プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

シンフォ豊作!2010年リリースの新鋭プログレ名作選

プログレは、70年代で終わったと思ってる?シンフォ豊作の2010年を大特集!

近年、イタリア、スウェーデンを中心に、70年代プログレの遺伝子を受け継いだ新鋭が続々とデビューしました。特に2010年はシンフォニックなプログレの当たり年。

GENESISやCAMELが持つ叙情性やファンタスティックなアンサンブルを元に、現代の音響センスやヘヴィな感覚を持ち込んで、よりドラマティックなサウンドを聴かせています。

GENESIS『Trick Of The Tail』やCAMEL『SNOW GOOSE』など、往年のプログレ名作にも劣らない、2010年に蘇ったファンタジーの世界をいざ探求!

MOON SAFARI

試聴 Click!

スウェーデン出身、3rd。コロコロとしたトーンの愛すべきリリカルなピアノから幕を開け、透明感と親しみやすさに溢れたヴォーカルがハートウォーミングなメロディを伸び伸びと歌い上げます。左から右からと聴き手を包み込むコーラス・ワークも見事!

IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE

試聴 Click!

イタリア出身、MUSEO ROSENBACHのヴォーカルと、どこまでも70年代プログレの遺伝子に埋まったKey奏者を中心とするグループ。荘厳に包み込むメロトロン、瑞々しいピアノなど躍動する鍵盤楽器が素晴らしい。暗く荘厳な王道イタリアン・プログレ。

FUGATO ORCHESTRA

試聴 Click!

2年にブダペストで生まれ、6歳から本格的なクラシックの教育を受けたBalazs Alparを中心に、多数の管弦楽器奏者を含む編成で結成されたハンガリーの大所帯グループ。04年作に続く2010年作2nd。クラシック、民族音楽を中心に、ロックのダイナミズムを加えた、西洋音楽史を総括したような壮大な傑作。

LA MASCHERA DI CERA

試聴 Click!

イタリア出身5th。ヴィンテージ・キーボードをフィーチャーした分厚くテクニカルで歌心に溢れたアンサンブルとダイナミックな構成が素晴らしい。熱くエモーショナルなヴォーカルと、ここぞという時に溢れるメロトロンにも注目。

ANIMA MUNDI

試聴 Click!

キューバ出身のグループによる3rd。ファンタスティックなキーボード、YESを彷彿とさせるゴリゴリとしたベース、伸びやかなギター、情感豊かなヴォーカルとキャッチーかつ詩情に溢れたメロディ。見事な構成美も兼ね備えており、必聴のグループです。

GROUP 309

試聴 Click!

ロシア出身。鮮やかなキーボードが空間を広げ、アグレッシヴな変拍子を合図にザクザクとアグレッシヴなギターがなだれ込みます。そうかと思うと、一転してFOCUSあたりを彷彿とさせるような胸を打つメロディが流れる。静と動との鮮やかな対比が素晴らしい!

DAVID MINASIAN

試聴 Click!

CAMELのDVD制作に関わったKey奏者David Minasianによるソロ。注目は、Andy Latimerの参加。叙情性豊かなキーボード、たゆたうような美しいメロディ、そこに溢れ出すAndy Latimerによる泣きのギター。全編に詩情が溢れる見事なリリカル・シンフォ。

ERIS PLUVIA

試聴 Click!

イタリア出身。伸びやかなメロディを丁寧にそしてエモーショナルに紡ぐギター、しっとりと優美なフルート、センシティブなアコースティック・ギター、全体を柔らかく包み込むキーボード、どの部分を切り取ってもリリシズムが溢れ出します。

CARPTREE

試聴 Click!

スウェーデン出身。ヘヴィなギターが重く炸裂するパート、リリカルなピアノをバックにシアトリカルなヴォーカルが美しいメロディを歌い上げるパートなど、「静」と「動」の間をダイナミックに行き交うドラマティックなアンサンブル。

CHRIS

試聴 Click!

オランダの天才マルチ・ミュージシャンChristian Bruinによる一人プロジェクト。2010年作2nd。ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップ(特にクラトゥ!)も好きならド直球!

