし、リズムがシャッフル・リズムを奏で、キーボードがたなびき、フルートが入ると、クレシダの名曲「ミュンヘン」も彷彿させて、拳を握る力も強くなります。クラシカルな雰囲気もあって、ギターが重厚なトーンでキメを入れるところなんかは、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストも頭に浮かぶし、これはVertigoやHarvestの英オルガン・ロックのファンはたまらないでしょう。野太いシャウトの力強いヴォーカル、憂いたっぷりのメロディもまた魅力的です。ドラマティックな名作。

  • KIN PING MEH / KIN PING MEH

    ブリティッシュ・ロックからの影響が強いジャーマン・ハード・グループ、71年デビュー作

    70年にドイツ南西部にある都市マンハイムで結成されたジャーマン・ハード・バンド。71年のデビュー作。ブルージー&メロウかつサイケデリックな陶酔感も併せ持つギター、淡いトーンで陰影たっぷりに鳴るハモンド・オルガンを中心とするオルガン・ハードが持ち味。気だるさとソウルフルさのバランスが絶妙な男性ヴォーカル(英詩)も魅力的だし、ここぞで手数多くアグレッシヴに走るリズム隊も強力だし、ユーライア・ヒープやスプーキー・トゥースや初期ディープ・パープルなどのアート・ロックのファンはたまらないでしょう。ジャーマン・ハード屈指の名作です。

  • TOMORROW’S GIFT / TOMORROWS GIFT

    ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作と言える70年デビュー作、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

    女性ヴォーカル、フルート奏者を要するジャーマン・ロック・バンド。オリジナルは2枚組でリリースされた70年のデビュー作。オープニングの「Riddle In A Swamp」から痺れまくり!アグレッシヴに疾走するキレ味抜群のリズム隊、叩きつけるように鳴らされるリズムと「狂おしい」というキーワードぴったりに弾きまくられるリードともにまるでパンクのように初期衝動のエネルギーがつまったエレキ・ギター、宗教的な荘厳さとともにそそり立つオルガン、激しく吹かれるフルート。いやはや凄まじい熱気。アンサンブルに応える女性ヴォーカルも圧巻で、英国アフィニティのリンダ・ホイルを彷彿させます。ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作です。アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

  • TIME OF COMMOTION / LIVE FROM THE 70’S – ES IST NIE ZU SPAT

    70年代に西ドイツで活動した幻のオルガン・ロック・バンドによるライヴ音源発掘盤、哀愁のハモンド好きは要チェック!

    70年代に西ドイツで活動し、ELOYやGURU GURUともツアーを行った幻のバンド、当時のライヴ音源を収録した18年発掘盤。そのサウンドはくすんだトーンのクラシカルなハモンドを中心に、ブルージーなギターやうねりのあるベースを交えて哀愁たっぷりに展開する王道のオルガン・ロック。CRESSIDAを思わせるジャジーで叙情的な曲調がメインかと思いきや、聴いていくとピアノ、オルガン、シンセを切り替えながらスピーディーにフレーズを弾き倒すリック・ウェイクマンばりのパートがあったり、『神秘』〜『原子心母』頃のフロイドを彷彿とさせるサイケデリックなナンバーが飛び出したりと、多彩でクオリティの高い内容にビックリ!長尺曲が多いものの、アグレッシヴなソロ・パートに粛々とした叙情パート、味のあるヴォーカル&コーラスパートが交差する起伏のついた構成、そしてどこまでもリリシズムに溢れたメロディとハーモニーでじっくりと聴かせます。決して録音状態は良くないものの、単なるアーカイブに留めておくには惜しい好内容。オルガン・ロックやジャーマン・ロック・ファンは要チェックです。

  • PELL MELL / MARBURG

    オーケストラを従えたジャーマン・シンフォ・バンド、72年デビュー作

    ヴァイオリン入りのクラシカルなシンフォニック・ロックを聴かせるドイツのグループのデビュー作。作品をリリースする度に洗練されたシンフォニック・ロックを構築していく彼らですが、デビュー作である本作ではクラシカルな要素は多く含みながらもシンフォニック・ロックというよりはハードなオルガン・ロックという趣。VERTIGOレーベル諸作のようなで荒めの演奏が魅力的ですが、ヴァイオリンやリコーダーを駆使しスメタナの「モルダウの流れ」を取り上げるなど、後の彼らの飛躍を感じさせるに充分なデビュー作となっています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。