プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

FIRST LOSS

MURPHY BLEND

KUCKUCK110052(KUCKUCK

評価:30 1件のレビュー

クラシカルなハモンド、泣きのギターをフューチャーし、静と動めくるめく展開で一気に上り詰める!「至宝」という言葉がぴったりくるジャーマン・ハード幻の名作!

71年作、ずばりジャーマン・ハードの「至宝」!

ジャーマン・ハードの至宝を数多く持つKUCKUCKレーベルの中でも、最高峰の完成度を持つ作品。71年作。クラシカルなハモンド、泣きのギターをフューチャーし、静と動めくるめく展開で一気に上り詰める珠玉の名曲「PAST HAS GONE」を筆頭に、叙情性溢れるナンバーからハードなナンバーまで名曲揃い。テクニックに優れたバンドではありませんが、丁寧に織り込まれたアンサンブルと切々と歌い上げるヴォーカルが感動を誘います。「至宝」という言葉がぴったりくる幻の名作。メロディアスなロックファンは必聴です!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

AINIGMA / DILUVIUM の商品詳細へ

AINIGMA/DILUVIUM

ファズ・ギターとハモンドが暴れ回るヘヴィ・ロック、ジャーマン・サイケ、73年作

2590円(+税)

TEAR GAS / PIGGY GO GETTER の商品詳細へ

TEAR GAS/PIGGY GO GETTER

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

1790円(+税)

GRANICUS / GRANICUS の商品詳細へ

GRANICUS/GRANICUS

ツェッペリン・タイプの米ハード・ロック・グループ、73年作

2390円(+税)

STRIDER / EXPOSED の商品詳細へ

STRIDER/EXPOSED

腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ジャーマン・ハード・ロック名作選

まとめて試聴する

  • AINIGMA 『DILUVIUM』

    ファズ・ギターとハモンドが暴れ回るヘヴィ・ロック、ジャーマン・サイケ、73年作

  • KRAVETZ 『KRAVETZ』

    FRUMPYのKey奏者による72年ソロ、芳醇な香りの絶品オルガン・ハード作!

  • BAUMSTAM 『ON TOUR』

    75年作、ジャーマン・ヘヴィ・ロック、オリジナルは自主制作の激レア盤

  • SIXTY NINE 『CIRCLE OF THE CRAYFISH』

    EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!72年発表のスタジオ唯一作

  • TOMORROW'S GIFT 『TOMORROWS GIFT』

    ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作と言える70年デビュー作、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

  • GIFT 『GIFT』

    ハード&ブルージーなツイン・ギターが炸裂するハードなパート、フルートの幻想パートが魅力的なジャーマン・ハード、72年デビュー作

  • EPSILON 『MOVE ON』

    オルガンをフィーチャーしたジャーマン・ハード、72年作2nd

  • LUCIFER'S FRIEND 『....WHERE THE GROUPIES KILLED THE BLUES』

    後にヒープでも活躍する英国人シンガー、ジョン・ロートンが率いるジャーマン・ハードの名グループ、72年2nd

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 たまに無性に聴きたくなる乱暴オルガン・ハード(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

オルガニストであり、全部の曲を書いているヴォルフ・ロディガー・ウーリケがリーダーなのでしょう。彼は流麗でクラシカルな演奏を得意とする反面、その予定調和をファズ・ギターで壊すことにカタルシスを感じているらしいのです。古風なイントロダクションから、一転摩訶不思議なごった煮演奏になるパターンの代表が5曲めの「ファースト・ロス」。ボーカル部分はなんとレゲエです。70年のミュンヘンに果たしてレゲエ・ミュージックは伝わっていたのでしょうか。

上記に書いたような理由でオルガン・ファンにアピールする内容。でも生粋のオルガン・ファンなら、この展開に腹を立ててしまいそうです。ウーリケはジョン・ロードに近いセンスを持っています。でも1分ぐらい演奏するとすぐ曲の雰囲気を変えてしまうのです。オルガン・ハードらしいのは2曲めの「スピード・イズ・カミング・バック」ぐらいではないでしょうか。だってディープ・パープルやELPの気分に浸っているとき、ジミー・クリフが現れたら腰がくだけますでしょ。

あとやっぱりボーカルが弱いのです。その代わりギターが重い重い。ヘンドリックス直系の歪んだギターです。「マーフィー・ブレンド」というのは、ブレンドしたパイプ・シガレットの意味だと解しています。音楽ジャンルのブレンドこそが彼らの目指すところだったでしょう。それに成功しているかどうかは、微妙なところだとは思いますが。

ナイスレビューですね!