WATCH

試聴 Click!

ジェネシスよりもジェネシス!?初期ジェネシスに眩惑されたイタリアの新鋭による2010年作。ハモンドやメロトロンのよる幻想性、丁寧に音を紡ぐギターによる繊細さとリリシズム、ガブリエルを彷彿とさせるヴォーカルによる演劇性。フォロワーの中でもトップ・クラス!

KARFAGEN

試聴 Click!

ウクライナのグループ、2010年作3rd。CAMELやKAIPAなどに通ずるどこか温かい雰囲気を感じさせるファンタスティックで優美な逸品。

PLATURNO

試聴 Click!

チリ出身、2NDより。『太陽と戦慄』期のクリムゾンを彷彿とさせる、硬質で破壊的なアンサンブルに、ポリリズムによる浮遊感のあるパートなどを織り交ぜたサウンド。鋭角なリフ、アヴァンギャルドなロング・トーンなど、ギターはロバート・フリップからの影響大。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ANIMA MUNDI / WAY

    キューバの新鋭、2010年作、ファンタスティックかつダイナミックなシンフォニック・ロックの傑作

    キューバのグループ、2010年作3rd。出世作となった前作『JAGANNATH ORBIT』からさらにスケールを増した印象。70年代プログレの遺伝子を受け継いだファンタスティックなキーボード、YESを彷彿とさせるゴリゴリとしたベース、伸び伸びとメロディを奏でるギター、ナチュラルな歌声とエモーショナルな歌い回しが心に染みるヴォーカルとキャッチーかつ詩情に溢れたメロディ。そして、26分を越える楽曲を一気に聴かせる構成美。これは素晴らしい作品です。シンフォニック・ロック・ファン必聴の傑作。

  • CARPTREE / NYMF

    スウェーデン、ドラマティック&シアトリカルな新鋭シンフォ・グループ、圧倒的にドラマティックな2010年作!

    90年代に結成され、01年にデビューしたスウェーデンのグループ。70年代プログレの遺伝子を受け継ぎ、現代的なセンスで一層ドラマティックに聴かせる新鋭。2010年作。一曲目のイントロから分厚く広がるキーボードにSEやオーケストレーションが一体となり、圧倒的な荘厳さで迫ります。そしてヘヴィなギターが重く炸裂するパート、リリカルなピアノをバックにシアトリカルなヴォーカルが美しいメロディを繊細にそしてエモーショナルに歌い上げるパートなど、「静」と「動」の間をダイナミックに行き交うドラマティックなアンサンブル。メロトロンを喚起させる沈み込むように重くそしてメランコリックなキーボードも印象的。これは名作です!

  • CHRIS / MAKING SENSE

    オランダの天才マルチ・ミュージシャンによる2010年作2nd、ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球!

    オランダのマルチ・ミュージシャンChristian Bruinによる一人プロジェクト。2010年作2nd。元はドラマーで(SKY ARCHITECTのドラマーとしても活躍)、その後、ギターやキーボードなどの楽器も習得し、音楽学校時代にスタジオワークを学んだ若手ミュージシャン。ジェネシスやIQをはじめ、同国のトレース、ビートルズあたりに影響を受けたようです。繊細なタッチで伸びやかに紡がれるメロディアスなギター、荘厳にたなびく深みのあるキーボード・ワークと叙情がこぼれる格調高いピアノによる叙情的&ファンタスティックなアンサンブル。そして、ビートリッシュなポップバンドでも映えそうなドリーミーな歌声とそれを柔らかく包む巧みなコーラス・ワーク、カナダのクラトゥあたりを彷彿させるハートフルかつキャッチーな美旋律メロディ。元々がドラマーとは思えないドラマティックなソングライティングとともに、さすがドラマーと言えるメリハリの効いた躍動感あるグルーヴは特筆ものです。ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球と言える好作品。オススメです。

  • FUGATO ORCHESTRA / NOE (NOAH)

    ハンガリー、管弦楽器が鮮やかに舞う壮大なシンフォニック・ロック!2010年作

    82年にブダペストで生まれ、6歳から本格的なクラシックの教育を受けたBalazs Alparを中心に、多数の管弦楽器奏者を含む編成で結成されたハンガリーの大所帯グループ。04年作に続く2010年作2nd。ひとことで言って『鮮烈』なシンフォニック・ロック!とにかく「動」と「静」の対比が鮮やか。「動」のパートでは、シャープでダイナミックなリズム隊、早いパッセージのヴァイオリンが躍動し、「静」のパートでは、格調高くクラシカルなピアノ、リコーダーやフルートなど管楽器が舞い上がります。クラシック、民族音楽を中心に、ロックのダイナミズムを加えた、西洋音楽史を総括したような壮大な作品。エレクトリック・ギターやキーボードがないのに、これほどまでにロック的なダイナミズムを出せるんですね。傑作です。

  • GROUP 309 / DREAMS OF SEA

    ロシアの新鋭シンフォ・グループ、2010年デビュー作、特筆すべきメロディ・センスを持った大注目バンド!

    ロシアのシンフォニック・ロック・グループ、2010年デビュー作。ロシアというとキーボードをフィーチャーした壮大なシンフォニック・ロックのイメージがありますが、このグループは、歌心とヘヴィなダイナミズムとのバランスが絶妙なメロディアスなシンフォニック・ロック。詩情溢れるメロディが胸を打つ哀愁いっぱいの1曲目からはじまり、2曲目で一気にヒートアップ。彩り鮮やかなキーボードが空間を一気に広げ、アグレッシヴな変拍子を合図にザクザクとアグレッシヴなギターがなだれ込みます。そうかと思うと、一転してFOCUSあたりを彷彿とさせるような胸を打つメロディが流れる。「静」と「動」との鮮やかな対比!これは素晴らしいです!全体的には柔らかなタッチのジャケットのイメージと同じで、とにかくメロディ・センスが特筆ものです。聴いていて、思わず笑みがこぼれます。LOST WORLDなど次々と良質なグループを輩出するロシアからまた要注目のグループが登場!オススメです。

  • IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE / IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE

    MUSEO ROSENBACHのヴォーカルStefano Galifiがヴォーカルを務める70年代プログレのテイスト濃厚なヘヴィ・シンフォ、2010年デビュー作

    ジェノヴァ出身、キーボード奏者を中心に、なんとあのMUSEO ROSENBACHのヴォーカルStefano Galifiも参加して06年に結成されたグループ。2010年作。ムゼオ・ローゼンバッハ『ツァラトゥストラ組曲』のラスト曲よりグループ名を取ったとおり、どこまでも70年代プログレの遺伝子に埋まったKey奏者を中心とするヴィンテージなヘヴィ・シンフォが特徴。空間を時に荘厳に時に柔らかく包み込むメロトロン、瑞々しくリリカルなピアノ、時にクラシカル、時にアグレッシヴに畳みかけるハモンドなど、とにかくキーボードが躍動。中域寄りのマイルドかつヘヴィなトーンのメロウなギターも印象的です。そして、なんといってもStefano Galifiのヴォーカル!堂々としたエモーショナルな歌唱が胸をグワンと鷲づかみにします。ダークさや荘厳さとクラシカルな格調高さや優美さが同居したサウンドは、これぞイタリアン・ロック。必聴です!

  • KARFAGEN / SOLITARY SANDPIPER JOURNEY

    ウクライナ産シンフォ、どこか温かい雰囲気を感じさせるファンタスティックで優美な逸品、2010年作

    KARFAGEN〜SUNCHILD〜HOGGWASHなど数々のプロジェクトを率いて優れた作品を続々とリリースしている、90年代以降のウクライナを代表するミュージシャンAntony Kaluginの中心に位置づけられるプロジェクト。2010年作3rd。1st、2ndからジャケの印象がずいぶん変わりましたが、サウンドの方も、ニューエイジ色がなくなり、キャメルやカイパに通じるファンタスティックなシンフォニック・ロックへと一気にチェンジしました。北欧の70年代プログレに通じるコロコロとした音色のキーボードは、箱庭のように愛らしくファンタスティック。本作よりギタリストAlexandr Pavlovが参加していて(本作より2013年作『ALEATORICA』まで3作品に参加)、アンディ・ラティマーやスティーヴ・ハケットのDNAを確かに継いだ歌心溢れるリード・ギターを聴かせています。さらに特筆なのが、女性ヴォーカルの起用。1st、2ndではコーラスが一部入る以外は基本的にオール・インストでしたが、本作では3曲でリード・ヴォーカルが入っています(英詩)。ケルティックなフレイヴァーもある凛とした透明感ある美声が印象的です。前作にあったジャズのエッセンスは本作でも健在で、軸となるファンタスティックなエッセンスにあわさることで、カンタベリーにも通じる流麗なアンサンブルとなっていて、サウンドに奥行きを与えています。カルギンがフェイヴァリットとして、パット・メセニーやコリン・バスをあげているのも納得。キャメルのDNAを継いだ温かなプログレとして一級と言える名作。これはオススメです。

  • LA MASCHERA DI CERA / PETALI DI FUOCO

    イタリア、元FINISTERREのFabio Zuffantiによるグループ、BANCOやMUSEOなど往年の作品を彷彿とさせる名作、10年リリース

    FINISTERREを率いた奇才Fabio Zuffantiを中心に、ムゼオ・ローゼンバッハやイル・バレット・ディ・ブロンゾなど70年代のグループに敬意を払い、そのサウンドを再現することをコンセプトに結成したグループ。前作から4年ぶりとなった2010年作5th。ヴィンテージ・キーボードをフィーチャーした分厚くテクニカルで歌心に溢れたアンサンブル、攻撃的な「動」のパートとフルートが舞う「静」のパートとの対比鮮やかなダイナミックな構成、胸に迫るリリシズムと熱くエモーショナルなヴォーカル。そして、ここぞで溢れる必殺のメロトロン!クラシカルなフレーズからジャズ/アヴァンギャルドのエッセンスもある硬質なフレーズまで表情豊かなピアノも特筆もの。メロディ・センスも一級品で、特に7曲目の流麗なメロディは言葉を失う美しさ。イタリアン・ロックのファンは必聴!素晴らしい作品です!

  • MOON SAFARI / LOVER'S END

    これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作の1st&2ndに次ぐ、大傑作3rd!

    スウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ、2010年作3rd。もう1曲目のイントロから必殺!コロコロとしたトーンの愛すべきリリカルなピアノではじまり、ハーモニカがそっと叙情を添えるイントロ。こんなファンタスティックで郷愁を誘うサウンドってそうそうありません。そして、透明感と親しみやすさに溢れたヴォーカルがハートウォーミングなメロディを伸び伸びと歌う。キーボードが柔らかく広がり、哀愁のオルガンが入り、そしてドラムがビートを刻み出すと、もうこのグループから溢れる叙情が聴き手の全身を幸せいっぱいに満たします。左から右からと聴き手を包み込むコーラス・ワークも見事!2曲目も躍動感いっぱいのイントロからもう素晴らしすぎます!心躍るリズムをバックに、ヌケの良いトーンのギターがどこまでも上っていくように美しいメロディを奏で、キーボードとコーラス・ワークが空間をパーっと広げる。フックのあるメロディがまたなんという素晴らしさ!3曲目も賛美歌のようなイントロからグッときてしまいますし、このまま行くとレビューがとんでもない長さになりそうです。1st、2ndも傑作&カケレコのベストセラーでしたが、本作もそれを上回る極上のメロディとアンサンブルに溢れた大傑作!凄い作品です。

  • PLATURNO / INSANO

    『太陽と戦慄』期のKING CRIMSONを彷彿させるチリ産プログレ、2010年作

    チリ出身のグループ、2010年作2nd。『太陽と戦慄』期のKING CRIMSONを彷彿とさせる、硬質で破壊的なアンサンブルを中心に、ポリリズムによる浮遊感のあるパートなどを織り交ぜたサウンドが持ち味。鋭角なリフ、アヴァンギャルドなロング・トーンなど、ギターはロバート・フリップからの影響大。演奏力も抜群。クリムゾンのファンは是非!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!